今日のRin's Kitchen Vol.43

IMGP0010.jpg
本日で2月のクラスは終了です。

午前中の通常パンクラスを開催しました。

初ご参加の生徒さん2名様と
毎月ご参加の生徒さん、
そして、子供パンクラスでお世話になっている生徒さん(お母様)
の4名さまでした。

初めての生徒さんは、お二人とも手つきがとてもいいので、
初めてじゃないですね?と訊いてみたところ、
お1人はもういろんなパンをご自分で作られるベテランさんで
天然酵母なども作られるとのこと。

そしてもうお1人の生徒さんは、お菓子作りを良くされるとのことで
どうりで手が慣れているな…と。
でもパン作りは初めてらしいです。
とてもスムーズに手が動き、捏ね、グルテンチェックの生地の伸ばし方から
丸め方まで、初めてとは思えないほど、ほぼ完璧でしたので、
出来あがったパンも素晴らしいものでした。

久しぶりにご参加の生徒さん、
随分前だったのですが、お家でも良く作られるとのことで
こちらもサクッと。

毎月ご参加の生徒さんは、すべてがスムーズに進み
サラッと仕上げていきます。

途中、粉の話や成型の話なんかをしながら、
マーブル食パンの形を整え、Wショコラのチョコレートを包んだりして
作業は終了しました。

IMGP0009.jpg
最後の最後にクッキー生地を絞り、焼成です。


本日の作品です。
IMGP0008.jpg

マーブルが側面まで出ていて
中もまたどんなふうに柄が付いているのか
楽しみですね。
あ、こういう大きなパンは、完全に中まで冷めてからじゃないと
ナイフは入れられません;D
目がつぶれてしまうので、焼き立てを召し上がる時は
手でちぎって贅沢に召し上がってくださいね。

IMGP0011.jpg
そして縞模様のWショコラ。
中のチョコレートが美味しいので、
全体的にとても芳醇な香りのするリッチなおやつパンになりました。
ふわふわだから、暖かいから、

「わ~ん 美味しいぃ~!!」

というお声。
その笑顔いただきますっ!

素晴らしくお幸せそうなお顔で召し上がられている姿。
これはいつ見ても
テンションあがりますね~。
ありがとうございます。

また是非ご参加ください。
お待ちしております;D





スポンサーサイト

今日のRin's Kitchen Vol.42

三寒四温…
温度差が辛い時期ですね。
春が近づいてますね!

IMGP9995.jpg
本日は午前午後の2回クラスです。
どちらも通常パンクラス。

午前中はお1人の生徒さんがインフルエンザでお休みとなり、
毎月来てくださっている生徒さん2名様でのレッスンです。

お二人とも、パン作りはもうベテランさんなので
ポイントをご説明して、ご自分流に捏ね~焼成まで
仕上げていただきました。

捏ね上りの状態はどんな感じか?
グルテン膜が出来あがった状態、生地質なんかを
ご自分でチェックしていただき、
納得のいくところで捏ねあげていただくといった感じで
お教えしました。
そうすることで、ご自宅で作った時に捏ねあげのタイミングを見極められるようになると思うんですね。

教室で先生が「もういいですよ」と捏ねあげのタイミングを言ってしまうと、
ご自分では、いつ捏ねあがったのか、イマイチわからないんです。

初心者の方やまだ初めて間もない方にはちゃんとそのタイミングをお教えしていきますが
かなりパン作りになれていらっしゃる生徒さんには
ご自分で見極めていただき、ご自分流のパン作りをしていただこうかな…
と。
これが私のクラスのやり方と言いますか…;D
あ、もちろんレシピに従って、分割の仕方や成型のポイントなどは
ちゃんとお教えしていきますからご安心ください。

IMGP9993.jpg
という感じで、本日午前の作品です。
マーブルココア食パンは
高さが揃って、キレイなマーブルが表にも出ていますね。
表情があってとてもいい出来です。

IMGP9994.jpg
Wショコラはモコッとした形で仕上がり、クッキー生地の柄もいいですね。
試食された時、
「この生地のふんわり感はなんでしょう?」と。

これは皆さまがしっかりとグルテン膜を作るように捏ねた証拠です!
そして愛情がたっぷり入ってるからですね;D

お二人とも、お家でいろんなパンを作られていらっしゃるようです。
是非“自分の生地”を見つけてくださいね。


IMGP0001.jpg
そして午後のクラスも
定期的にご参加くださっている4名様がお集まりくださいました。

私も一緒に生地を捏ねていきますが、
この時も午前と同じで、ご自分で納得のいくところで声をかけていただき、
チェックをさせていただくようなスタイルでやってみました。

バターがべた付いてなかなか練り込めなかったり、
時間はかかりますが、しっかりと捏ねて、しっとりした生地の感触を感じて、
お家で作られるかたも、そうでない方も同じように捏ねあげました。

その後、マーブル食パンの成型。

「ねじって三つ編みの成型は初めてです。」

とご自身がバレンタインに作られたマーブルパンの写真を見せてくださいました。
ココア生地の分量が多いのと、ココアの分量が多いので
とてもメリハリのあるマーブルパンでした。
ねじらない成型だったので、ゼブラ柄のように線は直線っぽい仕上がりでしたが
とてもキレイなパンを焼きあげていらっしゃいました。
さすがですね!

今回はねじる成型なので、直線というより、渦をまくような、カーブの柄が出てきます。

三つ編みも、引っ張らないように出来るだけ均等の厚さで成型することで
高さも均一なキレイなパンが焼きあがります。
柄(色)をうまく見せるようにイメージしながらの成型が大事ですね。

IMGP9999.jpg
見事に高さの揃ったキレイなマーブル食パンが並びましたね。

IMGP9997.jpg

IMGP0002.jpg
Wショコラも、さまざまなクッキー柄で焼きあがりました。
これだけ並ぶと、圧巻ですね。

今日は生徒さんから嬉しいお言葉をたくさんいただきました。

こういった暖かいお言葉が、私を元気にしてくれます。
どんな事もがんばれる気がします。

本当に嬉しいお言葉、ありがとうございました。


今回は私が笑顔をいただいちゃいました;D

4月のパン恋クラスは・・・

4月Rin's Kitchen
パン恋クラス  ¥6,000円

『これからが旬!のオレンジを使ったお料理とカレンズのパン作り』

ビタミンを多く含むオレンジ。
春から夏にかけて旬を迎えます。
女性にとっては、お肌にいいビタミンをたっぷり摂って
内面から紫外線対策しちゃいましょう!


【チキンソテー オレンジのソース】

IMGP9960.jpg
鶏もも肉のソテーとさわやかなオレンジソースを作ります。
生クリームで酸味を抑え、ソテーしたチキンと一緒に!
フレッシュオレンジを添えて、華やかに盛り付けましょう。
簡単に出来るお持て成し料理です。
手作りパンと一緒に『ちょっとオシャレなおうちランチ』いかがですか?


※皆様で作っていただきます。
※お持ち帰り分が少しありますので、小さなタッパーなどの入れ物をお持ちください



【カレンズノア】 手捏ねします。

カレンズノア1

カレンズノア2
全粒粉を20%配合した生地に、カレンズ(山ブドウ)とクルミを入れて、
平たいハーフ食パン型で可愛い山形パンを焼きあげます。
程よいフィリングの配合にしていますので、
一緒に合わせるお料理のオレンジ風味に、
ほんのり甘いカレンズとコクのあるクルミが
良く合います。

ちぎっていただけるような成型にしてしますので、
そのままお食事パンとしても、小さなサンドイッチ用のパンとしても
召し上がっていただけます。

※お1人ハーフ型食パンで1つ焼きあげます。



※ご試食分はこちらでご用意いたします。
※都合により、急遽内容が変更する場合があります。


【日程】 定員4名です

16日(土)  10:00  満席
 
          14:30  満席

17日(日)  10:00  空1席


24日(日)   10:00  満席

29日(祝)   10:00  空1席

           14:30  満席

 


お申込みは↓へ、件名に『4月 パン恋クラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。


皆さまにお逢いできますように…;D

Rin's Kitchen HP はココをクリックしてください ;D

4月の通常パンクラスは...

