オシャレイタリアン

IMGP9774resize.jpg
恐るべしチャイニーズニューイヤー。
行きたいお店が全然やってない!

ということで、この日のディナーは
チャンカットブキビンタンという街にある
イタリアンレストラン

【NEROTECA】

へ。

高級コンドミニアムの1階にあるこのお店は
天井も高く、とてもスノッブなレストラン。

こう言ってはいけないけれど
東南アジアにいるとは思えないほど、オシャレで都会的なレストランです。

IMGP9770resize.jpg
建物の端っこにあるせいか、店内は細長いというイメージ。
壁側は一面本棚のようになっていて
ワインやお水なんかがたくさん収まってます。
IMGP9772resize.jpg
バールカウンターの上には、調理器具がぶら下がっていて
奥にはソーセージやガーリックなんかも吊るしてあります。
冷蔵ケースには生ハムたちがたくさん転がっていて、
食欲をそそられちゃいます。

まずはイタリアのメルローで乾杯。

赤ワインと一緒に
IMGP9773resize.jpg
生ハムのプレートをお願いしました。

って、スゴイ量です...

お持ち帰り決定。
こんなとき、大人数で食事ってしたいよね!と思います。

サラミ、生ハム、ハム、スパイシーサラミ...
5~6種類のハムたちがカッティングボードに乗せられて登場。
辛いサラミは本当に辛くてちょっとワインには合わないかな。
その他のハムたちは、ほのかに脂っぽく、後味に苦みを感じたり
マッタリしたコクがあったりと、ワインが進む味でした。
ちょっとメルローが優し過ぎるかな?

IMGP9767resize.jpg
パンは紙袋にカットして入ってきます。
IMGP9768resize.jpg
パンの横には揚げたガーリックがタップリ。

なにこれ?

始めてです。
トロトロになるまで揚がっていて、しっかりと塩味が染み込んでいます。
塩に付けてから揚げたのか?
ちょっと濃い味付けですが、なかなか病み付きになる味で、
新しいかも。
いろいろと参考にしたい部分です。
パンはフォカッチャとハード系のパン。
塩味がきつめなんですが、モチモチしていて香ばしく美味しかったです。
レストランのパンがこんなに美味しいのは、なかなかないかもしれない。


ハムと一緒に
IMGP9775resize.jpg
ミネストローネもお願いしました。

濃い目のトマトスープで、お野菜も大きくカットしてあり、
お野菜食べてる!と実感するスープでした。
味付けはちょっと濃い目。しかしお野菜がタップリあるせいか、そんなに辛く感じない。
だから最後まで美味しく頂けます。

あまりお腹が空いていなかった私たち。

メインはやめて、パスタをチョイス。

IMGP9782resize.jpg
トマトソースが食べたいというので
プッタネスカを。

クアラルンプールにはあまりトマトソースのパスタを見掛けないというので
是非ココはトマトで!

厚切りのベーコンとガーリック、タマネギなどお野菜をトマトソースで絡めた
パスタらしいパスタです。
麺はスパゲッティと言われたのですが、
こうして見ると、ピチとかキタッラと言った、ちょっと太めのモチモチしたパスタでした。
まぁそれはそれで美味しかったからいっか。
ベーコンのコクがトマトソースに良く絡んで、全体的に甘く、トマトとベーコンの味がしっかりとある
美味しいパスタでした。

IMGP9784resize.jpg
最後に口をサッパリさせたくて、
サラダをいただきました。
普通のグリーンサラダが良かったんだけど
どれもみんなオシャレなサラダばっかりで、
悩んだ挙げ句、シンプルなサラダにチキンが乗っていると書かれた
サラダを注文。
チキンは残せば良いか...と思ってね。

ところがやってきたそのサラダには
チキンのチの字も乗ってない。
チキンは要らない!
と思っていても、はじめから入ってないとそれは指摘したくなるもの。
残すつもりだったんだけど、乗ってないじゃない!と言いたい。
でも、大人しくそのまま頂きました。

バルサミコとオリーブオイルの酸味が強いドレッシングが絡まっていたので
お口はサッパリ。

全体的にちょっと味は濃い目ですが、
なかなか美味しいイタリアンでした。

雰囲気も良いし、味も良いので
このお店はとてもGood!




NEROTEKA
Ground Floor, The Somerset,
8 Lorong Ceylon,
50250 Kuala Lumpur.
Tel: 03-20700530

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)