今日のRin's Kitchen Vol.53

IMGP9857.jpg
昨日に引き続き、今日も可愛い生徒さんと
春休み子供パンクラスの開催です。

仲良し6人組の女子会!
賑やかです。
でもみんなお行儀が良く、ちゃんとお話を聞いて
確認しながら作業をしていました。

ニコニコしながら、楽しそうにパンを捏ね
やっぱり今日も
美味しくなーれ!
と唱えながらべたべたの手との格闘の画。
何度見ても可愛いものです。


チョコレートパンは、切り込みが難しいけれど、
知らず知らずのうちに、みんな黙々と完成させ、
みんなの試食分を作っている私がアタフタ…

ちょっとみんなよりお姉さんの女の子に
いろいろとフォローしてもらったりして。
頼りになります!

続いてじゃがマヨパンの成型。
丸く生地をのばして、ジャガイモを包みます。
小さな手で大きなピンポン玉ほどのジャガイモを包むんだもん、
大変だよね・・・
手から生地がはみ出しちゃって。

IMGP9852.jpg
最後は待ちに待ったアートパン!
さすが女の子。ネコちゃんが大人気。
それ以外だと、お花やウサギさん。
IMGP9851.jpg
みんな丁寧に一生懸命作っていました。
焼きあがりはどんなだろう?!

それまで、先に焼きあがったチョコレートパンやじゃがマヨぱんを
試食。
みんなで一緒に焼き立てパンをいただきます。

チョコレートが出てこないなぁ~

みんなチョコ大好きですね!

パンを食べながら

今日は○○ちゃん、この後ご用事ある?

今日は無いよ!

じゃ、遊べるね!

なんて、子供らしい可愛い会話。

ほのぼのしちゃいますね。


お母さまがお迎えに来た時、
ちょうどアートパンも焼きあがりました!

膨れちゃって、ちょっとイメージと違う形が出来たな…
という雰囲気の複雑な表情の女の子から

ワァ~!!

と歓声を上げる子。

6名いれば、6名が違う表情をするのを見るのも
楽しいですね。


いい思い出になったかな?

是非お家でお母様と一緒にパン作りしてね!




スポンサーサイト

今日のRin's Kitchen Vol.52

春休みですね。

IMGP9839.jpg
今日は春休み、子供パン教室です!

可愛い元気な生徒さんがきてくださいました。

前回もご参加くださった3名の生徒さんと
もう一人、初めての女の子の合わせて4名です。

みんな元気でいい笑顔です。

『パン作り楽しみにしていたから、地震でクラスが無くなったらどうしよう!って
すごく心配していたんですよ。。。』

とお母様から。
嬉しいですね。
みんなの為にも、頑張らなくちゃ!


一生懸命パンの生地を捏ねて、ベタベタでちょっと大変だったけど、
必死になって

『美味しくなぁ~れ!美味しくなぁ~れ!』

って言いながら、頑張ってました。

可愛いですね。。。。


その後、チョコレートのパンを成型。
1人3つ作ります。

生地をのばして、四角にして、
チョコレートを乗せて、手袋みたいな形にカットして、
クルクル巻いていきます。

麺棒で伸ばすのて難しいね・・・

次はじゃがマヨパンの成型です。

用意しておいたジャガイモをパン生地で包み
焼く前にハサミで切り込み。
マヨネーズを乗せて、パセリを乗せて焼きます。

最後はみんなのお待ちかね!
アートパン作り。

好きな形のパンをそれぞれ思う存分に作ってもらいます。
みんなの目的はこれかな?

何作ろうかな~?

迷うな~?

これはどうやって作れば良いの?

IMGP9830.jpg
みんな考えて考えて、
頭の中にあるイメージを目の前のオーブンシートの上に作りあげていきます。

その間にチョコレートのパンやジャガイモのパンが焼きあがって。

チョコレートの良い香り~

なんて、五感をたっぷり使って作業していました。


最後はみんなで作ったパンの試食。

美味しいねぇ~

と一緒に作業したお友達と味わえるのも大事な経験ですね。

みんなの笑顔に癒され、元気をもらいました。

ありがとう;D

今日のRin's Kitchen Vol.51

IMGP9799.jpg
本日もクラス開催でした。

午前も午後もパン恋クラスです。

午前中の生徒さんは
数年前から私のクラスにご参加くださっている生徒さんと、
毎月ご参加下さる生徒さんの4名様です。

地震は大丈夫でしたか?

最近はこの言葉が挨拶になってしまっている感じですね。

4時間半歩いて帰りました・・・
会社に泊まりました・・・

大変でしたね。でも無事で何よりです。


そんな話をしながら、菜の花フォカッチャの生地を捏ね、
フィリングに菜の花の茎の部分を入れ、キレイな生地を発酵させます。

その間にバラ肉のロールキャベツ作り。

ハーブを刻んで、バラ肉と一緒に巻いて行きます。

ミンチ肉を捏ねるのが面倒
キャベツに巻くのが面倒

なかなかお家では作られなくなっているロールキャベツ。
この時期は春キャベツが柔らかくてとても美味しいのに…

今回の場合、バラ肉をそのまま巻くのでわりと手間もかからず簡単です、。
ハーブを散らすだけで、一味もふた味も手の込んだ風の味に変身!
ポイントです。

トマトホールや赤ワインなど、調味料を鍋にいれ、
火にかけて待つだけです。

カットキャベツ
ミンチ肉にない、ジューシーな肉汁がたまらない美味しさですよ。

フォカッチャはケーキ型で焼くので、そのまま生地を型にいれ、
トッピング!