4月のRin's Kitchen
通常パンクラス  受講料5,500円

 
【ツイストデニッシュ】 一次発酵済みの生地をご用意します。

ツイストデニッシュ2
ツイストデニッシュ3

24層に折り込みをしたデニッシュ生地を
ねじり成型で丸型に入れて焼きあげます。
24層の折り込みは、程よく生地の厚みパリパリ感と
バターの風味をり感じることができる
口当たりよい折り込み層です。
デニッシュ生地の折り込みをお勉強ください。

※お1人様、15cm丸型で1つ焼きあげます。



【クリームパン】手捏ねをします。

IMGP9939.jpg

昔ながらのクリームパン。
みんな大好きクリームパンです。
つい手に取ってしまう…
お子様から大人まで、みんなの人気者ですね。
バニラビーンズを一晩漬け込んだ生クリームで生地を仕込みますので
とてもリッチな香りのよいパンです;D
コクのあるカスタードクリームを包んで、
定番のクリームパンを焼きあげます。


※お1人様4個焼きあげます。


※ご試食分はこちらでご用意いたします。
※都合により、急遽内容が変更する場合があります。

 
【日程】 定員4名です


 3日(日)  10:00   満席

 5日(火)  10:00   空2席

            14:30   空4席

 9日(土)  10:00   空1席
    
           14:30   空2席
  
10日(日)  10:00   満席

11日(月)  10:00   空2席
 
23日(土)  10:00   満席
    
           14:30   空3席
 
25日(月)  10:00   空2席




お申込みは↓へ、件名に『4月 通常パンクラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン強調文日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。

皆さまにお逢いできますように…;D

Rin's Kitchen HP はココをクリックしてください ;D

今日のRin's Kitchen Vol.41

IMGP9917.jpg

今日は北風ピープーな一日。
午後、通常パンクラスを開催しました。
毎月ご参加の、3名様です。
お嬢さん、お母さん、息子さんのお友達という、仲良し三人組さんです。
息子さんのご友人は韓国人です。
グローバルなRin's Kitchen;Dです…フフフ。

早速捏ねから始めます。
もう手慣れたものです。
ちょっとべたつく生地ですが、
水と強力粉が馴染むとだんだんまとまってきます。

お母さんは、かなりのペースで家でパン作りをされていらっしゃるとのこと。
しかも、一日最高で3回の捏ねをしたこともあると…
なので、捏ね方はもうご自分のものにしているといった感じ。
素晴らしいです。

ベーグルを作ってお友達に差し上げているのだそうです。
手作りのベーグルなんかをもらったら、買っては食べれなくなっちゃいますよ。
たくさんのお友達から、次から次へとおねだりされちゃうのだそうです。
こういうのって、パン作りが上達する1つの方法ですね。


サクッと生地を捏ねあげ、発酵させていきます。
その間にマーブル食パンの成型です。
麺棒で生地をのばして、三つ編み成型。
結構楽しい作業です。
みなさん器用なので、とてもキレイな三つ編み成型ができあがり、
最終発酵が終わった時の形といったら、
素晴らしかったです。
均等に生地があがり、キレイな模様が出ていて。
焼きあがりが楽しみな焼成前の姿。

IMGP9914.jpg
そして焼きあがりは、こんな感じ。
見事です。
素晴らしい出来です。
同じ高さで、三つ編みもキレイに出て、側面に柄もしっかりと出てきています。
指摘するべき事が一切ありません。
素晴らしい!

そして、Wショコラは縞模様を作って焼きあげました。

IMGP9916.jpg
こちらもモコッとした表情が可愛らしいですね。

アツアツを召し上がって、みなさんいい笑顔でした。
それ以上に出来あがりの作品を見つめる瞳がキラキラでした;D

お嬢さんも、パン作りを始めてから、
お家でお菓子を焼くことが多くなられたのだとか。
きっかけはちょっとしたことなんですよね。

是非いろんなお菓子、パンを焼いてみてください。

コリアンの生徒さんも、2回目にもかかわらずいい手つきでした。
彼女もお料理好きということなので、手が慣れているんですね。
2回目にして、立派なパンを焼き上げました。

生徒さんがどんどん上達する姿を見ていかれるのは
とても楽しい事です。




Jazzyな時間 in KL

先日のKL訪問で
とても素敵なレストランに行ってきました。

entrance.jpg

【alexis】

お食事とライブが堪能できるお店です。
素敵☆

alexis 1
席は予約で、2名だと前列のお席になるみたい。
ピアノ側の最前列のお席に案内され、まずはお食事を楽しみます。

alxis 2
フランス産、ちょっと重めの赤ワインで乾杯して、雰囲気を楽しみます。
カウンターの奥は天井までの棚になっていて、数々のワインが保管されています。
ダークな雰囲気のなかに浮かぶ上がるワイン達は
艶っぽい。

サラダ (2)
お料理はまずシーザーサラダ。

サーモン
サーモンが美味しいので、サーモンを“スターター”から選びました。
メインのような大きさのサーモン。
サービスの男の子が、いきなりサーモンでいいのかい?
みたいな事言ってるから
なんで?
と不思議に思っていたのですが…
こういうことなんですね。
だったら、メインに書いてっ!
とつい突っ込みたくなりました。
美味しいから許してあげますけど…

サラダ
そして、半分期待しながらのパスタ。
アルデンテだといいな~。
魚介のトマトソースパスタです。
味はとても美味しいです。
出汁がしっかりとでていて、海の香り。
トマト味も、濃過ぎず薄過ぎず、ちょっと酸味が強かったけれど、
充分に美味しかった。
パスタもこれ以上はダメ!というぎりぎりのところでアルデンテ。
いやー、とても美味しかったです。

fishcips.jpg
少し休んで、口寂しくなったので、
フィッシュアンドチップス
を。
カラマリと並んでフィッシュ&チップス
が好きで、ついつまんじゃいます。
タルタルソースもたっぷり付けてね;D
衣が多くて、すごく大きなフィッシュ。
これは残しちゃいました。

tennai.jpg
お料理に夢中になっていて気付きませんでしたが、
続々とお席が埋まって来ています。
演奏開始は10時から。
たくさんの人がお酒と生演奏を求めてやってきます。

singer.jpg
この日の歌手は
『Maya Nova』さん
ブルガリアご出身です。

IMGP9853.jpg
ボサノバ風な歌からスタートです。
生演奏で、迫力もあります。

band.jpg
何より見惚れたのは、このピアニスト。
すごくすごく上手で、音が滑らか。
ボーカルの彼女のバンドの人なんだ…と思ってしまうのですが。
実はお店側のピアニスト。
それにしても息がピッタりで、聞き心地の良い音でした。
演奏自体は1時間ちょっとくらいで、
途中に30分くらいの休憩があります。
その間にデザートまでいただき、
お腹も一杯、ワイン呑んじゃったし、甘いのもいただいちゃったし、
いい音楽が流れてるし…
ちょっとだけ眠くなってしまいましたが、
最後までジックリ楽しませていただきました。

ここはクアラルンプールの
Blue Note
です。

soto.jpg
お外は夜の風を感じながら飲める
テラス席になっています。
オシャレですね。


終わってお店を出たのは12時半くらい。
タクシーにのってお家まで帰りました。

気持ちの良い音楽と美味しいお料理で大満足でした。

まさかのクアラルンプール。
この時の滞在では
素敵なお店が続々と発見されました;D



Alexis Bistro Ampang
Great Eastern Mail, Grd Flr
303 Jalan Ampang, KL

今日のRin's Kitchen Vol.40

IMGP9813.jpg
本日も朝からクラスです。

午前はパン恋クラス。
午後は通常パンクラス。

どちらの回も、体調不良で1名様がご参加出来ませんでした。
まだまだ寒い日が続きますので、
みなさまもお身体には充分気を付けてくださいね!

さて、午前のパン恋クラス。
毎月ご参加いただきている生徒さんとちょっとお久しぶりの生徒さん3名様でした。
生徒さん同士も顔見知りだったので
和気藹々とした雰囲気の中でのクラスでした。

nejiripann.jpg
パン恋クラスのパンは、ハード系です。
まん丸のマカダミアナッツとオニオンを練り込んだ生地を
ねじり成形し、棒状のパンを焼きあげます。
焼いている間、オニオンの香りがフワ~っとしてきて、
お腹がグゥ~っといっちゃいそう;D

パンを発酵させている間、お料理を作ります。
カニのふわふわクレープグラタン
ふわふわのクレープを召し上がっていただくというお料理です。
カニ缶を使って、ちょっと贅沢に仕上げます。
クレープは事前に準備しておいたので、
生徒さんには具とホワイトソースを作っていただき、
IMGP9797.jpg
組み立ててオーブンで焼いて仕上げます。

パン作りとはまた別の楽しさを感じれられるのがお料理。
作りながらつまみ食いが出来るのがお料理。
うーん、魅力的!

