春休みこどもパンクラス開催!

3月4月Rin's Kitchen
春休み!こどもパンクラス  ¥3,500円

開催します!

作るパンは...


【ショコラ】 お1人3個

IMGP5705.jpg

ココアで色を付けた生地に、バトンショコラをくるんで
棒状の成型をします。
成型の面白さ、チョコレートの甘さをたっぷり感じられる
おやつパンをみんなで作りしょう;D

※お1人様3個焼き上げます。


【ジャガマヨ】 お1人3個

IMGP2876.jpg

湯がいたジャガイモを軽くつぶして味付けしたものを
パン生地で包んで、お好みでマヨネーズを乗せて焼き上げます。
定番のお惣菜パンです。

※お1人様 3個焼き上げます。


【アートパン】 

IMGP0775.jpg

好きな形のパンを作ってください。
何を作ろうか…考えてきてくださいね!




※ご試食分はこちらでご用意いたします。
※都合により、急遽内容が変更することがございます。


~日程~  定員は6名です。


  【3月】
  30日(水) 10;00~ 満席
        
         14;00~ 空2
 
  31日(木) 10;00~ 満席です
 
         14;00~ 空6

  【4月】
   1日(金) 10;00~ 空1

         14;00~ 空6
 
   2日(土) 10;00~ 空6

         14;00~ 空6


 

お申込みは↓へ、件名に『春休みこどもパンクラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン日、お時間(第1、第2希望まで)、アレルギーの有無をお知らせください。


みんなに逢えるのを楽しみにしています;D



 
スポンサーサイト

今日のRin's Kitchen Vol.34

IMGP9700.jpg
1月最後の通常パンクラスです。

午後のクラスのみ。
4名の生徒さんがご参加くださいました。

久しぶりのパン作りな生徒さん
2回目のパン作りという生徒さん
ベテランの生徒さん
が集まりました。

ベテランさんはもちろんですが、
ほかの2名の生徒さんがすごく器用に作業されていて、
特に“パン作りは2回目”とおっしゃる生徒さんは
一度の説明でサクサク手を動かされていらしたので
びっくりしました。

餡子を包むやり方は、コツを掴むまでは少し大変なのですが
1つ目からみなさん上手。
スムーズにレッスンが進み、
あっという間に作業が終わりました。

ハード系のパン生地には、クープを入れて焼きますが
それだけは悪戦苦闘…
角度、強さ、引きかた…
1つ1つ理解して、初めてキレイなクープが引ける。
頭でわかっていても、手がそのように動かないんですね。
これは何度も何度も失敗してうまくなる作業です。

IMGP9701.jpg
でも、出来あがりはこんなにキレイです。
しっかり入ったクープが開いて
横からみるとお花のようですね。

IMGP9699.jpg
ホワイトあんぱんも、
サクラの塩漬けがポイントになって、
可愛らしい和菓子風パンが焼きあがりました。

焼き立てはアツアツでモチモチ感もたっぷり感じられます。
暖かいお大福みたい。
ご試食中の生徒さんの幸せそうな顔が
とても素敵なクラスでした。




3月のパン恋クラスは...

3月Rin's Kitchen
パン恋クラス  ¥6,000円

『春のお野菜で体もお肌もきれいになりましょう!』
もうすぐ春ですね♪
お野菜が美味しい季節です。
緑のお野菜、菜の花と春キャベツを使って
春のパンとお料理を作ります。
旬のお野菜で身体も元気に!


【菜の花フォカッチャ】 手捏ねします。

IMGP9450.jpg
IMGP9464.jpg

ケーキ型を使って、ふんわりした高さのあるフォカッチャを焼きます。
トッピングには菜の花をガーリックでソテーしたものとクリームチーズ。
生地にはエダムチーズを練り込みます。
ふんわりフォカッチャはお食事パンとしても良く合います。

※お1人様 ケーキ型1台焼き上げます。



【簡単ロール春キャベツ】

IMGP9612.jpg

キャベツにはビタミンCを筆頭に
ほとんどのビタミン類のほか、ミネラル分も多く含まれ、
さらには食物繊維も豊富という、女性にはとてもうれしいお野菜です。
特にビタミンCは、1日の摂取量をキャベツの葉2~3枚で補えるほどです。
これからの季節は紫外線も強くなりますので、キャベツを摂取してお肌も体も守りましょう!

豚バラ肉を使って、簡単に出来るロールキャベツを作ります。
セージの香りをつけて、簡単だけどちょっとおしゃれな香りに仕上げます。

※皆様で作っていただきます。
※お持ち帰り分が少しありますので、タッパーなどの入れ物をお持ちください



※ご試食分はこちらでご用意いたします。
※都合により、急遽内容が変更する場合があります。


【日程】 定員4名です


 11日(金) 10:00~ 空2席

 12日(土) 10:00~ 空3席 
 
        14:30~ 空2席

 13日(日) 10:00~ 満席

 14日(月) 14;00~ 空4席

 26日(土) 10:00~ 空1席

 27日(日) 10:00~ 満席




お申込みは↓へ、件名に『3月 パン恋クラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。


皆さまにお逢いできますように…;D

Rin's Kitchen HP はココをクリックしてください ;D

3月の通常パンクラスは...

