外国人街でランチ

IMGP0067resize.jpg
クアラルンプール都心からクルマで15分くらいのところにある外国人街『Bangsar(バングサまたはバンサー)』

にあるスペインレストラン

【el meson】でランチ

この地区は、日本だと広尾とか南麻布の様な地区(彼曰く、だけど)で
緑が多く、道も広くて、優雅な街です。

建っているお家もみんな豪邸で、敷地が広い。
高台にあります。

ダウンタウンはとても栄えていて、オシャレなレストランから
バー、ショッピングセンターと、休日は十分に楽しめそう。
都心のブキッビンタンは観光客が多くて、忙しないけど、
ここは地元の人が多いのか、落ち着いた雰囲気。

そんな街に、このレストランはあります。

この日はお昼からマッタリランチを楽しむために
このお店へ。
私達の休日ランチの定番なんです。

IMGP0041resize.jpg
まずは生ハムとワインを注文。
彼女が生ハムをカットして、盛り付けてくれます。

IMGP0048resize.jpg
こんな感じ。
見事なプレートでしょ?
7種類くらいのハムやサラミとオリーブ、そしてメロン。
それにしてもかなりの量です。
コクのある美味しい生ハム、サラミはアッサリしたものとしっかりと脂ののったものとあり、
全体的には全て美味しく、マズいものは一切無し!
と言った感じです。香りの強いものもありますが、気になりません。
ワインが進みます。

IMGP0051resize.jpg
そして、お決まりのカラマリ。
サンフランシスコでは必ずといっていいほど良く食べてました。
大好きなお料理なので、メニューに見つけると、つ、つい。。。;D
半生のイカのフライ具合が絶妙です。

IMGP0054resize.jpg
そして、メインディッシュはパエリアです。当たり前です。スパニッシュです。
魚介のパエリアをお願いしました。
見事なまでの出で立ち。
ちょっとご飯がジューシーな雰囲気。
嫌いじゃないわ。オーダーから30分も待った甲斐もあるってもん。

IMGP0057resize.jpg
少ししょっぱいけれど、お米の芯があるかないかの火の入れ方と良い
スープの量と良い、絶妙です。
ただ、ちょっとしょっぱい。。。
でも美味しく頂いちゃいました。
全部。フフフ。

IMGP0052resize.jpg
お腹も一杯になり、ワインで眠くなり。。。

と先ほどの生ハムの彼女をみると。スゴイ量のパン生地。
どうもお店で出すパンを焼くみたい。
興味深々。
分割して成型して、天板に並べます。
焼き上がりが楽しみ!

IMGP0063resize.jpg
じゃーん!
こんな感じ。とても大きく焼き上げ、スライスして半分にカットして
お客様のテーブルに運ばれるんですね。
ほんのり甘めでさっくりしたパンです。

こういう仕事もしたいなあ。レストランでパンづくりとか。

いつも通り、彼と二人、三時間程度の休日ランチを楽しみました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)