お料理はパンと違って発酵などの時間がないので、
あっという間に出来あがります。
オーブンで軽く焼いてパセリを飾って出来あがりです。

お料理をご試食中にパンも焼きあがり、
簡単なランチ会のような雰囲気になりました。

みんなで作ってそれを試食して…
笑顔にならないわけがない!
みなさん幸せそうなお顔です。

良かった;D



そして午後は通常パンクラス。

ショコラのパンを2種類作っていきます。

午後は初めてお越しくださった生徒さんがお1人いらっしゃいました。
するとなんと!
その生徒さんは、私が昔、ある会社に勤めていた時に
私の退職後に伴い、採用された方だったんです。
たまたまパン教室を探されていて、私の教室が引っかかってきたとのこと。
ご縁を感じますね。。。

初めてのパン作りを楽しんでください!

今日の生地は、少し手にくっつきやすかったので
途中は大変でしたが、だんだんとまとまってきて、
キレイな生地に仕上がりました。

丸めの作業もすっかり理解され、
成型と進み、
IMGP9811.jpg
立派なパンの出来りです。
初めてにしては上出来!

その後、クッキー生地を生地にトッピングする作業を最後に
ご試食です。

IMGP9815.jpg
クッキー生地のトトッピングはみなさん真剣。
丁寧に丁寧にラインを引き、
キレイなシマ模様で焼きあがりました。


甘いパンとほかほかのパンで
幸せな気分たっぷり;D



                                           

今日のRin's Kitchen Vol.39

IMGP9760.jpg
本日のレッスンは
通常パンクラス午前のみ。

なんと、4名様全員が
初めてお越しいただく生徒さんばかりで
私もちょっと緊張です。

10時前に皆さまお越しくださり、
レッスン開始です。

4名の生徒さんのうち、2名様が初めてのパン作り。
といっても、お母様がご趣味で良く焼いていて、いつも手作りパンを召し上がっていたという生徒さんや、
お菓子などは良く作られるとおっしゃる生徒さんと、
みなさん手作りには慣れていらっしゃる!

生地がまとまるではちょっと大変そうでしたが、
バターを練り込んでしっとりした生地が出来てくると、
捏ねる手つきもだんだんこなれてきます。

最大の難関
『丸め』
をお教えして、なんとか捏ねは終了。

その後、分割、成形と進み、その頃には生地の扱いにもなれ、
キレイなショコラブレッドを仕上げました。
IMGP9762.jpg

IMGP9763.jpg
焼成前のトッピングをのせ、焼きあがりをジッと待ちます。


もう一種類のマーブル食パンは
成型から進んでいきます。
麺棒を使って生地をのばして重ねて…
の繰り返しの作業。
麺棒の使い方もお教えしながら
三つ編み成型をして、
IMGP9761.jpg
素晴らしいマーブル食パンが焼きあがりました。

ご試食には焼き立てのパンをお出しして、
アツアツを召し上がっていただきました。

甘くするにはどうしたらいいか?

というご質問。

砂糖の分量を増やすのではなく、
チョコレートで甘さを足してあげましょう!

市販されているチョコレートを細かく削って、
ココア生地に練り込みます。
(溶けてなくてOK、ゴロゴロっとしていても大丈夫!)
その生地をレッスンでやったように伸ばして重ねて…とやってみてください。
チョコレートの甘さと香りが、一層食欲を沸き立てますよ;D


立派に焼きあがったパン達。
初めてとは思えませんね;D




モバックショウ2011@幕張メッセ

201102181115001.jpg

モバックショウ2011
国際製パン製菓関連産業展


に行ってきました。

強風吹きすさぶ中、京葉線は停まっちゃうし大変でしたが
新しい発見があり、いろんな勉強ができ、可愛いパン達に出逢え、
たくさんの美味しい試食をし、なんだか充実でした。

主な企業はパン屋さん、ケーキ屋さん向けの機械系が6割といった感じで多く、
あとはフィリング食品や粉、型、梱包ものが3割という感じ。


201102181213001.jpg
奥のイベントスペースでは、
クープ・デュ・モンド 2012
に出場される日本人代表者さんが練習披露をされていました。

この
クープ・デュ・モンド 2012
とは、
フランスで開かれる製パンの技術コンクールだそうで、
毎年日本から数名の代表者がこのコンクールで腕をふるうのだそうです。
格好いいですね。
それにしても、女性はいない…
まだまだ男性の職業なのでしょうか?

201102181218000.jpg
その脇ではドイツパンの実演講習もしていて、
大きなドイツパンを焼きあげていました。
私はドイツパンにあまり興味が無いので
隣の代表者さんの手つきをジッと見つめていたんですけどね。

201102181219002.jpg
まぁ見事なパン達が展示されていました。
アートですね。

201102181200000.jpg
一番気になったブースは、
折り込み用のシートを
無添加で作っているという会社。
チョコレートシートはしっかりとしたカカオの香りがして
本格的なショコラの味。
オレンジシートや、メープル、抹茶と定番なんだけれど、
ナチュラルで、更にこのシートを練り込む事で、
生地をしっとりふんわりさせるという。
どうしても、折り込みをしてしまうと
水分を吸われてしまって、スカスカ、パサパサなパン生地になってしまうのです。
それが無いというのはいいかも。

サンプルを送ってくれるというので、
早速試作してみて、悪くなければ次回クラスで使用してみようかと思っています。
折り込み生地で作ったパンは、見た目も味もかなりGOODなので!

201102181147000.jpg
こんな季節感たっぷりの可愛いパンがたくさん作られていました。
この会社にはちゃんとしたパン職人さんがいて、
キレイなパンをたくさん焼いていました。

手つき、ついジックリ眺めちゃいますね。

その後、教室で使っているオーブンの会社に行ったり、
その他諸々、使用している機械について、各ブースで聞きたい事を聞き
大きな会場を一通り歩いて帰ってきました。

パンはやっぱり笑顔を作りますね。
並んでいるパンを見て、自分がニコニコしているのがわかりました。

平日だったせいか、そんなに混んでいなかったので
見やすかったかな。

それにしても試食が多くて、最後には普通のカットのケーキを試食にどうぞ。。。。と。
さすがにそれは無理ですぅ~。
すっかりお昼ごはんが試食で終わってしまいました。


甘い香りのする空間で、充実した3時間を過ごしました。

帰りは強風で電車は停まり、各線が遅延、
その後の予定が大幅に狂ってしまいましたが
まぁ、幸せな空気に包まれた後だから、穏やかに穏やかに。

日曜日までやっていますので、お時間のある方は是非行ってみてください。
http://www.mobacshow.com/


オシャレな街 チャンカット・ブッギビンタン

クアラルンプールを思い出して・・・日記です。

この日は大人の街、

“チャンカットブッギビンタン”

でタイ料理をいただきました。

表は大通り、その一本裏に入ると
こんなにオシャレな大人の街がありました。
感じとしては、青山骨董通りをナチュラルにした感じ。

IMGP0313.jpg
IMGP0314.jpg
IMGP0316.jpg
150mほどの道、両サイドにオシャレなレストランやバーが並んでいます。
ネオン?もキラキラ、オープンテラスのお店がたくさんあり、
音楽も鳴っててテンションあがります。

IMGP0317.jpg
IMGP0319.jpg
IMGP0338.jpg
毎日夕立があるこの土地で、オープンテラスは大変じゃないのか?
と疑問を持ちつつ、
どのお店に入ろうかグルグル行ったり来たりして、
タイ料理に決めました。

【BAAN 26】

IMGP0327.jpg
これはタイのミルクティ。
オレンジ色で甘いんだけど、かなり病みつきになるんです。
サンフランシスコでハマって、それ以来お店にあると必ず呑みます。
紅茶というかほうじ茶をミルクで割って、甘くしたような感じ。
美味しいったらないの。
この日もお変わり;P

IMGP0322.jpg
さっぱりしたかったので、シーフードのサラダ。
すっぱ辛いサラダ。
舌が燃えます。ヒーヒーです。
でも味付けはとても美味しい。
甘くもあり、酸味もあり、お決まりの辛さもあり。
プーケットでいただいたものよりもいい味付けなんじゃないか?ってほど。

IMGP0324.jpg
それから、生春巻き~と思って頼んだら
こんな感じの歯ごたえのある湯葉春巻きみたいのがやってきて…
中は暖かいし、ゴロゴロのお野菜が入っていて、
春雨的なものもきゅうりの千切り的なものも入っていないの。
しかし、美味しい。スイートチリソースとの相性が最高に良く
ガツッといただきました。

pattai.jpg
そしてそして!
大好きなパッタイ。
外せないパッタイ。
絶対食べなくちゃのパッタイです。
たくあんこそ入っていなかったけれど、
味付けは文句無しに美味しかった。
マッタリした甘み、ライムのさわやかな香り、麺の絡み具合。
いやー美味しかった。
本場タイより私の口にあった味付けでした。

IMGP0332.jpg
もう一品はグリーンカレーね。
スチームライスと一緒に。
思いのほか辛くなく、最後まで美味しくいただけるカレーでした。
コクもあったし、辛さもちょうどいいし。具は結構多めに入っていたので
残しちゃいましたが、味付けはgood。
色合いもキレイ。

全体的にかなり美味しいタイ料理やさんでした。
おススメです!