3月のRin's Kitchen
通常パンクラス  受講料5,000円

 
【ソフトフランス バター風味】 一次発酵済みの生地をご用意します。

IMGP9539.jpg
IMGP9570.jpg

少しだけ油脂をいれて捏ねあげた、ふんわりしたフランスパンです。
そのまま食べても、お料理に合わせても、サンドウィッチにしても
美味しく召しあがれます。
焼く前にクープを入れ、バターを乗せて焼きますので
ほんのりバター風味。
シンプルなパンは、エゾシカ(強力粉)の美味しさもたっぷり感じられます。

※お1人様2本、焼きあげます。




【レモンクリーム】手捏ねをしていただきます。

IMGP9650.jpg
IMGP9653.jpg

レモンは春のフルーツ。旬のフルーツを美味しくいただきましょう!
さわやかな風味のレモンクリームを、
サックリした生地で包み、ドーム状に焼きあげます。
焼きあがりに溶かしバターを軽く塗り、お好みで粉糖を振ります。
酸味のある甘酸っぱいレモンクリームが
後引く美味しさです。

※お1人様5個焼きあげます。


※ご試食分はこちらでご用意いたします。
※都合により、急遽内容が変更する場合があります。

 
【日程】 定員4名です


  5日(土) 10:00~ 空2席
 
        14:00~ 空3席

  6日(日) 10:00~ 空2席

 14日(月) 10:00~ 空2席

 19日(土) 14:00~ 満席

 20日(日) 10:00~ 空2席

        14:00~ 空4席

 21日(祝) 10:00~ 満席

 26日(土) 14:30~ 空1席

     

お申込みは↓へ、件名に『3月 通常パンクラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン強調文日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。

皆さまにお逢いできますように…;D

Rin's Kitchen HP はココをクリックしてください ;D


行きたかったお店へGO! 【BLACOWS】

201101271412001.jpg

五反田にある

ステーキ・ハンバーグ専門店 『ミート矢澤』

の系列店

黒毛和牛バーガーのお店

【BLACOWS】

でガッツリランチ。

ずーーーっと行きたくてやっと行けたお店です。

五反田はまだ行けてないけど、
まずは恵比寿にあるハンバーガーから!

女子二人で2種類のハンバーガーを半分ずつ;D

まずは定番のチーズバーガー

201101271412000.jpg

バンズはメゾンカイザーのものを使用されているとのこと。
ふんわりバンズで、気泡が大きく開いている。
バンズ生地にこんな気泡、珍しい。
ふわふわでこんがり香ばしい風味。
お肉に負けない様に、でもちょっと控えめに…
という感じで、存在感はしっかりあります。
久しぶりに美味しいバンズに出逢いました。

お肉は申し分なし!
臭みもなく、ジュワ~っとジューシーで柔らかい。
お肉の味がしっかり感じられる、豊かな味わい。
甘くてコクがあって、深くて、口の中でそんな風味がマイルドに広がって…
香ばしい焼き加減もフワッと鼻に抜け…
最高です。自然と笑顔になります。
チーズがそんなに主張せず、お肉を美味しく感じられる薄さ?濃さ?

201101271412002.jpg
そしてもう一種類は、ハラペーニョバーガー。
見えますか?しっかり厚めのカットでサンドされてます…ハラペーニョさん。
ピクルスになっているけど、結構辛いです。
後引くから止められないんですけど。
辛いの好きな方はおススメです。
お肉の甘みが引き立ちます。

一緒に添えられたポテトも、軽く味付けされていました。
フレンチフライ好きな私にはちょっと重かったけれど、
ジャガイモをしっかりいただけますよ。

ランチ時はサラダと飲み物も付いてます。

美味しいハンバーガーが食べたくなったらここでしょう!

月一くらいで通いたいお店です。


BLACOWS

東京都渋谷区恵比寿西2-11-9
東光ホワイトビル 1F
03-3477-2914
.

リスドオルでフランスパンを焼く。

IMGP9683.jpg
フランスパン用の小麦粉

“リスドオル”

をいただいたので、早速カンパーニュとフランスパンを焼きました。

実はずっと気になっていた粉だったので
いただけてラッキー!

私は常に“エゾシカ”という北海道産の小麦粉を使用していますが、
ハード系(特にフランスパン)には不向きの様に感じていて…
味、風味は最高に素晴らしい小麦なのですが、フランスパンの時だけは
ちょっとモッチリ感に掛けるというか、クラストがバリっとこないというか…
すごく優しい仕上がりになってしまうんです。

なんとなくずっとフランスパン用粉のリスドオルを使ってみたかったのです。

捏ね上がりの時点で、生地がモッチリしています。
今回は冷蔵発酵をして、少し長めに発酵させました。

途中なんどかパンチを入れ、もっともっと弾力のあるモチモチ食感に。

分割してもカットする度にモッチリ感を感じます。
すごい弾力です。


成型をして最終発酵をとり、
クープを入れ、高温で一気に焼きあげました。

IMGP9693.jpg
焼きあがり時のパチパチという音が
一気になりだします。
大合唱♪

エゾシカは優しい表面で、クラストも少し薄めかな?
それに比べると、リスドオルはガッチリバリバリなクラストです。
ゴツゴツしているというか。
男らしい!

結構好きな表情です。
そして香りも悪くない。
風味も良くそのまま食べてても飽きない味。
何もつけなくても美味しいです。
これはいい!

教室でハード系を作る時は
この粉を使用するのもありかも!

クープの開きに関しては、まだまだお勉強しなくてはいけませんが
もう少しいろいろ作って、遊んでみようかな。


あ、翌日はカンパーニュでサンドウィッチを作りました;D
美味しくいただきました~。





お土産ベーグル

久しぶりに学生時代の親友とランチ。

IMGP9583.jpg
半年くらい逢っていなかったので
お土産にベーグルを焼きました。
こんな時じゃないと、友人に私の作ったパンを食べてもらう機会もないので
出来るだけお土産パンを作って持っていくことにしています。

IMGP9576.jpg
今日はプレーン

IMGP9582.jpg
チョコレートのベーグルです。

ベーグルは一次発酵がないので、あっという間に焼きあがります。
モチモチの食感と表面のツルンとした表情、
そしてたっぷりの愛情を加えて納得のいく仕上がりに。

私自身、お店で購入することがないベーグル。
なぜなら、モチモチとかさっぱりとか硬い!とか
自分好みのものを探せないから。
自分で作ったベーグルが一番食べやすいんです。
当たり前です。自分の事ですものね。

そんな私用のベーグルをプレゼントしました。

可愛い可愛い;D 2歳半の男の子がいるのですが
彼もパクパク食べてくれました。
美味しかったかな?


