わ~ペトロナスツインタワーだ!

P1070071resize.jpg
6月に教室を始めてからバタバタとしていて、
彼の住むクアラルンプールになかなか行かれませんでした。
11月頭に時間を作って、やっと訪れることができました。

成田から7時間のフライト。
お昼に出て夕方にKL到着。
彼がクルマで迎えにきてくれたので、独りでも安心。
そのまま彼オススメのカニ料理『ファッティ・クラブ』へ。
IMGP7795resize.jpg

空港からクルマで1時間ほど。
思いの他、華やかな街?道?を抜け、レストランに到着。

IMGP7781resize.jpg
扉ない、窓ない、どこでも入り口、でも屋根はある。。。
というお店。(彼曰く、この程度でも中の上クラスらしい)
椅子やテーブルはプラスチック。タイル張りの床。

「キレイな格好で飛行機に乗らないでね!」

と言った彼の言葉の意味が、この瞬間にわかりました。
そんな彼は仕事終わりでスーツ。

さ、オーダー。
英語もイマイチ通じないこの街で、何をどう頼む?
行きつけてないと難しい。
IMGP7778resize.jpg
とはいえ、これだけしかないメニュー。数合わせなのか、おしぼりまで有料。
お金払ったおしぼりの適当さに唖然。こんなもんか。
彼がお店のおばさんとお話して、オーダーが済んだ様子。

早速出てきたのは、
IMGP7784resize.jpg
チキンウィング。

みんな食べてる。美味しくない訳ない風な風貌。
待ち切れず手で頂きました。
スパイシーでカリカリ。ジューシーだしお肉は柔らかい。
なんて美味しいのかしら!
何故だかわらないけれど、こちらの鶏肉は美味しいらしい。

食べたいものを注文すると、ちゃんと計算して2人で十分な量を持ってきてくれるから
すばらしい。

IMGP7787resize.jpg
続いて、待ってました!のカニ。
酸っぱ辛い、ガーリック風味のカニさん。
肉たたきが一緒にきたのが不思議。
みんなテーブルの上で叩いてカニを食べてます。
なるほど~だからテーブルクロスが破れてるんだな。

私もやってみました。
簡単だし、食べやすい。

味噌が濃くて、身は柔らかい。淡白なんだけど、ソースが絡みやすいので
味はしっかり効いています。
ご飯が欲しくなる。。。と思っていると

IMGP7785resize.jpg
やってくるご飯。
野菜炒飯。

至れり尽くせり。
シンプルな料理なんだけど、ホッとする味。
お米は少し癖のある香りがするけれど、カニと一緒だと気にならない。
むしろ合う。
カニのソースをご飯にかけてあんかけ風。
たまらない。美味しい。

それでも余るカニのソースは
トーストに付けて最後まで頂く。
カリカリに焼かれたトーストはサクサクで軽い。
ソースをしっかり含ませ、ジュワッと頂くのがたまらない。
これ病み付きです。

かなりの量だぁ~と感じたのもつかの間、あっという間にこの通り。

IMGP7790resize.jpg
完食です。

美味しかったー;D

チキンウィング、カニ、炒飯、トースト、7up、ビール(3本)をいただき
RM98(日本円で¥2、600也)。

安っ!

これからの食事が楽しみ in KL。


◇肥佬蟹海鮮楼 Fatty Crab◇
No.2, Jalan SS24/13, Taman Megah, 47301, Petaling Jaya
Selangor Darul Ehsan, Malaysia
03-7804-5758(KLのね)








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)