その後、やってるかわからないけど、
亀ゼリーを食べに、お散歩がてら歩いてそのお店へ向かいました。

途中、名物の屋台村?を通ってみたりして。
いやー、チャイニーズニューイヤーということもあって、
すごい人です。
道端にこれだけのテーブルとイスを出しちゃって。
車も通るし。
ごったがいしてます。

IMGP0344.jpg
IMGP0340.jpg
火事じゃないか?くらい煙を上げて焼いているのは
手羽先です。
クルクル回転させながらマル焦げに焼きあげてます。

IMGP0341.jpg
ゲホゲホ言いながら、覗いてみて。
美味しいらしいです。
目印はミッキー。
そうミッキーマウスですね。
「ミッキーの手羽先屋」
で通じるらしいです。
IMGP0342.jpg
IMGP0346.jpg
道ではあちらこちらで
フルーツの王様 ドリアン
がこうして売られています。
さすがに私は挑戦しませんでしたが、
興味は沸きます。
近寄ってみて、匂ったのですが、
そんなに香りは無く…
割らないと匂わないみたい。
残念。

IMGP0347.jpg
どこにでもいますね、こういうパフォーマー。
全く動かないので、こそっと撮影。
隣にはブルーマンもいらっしゃいました。

いやー賑やか賑やか。

そのまま歩いて亀ゼリー屋さんに行きましたが
結局お店は閉まっていて、残念な結果に。

でも観光的お散歩が出来たので、大満足でした。


今日のRin's Kitchen Vol. 38

IMGP9752.jpg
本日のクラスは
午後の通常パンクラス。

4名様の生徒さんがお越しくださいました。

その中には初めてお越しくださった生徒さんがおひとり。
初パン作りということで、楽しんで作業していただけるように
お教えしていきました。

パン作りの一番の難関は「丸め」です。
何度も書いていますが、生地を丸めるだけなのにとても難しい。
生地を傷めないように、でもしっかりと表面を張らせるように…
パン作りには欠かせない重要なポイントです。

何度かやっていくうちに、なんとなくわかって下さって、
最後はすっかり手が慣れていらっしゃいました。

ほかの三名様は毎月来て下さる方と、2回目の方と…と言った感じで
和気藹々とクラスは進んで行きました。
一度作られると、なんとなく身体が覚えているものです。
一緒に作業をしていくうちにだんだんと思いだし、
ご自分のペースで作業をされていらっしゃいました。
器用で丁寧な皆さまなので、キレイなパンが焼きあがります。

マーブルの柄を作るために、白生地とココア生地を層にしていく作業では

「初めてパン作りをしてますが、とても楽しいです!」

というお言葉をいただき、なんだかジワっと嬉しさを感じました。

IMGP9750.jpg
上手に作るより、楽しんで作る事のほうが、はるかに大事です。
パン生地はちゃんとその気持ちを味に変えてくれます。
きっと美味しいマーブル食パンが出来るはずです。

もう一種類のパンも順調に成型され、
IMGP9753.jpg
最後の縞模様を付け、キレイに焼きあがりました。


試食では、

「ここまでの焼き立ては初めてです!」

と。
本当ですね。
ご自分で焼いた時だけですよね、オーブンから出してすぐのパンを召し上がれるのは!
このために作ってるといってもいいと思います;D

みなさん、湯気の上がるパンをジックリ味わっていらっしゃいました。


最後には
「初めて来たパン教室がこちらで良かったです!」

とも。

なんと嬉しいお言葉。
そう思ってくださって、ありがとうござます。

毎月お越し下さる生徒さん、
いろんなご質問をいただけること、
お家で作ってみました…と写真を見せて下さる事、
笑顔でパン作りをされ、それを召し上がる時の幸せそうなお顔を見られる事、

これらすべてが私の励みとご褒美。
元気になれる源です。

Rin's Kitchenからたくさんの笑顔と幸せがお届出来ますように:D

そのうち日本にやってくる(かもしれない)中華レストラン。

すっかり日本の日常に戻り、雪まみれなここ数日。
寒いですね・・・

とても寒いので、暖かかったクアラルンプールを思い出し、
美味しかったチャイニーズレストランの情報を書いてみます。

IMGP0284.jpg

【DRAGON I】 ドラゴン・アイ

Pavilion内のフードコート脇にある本格中華レストラン。
彼曰く、

「そのうちこのお店は日本に来る!」

と。

チャイニーズニューイヤー真っただ中のこの日、
お店は外まで行列?並んでいました。
それでもちょっと気になったので、
がんばって並んで、順番待ち。
中国語で番号を呼ぶから、全然わからない。
一応電光掲示板のようなものがあるのだけど、
3つ4つ数字を平気で飛ばす。
意味がわからない。
だからそろそろかな~というときに
番号の札を店員さんに見せると、次に呼んでくれる。

うーん…
難しいシステム。
言った者勝ち。

IMGP0293.jpg
席に着いてすることは、
中国茶を選ぶ事。
これはほとんどのチャイニーズレストランで行われる会話。

「飲み物何にしますか?チャイニーズティ?種類は?」

「Can I have a テッカンニョン!」(鉄観音茶)

この発音も覚えた。
ちゃんと通じるから、是非中華レストランで言ってみて!

オーダーは
ショウロンポウの美味しいお店で有名というので
まずはそれをいただかないと。

IMGP0294.jpg
おぉ~!
アツアツだ。
レンゲに皮を破らないように乗せて、
チューッと脇からお汁を吸う。
豚肉の出汁と香味野菜の出汁、ほのかな生姜風味と油分。
最高のバランス。美味し過ぎます!
ずっと吸っていたいくらい。
おつゆが無くなったところで、パクリとひと口でいただきます。
ジューシーなお肉。トロトロの皮。
口の中でとろけます。
あっという間に口の中から無くなっちゃう。
久しぶりに美味しいショウロンポウ。

美味し過ぎるのでもう一皿いただきました~(*_*;

IMGP0296.jpg
キラキラしてるもんね。

IMGP0304.jpg
続いて、気になったワンタンの揚げ物。
まさかの大きさにびっくり!
店員さんが
「5個だけどいいの?」
と聞いてきた。
2人なのに5個だから喧嘩しない?
という意味だと思っていたら、
こういうことだったんだ。

大きなワンタンの皮に豚ひき肉の味付けしたものが入っていて
それをクルクル巻いた状態で揚げたもの。
揚げワンタンと言った感じ。
美味しいけど、ちょっと油っぽい。
大き過ぎるから油を含んでしまうんだ…

IMGP0310.jpg
すっかりお腹も落ち着いて、
最後は坦々麺を。

IMGP0286.jpg
こうして注文が入ってから
中国4千年の味を手打ちしてくれるので
そらー食べておかなくちゃ。
テーブルに持ってきてくれたときに、目の前で麺をハサミでカットするのも
本格的。

濃厚な海老味噌スープがマッタリと濃い味で美味しい。
私好み。
麺もコシがあって、弾力もあって、手で伸ばして作ったとは思えないほど、
均等な細さに仕上がっている。
これぞプロの技。
ジックリ見ていたかったのに、見ると作業を止めてしまうので、
それはちょっと残念。