フォカッチャトッピング
焼きあがったあとで、彩りの黄色と緑をちらして、完成。

焼き立てのふわふわフォカッチャは
やっぱり今日もみんなの笑顔を作ってくれました。
ありがとう!


そして午後は
毎月ご参加下さるお母様とお嬢様です。

お家で良く作られるお二人なので、捏ねはすっかりベテランさんです。
油脂を入れる時期や、捏ねあがりをご自分でチェックしていただき、
しっとりした生地を捏ねあげます。

こちらも午前同様にロールキャベツ作りです。
お二人で一緒に包んでいただきました。
楊枝などを使わない方法での作業は覚えておくと便利ですね。

『今度は夜ごはん作っておいて!って頼めるわ…』

とお母様。
是非ご家族の夕ご飯に作ってみてくださいね。

IMGP9801.jpg
見事キレイなロールキャベツが出来ました。

フォカッチャの生地も順調に進み、
トッピングして焼きあげます。

IMGP9805.jpg
ご試食したあとに、残りをトッピングをして
彩り良く仕上がりました。


こんなふんわりしたフォカッチャは初めて!
想像通りだったわ!

とお母様。

パン生地へのご感想がとても具体的で
毎回、すごく為になるお言葉です。

その後も素敵なアイディアをいただき、
今後に生かせそう。

いろんな意味でとても充実したクラスでした。

私が笑顔をいただいちゃった感じですね。








今日のRin's Kitchen Vol.50

IMGP9785.jpg
もうすぐ4月だというのに、いつまでも寒いですね。。。
被災地の方のためにも、早く暖かくなってくれる事を祈ります。

さて、本日は午前午後のクラス開催でした。

午前は、パン恋クラスです。
いつもご参加いただいている、三人組の生徒さん。
今月はパンクラスへのご参加もしていただきました。

フォカッチャは初めて作るから楽しみ~

っと、ちょっとべたつく生地を一生懸命捏ねて、
フィリングを加え、なんとか丸めて無事一次発酵へ。

ロールキャベツ
その間にロールキャベツ作りです。

ミンチ肉意外のロールキャベツはみなさん初めてということで
興味津津。

楊枝やパスタなどを使わずに包んだキャベツを止める方法をお教えしたら

画期的!
目からうろこが~

と絶賛していただきました。
ちょっとした事なんですけど、意外と教えてもらわないと知らないものかもしれませんね。

さすが女の子、キレイなロールキャベツの形を作り、その画期的な止め方で
サクサクと作成してくださいました。

お鍋に並べて、調味料をいれ
後は煮込むだけ。
急な来客の時も、サクッと美味しいランチが作れちゃいますね!

フレッシュのハーブで香りをしっかり付けているので、
それだけでもちょっと手の込んだ感を感じてもらえます。
手の込んだ風簡単料理!
これって結構大事です。

IMGP9784.jpg
フォカッチャはケーキ型で成型するので、最終発酵した生地に
穴をあけ、オリーブオイル、トッピングのクリームチーズや
菜の花、パプリカをのせてオーブンへ。

IMGP9791.jpg
菜の花畑のようなパンが焼きあがりました。

ふんわりフォカッチャなので、焼き立てのパン生地は
本当にふわふわで、トッピングのチーズも加わり、トロ~っとしています。

この生地、最高に美味しい!!

そんな嬉しいお言葉をいただきました~;D

共に笑顔も!

ありがとうございます。


そして、午後は通常パンクラスです。

こちらも毎月お逢い出来る皆さま。
いつもはお母様と一緒の娘さんが独りでご参加くださいました。
私の生徒さんの中で、最も若い生徒さんです。
あ、お子様は除いてね;D

皆さま慣れていらっしゃるので、お話しながらの作業です。
レモンクリームの生地を捏ねあげ、ソフトフランスの成型、
レモンクリームの分割、成型と進み、最後に今回の一番のメインとも言える
フランスパンへのクープを入れる作業です。

画をかいて説明をして、それからの作業です。
頭ではわかっていても、なかなか手は思うように動いてくれません。
練習と思ってささっと引くと、結構キレイに引けたりして。
難しいですね。
何本も引いていると、感覚や雰囲気からそれが身についてくれるものなのでしょうけれど…

IMGP9792.jpg
しかし、焼きあがりはとてもキレイ。
クープの開きもなかなかいい具合です。
成型の仕方も上手だったのでしょう。
ねじれなどもなく、ほぼまっすぐのフランスパンが焼きあがりました。
焼きあがりのパチパチという音も、強力粉エゾシカの芳醇な香りも、
こういったシンプルなパンほど繊細に感じられます。
もちろん味は最高です!

