今日のRin's Kitchen  Vol.28

IMGP9404.jpg
今日も寒い一日でした。

本日は通常パンクラスの開催でした。

お越しくださったのは、毎月定期的に通ってくださっている
生徒さん、お母様&お嬢様。そしてお友達の女の子を連れて来て下さいました。

私のクラスは親子でのご参加がホントに多いです。
お母様もお若いし、お嬢様とは姉妹のように見えて、
いつも羨ましく見つめてしまいます。

さて、今回は1人の生徒さんが初めてのパン作りということで
わかりやすく、楽しくレッスン開始です。

彼女は韓国からの留学生で、日本にきて二年弱。
でも日本語はとても上手。普通に会話が出来ます。
とはいえ、難しい言葉はわからないので、
出来るだけわかりやすく説明をしていきました。

捏ね初めてみると、とても器用にお教えした通りに作業をされます。
生地の丸めは初めての生徒さんはなかなか難しく感じられ
出来るようになるのに少し時間がかかるものなのですが
あっさりと理解してあっという間に難関突破です。

素晴らしい。


本日の生徒さんはみなさんとても器用で
出来あがりも美しい:D

IMGP9405.jpg
悪戦苦闘するクープ(切り込み)も
スムーズに力を入れないようにキレイにカット。
生地がつれることなく、しっかり切り込めました。


ホワイトあんぱんの包み方はちょっと難しいかな~

なんて心配もよそに、ちょっとだけポイントをお教えして
最後にはみなさんサクサクと。
キレイな出来あがりです。

IMGP9408.jpg
お好みでサクラの塩漬けをトップに飾るのですが、
本日はみなさん苦手ということで、無しです。
おへそだけ付けました:D

韓国には桜の塩漬けなんてないらしく、
ちょっと味見をされたいというので差し上げたところ、
彼女も苦手だったみたいで。。。
涙目でもがいてました。

慣れないと美味しいとは感じらないものかもしれないですね。
実は私もちょっと苦手です(*_*;

でも、試食の時に

「サクラの塩漬けは餡子と一緒に食べたら合うかも!」と。

生徒さんはみなさん、
きちんと味を把握して、感じて、確かめて召し上がる。
そして、食感や味、素材の味などについていろいろと会話をされます。

これは世界共通、食に興味のある人間はみな、
同じなんだと感じました。
自分で作ったパンですものね。
味わっていただかなくちゃ勿体ない!

韓国人の彼女は、自分でカレイの煮つけなんかも作られるのだそうです。
写真を見せてもらいましたが、ちゃんと隠し包丁もして、生姜もいれて煮付けられてました。
まだお若いのに、お家でいろんなお料理をされているみたい。
これからもっともっと日本の美味しさを堪能して
是非故郷のご家族にも作って差し上げてほしいと思います。

帰り際、
「自分でパンを作ったことがなかったので、今日はとても楽しかったです。
 焼き立てのパンの美味しさが、こんなにも嬉しいものだなんて、知りませんでした。」

と私に伝えてくれました。

心からジンワリ嬉しくなりました。

生徒さんからのそういったお言葉と笑顔が
私へのご褒美だと、いつも思っています。
今日も素晴らしいご褒美をいただきました。

是非またパン作り、一緒にやりましょう!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)