お料理は
全体的にとーーーっても良く
美味しいレストランでした。
是非日本に来てもらいたいレストランです。


あちらこちらで中国のお正月名物料理

「イーサン」をやって(食べて)ました。

IMGP0029.jpg
これはいろんなお野菜の千切りとお刺身を大皿に山盛りにし、
上からピーナッツや大量のゴマをふりかけ、最後に梅の甘酢ダレをかけて
その場にいる全員がお箸を持ってその年の願いを込めて豪快に混ぜるという、
日本で言うところの、恵方巻き?的儀式。
高さがあった方がいいのだそう。

ずっと気になっていたので
彼の行きつけのクラブ?バー?で
女の子にお願いしてやってもらいました。
どこからか調達してきて
セットして、

IMGP0031.jpg
一斉にみんなで混ぜる。
日本では箸同士合わせるのはイケない事ですが
中国はお祝いでそれをする。
文化の違いですね。
違和感を感じつつ、お祈りをしつつ、
IMGP0033.jpg
みんなで高いところから落とすように混ぜました。
あまりキレイなものじゃない…
テーブルが汚れちゃいましたが
初イーサン、いただきました。

ゴマが多すぎ。タレが甘すぎ。
その辺を調整すれば、お刺身サラダみたいなスタイルなので
美味しく作り直せそうです。
さすがにみんなで混ぜる事はしないけどね。

海外に行くと、その土地の習慣みたいなものを知ったり体験出来たりするので
それはとてもいい経験になります。

チャイニーズスタイルをたっぷり堪能した1日でした。


◇DRAGONーI Restaurant◇
Lot No.1.13,Storey No.Level 1,
Pavilion Kuala Lompur,
168 Jalan Bukit Bintang,
50200 Kuala Lompur

603-2143-7688




今日のRin's Kitchen Vol.37

IMGP9726.jpg
今朝はホントに寒かった…
道路も、水たまりも凍ってました。
ピェ~

さて!
本日も午前午後とも通常パンクラスです。

午前のクラスは
毎月お越しいただいている生徒さん、2名様と
お久しぶりの生徒さん、そして初めてご参加くださった生徒さんの4名様でした。

初めての生徒さんは、一度だけパン作りをされた事があるとのこと。
しかし、捏ね方はしっかりと力強く、
グルテン膜もキレイに出来、とてもいい生地を作られました。
丸めの作業は、なかなかみなさん難しいもの。
頭では理解できていても、なかなか手が動いてくれない…
もどかしいですね。
なんどか一緒にやってみると、そのうち手が慣れてこられ、
最後はとてもキレイに丸めていらっしゃいました。

成型も、最後のクッキー生地での飾りも
とても丁寧で、焼きあがりも見事に美しいパンをつくられました。

IMGP9724.jpg
最後のクッキー生地のトッピングはみなさん真剣。
苦手~とおっしゃる生徒さんも、やってみるととてもキレイにラインを引ききり、
ホッと一息。

パン作りに慣れてらっしゃるお二人は、サクサク作業が進みます。
さすがですね!

IMGP9730.jpg
焼きあがりはこんなに可愛いい柄になりました。
甘いクッキー生地が食感と共にインパクトを与えてくれます。

IMGP9727.jpg
一緒に作ったマーブルココア食パンも
キレイな柄が出て、三つ編み成型もバランス良く出来ましたね。
4本並ぶと圧巻です。


ココアの香り漂う教室は
そのまま午後の生徒さんを待ちました。

午後は仲良し3人組のグループ。
お1人来られなかったので、その分もみなさんで作られました。

3人とも毎月ご受講下さるベテランさん。
捏ねも、グルテンチェックも、丸めもスムーズです。

マーブルココア食パンの成型が進む毎に

「なるほどね~」

「こうなってるのね~」

「キレイな層が出来てるぅ~」

と感動していただき、私も楽しんで進んで行けました。
何事も、興味を持つということはとても素敵な事ですね。

層を作って、最後は三つ編み。
一緒に編んでいくのですが、
髪の毛で作ると簡単な三つ編みも、目の前に3本のパン生地があると、どこをどうやったらいいのか…
わからなくなるものです。

お教えした通りに成型をして型に入れ、発酵が終了したら焼成です。
焼きあがりをジッと待つ間に、
こちらもクッキー生地のトッピング。

IMGP9736.jpg
基本は縞模様を付けるのですが、
1つ2つは遊んでいただいてもOK!
バレンタインブレッドということで、
IMGP9737.jpg
“LOVE♡”の文字。
可愛いですね。

しかし…
これは熱が入ると、どうしてもダラけてしまいます。
焼きあがりは文字が消えてしまう可能性を踏まえたうえで、
楽しんでいらっしゃいました。


IMGP9732.jpg
マーブル食パンは
素晴らしい表情でキレイに焼きあがりました。
バランス良い黒白の柄。
IMGP9733.jpg
焼き立ては手でちぎって、三つ編み成型の構造?と、マーブル柄をしっかり確認。
IMGP9739.jpg
少し冷めたものはカットして断面の柄をチェックしてみました。

黒白生地の割合もいい感じですね。
表情があります。

みなさん満足気な笑顔でした。

IMGP9741.jpg
“LOVE”の文字は消えちゃったけど、
Wショコラもキレイにラインが入り、こんがり焼き上がりました。

たくさんのパンが並ぶのは、いつ見てもやっぱり圧巻です。

みなさんの笑顔と大量のパン。
今日も幸せな時間でした。



今日のRin's Kitchen Vol.36

今日も寒い一日でしたね…
春が待ち遠しい;D

IMGP9712.jpg
本日も寒い中、午前午後のクラスに生徒さんがお越しくださいました。

2月のパン恋クラス(初日)です。

午前中は、昨日の通常パンクラスにもご参加くださった
生徒さんとお嬢様です。

相変わらず手慣れた感じで捏ねも手際良く、
ハード系の生地なので、少しだけ叩いて生地にコシを付けますが、
叩きかたもバッチリマスターされていました。
あっという間にとてもいい生地が完成。
ハード系は捏ね過ぎないのがコツ!

今回の生地は、オニオンスライスとマカダミアナッツをフィリングに入れています。
ヌルッとしたオニオンと、ゴロっとしたマカダミアナッツ。
ちょっと生地に練り込み辛いフィリングですが、
なんとかバランス良く入ったかな?

途中でパンチを入れながら発酵させていきます。

今回は細長い成型なので、ねじって表情のあるパンに仕上げます。
これは出来るだけ乾燥させず、同じ太さでねじるのがコツです。

お二人とも真剣にねじってます。
なかなかうまくねじれない生地に悪戦苦闘?
数をこなすとだんだん短時間でいい形が出来てきます。

ねじった分、どうしても戻り易いので、焼き上がりは隣とくっついちゃったのもありますが
それはご愛敬!
IMGP9713.jpg
どれも表情のある美味しそうなパンが出来あがりました。

IMGP9710.jpg
お料理はふわふわカニクレープグラタンです。
クレープ生地にメレンゲを入れているので、パンケーキの様なふんわりモッチリした歯触りが
とても贅沢です。
中にはカニ缶で作った具を入れ、ホワイトソースで仕上げます。

私の子供の頃のご馳走でした;D

お二人で手分けしながら具とホワイトソースを作り、
クレープに包んで仕上げていきます。
オーブンで軽く温めて出来あがり!

試食ではパンケーキのふんわり感を充分に堪能してくださいました。

二人の笑顔がとても嬉しいひと時でした。


そして午後も同じ
IMGP9722.jpg
パン恋クラスです。

こちらも毎月お越しくださっている生徒さん2名様での開催です。
おひと方はかれこれ何カ月かな????
もうすっかり手捏ねに慣れた様子で、どんどん上達されています。
その経過を見ることが出来るのは、とても嬉しい事ですね。

そして、もうおひと方は、なんと!クラスに来てくださった翌日は
復習のためにもう一度作られるという、お勉強熱心な生徒さんです。
いつもお家で焼かれてるとのことで、パン作りはかなりされていらっしゃると伺っていましたが
毎回復習されるとは…
素晴らしいですね。

IMGP9720.jpg
こんなお二人様でしたので、作業もサクサク進みます。
成型も短時間であっという間に終えられたので
乾燥もなく、焼きあがりの生地戻りもなく、とてもいい表情で焼けました。
ちょっと長めな成型も悪くないですね。
細さ、長さはいろいろと変えてみても楽しいかもしれません。

お料理も手分けして作っていただきました。
ホワイトソースの濃度が今回のクラスのポイントでしょうか?
ホワイトシチューくらいのとろみがベストです。
最後に味付けをするときは、必ず火を消して行いましょう。
そうじゃないと、味を見ているうちにどんどんとろみがついてしまうのでね;)

IMGP9717.jpg
グラタンの組み立てもサクサクっとあっという間に作りあげ、
ホントに早い時間で作業が終了しました。

あとは試食タイムのみです;D

IMGP9719.jpg
グラタンを盛り付け、召し上がっている間に
パンも焼きあがります。

オニオンの香ばしい香りが漂う教室は
お二人の美味しそうな笑顔とパンの香りで暖かい空間でした。

この時ばかりは寒さも吹っ飛びますね!