その後続いてレモンクリームも。

IMGP9796.jpg
最後のお化粧をして、可愛いパンが出来あがりです。
焼き立て、アツアツのレモンクリームを召し上がっていただくと、

クリームが美味しい!
酸味がさわやか!

皆さまお気に入りのクリームでした。

ビタミンCをたっぷり摂取してこれからの季節に備えましょ;D

5月のパン恋クラスは...

5月Rin's Kitchen
パン恋クラス  ¥6,000円


【パーカーサンド コンプレ】

IMGP0054.jpg

コンプレとは全粒粉の事。
小麦のすべてを粉にした栄養満点の小麦粉です。
その全粒粉を20%合わせた生地で
サンドイッチ用のパンを焼きます。
半分に折った半月型の成型にして、
中に具を挟んでサンドイッチにします。
お子様のお弁当にもいいですね。

※お1人5個焼きます。


【サーモンの香草マリネソテー】

IMGP0084.jpg

厚めにカットしたお刺身用のサーモンを
ディル、イタリアンパセリ、オリーブオイルでマリネし、
軽くソテーしたものを、お野菜と一緒にパンにサンドします。
香り良く、柔らかジューシーなサーモンが美味しいですよ!

IMGP9706.jpg
一緒にブラックオリーブのマヨネーズソースをご用意します。


【ハッシュドポテト】

IMGP0110.jpg

ジャガイモとお塩、エダムチーズを混ぜて揚げ焼きした
ハッシュドポテトです。
表面のカリカリ感とチーズの香ばしさが
パンととても良く合います。
ケチャップとフレンチマスタードでアメリカンなサンドイッチを作りましょう。


※ご試食分はこちらでご用意いたします。
※都合により、急遽内容が変更する場合があります。


【日程】 定員4名です
≪5月≫

 
  7日(土)10;00~空席2
        14;00~空席2
 
  9日(月)10;00~満席 

21日(土)14;00~満席
 
22日(日)10;00~空席1


お申込みは↓へ、件名に『5月 パン恋クラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。


皆さまにお逢いできますように…;D

Rin's Kitchen HP はココをクリックしてください ;D

5月の通常パンクラスは...

5月Rin's Kitchen
通常パンクラス  受講料5,000円

【チョコチップメロンパン】 ※手捏ねします。

IMGP0060.jpg

IMGP0055.jpg

根強い人気のメロンパン。
今回はパン生地にチョコチップを練り込んだ、
チョコチップメロンパンを作ります。
周りのクッキー生地はサクサク!
ふんわりなパン生地とクッキー生地のサクサク感が
絶妙です。
一般的な丸型と、食べやすい楕円形の成型で
お1人4個作ります。


【オリーブ&セミドライトマト】 ※一次発酵済みの生地をご用意します。

オリーブ&セミドライトマト2

ハード系の生地に2種類のオリーブを練り込み、
フィリングに自家製のセミドライトマトを散らして
クルクルと丸めて成型します。
焼きたてはもちろん、朝食時にトーストしても、
お食事やワイン、チーズと合わせても、
美味しく召し上がっていただけるパンです。

※お1人1本焼きあげます。


※ご試食分はこちらでご用意いたします。
※都合により、急遽内容が変更する場合があります。

 
【日程】 定員4名です
≪5月≫


  1日(日)10;00~満席     
       14;00~満席

  5日(祝)10;00~満席 
       14;00~満席

14日(土)10;00~満席

17日(火)10;00~空席1

21日(土)10;00~満席

22日(日)14;00~満席

23日(月)10;00~空席2  

29日(日)10;00~満席 
       14;00~空席1

30日(月)10;00~満席


お申込みは↓へ、件名に『5月 通常パンクラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン強調文日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。

皆さまにお逢いできますように…;D

Rin's Kitchen HP はココをクリックしてください ;D

今日のRin's Kitchen Vol.49

IMGP9774.jpg
また寒さが戻ってしまった本日も
クラス開催です。

午前中は通常パンクラスです。


パン作りが初めてとおっしゃる生徒さんを含め
4名様がご参加くださいました。

みんなで一緒に、捏ねていきます。
捏ね方、生地の状態など、説明しながら
わかる生徒さんはどんどんとご自分の感覚で、
バターを加えて、グルテン膜を作って捏ねあげます。

初めての生徒さんには手の置きかたや生地がどういう状態でバターを入れるのか
グルテン膜とは…など、説明しながら一緒に進みます。

しっかりと捏ねあげ、
発酵へ進みます。

ソフトフランスの生地は分割から。
スケッパーの使い方や、生地の丸め方など、
一度説明すればみなさんチャチャッと作業され、
素晴らしい理解力です。

IMGP9773.jpg
細長く成型して、クープは三本入れ、
焼きあげました。

練習なのでキレイな形に焼きあげなくてもいいです:)
1つでもキレイに開いたクープがあれば、それでいいんです。
味は美味しいはずですから!

こんなの、自分で焼けるんだ…
作れるなんて思わなかった…

そんな声が聞こえました。
そうです。焼けちゃうんですよ。
美味しかったでしょ?! ;D

そしてレモンクリームパン。

こちらは10分割なので、細かい丸めがたくさん。

丸めるのは苦手~

丸めは結構難しいから、しかも細かいと大変ですね。
でもちゃんと丸める事で美味しいパンが出来あがりますから、
がんばりましょう!