これからはもっともっと頻繁に逢えますように♡
そしてたくさんのパンが届けられますように!

今日のRin' s Kitchen Vol.33

IMGP9668.jpg
本日は午後のクラスのみで
通常パンクラス
です。

毎月お越しくださっている生徒さんが
お友達を連れて来てくださいました。

初心者とのことでしたが
結構チャレンジャーで、ご自分の“カン”で
トルティーヤを焼いてみたり、マフィンを作ってみたり
がんばっていらっしゃるのだそう。
しかし。。。
やはりカンで作っているという事で
どれもうまく出来ないと…

特にケーキは計量を惰ると、美味しいものは焼けない事が多いです。

ということで、今日はしっかり計量された材料で
美味しいパンを焼きましょう!

小麦粉になれていらっしゃるので
捏ね方も成型も上手。
“丸める”という作業はちょっと難しいようでしたが、
コツと理解であっという間に慣れ、
みごとに美味しそうなパンが焼き上がりました。
IMGP9665.jpg

IMGP9664.jpg
ハード系のパンのクープは、初めてにしてはとてもキレイに入りました。


そして焼き立てのパンを召しあがった時の

“焼き立てのパンは美味しい~”

という言葉と笑顔。

ホッとする瞬間です。


是非またお家でもチャレンジしてみてくださいね!


イベント@パシフィコ横浜

久しぶりに横浜に行ってきました。

パン作り体験会を
とあるイベントの会場でやってきました。

ベーコンエピを作ってお持ち帰りが出来る!

というパン作り体験会。
もちろん無料です。
成型のみの体験なので、あっという間に終わってしまうのですが
お子様からおじいさままで、
とても真剣に、楽しそうにパン作りされていました。

朝の回からたくさんの方にご参加いただき、大盛況でした。

たまには教室を出て、外の会場でのパン教室というのも
新鮮です。

お子様にもたくさんご参加いただきました。

"またパン作りやりたいなぁ~"

"あの時の楽しさが忘れられないなぁ~"

"あの時、パン屋さんになりたいと思ったんだよな。。。"

"私のパン作りデビューは3歳の時でした"

なんて、いつか思いだしてもらえると嬉しいですね。



夕方に終了したので、
その後、母と待ち合わせをして
中華街で夜ごはん。

休日ということもあり、
人がとても出てました。
来月は旧正月ですね…中華街。


今日のRin's Kitchen Vol.32

少し暖かかった今日は
IMGP9638.jpg
午前「通常パンクラス」
IMGP9642.jpg
午後「パン恋クラス」
でした。

午前中は4名様のクラスで
うち3名様が常連さんでした。
生徒さん同士も何度かご一緒された事があったりして、
年末年始のご旅行のお話なんかで盛り上がりました。

お1人の生徒さんは、初Rin's Kitchen。
でもパン作りは結構されていらっしゃるとのことで
捏ね方も、丸め方も、分割の仕方もバッチリでした。

イーストの量はどのくらいがいいのか?
発酵温度と時間はどれくらいがベストか?
なんで発酵臭(イースト臭い)がするのか?
2日後のパンはどうして硬いのか。。。?

たくさんの疑問を持たれ、それはどうしてなのか知りたいというその姿勢は
とても素晴らしい事です。
私も嬉しくなって、それらの質問にお答えしました。
必要以上にお話してしまったかも;P

いやいや、私自身の向上にもつながります。
ありがたい!


IMGP9633.jpg
出来あがったパンは私が伝えた通りに作って下さって
とても可愛いプックリしたパンが焼きあがりました。
ハード系のパンは出来るだけモコッとフトッチョさんに焼きあげたくて。
どうでしょう?
クープもキレイに入って美味しそうです。
IMGP9634.jpg
斜めのクープも可愛い。

IMGP9637.jpg
そしてホワイトあんぱん。
サクラの塩漬けが上品です。
サクラはしっかりと指で中まで押し入れてもらうのですが
軽く押すだけのこんな出来あがりも可愛い♡
どちらも表情があっていいですね!

IMGP9631.jpg
餡子を生地荷包みこむ作業は、
ちょっとコツがいるので、みなさん真剣でした。


そして午後はパン恋クラス。
クラムチャウダーを作ってスープパンです。
ダッヂブレッドを作っていただくので
捏ねはあっという間に終わります。
成型も丸めるだけ。
とてもシンプルなパンです。
しかし。。。
こういったシンプルな成型、材料のパンほど、
美味しさがとても目立つんですね。
味がいい、悪い。
成型がいい、悪い。
発酵状態がいい、悪いなど。
粉の美味しさも良くわかります。

怖いですね。。。怖い。

高さのある成型をしていただき、
焼成まえに上新粉の生地を均等に塗って、
一気に焼きあげます。

IMGP9640.jpg
皆さまキレイな仕上がりで
ヒビもバランス良く入っています。
薄さもバッチリ!
うん、キレイ☆


IMGP9641.jpg
「これキレイ!」
「これもいいよね~」

お友達同士、出来あがりの作品を品評される姿は
微笑ましいです;D
ご自分で作ったパンは、
まるで自分の子供のように、自然と愛情が沸いてくるんです。
だから、パンに向かって

“この子たち”

と、つ言っちゃいます。


スープも手分けして作業していただき、
美味しいクラムチャウダーが出来あがりました。

くりぬいたダッヂブレッドを
器にたっぷりのスープを注いで、
軽く温め直してアツアツ召し上がっていただきました。
(試食用は準備していたダッヂブレッドで!)