今日のRin's Kitchen Vol.35

IMGP9708.jpg
今季初の雪を見ました。
それにしても、寒いです(>_<)

そんな雪の中、2月最初の通常パンクラスを開催しました。

毎月お越しくださっている生徒さん、2名様。
大粒の雪が降る中、ありがとうございます。

今月はバレンタイン企画のパンを2種類作っています。

フランスDGF社のバトンショコラを使った
チョコレートの美味しさをしっかり感じられる甘いパンと
生クリームで仕込んだパン生地を、ココアで色付けした黒い生地と白生地で
マーブル状にした食パン。

どちらもチョコレート風味。でもそれぞれが違った味わいを持ったパン達です。

もう随分通われているお二人は
捏ねも丸めも上手です。
手慣れた感じがいいですね。

ご自宅でもたくさん作られていらっしゃるので、
その辺はもうベテランです。

IMGP9703.jpg
バトンショコラを使ったパンは
焼く前にココアのクッキー生地で飾りをつけます。
これは楽しい作業。
いろんな線を描いていらっしゃいました。
IMGP9704.jpg
つい一生懸命になってしまいますね!

そして、マーブル食パンは成型が三つ編み成型なので
これもなかなか面白い作業です。

白生地とココア生地を8層にし、それをねじりながら三つ編みにしていきます。
あまりキレイ過ぎない層のほうが、表情のあるマーブル柄になりますので
失敗はありませんよ;D

IMGP9705.jpg
お二人とも、表情のあるマーブル食パンを作られました。
カットしてみると、益々いい表情になっているはずです!
焼き立てはナイフを入れられないので、それが残念ですが
楽しみは後にとっておきましょう!

チョコレートのパンの焼きあがりは、とても甘くていい香り。
外は寒くても、お部屋はショコラの香りで幸せ空気でした。



日本食レストラン『勘八』

IMGP0203.jpg
クアラルンプールでの初の日本食レストランへ。

この日は彼のお友達の方が
お誕生日会を開いてくださるというので、
そのお食事会に付いて行きました。

恐るべしチャイニーズ・ニューイヤー
お店がどこもやってない。
特に和食屋さんは全滅。
はじめに待ち合わせした『とくとく』という和食屋さんに行ってみたけど、
もちろん閉まってて...
さてどうしよう?

こんな時は都会のモールに行ってみよう!
絶対にやってるはす;D

Pavilion に着き、4階にある日本食レストラン

『勘八』へ。

1970年からマレーシアでレストランを始めたという
老舗の和食屋さんで、
駐在日本人にも人気のあるお店だそうです。
お魚は築地からやってくるって!
高そう~。
ここのサーモンはとーーーーっても美味しいです;D


IMGP0202.jpg
豪快に舟盛り
景気良く厚切り!

IMGP0200.jpg
たこわさ

IMGP0199.jpg
ポテトサラダ
ママの味を思い出すような、そんな優しい味付けです。

IMGP0201.jpg
あん肝ぽん酢
マッタリとした後味が最高です。

IMGP0206.jpg
蛸のから揚げ
ししゃも
たくさんの卵を持ってました。

IMGP0204.jpg
鍋焼きうどん
うーん、出汁は薄め。もうチョイ。

なんかをワァ~っと頼み
お酒をガァ~っと呑み、
ギャ~っと騒いで
久しぶりに大勢での食事を楽しみました。

みなさん、彼と仲良くしてくださっている
現地でお仕事されている方々。
日本と変わらない雰囲気で、ここがクアラルンプールとは思えないノリでした。

お店の方も、少しだけ日本語が出来たりして、
最後にはお誕生日ケーキ風アイスクリームの盛り合わせを出してくださって。
そのアイスがとても美味しくて、大満足。

その後はカラオケに行ったんです。
みなさんの行きつけ。
Cafeっぽいカラオケ屋さん。
なんかオシャレ…なの。
Cafeっぽい空間のその先に
カラオケルームが並んでいて
なんか日本のそれより、ちゃんとしてる感じ。

お部屋は異常に広くて、更にみなさん大騒ぎ。
カラオケなんて何年ぶりに行ったかな…
聴きたかった曲もたくさん聴けたし、最高に楽しい夜でした。
結局3時近くまで騒いで帰宅。


みんな元気です。


勘八

168 Jalan Bukit Bintang,
55100 Kuala Lumpur, Malaysia
Lot No. : 6.09.00, Level 6

Tel: 03-2148 9608

クアラルンプールでコリアンバーベキュー

IMGP9787.jpg
この日こそ、旧正月の元日。
2月3日の夜ごはんはどこで食べよう!?

今回の訪問は、とにかくお店がやっているかの確認ばかりしてたような気がする。
毎回毎回レストランに電話をして、

『今日はやってますか?』

英語が通じる店はいいが、
ここ、クアラルンプールのローカルフード屋さんは
マレーシアチャイニーズの方が多い為、
チャイニーズしか通じないところが多い。
ローカルフードがとても美味しいので、行きたいんだけど、
言語の壁にやられる事が多い…

結局元日のこの日は
コリアンバーベキュー!
焼肉焼きに行きました。
韓国は旧正月関係ないみたいで良かった。

彼おススメの焼肉屋さん

【Bee Won 秘苑】

クアラルンプールのコリアン街にあるこのお店は
結構流行っていて、彼も何度も行っているので
ママも顔を覚えてくださってる。
行きつけのお店だそうです。

開店と同時に行ったので
個室に入れてもらって
早速骨付きカルビとキムチチヂミをお願いしました。

IMGP9791.jpg
チヂミはかなり薄いパンケーキ。
しかしモチモチでお餅のような食感があります。
キムチの味はちょっと薄めだったけれど、
このくらいの厚さがちょうどいい。

IMGP9794.jpg
そして、骨付きカルビ。
切り込みの入った大きなカルビ。
豪快に鉄板に乗せ、焼いていきます。

お店の人がいろいろとやってくれるので、
ここは黙って見てるだけ…

IMGP9795.jpg
両面をサラッと焼いて、ハサミでカットしてくれたお肉を
いただきました。

炭の香りと、マリネしたお肉の味付け、
最後に残るお肉の味、ジュワ~っと肉汁。
美味しくない訳がない。
何もつけず、そのままいただくのが一番おいしいかな。
サンチュとか味噌とか合わせちゃうと、お肉の美味しさが半分になってしまうので
その辺は別にいただくのをおススメします。


IMGP9789.jpg
あ、お約束の小皿達。
キムチを初め、なんだかいろんなおかずが出てきます。
ほうれん草みたいな青菜を韓国ノリで味付けしたお浸しが美味しくて
箸休めに結構つまみました;D


IMGP9796.jpg
そして次のお肉はプルコギ。
もうお肉は焼かない。
どうです?このイサギいい感じ;D

私はプルコギが大好きなんです。
焼肉でいろんなお肉を焼くより、プルコギ。
安い女です。

IMGP9797.jpg
ジックリ待つこと5分くらい?
だんだん出来あがってきました。
韓国春雨はコシがあって、食べ応えもいいので大好き。
昔、韓国人の友達が作ってくれたチャプチェを思い出しました。

甘い味付けとお野菜とお肉のコンビが最高です。
彼は一緒にご飯とスンドゥブ。
確かにこれはご飯と一緒が美味しい。
いつもは私も…いただくのですが、
今回は最後に麺を食べたかったので
ここは我慢。

そして最後に
IMGP9798.jpg
お腹に優しいお野菜の温麺を。

優しい味です。溶き卵、お野菜、さっぱりスープ。
麺はそうめんみたいな優しい麺です。
インスタント麺で良かったんだけどな。。。

お腹もいっぱい。
とても美味しい焼肉がいただけました。

最後までママさんは私がコリアンだと思っていたみたい。



チキンライスとチキンカレー

マレーシア料理のレストランとして有名という

【マダムクアン】

Pavilionの地下、フードコートの脇にそのレストランはあります。

マレーシア料理ってどんなお料理なんだろうか???
一般的なのは
『ナシレマ』といって、ご飯やチキン、お野菜の炒め物なんかを
ワンプレートに盛り付けたもので、
骨付きのフライドチキンを豪快に盛り付けたものはとても豪華です。
カリカリに揚がったフライドチキン、美味しそう;D

IMGP0232resize.jpg
あとはチキンライスもオススメという事で
私は大好きなチキンライスを頂きました。

シンガポールの料理だと思っていたのですが、
まぁ近くだから?マレーシアでもご当地料理らしいです。

蒸した鶏肉とマッシュルーム(シイタケね)が
出汁と共に。
ご飯は別に持ってきてくれました。
あとは、赤いスパイシーソースと生姜のタレ。
コレが美味しい。この調味料だけをご飯に付けて食べても美味しいんデス...