がんばった甲斐があって、
こんなに可愛いパンが焼けました。

IMGP9775.jpg
バター、

IMGP9776.jpg
粉糖でお化粧して完成。

可愛い!可愛い♡
美味しい!!

嬉しい感想です。



午後は先日の地震で延期になったクラスの振り替えでした。

IMGP9783.jpg
パン恋クラスです。

お嬢さんとお母様のお二人様。
毎月来てくださっている生徒さんです。

今月はふんわりフォカッチャなので
生地にオリーブオイルを練り込んでいきます。
お嬢様は初めての油脂を入れるパンだったので、
ヌルヌル感に悪戦苦闘でしたが、
しっかりと練り込み、フィリングも入れて捏ねは完成。
ハード系からふわふわ系まで
いろんなパン生地がありますね!

発酵させている間に
ロールキャベツを作ります。
お二人で手分けして、キャベツにお肉、ハーブ、チーズを包み、
最後の味付けはお嬢さんにお任せしました。

煮込んでいると、ハーブの香りが漂って、美味しい香りが部屋を包みます。

発酵が終わったパン生地を成型してトッピングして、
オーブンへ入れたころ、
お料理をお皿に盛りつけご試食です。

一緒に春キャベツのコールスローを添えて。

ひき肉じゃないので、お肉がジューシーです。
そしてハーブが効いていて、肉の臭みも感じられず、
更にチーズでマイルドに。

焼きあがったフォカッチャはふわふわです。
クリームチーズやガーリックソテーした菜の花が
トマトソースと相性抜群。
サンドイッチにしても美味しいですよ。

IMGP9779.jpg
彩りよくするために、焼きあがってから残しておいた菜の花やパプリカをトピングして
見た目に美しく。
IMGP9782.jpg
春色でキレイですね。




簡単だけど、ひと手間、一味加えてちょっと手の込んだ風なお料理にする。
=おもてなし料理になる。

これは私がお料理を作る時のポイントです。

突然の来客でも簡単にサクッと手の込んだ風なお料理をお出しする。
お客様は喜びますよね!

先生のお料理は、娘のお友達が来た時にさっと作ってあげられるのと
好き嫌いの多い年頃の子どもでも、比較的食べやすい内容で役立ちます!

とおっしゃっていただきました。
ありがとうございます!


是非こちらもみなさんに作って差し上げて下さいね!

今日のRin's Kitchen Vol.48

IMGP9766.jpg
今日も通常パンクラスの開催です。

午前中に2名様の生徒さんがお越しくださいました。

お二人とも毎月定期的にご参加くださっている生徒さんです。


お家でもパン作りをされるお二人なので、
作業はスムーズ。
捏ねもご自分で様子を見ながらグルテン膜が出来ているかチェック。
しっとりした生地が捏ねあがりました。

続いてソフトフランス。
分割してから丸めて成型です。
細長く、バタールの大きさに成型します。
畳んで閉じて、畳んで閉じて…成型します。
30cmの長さで太さは直径3cmくらいかな?
最終発酵が終わるとかなり太く膨らみ、焼きあがりは
バタールの形に。

焼く前にクープを入れ、
高温で一気に焼きあげます。
クープは三本。バランス良く、立てにまっすぐに。

IMGP9765.jpg
ちょっと曲がってしまったけれど、
キレイに入ったクープもありますね。
成型時のバランスや、もっと前の工程が原因で
うまくクープが開かなかったり、曲がってしまったり。
奥が深いですね。


IMGP9762.jpg
発酵が終わったレモンクリームパンは
10分割にして、小さな小さな生地を丸め、
IMGP9764.jpg
真ん中にレモンクリームをたっぷりのせて蓋をします。

IMGP9768.jpg
ドーム状に、小さなホットケーキのような
パンが焼きあがりました。

IMGP9767.jpg
バター、粉糖を振り、仕上げます。
今回の生徒さんは、2つだけバターのみの仕上げを
していらっしゃいました。

IMGP9769.jpg
酸味のあるクリームは暖かい時と冷めた時の風味が変わります。
マッタリとした中でレモンの甘酸っぱさがさわやかに香りますよ!

2種類のパンの風味、味は全然違いますが
それぞれ特徴のある美味しさがあります。

ソフトフランスはサンドイッチに最適です。
見た目と違って、わりとふんわり柔らかめなので
ハムやお野菜をサンドして、フランス風サンドイッチのランチなんて
いいですね!

「早速お家に帰って作ります!」
「大好きなアボカド&サーモンをサンドします」

素敵!

