今日のRins Kitchen Vol.9

IMGP8471.jpg

今日もパンクラスです。
午前午後の2回転。
どちらのクラスも通常パンクラスでした。

イングリッシュマフィンと角食パン。

今日の生徒様はみな様とても手際がよく、
さすがお家で焼かれているだけあるな!
と言った感じです。
おひとりの方は、まだパン作りを初めて浅いと知り、
びっくりしました。

IMGP8466.jpg
手つきもいいし、捏ねもちゃんと出来ていました。
ご自分で生地の状態を把握されて捏ねているような印象で…

IMGP8467.jpg
角食パンの生地の成型は、生地がとても柔らかく、気持ちがいいのだけれど扱い辛い…
結構大変なので、手粉を使って棒状のものを2本作ります。
ねじり成形をするのですが、
これがまた難しい。
ただねじるだけなのに…

私も生徒としてパンを勉強していた時は、なんでこんなことが出来ないのかと、
悩みました。
シンプルなパンほど難しい。
パンは奥が深いです。

IMGP8469.jpg
イングリッシュマフィンも、可愛い形で焼きあがりましたね。
トッピングのコーングリッツが口の中でプチプチいいます。
この食感がまた楽しい。
半分にカットしてサンドウィッチ、いーですねー。

IMGP8474.jpg
午後の生徒様の作品です。
昨日のクロワッサンクラスにもお越しくださいました。

今日は、クラスに来られる前に、
昨日ご自分で作られたクロワッサンを
お友達の方に配られたのだそうです。

『このクロワッサン、どこで買ってきたんですか?』

『えっ?!作られたんですか???』

『すごい!!!美味しい~』

と言われましたと。
嬉しいですね。
みなさん、きっと笑顔でお口にほうばったに違いありませんね。

おかしかったのは、クラスの帰り道にご自身が通っている歯医者さんにも
焼き立てクロワッサンをお届したところ、
先生は治療中にも関わらず
立ったまますべてを召しあがったのだそうです。

『えーっと…患者さんは放ったらかしで良いのでしょうか…』

『それくらい美味しいってこと!』とおっしゃられたそうです。

私は基本的に、生徒さんの生地を触らないようにしています。
それは生徒さんが出来るだけご自分で作りあげて欲しいから。
私が手を出してまうと、その部分は体で覚えられないんです。
なので、見本はお見せしますが、基本的にはご自身でちゃんと作りあげていただいています。

というわけなので、
皆さまが美味しい!と絶賛されたクロワッサンとミートパイは
その生徒さんが作くられたパンへのお言葉なんです。

素晴らしい!

嬉しいお話でした。

今日はイングリッシュマフィンと角食パンを
ご実家のご両親へお土産にされるそうです。
ご家族のみな様が、素敵な笑顔になっている事を願って。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)