お肉はしっとり柔らかく、ジューシーで、一口噛めばジュワッと出汁がこぼれます。
出汁、タレと一緒に、ご飯に乗せていただく。
もー最高のご馳走です。
ヘルシーだし、サッパリしてるし、なのにジュワッとコッテリ感もあるし。
アッという間に無くなっちゃいました。

IMGP0231resize.jpg
彼はこのお店では決まってこちらだそうです。
チキンカレー。
ゴロゴロっとした大きなチキンが4個ほど入ってます。
骨付きなので、とても良いお出汁が出ていて
結構辛い!
バターチキンとは違って、アッサリしています。
しっかりカレーのスパイシーも感じ、コレはまた病み付きになるのがわかります。

こんな大きなチキンが入っているので、必ずひとつは残しちゃうそうです。
もったいないけど...

IMGP0245resize.jpg
アッという間にマレーシア料理を堪能し、
デザートを食べに上の階にあがりました。
いつも込んでいるこちらのお店。
日本でもココ数年見掛ける、豆花(トウホワ;豆乳で作ったプリンみたいな甘い豆腐みたいなもの)
のお店だと思うのですが...
とにかくいつもたくさんの人で賑わっているので
今回はチャレンジしてみました。

何をオーダーしたら良いのか分からないので
お店のオススメ、Must try と書かれたものを。

IMGP0239resize.jpg
真っ黒いデザートって...
ちょっとぞっとしますが、チャレンジ。
中には、黒いスープの仙草ゼリースープ、タロイモボール(お芋を練ったお餅みたいなお団子)、
ピーナッツ、タピオカが入っていて
暖かいお汁粉のサッパリ版みたいな感じです。
仙草の苦みも心地良く美味しい。癖はそんなにないです。
意外にも美味しくて、結構な量にも関わらずアッという間に食べちゃいました。
暖かいデザートだったので、暖かいうちが美味しい。
冷めると、スープだったゼリーが固まって来て、それはちょっとグロテスクです。
これも病み付きになりそう。

クアラルンプールにはまだまだ謎の美味しいお料理がありそうです。
あとどれくらい試せるかな。。。

KLで納得のパン屋さん【Loaf】

IMGP0258resize.jpg
クアラルンプールで美味しいパン屋さんが2軒あります。

そのうちの1軒。
【The Loaf】

前回もブログに書きましたが、
ブキビンタンにあるモール“PAVILION”に入っている
パンを選んで入れる箱ごとお持ち帰りが出来るスタイルのお店です。

この日はブランチをしにきました。

IMGP0257resize.jpg
ツナパフ(写真真ん中)
ギッシリ入ったツナが食べたくなって、コレを頂くために来たと言ってもいい。
生地はデニッシュ生地で、ツナはオニオンとマヨをタップリ入れた滑らかな具。
落ち着く味。

マッシュルームのキッシュ(写真手前)
卵液がフワフワでアッサリしていて美味しい一品。
アッサリしているんだけど、最後まで頂くとちょうど良い味付けで。
この辺はお料理の域なんだけど、一番難しい塩梅です。抜群!
マッシュはエノキですね。
エノキがこんなにパンと合うとは...新しい発見でした。

気になったのでガーリックナン(写真奥)
コレは硬い。冷めると硬くなってしまうのはどのパンもそうなんだけど、
ナンは油脂が入らないから余計に硬くなってしまう。
そしてガーリックがちょっと強過ぎるので、カレーとかと合わせた方がいいのかも。
ナンだし。

IMGP0256resize.jpg
そして甘いパンを2種類。

まずはクリームパン。
大好きなパンです。
生地は卵を練り込んだサクッとした菓子パン生地で
クリームは硬めなんだけど、マッタリと良い甘さ。
口に入れるとトロ~っとコクを感じます。
濃過ぎず薄過ぎず、ちょうどいい深みのクリームです。


もうひとつは
ガレット。

平べったく伸ばしたブリオッシュ生地に
タップリのグラニュー糖をかけて焼いた、
ガレットというよりは硬いホットケーキみたいなパン。
生地にアーモンドプードルが入ってる感じ。
ちょっとサクッとした食感です。
パサパサ感が慣れないかな。


このパン屋さんはいろんな発見のがあります。
今回も二つ三つ、試してみたいパンに遭遇。
日本に帰って、早速試作してみます。


オシャレイタリアン

IMGP9774resize.jpg
恐るべしチャイニーズニューイヤー。
行きたいお店が全然やってない!

ということで、この日のディナーは
チャンカットブキビンタンという街にある
イタリアンレストラン

【NEROTECA】

へ。

高級コンドミニアムの1階にあるこのお店は
天井も高く、とてもスノッブなレストラン。

こう言ってはいけないけれど
東南アジアにいるとは思えないほど、オシャレで都会的なレストランです。

IMGP9770resize.jpg
建物の端っこにあるせいか、店内は細長いというイメージ。
壁側は一面本棚のようになっていて
ワインやお水なんかがたくさん収まってます。
IMGP9772resize.jpg
バールカウンターの上には、調理器具がぶら下がっていて
奥にはソーセージやガーリックなんかも吊るしてあります。
冷蔵ケースには生ハムたちがたくさん転がっていて、
食欲をそそられちゃいます。

まずはイタリアのメルローで乾杯。

赤ワインと一緒に
IMGP9773resize.jpg
生ハムのプレートをお願いしました。

って、スゴイ量です...

お持ち帰り決定。
こんなとき、大人数で食事ってしたいよね!と思います。

サラミ、生ハム、ハム、スパイシーサラミ...
5~6種類のハムたちがカッティングボードに乗せられて登場。
辛いサラミは本当に辛くてちょっとワインには合わないかな。
その他のハムたちは、ほのかに脂っぽく、後味に苦みを感じたり
マッタリしたコクがあったりと、ワインが進む味でした。
ちょっとメルローが優し過ぎるかな?

IMGP9767resize.jpg
パンは紙袋にカットして入ってきます。
IMGP9768resize.jpg
パンの横には揚げたガーリックがタップリ。

なにこれ?

始めてです。
トロトロになるまで揚がっていて、しっかりと塩味が染み込んでいます。
塩に付けてから揚げたのか?
ちょっと濃い味付けですが、なかなか病み付きになる味で、
新しいかも。
いろいろと参考にしたい部分です。
パンはフォカッチャとハード系のパン。
塩味がきつめなんですが、モチモチしていて香ばしく美味しかったです。
レストランのパンがこんなに美味しいのは、なかなかないかもしれない。


ハムと一緒に
IMGP9775resize.jpg
ミネストローネもお願いしました。

濃い目のトマトスープで、お野菜も大きくカットしてあり、
お野菜食べてる!と実感するスープでした。
味付けはちょっと濃い目。しかしお野菜がタップリあるせいか、そんなに辛く感じない。
だから最後まで美味しく頂けます。

あまりお腹が空いていなかった私たち。

メインはやめて、パスタをチョイス。

IMGP9782resize.jpg
トマトソースが食べたいというので
プッタネスカを。

クアラルンプールにはあまりトマトソースのパスタを見掛けないというので
是非ココはトマトで!