今日のRin's Kitchen Vol.47

remonn.jpg
久しぶりにクラスを開催いたしました。

午前は、先週休講になってしまったパン恋クラスの振り替えです。
お1人の生徒さんがご参加くださいました。

春キャベツを使った豚バラ肉とセージのロールキャベツ

菜の花フォカッチャ

です。

フォカッチャは15cmのケーキ型を使って
厚みのあるふんわりしたものを作ります。

生地には菜の花と彩りに黄色のパプリカを練り込んで
トッピングには菜の花とクリームチーズ、パプリカを。

fokaccha.jpg
春色のあるの味のするふわふわフォカッチャが出来あがりました。

オリーブオイルの香りもほんのりと、そのままでもお料理と一緒でも
美味しく召し上がっていただけます。

今回はトマトソースのロールキャベツと合わせました。

ロールキャベツは、豚バラ肉を使います。
ミンチを練らなくていいので、手軽にできるロールキャベツです。
豚肉と相性の良い、フレッシュのセージや好みのハーブを刻んで、
お肉、チーズと一緒にくるんでいきます。
赤ワインを加えたトマトソースで煮込み、簡単でも一味違ったロールキャベツに仕上げます。

フォカッチャと一緒に手軽なランチです。

本日の生徒さんはお忙しい中、お家でもパン作りをされていて、
いつも美味しいパンを召し上がっていらっしゃるようです。
前回のソフトフランスも復習され、その時の写真を見せてくださいました。
焼き色も、クラムもとても良く焼きあがっていて、完璧な出来映えでした。
素晴らしいですね。嬉しくなっちゃいます。

今度はお料理も復習してみてくださいね。


午後のクラスは
パンクラスです。

3名様のご参加です。
計画停電の影響もあり、お1人の生徒さんがお休みでした。

初めてご参加いただいた生徒さんと、
定期的にお越しくださっている生徒さんの3名様。

初めてご参加くださった生徒さんは
パン作りやお料理など、とてもお好きとの事で、
お家でもいろいろ作られていらっしゃるよう。
手慣れた感じでした。

丸める、分割する、成型する。。。。

IMGP9758.jpg
細かいところはいろいろと難しいところもありますが、
みなさん黙々と作業され、
レモンクリームパンはこんなに可愛らしく出来あがりました。

IMGP9757.jpg
バターを塗って、粉糖をまぶして。

レモンクリームのさわやかさが好き!

中身をいろんなものに変えても良さそう!

サツマイモやジャガイモなど、
いろんな種類でたくさん作っても楽しそう!

といろんな意見をいただきました。

生地は菓子パンの生地ですが、おかず系の中身でも美味しく出来ますよ;D


ソフトフランスは
とにかくクープの入れ方ですね。

今日は少し発酵を長めにしたせいか
成型の仕方か、
クープがとても入れやすく、みなさんサクサクとナイフを引いていました。

一本クープはそれなりに開きますが、
三本クープはやっぱり難しそう。。。
これは何度も何度も練習していくしかありません!
IMGP9754.jpg
今回の生徒さんは、みなさま2つとも三本クープを引かれていました。

IMGP9755.jpg
愛嬌のあるソフトフランスが焼きあがりましたね。
焼きあがり後のパチパチという音、
こんがり焼けたパンの香り、
粉の香り…

焼き立てを召し上がっていただき、
みなさんの素敵な笑顔が見られました。
ホッとしますね。
嬉しくなります。

こんな時期こそ!

皆さまにささやかな幸せをお裾分け…;D




今後のクラス開催について

まだまだ大変な状況が続いております。
毎晩の余震。電力供給のための計画停電。
緊張が解けない毎日ですね。

被災された皆さまは、精神的にも肉体的にも
もっともっと辛く不安な毎日を過ごされてるのかと思うと、
小さな事でも、今の自分に出来る事は何かと
常に考えてしまいます。

生徒の皆さまも、精神的に気分が落ち込んでしまっているのではないでしょうか。


このような状況の中、クラスを開催するのはいかがかといろいろと考えましたが、
少しでも、皆さまに笑顔になる時間を作っていただきたいのと
皆さまからのご受講料の一部を
義援金としてこちらの団体を通し、被災地へ寄付させていただきたいと思い、
19日からのクラスを開催することに致しました。

もちろんこのような不安定な状態ですので
参加のご判断は、お申込みいただいております生徒の皆さまに
お任せ致します。
欠席される場合は、材料の準備もございますので
前日までに、メールかお電話でご連絡いただけると助かります。

また、交通機関も乱れておりますので
クラスの開始時間に間に合わない場合などあるかと思います。
時間の許す限りお待ちしておりますので
その旨ご連絡をいただけますよう、お願い申し上げます。

まだまだ寒い日が続きそうです。
節電のため、エアコンを控える事もありますので
出来るだけ暖かい格好でお越しくださいませ。

ご質問なとございましたら、
遠慮なくメール、お電話などでご連絡ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


今後も余震が続きそうですので、
気を付けてお過ごしくださいね。


Rin's Kitchen 



※今後の状況によっては
 また変更があるかもしれません。
 その都度ご連絡いたします。


クラス開催の予定について

東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様
心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧をお祈り申し上げます。


地震発生から、パンクラス、パン恋クラスの開催を見合わせておりますが、
19日(土)以降の開催につきましては
只今検討しております。

計画停電、その後の余震の状況により、
お申込みいただいております生徒様へ
都度ご連絡申し上げる予定です。


お問い合わせ等は、下記HPより
メール、お電話で直接ご連絡くださいませ。

Rin's Kitchen 


どうぞよろしくお願い致します。

勉強になった一日

IMGP9694.jpg

とあるパーティで
お料理を振る舞うシェフの
お手伝いをしてきました。
友人の紹介で出逢ったそのシェフは
人間的にもとても尊敬できる素晴らしい女性で、
お料理の事に限らず、たくさんの事を彼女から得られるんです。