皆さま笑顔&無言。
今までのおしゃべりはどうした?というくらい
無言で召し上がっていらっしゃいました;D

空いた器にもう一杯おかわりをして、
最後は浸みこんだダッヂブレッドをカリカリという音と共に
召し上がって、完食。
キレイなお皿が並びました。
美味しい!という笑顔と、何も乗ってないお皿を見ると
ホッとして嬉しくなります。

疲れも吹っ飛びますよ~。


本日も楽しいお教室でした。
ありがとうございました。






今日のRin's Kitchen Vol.31

IMGP9595.jpg
1月ももう半ばを過ぎてしまいましたね。
ドタバタドタバタ…
やらなくてはいけないことが
何も出来ていないような気がしております。

さて、
本日のRin's Kitchenは
通常パンクラスです。
午前のみ、2名の生徒さんとの楽しい時間でした。

お1人は毎月お越しいただいている
若奥様。
大手パン教室にも通われつつ、私のクラスにも来てくださっています。
大きな教室にはおおきな教室のいいところ、
個人教室は個人教室のいいところがそれぞれあります。
どちらがいいということではなく、
いろんな教室を観て、体験して、感じて、
自分にあったスタイルの教室を選ぶというのも素敵。

そんな生徒さんは、さすがな手つきで
生地を丁寧に捏ねあげます。
モチモチもち粉の入った生地なので、
しっかり捏ねてグルテンを出し、お餅のように仕上げます。
さわり心地の良い、気持ちい~生地の出来あがり!

もう一人の生徒さんは
初めてお越しくださった、こちらも若奥様。
パンが大好き!でも作ったことはありません!
という、好奇心たっぷりの生徒さんです。
ワクワクしちゃいますね。

発酵した生地の分割の仕方や丸め方などをお教えし、
成型です。

IMGP9589.jpg
ブラックぺッパーは、エダムチーズやハムを、たっぷりのブラックペッパーと合わせて
生地でクルクル巻きます。
とても丁寧に成型され、焼く前のクープもキレイにひけました。


IMGP9593.jpg
そしてホワイトあんぱんは、サクラの花を飾って一足お先に春。
餡子の包み方はちょっと難しかったかもしれませんが、
それでも、しっかりと包みこみ、キレイに焼きあげました。

素晴らしい!
写真だけでも美味しさが伝わります。

もちろん味は最高ですよ!


健康のために
旦那様へ、パンも料理もヘルシーなものを作って差し上げたいとのことですよぉ。
素晴らしい!

是非愛情たっぷりで作って差し上げて下さい!


今日も笑顔たっぷりのクラスでした;D







LYB豚のボリュームランチ

久しぶりに恵比寿でランチ。
気になる「豚」のお店

201101201441001.jpg
【Le Bistro】

に行ってみました。

こぢんまりした店内は、ウッディーな山小屋風。
暖かい雰囲気のお店です。

今回いただいたのは
木曜日限定ランチ!

静岡県朝霧高原の「LYB豚」を丸々一頭買い付け
それぞれの部位毎に調理されているとのこと。
朝霧高原でのびのび放牧飼育された豚らしいです。

ちなみに
・L(ランドレース)
・Y(ヨークシャー)
・B(バークシャー)
という三種の交配種の豚さん。

木曜日限定ランチとは
仕入れてきたLYB豚の骨付きもも肉を
炭火で丸1日かけてローストするのが水曜から木曜にかけてのようで、
一番おいしい状態でいただけるメニューなんですって。

たまたま今日が木曜日で、そのランチをいただくことが出来ました!
ラッキー;D

201101201401000.jpg
ジューシーでやわらかい!そして臭みもなくとてもおいしい。
お肉がピンク色でキラキラ輝いています。
美味しい豚肉は脂身も美味しいといいますが、
ほんとですね。
とろけちゃって、脂っぽくなく、お肉と一緒にさらっといただけます。
決して脂っぽくない。

201101201400000.jpg
お皿にはたっぷりのマッシュポテトも添えられています。
ニヤリとしちゃいますね。
肉汁と一緒にたっぷりのマッシュポテトと絡めて食べると
また違った味わい。
マイルド。マッタリ。
香ばしさが欠けてしまうので、
私はお肉そのものもをいただく方が好きかな。

美味しいのでつい食べ過ぎちゃいますが
1㎝ほどの厚さのもも肉3枚って
かなりの量です。ボリューム満点!
美味しいしさっぱりしているのでつい食べこんじゃいますが
あとからお腹はズッシリきます。

ランチには前菜(スープ、サラダ、リエットから選べる)とフランスパン、コーヒーがついて1000円。
コストパフォーマンスが良い!

201101201355000.jpg
ちなみに前菜はリエットをチョイス。

豚肉食べ過ぎな感じですが、やっぱりいただいておかないと!
あっさりしていて薄味だけど、お肉のコクがあるので
十分な後味です。
最後まで飽きない味。これがどのお料理でも言える、おいしいポイントですね。
ベーグルでサンドウィッチにしたいところ。


気になっていた中目にあるモロッコ料理のお店の姉妹店でした。
是非そちらも行かなくちゃ!


Le Bistro
東京都渋谷区恵比寿1-21-13
コンフォリア恵比寿2F
03-5789-8966











茨城の整骨院へ…それは新しい治療法。

身体を使う仕事をずっとしてきているせいか、
姿勢が悪いせいか、
慢性的に右の首から肩が痛くて、
ひどい時は何も出来ず、だるさと戦っています。

その都度カイロプラクティックやマッサージ、整体なんかに行って
診てもらっているのですが
即効力はあっても、持続力はなく、ましてや根本的な治療ではないので
数日すればまた痛むの繰り返し。

