パン教室with children

P1060255.jpg
日本ではパン教室でパンの作り方を教えていました。
学校がお休みになると、決まって子供パン教室が開催されます。

今回は春休みの子供パン教室が開催されるということで
私がお世話になっている教室で久し振りに楽しいパン教室をやってきました。

久し振りに会う子供たちは1年振りかな?
子供の成長は本当に早いもので
みんなずいぶん大きくなっていました。
もちろんパン作りも上手に!

今回も3種類のパンを、捏ねるところから始めます。
素材を手で触って、気持ちを込めながら作ることに
手作りの良さがあります。
だから、私が教えるときには
必ず心の中で

「美味しくできますように!」

とか

「おいしくなーれ!」

と思いながら捏ねるように言います。

不思議と本当に美味しくできるんです。

パン生地は膨らんだり暖かくなったり、
まるで生き物のよう。
食材はなんでも生きているんです。
だから、気持ちを込めれば必ず伝わる。

気分が優れない時に作るお料理やパンは
まず美味しくできません。
それらもきっと伝わってしまうから。

ということで、今回もみんな美味しいパンが作れました。
みんな笑って楽しんで作っていたからね!

P1060250.jpg
P1060251.jpg
P1060252.jpg

この教室では、必ず子供たちに好きな形のパンを作ってもらいます。
子供たちは、親の予想をはるかに超えた想像力や発想力、手先の器用さを持っています。
それらを思う存分に出して、自分の思い描くものを作ることで
達成感や満足感を得てもらいたいし、ご両親にも新たな発見と楽しみを
得てもらえると思うからです。

子供たちもその時間が一番好きなようで、
あれこれ考えながら、思い思いの作品を作っていました。
そしてそれらが焼きあがると、

「わぁ~!」

と歓声があがります。

みんなニコニコ笑顔で
それを見ると、私もうれしくなります。
そして、みんなからパワーをたくさん貰えます。

今回もとても楽しい時間が過ごせました。

また次回、みんなに逢えることを楽しみに。。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)