今回のような、こういう経験は全く無かったので、
すごく刺激になりました。

打合せ、試作など、事前準備の時はそうでもなかったのですが、
いざ会場に入ってみると、

IMGP9698.jpg
こんなお部屋での作業…
緊張感…


IMGP9696.jpg
テーブルには、春らしいセット。サクラ。
これもシェフのセンスです。
素晴らしい...

hana.jpg
テーブルのお花も控えめな華やかさ。

tai.jpg
お料理の準備開始です。
築地で仕入れた鯛。
かなり立派な鯛ですね。
捌きます。



と、写真はこれまでです。
後はとにかく自分の仕事をひたすらこなし
慣れないキッチンでアタフタしながら
とにかく頑張りました。

IHコンロ、オーブンのパワー、いろんな問題に直面しながら
とにかく、なんとか終了しました。
反省点をたっぷり残した結果になりましたが
その分たくさんのお勉強をさせていただきました。

もっともっと料理の事も、「作る」という作業も
知識、経験を積むべきと実感。
いい刺激をいただきました。

充実した一日でした。




今日のRin's Kitchen Vol.46

IMGP0073.jpg

なんとなく暖かくなったような…ならないような…
な今日。

通常パンクラスの開催でした。
毎月お越しくださっている、ママと娘さん。
そしてもうお1人、仲良しの三人組でのご参加だったのですが
体調を壊され、2名様での開催になりました。
こんな気候では、身体もバランス崩しちゃいますよね(>_<)
皆さま、お気をつけくださいね。

本日も美味しいパンの香りがお部屋一杯に広がりましたよ;D

IMGP0071.jpg

コロコロと転がっているソフトフランス。
一次発酵済みの生地をお渡しして、2分割。
楕円に丸めて、成形をしていきます。
片手で畳みつつ、もう片方の手で綴じ目を綴じ、横に伸ばしながら細長い成型をする…
言葉で聴くとなんだか良くわかりませんね。
実際やってみると、その意味は理解していただけます。
なかなか難しい成型なので、初めからキレイにとはいかないかもしれませんが、
本日のお二人は、なかなかいい感じに手を動かされていらっしゃいました。
均等な太さ、ちょうどいい長さと、バランスの良いフランスパンの成型が完成。
両サイドが細くなってしまっても、それはそれで表情がでますね!

IMGP0072.jpg
そして最後の難関はクープです。
一本クープはとても良く開きましたね!
3本クープはなかなか難しい。
慎重になればなるほど、ずれてしまったりして。


IMGP0074.jpg
相変わらず可愛いのはレモンクリーム。
焼きあがりホヤホヤのパンに、バターを塗って
粉糖を振りかけます。

IMGP0075.jpg
たっぷりの粉糖で飾って

売ってるみたい~

と。

大きさ的にも、見た目にも、もちろん味も
プレゼントなんかに持ってこい!なパンですね。

ご試食では、生地が美味しい!と評判でした。
いわゆる菓子パンの生地なので、
生地自体も美味しく感じていただけると
満足感もより一層高いものになりますね。

美味しいものをたくさん知っていらっしゃる生徒さんなので
試食時の感想がとても奥深く、嬉しくなります。

ご家族でジックリ味わってくださいね;D

今日のRin's Kitchen Vol.45

IMGP0043.jpg
本日も、通常パンクラスの開催でした。

お二人の生徒さんがご参加くださいました。

お1人の生徒さんは、お家でも結構パン作りをされていらっしゃるので
捏ねも手早く、手際よく、グルテンチェックまでしっかりとご自分の判断で
納得の生地を作りあげました。

もうお1人の生徒さんも、優しく捏ねあげ、グルテンチェックもバッチリ。
生地の丸めもしっかりと仕上げ、一次発酵へ。

待っている間はソフトフランスの分割や成型です。

ふわふわの生地を分割して楕円形に丸めて
成型です。
細長くのばしながらの成型は、ちょっと難しいので
手前に折って、綴じ目を閉じて、折って閉じて...
3回繰り返し、最後は転がして長さを決めます。

IMGP0039.jpg
ちょっと短めだど、太さのあるバタールの小さい版みたいなのが出来ます。
お二人とも、ちょっと短めだったので、そんな雰囲気のパンが焼きあがりました。

苦戦するのは、クープ。
画に書いて説明はしているのですが、頭でわかっていても、なかなか手はそう動いてくれません。
しかも、ふわふわの生地の上でナイフを動かすので、
思うように行かないのは当たり前。

IMGP0040.jpg
しかし、一本クープは結構キレイに引け、
出来あがりもいい具合に開いて美味しそうですね。

香りも最高です。
癒されるぅ~;D

レモンクリームのパンは
やっぱり今日も10分割。
小さな生地を丸めて伸ばして成型です。

IMGP0037.jpg
レモンクリームをたっぷり入れて、
IMGP0038.jpg
周りを閉じて…
IMGP0041.jpg
可愛いドーム型に焼きあがりました。

最後はお化粧。
IMGP0042.jpg

IMGP0044.jpg
バターと粉糖をたっぷりと振り、
日持ち効果もバッチリ!