今回行ってみた整骨院は
茨城県の牛久市にある、ちょっと気になる先生。
歩き方と座り方、話方などで
私が長女だとか、右利きだとか、どこが悪いとか痛いとか
生涯こんなことには困らないとかをポンポンおっしゃるんです。
霊能の先生?というくらい、いろんなことを鑑てくれるんです。
それだけなら霊能者の先生に。。。
と思うところですが、
違うのは、身体の悪いところの根本的な原因を、
教えてくれるんです。
靴を履くときはこう、歩くときは左手を振って、かばんは右に持って
常に姿勢はこうして…など
その人にあった生活の姿勢を教えてくれて、
それを維持しながら痛い部分を自分で治しなさい
という治療法なんです。
根本的治療法。
だから薬とかはもちろん無いし、鍼とか灸とかもありません。
施術としては、氷で患部を冷やして、身体の中から熱を発生させるという
至ってシンプルな施術法。
あとは冷えた身体を小さなお風呂に足湯のように足だけを浸け
終了です。
身体はとても軽くなります。

何より、自分の力で治す事が大事ということですね。

あとは歩くことがとにかく大事なんですって。
これから教室までは自転車でなく
歩いて行こうと決めました;D

私を通して、両親の事や妹の事もいい当てる先生。
更には初心で電話して来られた患者さんと
話しをしているだけで、
「あなたは二女だね、どこが痛いでしょ?」
と。
電話だけでご本人にはまだお逢いしていないのに
ポンポンといい当てる先生。
一体なにが観えているのでしょうね?!

とてもお優しい、紳士的な素敵な先生でした。


※ご興味のある方はご連絡ください。

今日のRin's Kitchen Vol.30

IMGP9487.jpg
今朝も北風の寒い朝でした。
自転車での通勤は辛い…(>_<)


本日のレッスンは、
午前中のみ。

親子でご参加の生徒さんと、
そのお母様のご友人で、もう何度かお越しいただいている生徒さんの3名様で
パンクラスです。

IMGP9485.jpg
ホワイトあんぱん



IMGP9484.jpg
ブラックペッパー

を作っていただきました。

ご自宅でかなりパンを焼かれていらっしゃる生徒さんと
発酵器のご購入をお考えの生徒さんという
パン作り熱心なチームです。
お嬢さんもお家で各食パンを作っちゃうほどの腕前。
習い始めてからたった数か月で、素晴らしい進歩です。

そんな生徒さんが集まると、捏ねも丸めも成型も
あっという間です。

出来あがりもキレイですね!

試食事には、バレンタインのチョコレートになにを作ろうか?とか
今どきの中学や高校でのバレンタイン情報、
そして、奥さまが旦那様にお渡しするチョコレートについてと、
女子会風なクラスでした。

ご結婚され、お子様も大きく成長されても
バレンタインに旦那様へチョコを贈る…というのは
(いろいろと事情があろうと)素敵な事ですね(*^_^*)


今日のRin's Kitchen Vol.29

IMGP9470.jpg
本日はパン恋クラスです。

IMGP9473.jpg
クラムチャウダーとダッヂブレッドを作っていただいております。

午前はパンお勉強熱心な生徒さんと、
毎月通ってくださっているパン大好きな生徒さんです。

ハード系の生地は捏ね過ぎない方が生地のモチモチ感が保てて美味しい。
なので、今回のパン生地の捏ねはあっという間に終わってしまいます。
慣れていらっしゃる方なら特に!

途中でパンチを入れるまでの間に、スープを作りますが、
お家でもお食事を作られる生徒さんが、なかなか自宅でお料理をすることがない生徒さんに

「せっかくだからやった方がいいわ」

「え…私で大丈夫ですか???」

なんていうやりとりが、とても微笑ましかったです;D

お料理は、教室に行くことで“知って得する”ことが結構あったりします。
知らなかった~という生徒さんのお言葉、良く聞きます。
なので、せっかくならいろんな事をお持ち帰りいただきたいと常に思います。

今日はいろいろお持ち帰り出来たかな?



IMGP9475.jpg
そして午後は同じ年代の生徒さんが集まりました。
和気藹々と笑顔の絶えない楽しいクラスになりました。

こちらもみなさんパン作りに慣れていらっしゃるので
サクサクっと捏ねあげ、協力して美味しいスープを作っていただきました。

共通して遠慮がちになるのは味付けの時。
わかります。
その譲り合い。

試食は私が作っておいたダッヂブレッドをお渡しして
中をくりぬいてスープを注ぎます。
しっかり周りをくりぬくと、たくさんのスープが入る様にりますね。
みなさんキレイにほじってくれて、つまみ食い~。
スープを入れたら、オーブンで軽く焼き、アツアツを召し上がっていただきます。

中身のパンはそのままスープと召し上がってもいいし、細かくして一緒にオーブンにいれ
クルトンにしてもいいですね。

IMGP9478.jpg
あまり大きく焼かないので、パンまで召し上がってちょうどいい量の様です。
サンフランシスコのスープパンはすごく大きなサワードの酸っぱいパンだったので
とてもパンまで行き付けず、その都度勿体ないなぁ~という意識でした。
だから、私のスープパンは食べきりサイズ!
せっかく作ったパンを無駄には出来ません!

カリカリという音と共に、スープのしみ込んだぱパンは
さらに美味しいパンに変化したようです。






2度目のバクテーは地元で大人気のお店 

クアラルンプール2度目の訪問最終日、
2回目のバクテーを、帰国する日のお昼ご飯でいただきました。

IMGP9345.jpg

彼のコンドミニアムから歩いて10分くらい。

ここは地元の人に大人気のバクテー屋さんで
もちろん中国人が経営されています。
古い感じがいいですね。
しかもかなり大きなお店です。

そして、ご主人が小田和正さんにそっくり;D
いや、ご本人じゃないか?くらい似ています。
是非お近くに方、確認に行ってみてください。

IMGP9352.jpg
バクテーとは、肉骨茶と書きます。
豚の骨付き肉(スペアリブ)を漢方薬とハーブを調合した出汁?でジックリ煮込んだお料理。
煮込んであるので、お肉はトロトロで柔らかく、油分もなくあっさりしたお料理です。
油を分解する中国茶と一緒に召し上がれば、とてもヘルシーなダイエット食。
IMGP9348.jpg
このお店は、油揚げも一緒に鍋に入れていただくのだそうで、
これが一番脂っぽいんじゃないか?という感じ。
とはいえ、ジュワッとした食感や、揚げの風味が結構美味しいんです;D

