新潟湯沢の旅 その2

いつも私たちが旅行をするときは
かならずその地元の美味しいパン屋さんを探して、
そのパンを朝ごはんにいただくのですが、
今回はさすがにパン屋さんを見つけることが出来ませんでした。

んじゃー、その分美味しいお米堪能しちゃおう!

2日目のこの日も朝からいいお天気で暑い暑い。
冬は寒くて夏は暑い...
生活するには大変そうだ。

ゆっくり目のスタート。
朝から温泉に入り、コシヒカリで作ったおにぎりとサラダ、フルーツなんかで
軽く朝食を済ませ、せっかくなので近所の散策へ。
あ、おにぎりもホントにお米が美味しいんです。
ひと粒がしっかりしている。

さて、近所に滝があるらしいので、
その滝からマイナスイオンをもらいに行ってみよう!かと。

越後湯沢の駅の上、山を登って行ったところに
その滝はあります。

流れ
「滝沢 不動滝」


後から知ったのですが、
日本酒の酒蔵「白瀧酒造」さんの名前は
この滝から付けられたのだそうです。

車で行けるところまで登り、
なんとなく駐車場らしい場所に車を停め、
そこからはあるいて登ります。

滝への道
結構な勾配と蒸し暑さでかなり初めから疲れ気味でしたが、
流れ (2)
ところどころ水の音に癒されながら、
目指した先には

DSC_0100.jpg
こんなに立派な滝がお出迎え。

っつったて、15分くらい登るだけなんですけど;D

いやー、思いのほか立派な滝だったので、
テンションが一気に上がり、
滝壺まで行ってみました。
細かい水しぶきが涼を感じさせてくれます。
キレイな水が豪快な水しぶきをあげて落ちてくる迫力は
すごかった。

しばらくその場でマイナスイオンを感じ、
戻りました。


その後、駅前の酒屋さんで日本酒をたくさん勉強して、
近所の白瀧酒造さんへ、ショールームを覗きに伺ったのですが、
この日はもう終了との事で改めてくる事に。

ここは彼が15年くらいまえにスキーで来て以来、
この白瀧酒造さんの

“湊屋藤助”

を呑んで、日本酒のおいしさを教わった思いでの酒蔵なのだそうです。

ちなみに私は上善如水が大好きです;D


さて、この日の夜ごはん。
日本酒とお米を求める旅ですが、
ちょっと寄り道。

私がずっと行きたくて、行きたくて、
食べたくて、食べたかったPizza屋さん。

外観
「La locanda del Pittore」

イワッパラ
岩原スキー場にあるイタリアン。
窯焼きPizzaがとても美味しいと評判なお店です。
薪がたくさん積んであります。

ロッヂ風
店内は山小屋風でテーブルが大きい。
スキー靴でも悠々とあるけるスペースがあって、
トイレに行く階段も幅が広い。

私はスキーをやらないので、そういった細かいところに
ちょっと驚きを感じながら…

太刀魚
お料理は、おススメの太刀魚のカルパチョ。

「焼いてもうめーし、生でもうめーな!」

と彼。

繊細な盛り付けで太刀魚もキラキラしていました。
ほんのり酸味が上品で、太刀魚の味が生かされていました。

サラダ
サラダはピットーレサラダ。シンプルに。

ピッザ
そして、やっと食べられるPizzaちゃん登場。
ナポリ(アンチョビとトマトソース&チーズ)と
自家製ピーマンとサラミのハーフ&ハーフにしてもらって
いただきます!

生地は一応ナポリ生地。
昔はローマ風だったよう。
個人的にはナポリ風が好きな私。
だからとても満足;D
チーズも生地も、少しさっぱり目なんだけど、
だから最後まで食べれちゃうのか、ペロリと平らげちゃいました。
自家製ピーマンは太陽の味がしました。
辛くないし。

ポモドーロ
パスタは手打ちパスタで
ミートソースの濃い系をチョイス。
タリアテッレはモチモチで食べやすい食感。
手打ちの割にはとても食べやすかったな。
ソースの絡まり具合が良く
まとまったパスタという感じ。

大満足なお料理達。
長い時間温めた甲斐がありました;D

店員さんも外国人の方を含め、皆さま笑顔でとても親切にご対応くださいました。
暖かい雰囲気のレストランです;D


だんだんとお客様も来店し、
私たちが帰る頃には、店内が賑わっていました。

次回は大人数で行きたいお店かな。



La locanda del Pittore

新潟県南魚沼郡湯沢町岩原スキー場内
025-787-3940 
※お席と送迎のご予約を承ります。(冬のホワイトシーズン中の昼間は除きます。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)