甘いパンはみなさん好きなのか、あまり好まないのか、
ちょっと訊いてみたのですが、
やっぱり女性です、結構召し上がるとのことです。

生き返る~

とか

疲れると食べる…

とか。

私もです。
甘いのは身体を目覚めさせてもくれますものね!

今回はちょっとさわやかなレモンクリームなので
朝食に、目覚まし代わりに良さそうですね。


ソフトフランスはそのままでももちろんですが
サンドウィッチにしたり、ブルスケッタにしたり、
活躍しますよ!
パンから手作りサンドウィッチのお弁当なんて、素敵ですね☆



クラスへのお申込みはこちらからどうぞ…;D

3月通常パンクラス
3月パン恋クラス
4月通常パンクラス
4月パン恋クラス



今日のRin's Kitchen Vol.44

IMGP0034.jpg
3月に入りましたが、まだまだ寒いですね…

本日から3月のクラス開始です。
今日は午前・午後とも、通常パンクラスです。

3月は

【ソフトフランス バター風味】 
【レモンクリーム】

の2種類を作ります。

午前のクラスは、毎月ご参加下さる生徒さんと
本日初めてお越しくださった生徒さんの2名様です。

初めての生徒さんは、カフェ事業にご興味があるとのことで
いろいろとお勉強をされていたのだそう。
おぉ!!私も少し興味があるので、いろんな事を聞いちゃいました。
経営となると、なかなかそう簡単にお店を持つのは難しいですよね…
という話ですが、でもやりたい事があって、それに向かって生活するのって
とても素敵な事だな~と思うんですね。
パン作りが少しでもその一部になるといいな…;D

さて、作業ですが、今回はレモンクリームのパンを捏ねていただき、
ソフトフランスは分割、成形をやっていただきました。
フランスパンはパン作りで最も難しいパンと思っているのですが、
今回はバターを2%入れて作るので、少しふんわりしたフランスパンです。

ポイントは、分割後の丸め方と成型、そして最後のクープの入れ方ですね。

一本クープはわりと引けるのですが、
三本クープとなると、なかなか難しい…
イメージではどうしても斜めに引きがちなのですが、
あえてここはまっすぐに!

IMGP0023.jpg
出来あがりはこんな感じです。
ちょっと生地がつれてしまいましたが、
でもなかなか味のあるフランスパンが焼けました。

焼きあがりはパチパチという音と一緒に、香ばしいエゾシカ(小麦粉)の良い香りが
部屋中漂い、幸せな気持ちになりました。
湯気の出ているところをご試食いただき、パリッという音が本当に美味しそうでした。

IMGP0021.jpg
レモンクリームは、これからが旬のレモンをたっぷり使ったクリ―ムを
サクッとモチっとした生地でサンドして、セルクル型で焼きあげます。

IMGP0026.jpg
焼きあがりにバターを塗り、粉糖をたっぷりと。

IMGP0025.jpg
ドーナツみたいですね。

IMGP0028.jpg
閉じが弱いと開いてしまいますが、
これはこれで可愛いですね:D
中のレモンクリームが覗いていると、つい手に取ってしまいそうです。
美味しそう:P

お二人とも、ご試食時のお顔は素敵な笑顔でした。


そして午後のクラスです。
こちらも、今回2回目のご参加の生徒さんと
初めての生徒さんの2名様でした。

2回目の生徒さんは、パン作りはもうしっかりとお勉強されていらっしゃるので
どんどんと進んでいっていただきました。
ご自分でバターの入れるタイミングや捏ねあがりのタイミングを測っていただきながら。

初ご参加の生徒さんは、いつもホームベーカリーで作られていらっしゃるとのことで
初めての手捏ねです。
バターを生地に練り込ませるのはちょっと大変そうでしたが、
手つきはとても良く、あっとうまにグルテン膜もでき、
丸めもお教えして、捏ねあげました。
間違いなく、機械捏ねよりも美味しい生地が出来ますよ!
なんてといっても、愛情がたっぷり入ってますから;D

そして分割です。
今回は細かい分割で10個に分けます。
IMGP0030.jpg
小さな生地を丸めて、伸ばして、クリームを乗せて、生地を被せて。。。

IMGP0032.jpg
クリームはたっぷり入れます;D

IMGP0029.jpg


最終発酵した後は、オーブンでしっかりと焼き、
ミニホットケーキのような可愛いパンが焼きあがりました。
IMGP0036.jpg

IMGP0035.jpg
溶かしバターと粉糖でお化粧して、出来あがり。

「パンケーキみたいですね・・・」

と生徒さん。

見た目もそうですが、
アツアツで召し上がると、生地もモッチリしているので
パンケーキのようなのでしょうね。


IMGP0033.jpg
そしてソフトフランスは
やはり、クープで悪戦苦闘。
しかし、コツひとつで結構変わるものです。
成型時にちょっと曲がってしまったり、太さが一定でなかったり、
ねじれてしまったりすると、クープの開きでそれがわかってしまいます。
出来るだけ均等な太さで、均等な力で成型して、まっすぐなパンを作ることが大事ですね。

