北海道旅行②

2日目は曇り!気温25度。涼しい!
雨が降っていないのはラッキー。

この日は旭山動物園へ。

IMGP6811.jpg
ゆっくりめに朝食を摂り、のんびり出かけたつもりが
意外と開園と同時くらいに到着。
平日の夏なのでわりと空いてる。

さぁ~
体験型動物園、楽しむぞぉ~

と大人2人はルンルン。
しかし、甥っ子はイマイチ乗り気じゃなく。。。

IMGP6820.jpg
テンションあげるのに一生懸命。
本人も自分のカメラを持参していたので、
フラミンゴやら白クマやら写しながら、そのうちテンションも上がってきて、
楽しんでいた様子。

入口にもぐもぐタイムスケジュールがあるので
そちらをチェックしてその時間にその動物の館へ行くと
説明付きでご飯を食べる塔すが見られます。
しかし、わりと並びます・・・・

IMGP6842.jpg

IMGP6841.jpg
初めに白クマのもぐもぐタイムへGO!
白クマのお尻や足の裏が可愛い;D
くまもちゃんとわかってるのかな。
みんなに見えるところでちゃんと飛び込む。
餌を食べてお尻を向ける。
サービス精神旺盛です。

IMGP6825.jpg
続いて、ペンギンさん。
冬ならお散歩が見られるのでしょうけれど、
残念ながら今は夏。
IMGP6826.jpg
泳ぐ姿を下から。
IMGP6832.jpg
そして、餌を食べる姿だけ眺めました。
4種類ほどのペンギンがみんなで一緒に生活していました。
この子もちゃんと観客の前でパフォーマンスしてくれてました。
偉い!

IMGP6848.jpg
そしてライオンやひょうの猛獣館、
レッサーパンダなどを見て、

IMGP6867.jpg
私がいつもお世話になっている
エゾシカさん。
(北海道の小麦粉の名前です…エヘッ)
穏やかな姿でおっとり。
ファミリーかな?

IMGP6898.jpg
その後、目の前でご飯を食べる
キリンさん。
すごく長い舌で、枝を食べてました。
びっくりするほどの下の厚さと長さ。
その瞳からは想像も出来ないくらい
グロテスクでした。。。

IMGP6882.jpg
爬虫類館ではワニや蛇、カエルなんかを見て、
オラウータンのなまけっぷりには大笑い。
何を考えてるんだろう?

IMGP6883.jpg
三羽並んでこちらを向くフクロウたち。
瞳が愛らしくて、思わず微笑んでしまう。

IMGP6905.jpg
最後はお約束のアザラシ館。
この筒状の水槽はちゃんと見ておかなくては。
お腹を出して、すいすいと私たちの目の前を通り抜けていく姿は、
自然に水の中を楽しんでいるアザラシの姿でした。


5~6時間ほど動物鑑賞を楽しみ
最後にお土産を購入。
甥っ子は自分の為に、旭山動物園の本とメモ帳を買って
見てきた動物達の復習をしていました。

充分に楽しんだ動物園を後に、
2日目の宿泊地、富良野へ向かいました。

旭川から1時間半のドライブ。
国道237号。
別名 花人街道。
美瑛を抜けると富良野へ。
その途中は素晴らしいガーデンがたくさん見られます。
あまりにもキレイで思わず立ち寄ったのは

IMGP6927.jpg
菅野ファーム。
有名なガーデンです。

IMGP6914.jpg

IMGP6916.jpg

IMGP6921.jpg
お天気がイマイチだったのですが、
ケイトウ、ほうき草、ラベンダー、そのほか数種類の花が
ガーデンを彩っていました。
美しすぎる!

癒されます。

気分を新たに、どんどんと花人街道を進み、
6時前に新富良野プリンスへ到着。

ホッと一息。

大自然の中に立つこのホテルは
私がどうしても見てみたかった

【風のガーデン】

があるんです。

倉本聰さんのドラマで使われた、お家とガーデンがあるんです。

そのほかにも

【優しい時間】

のコーヒーショップ。
これもちゃんと存在していて営業もしていました。


それはまた次の回でご紹介しますね。


話をもどして。。。
ホテルに到着して、お風呂でゆっくりしてから
ホテル内の和食やさんへ行き、
また、

IMGP6934.jpg
ウニイクラ丼を堪能。

IMGP6930.jpg
大きくてジューシーなホッケや
IMGP6928.jpg
シシャモ。
IMGP6932.jpg
じゃがいもと鶏のチーズ焼き。

どれもこれも、大自然の恵みたっぷりの
豊かな味がしました。
ウニもイクラもコクがあって甘くて、
トロ~っととろける。
後味もあっさりしていて、風味だけが喉に残る。
思いのほかさっぱりといただける。
本物の味がした。

こういうお料理がいい。
せっかくいただくのなら、こういう和食が一番おいしい。

満足だぁ。

お部屋に戻って、また温泉へ。

移動中の車でお昼ねしちゃった甥っ子と二人で夜更かし。
深夜までTVを見て、そのうち寝ちゃいました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)