IMGP9355.jpg
お昼から。。。
カリカリ好きな彼がチョイスしたお料理は
酢豚です。
カラフルでキレイです。
お味も日本のお母さんの作る、素朴な酢豚です。
トマトケチャップの味~。
でも1つ違うのは、豚肉が薄切りなんです。
塊じゃない。
だからカリカリだし、ジューシーだし、何と言っても食べやすい。
そしてサラッといただける。
これ、ナイスアイディア!
実は私、豚肉の塊(特に硬いもの)がひどく苦手で
我が家の酢豚は豚でなく鶏だったんです。
酢鶏。
鶏だと少し脂っこい。
だからこのスタイルいただきです;D

IMGP9359.jpg
そして私が愛してやまない卵焼き。
大好きです。甘いのも甘くないのも。
卵が大好き!
卵焼きの文字を見つけちゃったので
クアラルンプールの卵焼きを堪能!
レタスとオニオン入りです。
アツアツのところをひと口。
鉄のフライパンで焼いた風の焦げと油の絡み合った卵の味。
これも小さい頃、ママが作ってくれた懐かしい味でした。
なぜ、クアラルンプールでホッとする瞬間がたくさんあるのだろうか・・・・

IMGP9347.jpg
お野菜はまたもやレタスの炒めたものを。
シャキシャキ感がバツグンのタイミングでの調理。
素晴らしい。
シンプルなお料理なのに、なんでこんなに美味しいだ。
冷たいお野菜より、暖かいお野菜が好きな私は
こんなシンプルンなお野菜料理が大好きです。

昼から一体どれだけ食べるんだ、あなたたちは・・・

というくらい、ガッツリいただきました。
美味しいから仕方ない。

前回伺った、モール内にあったバクテー屋さんよりも、
このお店の方が美味しかったような。

お昼時間が過ぎても、続々とお客さんが来店されてました。


そして食後はお散歩しながら、お家に帰る途中
マレーシアでチョコレートのKINGと言われている(らしい)
チョコレート屋さんによって、お土産でも買おう~!

IMGP9342.jpg
【Berly's】

IMGP9341.jpg
可愛い入口です。
いや~、すごい観光バス達。
ツアーのお土産屋さんリストに入ってるみたいで
続々と観光客が降りてきます。
IMGP9365.jpg
私もその中に混ざって説明を聞いてみましたが、
何語?なんだかよくわからず、早速スルー。

IMGP9367.jpg
ずらーっとたくさんの種類のチョコレートが並んでいますね。
どれも美味しそう!
その都度試食をもらえるので、食べてみて好きなものをゲット出来ます。
どれを食べても美味しいので迷ちゃいます~;D

IMGP9366.jpg
どなたか知りませんが、悩みます。。。

結局私はイチゴのチョコとミルフィーユ、
そしてナッツやレーズンをコーティングしたものなんかを購入。

実はこのチョコレート屋さんを経営されている方は
前回の訪問時にご紹介したパン屋さんのオーナーでもあります。
日本人が焼いている、日本風なパン屋さん。
このオーナーさんは美味しいものが大好きのようです。
すばらしい!
是非お逢いしてみたいですね。

そんなこんなでこの度も終わりです。
今回も良く食べました;D
一周り大きくなった感じです。

あ、最後にマレーシアの不思議な飲み物をご紹介。

マレーシア人はなんでも混ぜたがるんですって。

IMGP0027.jpg
これは、紅茶とコーヒーを混ぜた飲み物と

IMGP0026.jpg
MILO。
そう、ミロです。懐かしいです。
マレーシアではマイロと発音しますが
日本でもほとんど飲んだことのないマイロ。
ここ、クアラルンプールではどのレストランにもあります。
コーヒーかマイロか。。。と言った感じ。
マックにも普通にあります。
だから私は、日本ではまず飲まないマイロを、
ここクアラルンプールにくる度に必ずいただいております。
結構美味しいし;D


では、最初に書いたコーヒーと紅茶のミックスはどうか?というと、
これもかなり美味しいんですよ。
どちらかというと、紅茶多め。それが美味しさの秘訣かも。
コーヒーが濃すぎると、多分美味しくないように思います。
どちらも日本にあるものだから、皆さまも是非!お試しください。
紅茶多め、ちょっと甘めにブレンドしてみてね!

ちなみに…
マイロにもコーヒーを混ぜたりしてるみたいです。
恐るべし、マレー人。混ぜたがり。


今日のRin's Kitchen  Vol.28

IMGP9404.jpg
今日も寒い一日でした。

本日は通常パンクラスの開催でした。

お越しくださったのは、毎月定期的に通ってくださっている
生徒さん、お母様&お嬢様。そしてお友達の女の子を連れて来て下さいました。

私のクラスは親子でのご参加がホントに多いです。
お母様もお若いし、お嬢様とは姉妹のように見えて、
いつも羨ましく見つめてしまいます。

さて、今回は1人の生徒さんが初めてのパン作りということで
わかりやすく、楽しくレッスン開始です。

彼女は韓国からの留学生で、日本にきて二年弱。
でも日本語はとても上手。普通に会話が出来ます。
とはいえ、難しい言葉はわからないので、
出来るだけわかりやすく説明をしていきました。

捏ね初めてみると、とても器用にお教えした通りに作業をされます。
生地の丸めは初めての生徒さんはなかなか難しく感じられ
出来るようになるのに少し時間がかかるものなのですが
あっさりと理解してあっという間に難関突破です。