パン作りは奥が深いです。

たとえば不格好でも、
手作り感たっぷりの味のあるパンだな~と温かみを感じるんですけどね;D



四角いチョコチップ

IMGP0014.jpg
先日、生徒さんから
可愛らしい四角いチョコレートチップをいただきました。
ありがとうございます;D

今までは、小さいkissチョコの形をしたものが多かったのですが、
最近はこういうキューブ型が結構出てきていますね。

ちょっと大きめの粒で、しっかりとした量があるので、
一口で感じられるチョコの風味が、ちびkissチョコ型よりも豊富です。


5月のクラスの試作に使用してみました。
ところが、こちらのチョコレートは耐熱性が弱かったのか
ちょっと溶けてしまい、思い通りの形には出来なかったのですが、
深みのある甘さがあり、
カカオの香りがとても良い、美味しいチョコレートチップでした;D

中に入れるチョコが美味しいと、パンは尚美味しくなりますね。
材料ってとても大事ですね。


隠れ家レストラン?!

IMGP9980.jpg

お料理のプロのお友達のお家で
とあるパーティで振る舞われるお料理の試作をして(観て)きました。

NYでかなり本格的なお料理学校に通われ
その後はレストランで働き、日本に戻られた今は
ホームパーティでのシェフやお料理教室を開くべく、準備中の友人。
いやー、さすが!な手つきと動きで、勉強になりました。

結構な種類のお料理を作ったのですが
まずはイベリコ豚!

IMGP9962.jpg
結構大きい!と思って観ていると、
これは全然小さいわよ。と。
そっか。。。
骨の周りの肉を外す為に、フレンチングといってタコ糸を骨に沿ってくくっていき
一気に引っ張る。
IMGP9966.jpg
しかし、今回はちょっとお肉が温まってしまい、
スポッとは抜けなかったので、包丁で一本ずつキレイに外します。

IMGP9969.jpg
お肉の上に、リンゴやピーカンナッツなんかを炒めたスタッフィングを乗せ
オーブンへ。

IMGP9987.jpg
ジャーン!
焼くこと60分。こんがりしっかり焼きあがりました。
あまり肉汁が出ないのは、イベリコだからかしら?
それにしても、こんな肉がご自宅のテーブルに並んでいる家って。。。
旦那様、幸せものですね!

IMGP9989.jpg
カットしてみると…
バッチリピンク色のお肉。
最高の焼きあがりです。
柔らかくてジューシーで、スタッフィングのリンゴがほんのり甘く香りよく
美味しい!

IMGP9973.jpg
続いて、いちぢく~。

IMGP9974.jpg
ブルーチーズを乗せ、生ハムで包んで…

IMGP9976.jpg
軽くソテー。

IMGP9977.jpg
バルサミコのソースでいただきます。
生ハムの塩分、ブルーチーズのマッタリ、いちぢくのジューシーな甘いさわやかなお料理です。
大好き!

IMGP9979.jpg

続いて、イワシのマリネ、パプリカをバゲットに乗せた
オードブル。
イワシのマリネ、臭みもなく、酸味、塩味、ハーブの香りが最高に美味しい。
カリカリのバゲットと一緒に食感に変化もあって、飽きない。

IMGP9982.jpg
そして、こちらもオードブル。
パイ生地にマリネサーモンのソテーと緑とアーティチョークの揚げたもの。
パイ生地が厚くてちょっと食べにくかったけれど
味は文句なし。
薄味かな?とおもいつつ。サーモンがマリネされているので
しっかり味があります。

IMGP9983.jpg
そしてそして。
イベリコと並んでメイン的なお料理は
ブイヤベースです!
いぇーい!大好きなブイヤベース。
今回はちゃんとタイ、ヒラメのアラを油がいて、
フュメドボアソンという、お魚の出汁を取ります。
そしてサフランを入れて食った、
本格ブイヤベース。
美味しくないわけない!
海老、ムール貝、イカ、鯛、なんかが入って
贅沢なお料理。
これ、みんな試作だから、夕食でいただきましたが…
もう、ありがとう!としか言えない。
美味し過ぎ。

IMGP9990.jpg
最後は、パンナコッタとストロベリー&マンゴーのシャーベット。
ちょっと硬めだったけれど、味は最高。
たっぷり食べたお腹には、こういうさっぱりデザートが必須です。

まだまだお料理はあったのですが
写真はこの辺で。
それにしても、豪華なお料理ばかりですね。

本格的なシェフのお料理でした。
勉強になるし、私の役立たずっぷりを改めて感じ、
お勉強の一日でした。

夜は旦那様もお帰りになったので
ワインを少しだけいただきながら、
テーブルいっぱいに並んだお料理を端から
やっつけていきました。
もちろん食べきれるはずもなく、
お土産でたっぷりいただいて帰りました。

パーティ当日までにちゃんと動けるとうに
イメトレしなくちゃ。