オシャレな街 チャンカット・ブッギビンタン

クアラルンプールを思い出して・・・日記です。

この日は大人の街、

“チャンカットブッギビンタン”

でタイ料理をいただきました。

表は大通り、その一本裏に入ると
こんなにオシャレな大人の街がありました。
感じとしては、青山骨董通りをナチュラルにした感じ。

IMGP0313.jpg
IMGP0314.jpg
IMGP0316.jpg
150mほどの道、両サイドにオシャレなレストランやバーが並んでいます。
ネオン?もキラキラ、オープンテラスのお店がたくさんあり、
音楽も鳴っててテンションあがります。

IMGP0317.jpg
IMGP0319.jpg
IMGP0338.jpg
毎日夕立があるこの土地で、オープンテラスは大変じゃないのか?
と疑問を持ちつつ、
どのお店に入ろうかグルグル行ったり来たりして、
タイ料理に決めました。

【BAAN 26】

IMGP0327.jpg
これはタイのミルクティ。
オレンジ色で甘いんだけど、かなり病みつきになるんです。
サンフランシスコでハマって、それ以来お店にあると必ず呑みます。
紅茶というかほうじ茶をミルクで割って、甘くしたような感じ。
美味しいったらないの。
この日もお変わり;P

IMGP0322.jpg
さっぱりしたかったので、シーフードのサラダ。
すっぱ辛いサラダ。
舌が燃えます。ヒーヒーです。
でも味付けはとても美味しい。
甘くもあり、酸味もあり、お決まりの辛さもあり。
プーケットでいただいたものよりもいい味付けなんじゃないか?ってほど。

IMGP0324.jpg
それから、生春巻き~と思って頼んだら
こんな感じの歯ごたえのある湯葉春巻きみたいのがやってきて…
中は暖かいし、ゴロゴロのお野菜が入っていて、
春雨的なものもきゅうりの千切り的なものも入っていないの。
しかし、美味しい。スイートチリソースとの相性が最高に良く
ガツッといただきました。

pattai.jpg
そしてそして!
大好きなパッタイ。
外せないパッタイ。
絶対食べなくちゃのパッタイです。
たくあんこそ入っていなかったけれど、
味付けは文句無しに美味しかった。
マッタリした甘み、ライムのさわやかな香り、麺の絡み具合。
いやー美味しかった。
本場タイより私の口にあった味付けでした。

IMGP0332.jpg
もう一品はグリーンカレーね。
スチームライスと一緒に。
思いのほか辛くなく、最後まで美味しくいただけるカレーでした。
コクもあったし、辛さもちょうどいいし。具は結構多めに入っていたので
残しちゃいましたが、味付けはgood。
色合いもキレイ。

全体的にかなり美味しいタイ料理やさんでした。
おススメです!


その後、やってるかわからないけど、
亀ゼリーを食べに、お散歩がてら歩いてそのお店へ向かいました。

途中、名物の屋台村?を通ってみたりして。
いやー、チャイニーズニューイヤーということもあって、
すごい人です。
道端にこれだけのテーブルとイスを出しちゃって。
車も通るし。
ごったがいしてます。

IMGP0344.jpg
IMGP0340.jpg
火事じゃないか?くらい煙を上げて焼いているのは
手羽先です。
クルクル回転させながらマル焦げに焼きあげてます。

IMGP0341.jpg
ゲホゲホ言いながら、覗いてみて。
美味しいらしいです。
目印はミッキー。
そうミッキーマウスですね。
「ミッキーの手羽先屋」
で通じるらしいです。
IMGP0342.jpg
IMGP0346.jpg
道ではあちらこちらで
フルーツの王様 ドリアン
がこうして売られています。
さすがに私は挑戦しませんでしたが、
興味は沸きます。
近寄ってみて、匂ったのですが、
そんなに香りは無く…
割らないと匂わないみたい。
残念。

IMGP0347.jpg
どこにでもいますね、こういうパフォーマー。
全く動かないので、こそっと撮影。
隣にはブルーマンもいらっしゃいました。

いやー賑やか賑やか。

そのまま歩いて亀ゼリー屋さんに行きましたが
結局お店は閉まっていて、残念な結果に。

でも観光的お散歩が出来たので、大満足でした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)