素晴らしい。


本日の生徒さんはみなさんとても器用で
出来あがりも美しい:D

IMGP9405.jpg
悪戦苦闘するクープ(切り込み)も
スムーズに力を入れないようにキレイにカット。
生地がつれることなく、しっかり切り込めました。


ホワイトあんぱんの包み方はちょっと難しいかな~

なんて心配もよそに、ちょっとだけポイントをお教えして
最後にはみなさんサクサクと。
キレイな出来あがりです。

IMGP9408.jpg
お好みでサクラの塩漬けをトップに飾るのですが、
本日はみなさん苦手ということで、無しです。
おへそだけ付けました:D

韓国には桜の塩漬けなんてないらしく、
ちょっと味見をされたいというので差し上げたところ、
彼女も苦手だったみたいで。。。
涙目でもがいてました。

慣れないと美味しいとは感じらないものかもしれないですね。
実は私もちょっと苦手です(*_*;

でも、試食の時に

「サクラの塩漬けは餡子と一緒に食べたら合うかも!」と。

生徒さんはみなさん、
きちんと味を把握して、感じて、確かめて召し上がる。
そして、食感や味、素材の味などについていろいろと会話をされます。

これは世界共通、食に興味のある人間はみな、
同じなんだと感じました。
自分で作ったパンですものね。
味わっていただかなくちゃ勿体ない!

韓国人の彼女は、自分でカレイの煮つけなんかも作られるのだそうです。
写真を見せてもらいましたが、ちゃんと隠し包丁もして、生姜もいれて煮付けられてました。
まだお若いのに、お家でいろんなお料理をされているみたい。
これからもっともっと日本の美味しさを堪能して
是非故郷のご家族にも作って差し上げてほしいと思います。

帰り際、
「自分でパンを作ったことがなかったので、今日はとても楽しかったです。
 焼き立てのパンの美味しさが、こんなにも嬉しいものだなんて、知りませんでした。」

と私に伝えてくれました。

心からジンワリ嬉しくなりました。

生徒さんからのそういったお言葉と笑顔が
私へのご褒美だと、いつも思っています。
今日も素晴らしいご褒美をいただきました。

是非またパン作り、一緒にやりましょう!


お腹に優しいお粥鍋&オシャレバー KL編

IMGP9311.jpg

KL最後の夜は、お腹に優しいお粥鍋をいただきました。
お粥鍋~???

中国人はいろんな料理を知っています。
さすが4000年の歴史。

その名の通り、お粥にお肉やお野菜、餃子や豆腐なんかを入れて
火が通ったらそのままいただくんです。
そう、普通の鍋のように。

IMGP9314.jpg
珍しく、器やお箸が消毒されています。
これがどこまで清潔なのかはわかりませんが・・・

IMGP9315.jpg
まずはコンロにお粥の鍋が。
土鍋です。日本語です。
やはり土鍋は日本独特な鍋なのでしょうか?

IMGP9317.jpg
そして、ほうれん草やレタス、餃子とワンタン、鮑茸とフィッシュボールならぬ、フィッシュ棒?
細長い白身魚のすり身を固めたものなんかをチョイスして

IMGP9322.jpg
ぐらぐらしたお粥の鍋に入れていきます。
不思議な画ですね。。。

IMGP9318.jpg
お粥の味付けは、薄い塩味だけなので
さすがにあっさりしすぎている為、辛い調味料を好みで加えます。
キムチのような香りのタレと、ちょっと甘辛いダレ。
私はキムチ味の辛いタレが好みでした。

結構美味しくて、優しい味なんですよ。
風邪引きそうな時とか、引いてるときなんか、身体が温まるし胃に優しいので
とても健康的でいい。
意外と美味しいのが、餃子とワンタン。
お肉にしっかり下味をつけておくと、そのままでも美味しくいただけます。
もちろんお粥が絡まっているので、ご飯と一緒に食べているみたい。
普通に酢醤油で絡めても美味しそう;D

IMGP9323.jpg
ただ、1つだけ落ち着かないのは、常に鍋底をかき混ぜていないといけない事。
焦げちゃうから。
お焦げも美味しいけれど、放っておくわけにもね。

IMGP9319.jpg
おつまみは、腐乳?で付けた豚肉をカリカリに揚げたもの。
薄いトンカツみたいな感じ。
ちょっと腐乳の香りがあるけれど、そんなに気にならない。
むしろ、うまみになって美味しい。
ソースもなにも付けずにそのままいただきます。
ビールにはとても合いそう。

久しぶりにあっさり健康的なお料理を堪能し、大満足!

このお店、いろんなお鍋の味があり、
ほうれん草の緑の鍋、かぼちゃの黄色い鍋なんかがありました。
普通に赤い火鍋みたいなのもあったかな?
でも彼曰く、お粥鍋が一番だって。


その後、ちょっとオシャレなバーへ行きました。

IMGP9340.jpg
【il Lido】
イタリアンレストランの上がバーになっているのだと。
珍しくシャレたレストランの外観。
サンフランシスコを思い出します。

IMGP9327.jpg
2階がレストランで、3階がバー。
オープンです。
かなり広い空間です。
角の席に座ると、

IMGP9328.jpg
空にはペトロナスツインタワーの一本がくっきり。
美しすぎます;D
お昼間でも夜でも見惚れちゃうほどの美しい建物。
ホントにキレイです。

IMGP9336.jpg
一杯だけお酒をいただきました。

その後はKLの蚊との戦い。
私は普段すごく蚊に好かれる体質で、この時も10か所くらい刺されてしまいました。
いやん。

そんなこんなで12時を過ぎた時

IMGP9337.jpg
パタリとタワーの電気が消えました。
東京タワーと同じですね。
消えても立体的に浮かぶタワー。

ロマンティックな夜でした~。



KLでのランチ 飲茶編

IMGP0147.jpg
リゾート地からタウンのKLに戻り、
翌朝はゆっくりと行動開始。

お昼過ぎにランチをしに街へ。
この日はツインタワー近所の
お友達の住むマンションビルの2階にある
飲茶を食べに行きました。

日本でも飲茶食べてないな~
久しぶり!
KLは中国人がとても多いので
中華料理は結構美味しい。

このお店

【富臨酒家】

香港に本店をもつ、本格中華料理店らしい。
彼曰く、KLの飲茶はここが美味しい!と。

IMGP0148.jpg
お店もとても広く、ランチ時間のせいか、大人ビジネスマンがたくさんいらっしゃいました。
キレイな店内、結婚式とかやってるみたいですね。
New Year だからなのか、可愛いデコレートです。

さて、お腹すいた~
二人だけど、頑張っていろんな種類食べよう!

