今日のRin's Kitchen Vol.15

IMGP8614.jpg
12月初めのクラスです。

通常パンクラス
シュトーレンとオランジェショコラ(パネトーネ型)
クリスマスな感じですね。

本日は初めてご参加された生徒様と
毎月お越しくださっている生徒様。

遠いところからありがとうございます。
パン作りはいろいろなお教室で習われ、
お家でも良く焼かれているとのこと。
手慣れていらして、作業もスムーズです。

今回はシュトーレンを手捏ねしていただいています。
この生地は初めはちょっと硬めなので、押し捏ねをします。
バターを練り込むとしっとり柔らかい生地に変身。
かなりの量のバターが入るので、生地もしっとりします。
気持ちがいいったらありゃしない!な心地よさです;D

IMGP8650.jpg
たくさんのナッツやオレンジピールを練り込み
焼成。

IMGP8649.jpg
三つ折り成形なので、焼きあがると表情が出て
ゴツゴツ感が手作りっぽくていいですね。

焼き立てにラム酒をたっぷりかけ、溶かしバター、そして粉糖でしっかりコーティング。
冷蔵庫で一晩寝かせていただきます。

お二人とも良い表情のシュトーレンを焼き上げました。
(作業に夢中で。。写真を忘れましたX( )

一晩おいたご試食用を召しあがっていただくと

「今まで毎年買っていたシュトーレンより美味しい!今までで一番おいしいです;D」

是非今年はご自身で作ってみてください!
間違いなく世界一美味しいシュトーレンが焼けますよ!


IMGP8653.jpg
それから、オランジェショコラ。
こちらは、ブリオッシュ生地にチョコレートとオレンジピールを練り込んで
イタリアのクリスマスブレッド、パネトーネ型に焼きあげます。

IMGP8651.jpg
もうひとつ、パウンド型に入れ、焼きあがりにナッツなどでデコレート。
ケーキのように仕上げます

「こんなオシャレなパン、今までに習ったことないです~」

ありがとうございます!
嬉しいお言葉。

こちらもしっとりふんわりな生地に焼きあがるので
シュトーレンとはまた違った食感で、風味のあるパンです。


ご実家のご家族が、そのパン達を楽しみに待っていらっしゃるという
生徒様は、1時間かけてご実家に帰られました。
皆さまの笑顔が素敵でありますように…








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)