厚切りのベーコンとガーリック、タマネギなどお野菜をトマトソースで絡めた
パスタらしいパスタです。
麺はスパゲッティと言われたのですが、
こうして見ると、ピチとかキタッラと言った、ちょっと太めのモチモチしたパスタでした。
まぁそれはそれで美味しかったからいっか。
ベーコンのコクがトマトソースに良く絡んで、全体的に甘く、トマトとベーコンの味がしっかりとある
美味しいパスタでした。

IMGP9784resize.jpg
最後に口をサッパリさせたくて、
サラダをいただきました。
普通のグリーンサラダが良かったんだけど
どれもみんなオシャレなサラダばっかりで、
悩んだ挙げ句、シンプルなサラダにチキンが乗っていると書かれた
サラダを注文。
チキンは残せば良いか...と思ってね。

ところがやってきたそのサラダには
チキンのチの字も乗ってない。
チキンは要らない!
と思っていても、はじめから入ってないとそれは指摘したくなるもの。
残すつもりだったんだけど、乗ってないじゃない!と言いたい。
でも、大人しくそのまま頂きました。

バルサミコとオリーブオイルの酸味が強いドレッシングが絡まっていたので
お口はサッパリ。

全体的にちょっと味は濃い目ですが、
なかなか美味しいイタリアンでした。

雰囲気も良いし、味も良いので
このお店はとてもGood!




NEROTEKA
Ground Floor, The Somerset,
8 Lorong Ceylon,
50250 Kuala Lumpur.
Tel: 03-20700530

シャングリラホテルでランチブッフェ

IMGP9709resize.jpg
彼のお友達ご夫妻と
ブッフェランチ。

IMGP9717resize.jpg

クアラルンプールのシャングリラホテル1階にある

【Lemon Garden】

でさまざまな国のお料理に出逢いました。

マレーシア、中華、インド、和食(寿司)、タイ、イタリアン、ウェスタン(アメリカンちっくな洋食を言います)
など、かなりの種類のお料理が並んでいます。

赤やペパーミントグリーン、ブルーとカラフルなお野菜のような、お菓子のような食べ物は
一体どうやっていただくのか。。。?謎。

なんだか、よく分からないお料理がある中、インドや中華、イタリアン、もちろん和食は
なんとなく馴染みがある分、つい選んでしまいがち。

せっかくだから珍しいお料理を食べればいいのに。。。
と思いつつも、安全な所を行くものですね。

サラダやピザ、チキンカレーやナン、シュウマイとタンドリーチキン、
そのあたりをいただき、
最後は締めはお決まりのフォーを。

しかし出来上がったのはフォーというより、
チキンスープと卵麺で普通にラーメンみたいなもので。
言葉の壁は厚かった...:(

IMGP9704resize.jpg
最後はタップリのデザートとフルーツ。

IMGP9708resize.jpg
ケーキも10種類くらいあったかな?

IMGP9710resize.jpg
その他、チョコレートフォンデュ、アイスカチャン(かき氷)などなど。
充実してました。

コーヒーは非常に濃かったけれど、
充実したブッフェで楽しめました。

さすが高級ホテル。

IMGP9716resize.jpg
エントランスも素敵だったので、撮影しちゃいました。
IMGP9718resize.jpg

こちらもお正月のディスプレイ。
なんでもみかんを飾るのが普通みたいです。

ご一緒していただいたご夫婦は
皆同い年の生まれで、何となく落ち着くと言うか...
とても穏やかなランチタイムでした。



Lemon Garden
11 Jalan Sultan Ismail
50250 Kuala Lumpur
Malaysia
(603) 2032 2388



Birthday Dinner “Cafe Cafe” at KL

IMGP9747resizeresize.jpg

KLのフレンチレストラン

Cafe Cafe

で彼のお誕生日をお祝いしました。

クアラルンプールにあるレストランとしては
とても雰囲気のあるオシャレでムーディな店内。
薄暗い店内に可愛いシャンデリアがいくつもあり、
高い天井からクリスタルの飾りが吊るされています。
私好みなディスプレイです。

IMGP9746resize.jpg

ワインはイタリアのカベルネを選びました。
酸味も強過ぎず、イタリアらしい樽の香りが付いたワイン。
お食事と一緒に呑むにはとても品のあるワインです。

IMGP9730resize.jpg

前菜に、トマトと水牛のモッツァレラのカプレーゼ

上品な盛りつけ。
トマトは普通ですが、モッツァレラはしなやかな歯触りと
ふんわりした食感、口の中でとろ~っととろける感じが
素晴らしいチーズでした。

もう一品は
蛤みたいなアサリの白ワイン煮

IMGP9733resize.jpg

酸味の強い味付けが、東南アジア風で美味しいです。
確か、プーケットで食べたのもライムをしっかり利かせた爽やかな味付けでした。
これ、結構病みつきになります。

アサリは身離れが悪いけど、まぁアサリ。

IMGP9729resize.jpg

パンは、ハーブの香りを付けたハード系のパンで
表面はしっかり硬く、中はふんわり&モッチリ。
普段はバターを付けない私ですが、珍しく付けてみたところ、
控え目な塩分とマッタリ感がバランス良い、とても美味しいバターでビックリ!
四葉バターも驚きの美味しいバターでした。

メインは
サーモンのグリル

IMGP9734resize.jpg

を頂きました。
トマトソースとカボチャのペースト、そしてほうれん草とチーズのディップが添えてあります。
トマトソースはどちらかというとミートソースみたいな濃い味のソース。
それはそれで美味しいのですが、アッサリ感はないかな...
カボチャやほうれん草はどちらも素材の味を活かして、サーモンに美味しさをプラスしてくれます。
肝心のサーモンは、レア感があって、トロトロ。
コクのある身は柔らかくてジューシーでした。
マレーシアのサーモンはとても美味しいと評判みたいです。

このお店はフレンチと聞いてきたのですが、
どうもフレンチイタリアン。
パスタが食べたい病だった私は
せっかくだから...とお肉ではなくパスタを選びました。

乾燥ポルチーニ ガーリックオイルスパゲティ

IMGP9735resize.jpg

雰囲気はカラスミのパスタといった感じ。
ふわっと香るポルチーニが出しゃばり過ぎないので
つい二口目に手が出ちゃいます。
ガーリックも程よい香りなのでポルチーニをちゃんと感じられるパスタでした。
ちょっとバターが多め?

アルデンテだし美味しいし。
もう一品パスタ頂いてみよう!

トマトソースがないので
フィットチーネのクリームソースwithホワイトトリュフ

IMGP9743resize.jpg

こちらもまた、香りの良いパスタです。
ホワイトソースは滑らかで、ゆっくり食べても固まらないソースでした。
ほんのり香るホワイトトリュフがワインと良く合います。
ホワイトソースのパスタはどちらかというとコッテリなイメージですが、
ホワイトトリュフのせいか、さらっと頂けるパスタでした。

お腹もいっぱいだし、お家にケーキもあるし...
コーヒーを頂いて帰ろう!

と思っていたところ、マネージャーなのかな?
サーブしてくれていたオシャレなオジサンが

『このケーキがボクのオススメだよ!絶対にコレを食べた方が良いよ!』

とおっしゃるのでそちらと、気になっていたクレープを食べる事に。
甘いものには負けちゃいます...

まずはクレープ。

IMGP9752resize.jpg

レモンとバニラアイスが乗っています。
レモンをタップリ絞って、バタータップリのクレープを一口。
バターとレモンの相性がこんなに良いものとは知りませんでした。
マッタリ感とさっぱり感と生地のモッチリ感が合わさって、
素晴らしいご馳走です。
これ、パンに活かせないかな...

そしてやってきたのは、彼オススメのフォンダンショコラケーキ。

IMGP9758resize.jpg

可愛くバースディプレートにしてくれました。
プレートにはギッシリココアを敷き
Happy Birthdayの文字。
新しい発想デス。

なるほど...
彼がお誕生日と知って、
このデザートを薦めてくれたんだ。

さりげないサービスも、粋な心遣いも、
心地良く
店内の雰囲気、お料理の美味しさ、サービスのスタイル、居心地
全てが穏やかに感じられる素敵なレストランでした。

IMGP9727resize.jpg


Cafe Cafe
175 Jalan Maharajalela
50150 Kuala Lumpur, Malaysia
603-2145-8141



只今KLです。

IMGP0252resizeresizeresize.jpg

ちょっとだけ用事があって、
只今クアラルンプールに来ています。

IMGP0196resizeresizeresize.jpg

こちらはチャイニーズニューイヤーを迎えるべく
街中がお正月のディスプレイで華やか。

IMGP0255resizeresizeresizeresize.jpg

3日(木)が中華正月なので、今夜は大晦日。
花火とか上がるのかな?
ライオンダンスとか見られるかな?

IMGP0249resizeresizeresize.jpg


ゴールドの招き猫です。
幸せたくさん招いてください;D