今日のRin's Kitchen Vol.42

三寒四温…
温度差が辛い時期ですね。
春が近づいてますね!

IMGP9995.jpg
本日は午前午後の2回クラスです。
どちらも通常パンクラス。

午前中はお1人の生徒さんがインフルエンザでお休みとなり、
毎月来てくださっている生徒さん2名様でのレッスンです。

お二人とも、パン作りはもうベテランさんなので
ポイントをご説明して、ご自分流に捏ね~焼成まで
仕上げていただきました。

捏ね上りの状態はどんな感じか?
グルテン膜が出来あがった状態、生地質なんかを
ご自分でチェックしていただき、
納得のいくところで捏ねあげていただくといった感じで
お教えしました。
そうすることで、ご自宅で作った時に捏ねあげのタイミングを見極められるようになると思うんですね。

教室で先生が「もういいですよ」と捏ねあげのタイミングを言ってしまうと、
ご自分では、いつ捏ねあがったのか、イマイチわからないんです。

初心者の方やまだ初めて間もない方にはちゃんとそのタイミングをお教えしていきますが
かなりパン作りになれていらっしゃる生徒さんには
ご自分で見極めていただき、ご自分流のパン作りをしていただこうかな…
と。
これが私のクラスのやり方と言いますか…;D
あ、もちろんレシピに従って、分割の仕方や成型のポイントなどは
ちゃんとお教えしていきますからご安心ください。

IMGP9993.jpg
という感じで、本日午前の作品です。
マーブルココア食パンは
高さが揃って、キレイなマーブルが表にも出ていますね。
表情があってとてもいい出来です。

IMGP9994.jpg
Wショコラはモコッとした形で仕上がり、クッキー生地の柄もいいですね。
試食された時、
「この生地のふんわり感はなんでしょう?」と。

これは皆さまがしっかりとグルテン膜を作るように捏ねた証拠です!
そして愛情がたっぷり入ってるからですね;D

お二人とも、お家でいろんなパンを作られていらっしゃるようです。
是非“自分の生地”を見つけてくださいね。


IMGP0001.jpg
そして午後のクラスも
定期的にご参加くださっている4名様がお集まりくださいました。

私も一緒に生地を捏ねていきますが、
この時も午前と同じで、ご自分で納得のいくところで声をかけていただき、
チェックをさせていただくようなスタイルでやってみました。

バターがべた付いてなかなか練り込めなかったり、
時間はかかりますが、しっかりと捏ねて、しっとりした生地の感触を感じて、
お家で作られるかたも、そうでない方も同じように捏ねあげました。

その後、マーブル食パンの成型。

「ねじって三つ編みの成型は初めてです。」

とご自身がバレンタインに作られたマーブルパンの写真を見せてくださいました。
ココア生地の分量が多いのと、ココアの分量が多いので
とてもメリハリのあるマーブルパンでした。
ねじらない成型だったので、ゼブラ柄のように線は直線っぽい仕上がりでしたが
とてもキレイなパンを焼きあげていらっしゃいました。
さすがですね!

今回はねじる成型なので、直線というより、渦をまくような、カーブの柄が出てきます。

三つ編みも、引っ張らないように出来るだけ均等の厚さで成型することで
高さも均一なキレイなパンが焼きあがります。
柄(色)をうまく見せるようにイメージしながらの成型が大事ですね。

IMGP9999.jpg
見事に高さの揃ったキレイなマーブル食パンが並びましたね。

IMGP9997.jpg

IMGP0002.jpg
Wショコラも、さまざまなクッキー柄で焼きあがりました。
これだけ並ぶと、圧巻ですね。

今日は生徒さんから嬉しいお言葉をたくさんいただきました。

こういった暖かいお言葉が、私を元気にしてくれます。
どんな事もがんばれる気がします。

本当に嬉しいお言葉、ありがとうございました。


今回は私が笑顔をいただいちゃいました;D
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)