ブーニン ピアノリサイタル

piano.jpg
久しぶりのクラシック
サントリーホールです。

彼が用意してくれたチケットは
ブーニンのピアノリサイタル

すごい!!

4歳から20歳まで一応ピアノを習っていた私。
中学性時代は吹奏楽部で音楽を勉強?楽しんでいた私。

ちょっとだけオシャレして出かけました。

サントリーホールの前には大勢の人。
ピアノを習っているらしき、小さな女の子や男の子
学生らしき少年らがたくさんいました。
子供の頃から本物の音色でお勉強とは
素晴らしい環境ですね。

さて、会場に入ってふと見上げたTV画面に映っていたのは舞台。
広い舞台にロングサイズのグランドピアノが一台。

厳かに佇んでいました。

ピアノの発表会とは訳が違う。

彼曰く、『サムライだな。。。』

鳥肌です。

そしてブーニン登場。

私達とそんなに年齢が変わらないはずなんだけど、
すごく先輩な雰囲気。

そりゃーそうでしょう。

生きてきた環境が違う。
歩んできた人生が違う。
経験が違う。


この日の演奏曲はこちら。

J.S.バッハ:
 コラール前奏曲 「いざ来れ、異教徒の救い主よ」BWV.659a
 コラール前奏曲「 目覚めよ、と呼ぶ声あり」BWV.645
 コラール前奏曲「われ汝にに呼ばわる、主イエス・キリストよ」BWV.639
 カンタータ第147番「主よ、人の望みの喜びよ」BWV.147より
 フランス組曲 第6番 ホ長調 BWV.817

ドビュッシー
 版画
 パゴダ
 グラナダの夕
 雨の庭

ショパン
 マズルカ op.67-4
 エチュード op10-12「革命」
 ポロネーズ op61「幻想ポロネーズ」

~アンコール~
R.シューマン 
 アラベスク op18
 

オケがいないピアノだけの演奏なので
すごくシンプルな分、
耳を研ぎ澄ませました。

何曲か聴きなれた曲もありましたが、
フランス組曲は、昔レッスンで弾かされたような練習曲に思えて
優しい音色に引き込まれました。

ブーニンのバッハは想像つかない

と友人の声。

それはそんなに違和感がなく、むしろ上品な作品に仕上がったという感じでしたが、
ドビュッシーの不協和音が続くあの感じはちょっと苦手でした。
大好きなショパンは素晴らしかったです。

優しい音を繊細に奏でるブーニンの音色に
心も身体も豊かになれたひと時でした。

たまには本物をちゃんと聴きに行かなくちゃね。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)