今日のRin's Kitchen Vol.29

IMGP9470.jpg
本日はパン恋クラスです。

IMGP9473.jpg
クラムチャウダーとダッヂブレッドを作っていただいております。

午前はパンお勉強熱心な生徒さんと、
毎月通ってくださっているパン大好きな生徒さんです。

ハード系の生地は捏ね過ぎない方が生地のモチモチ感が保てて美味しい。
なので、今回のパン生地の捏ねはあっという間に終わってしまいます。
慣れていらっしゃる方なら特に!

途中でパンチを入れるまでの間に、スープを作りますが、
お家でもお食事を作られる生徒さんが、なかなか自宅でお料理をすることがない生徒さんに

「せっかくだからやった方がいいわ」

「え…私で大丈夫ですか???」

なんていうやりとりが、とても微笑ましかったです;D

お料理は、教室に行くことで“知って得する”ことが結構あったりします。
知らなかった~という生徒さんのお言葉、良く聞きます。
なので、せっかくならいろんな事をお持ち帰りいただきたいと常に思います。

今日はいろいろお持ち帰り出来たかな?



IMGP9475.jpg
そして午後は同じ年代の生徒さんが集まりました。
和気藹々と笑顔の絶えない楽しいクラスになりました。

こちらもみなさんパン作りに慣れていらっしゃるので
サクサクっと捏ねあげ、協力して美味しいスープを作っていただきました。

共通して遠慮がちになるのは味付けの時。
わかります。
その譲り合い。

試食は私が作っておいたダッヂブレッドをお渡しして
中をくりぬいてスープを注ぎます。
しっかり周りをくりぬくと、たくさんのスープが入る様にりますね。
みなさんキレイにほじってくれて、つまみ食い~。
スープを入れたら、オーブンで軽く焼き、アツアツを召し上がっていただきます。

中身のパンはそのままスープと召し上がってもいいし、細かくして一緒にオーブンにいれ
クルトンにしてもいいですね。

IMGP9478.jpg
あまり大きく焼かないので、パンまで召し上がってちょうどいい量の様です。
サンフランシスコのスープパンはすごく大きなサワードの酸っぱいパンだったので
とてもパンまで行き付けず、その都度勿体ないなぁ~という意識でした。
だから、私のスープパンは食べきりサイズ!
せっかく作ったパンを無駄には出来ません!

カリカリという音と共に、スープのしみ込んだぱパンは
さらに美味しいパンに変化したようです。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)