今日のRin's Kitchen Vol.7

IMGP8334.jpg
本日は通常パンクラスです。
午前のクラスのみ。

IMGP8326.jpg
イングリッシュマフィン
角食パン
を焼きます。

今回ご参加いただいたのは
毎月お越しいただいている生徒様2名です。

お二人とも手が慣れていらっしゃるので、
生地もあっという間に捏ねあがりました。

今回はイングリッシュマフィンを手捏ねしていただいてます。
コーングリッツが入る分、グルテンチェックがちょっとしずらいのですが、
丁寧に伸ばすとチェックできますよ!

良い生地が捏ねあがり、発酵させて型に入れて
可愛いマフィンになります。

角食パンは扱うのが困難です。
お水が多い生地なので、台にくっつきやすくフワフワ。
なかなか言うことを聞いてくれないところを
なんとかまとめなくてはなりません。
ちょっと大変そうだけど、美味しいパンが焼けますから!
頑張って!

生徒さんのお1人は、ご自宅でも良くパンを焼かれていて、
先日作られたというクリームパンの写真を見せてくださいました。
ホシノ酵母で作られたとのこと。
素晴らしい:D
出来栄えももとてもキレイで、売れそうな感じです。
先日に引き続き、また嬉しい報告でした。
ありがとうございます;D


さて、本日の作品です。

IMGP8329.jpg
イングリッシュマフィン
可愛いスタイル。
フワフワでそのままでもサンドウィッチでもいけます。

IMGP8331.jpg
そして!食パン。
甘い、香ばしい香りが立ち込めます。
熱いところをそっとカット。
湯気が上がります。
中はフワフワです。
IMGP8332.jpg
ちぎるとトロトロです。
こんな焼き立ては、パン作りをした方のみの特権。
贅沢過ぎる瞬間。

大満足な出来栄えで、お二人とも笑顔:D
そんなお二人を見て、私も笑顔になりました。



そうそう、先日ある生徒さんからこんな質問をいただきました。

『捏ね過ぎない…というのはどの程度の捏ね具合ですか?』

確かに、レシピの文字のみではなかなか理解できません。
そういう疑問は少なからずみなさんあると思います。
ありがたいご質問でした。私にとっても、とても勉強になりました。
ありがとうございます;D

これからのクラスでは
出来るだけ言葉などでご説明していくつもりです。

それでもわからない時は
どうぞご遠慮なく、聞いてくださいね。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)