まずは彼おススメの

enoki.jpg
エノキを小麦粉をつけて素揚げしたもの。

カリカリでとーーーーーっても美味しい!
びっくりするほど美味しい。
なんてことない、香ばしさと塩加減。
簡単な料理ほど美味しいものです。
内緒だけど、おかわりしちゃいました。

そして
IMGP0150.jpg
大好きなスーラータン

大きな土鍋見たいな入れ物に入ってきましたけど・・・。
2名しかいないんですけど~。
思いのほか辛くなく、酸味ももうチョイという感じだけど
優しく暖かく、ホッとする味でした。
結局全部飲んだしね;D

それから、これも彼のおススメ。
IMGP0154.jpg
表面カリカリの豚バラ肉。
サイコロ状で食べやすい可愛いサイズ。
ジューシーで、柔らかくて、全然油っぽくない。
これはお酒のおつまみに最高。
なんといってもカリカリ感が最高です。
美味しい!

それにしてもKLにで働いている人たちは
なんというのか。。。。
1つの事を4人掛りで取りかかる。
お茶を入れるのも、飲茶を持ってくるのも
とにかく何人もで取りかかる。
もちろん1人で出来る作業。
だから、店内にたくさんのスタッフがうろついている。
そして空いたお皿を下げたがる。
落ち着かないな…

さてさて、飲茶!
IMGP0157.jpg
まずは定番のショウロンポウ
ジューシーでとーーーっても美味しい。
豚肉、プリプリであっさりしていて、臭みも無くホントに美味しいなぁ。
まさかこんなに豚肉が美味しい街とは。
マレー人は宗教上豚は食べないらしいけど…
不思議。

IMGP0160.jpg
そして海老の揚げ餃子。
これはちょっと思い違い。
マヨソースでいただくので、海老のマヨネーズ炒めみたいな雰囲気。
酢醤油で食べたかった私は、ちょっと残念な気分。
これはこれでマヨラーな私的にOKだたんだけどね。

結構食べたな~。
スープもわりと飲んだし、もうお腹いっぱいになってきた;D
でも、これは食べておこう!
IMGP0165.jpg
チャーシュー入りまんじゅう。
この名前を漢字のメニューから探すのに一苦労。
もちろんスタッフのみなさんに聞き、4名のスタッフがその事について会議してくれているんだけど、
結局それはどれなのか、教えに来てくれないという
想定内の落ち。
アメリカ生活で培った中国語のメニューを思い出し
きっとこれよ!と頼んでみたらドンピシャ!

IMGP0167.jpg
甘いチャーシューは苦手なんだけど、
これはかなりいけます。
マントゥ(皮ね)も甘くてふわふわで
アツアツだからハフハフしてあと言う間に完食。
全然お腹に入っちゃうし。

いやー、もうお腹いっぱい。
美味しかったー;D

お茶をたくさん飲んで、ホッと落ち着くと
やっぱり食べたくなるのはデザート。
こういう美味しいお店のデザートは食べておかないと。
そして中華料理のデザートと言ったら
やっぱり・・・
IMGP0169.jpg
ゴマ団子でしょう!

モチモチかんも、ゴマの香りも、食感も
そして中の餡子のジューシーで瑞々しいなんとも言えない食感が
大好き♡

これもまたあっという間。

良く食べるなーと関心されていることでしょう。あっはっは。

美味しいものはたくさん食べとかないとね。

いやー満足満足。

ゆっくり2時間コースでランチを済ませ、歩いてすぐの
ペトロナスツインタワーのショッピングモールと
IMGP0182.jpg
公園をお散歩。

お天気もよく、ちょっと暑かったけれど気持ち良かった~。

IMGP0190.jpg
ショッピングモール下のテラスがあるカフェでお茶をして
夕方までぼんやりのんびり過ごしました。
あれだけ食べて、こんなにコッテリな飲み物飲んで…
太らない訳がない!

とはいえ、幸せな時間ですね。

今日のRin's Kitchen Vol.27

IMGP9392.jpg
1月のパン恋クラスも
本日より開始です!

午前午後の2回転クラス。

午前は4名の生徒さんがお越しくださいました。

お二人は以前からずっとお越しいただいている
ベテランさん。
遠いところからありがとうございます;D
感謝感謝です。

そしてもうお二人は、初めての生徒さん。
とはいえ、粉の扱いには慣れていらっしゃるお二人なので
ちょっとやり方をお教えすれば、サクッとこなすという、
とても優秀な初心者さんでした。

みなさん明るい方なので
明るいクラスになりました。
生徒さんの笑顔…やっぱりいつ見ても最高のご褒美です。

今回の作品です。

IMGP9388.jpg
スープパン!
ダッヂブレッドとクラムチャウダーを作りました。

実はこのメニュー、
8年前、初めて私が自分のクラス(の枠)を持たせていただいた時の
メニューです。
なのでとても思い出深い、私の原点のパンとお料理でもあります。

そしてRin's Kitchenという
自分の教室を持った今、
8年前と同じ季節に、このメニューを改めてやってみることにしたのです。

初心を忘れず、そしてあの頃よりももっと上手にお教え出来ている私であることを
感じる為に…(なんて;D)


IMGP9393.jpg
生徒の皆さまの作品、
キレイにヒビが割れ、高さのあるダッヂブレッドが出来あがりました。

中にスープを入れて、軽くオーブンで温めてお召し上がりいただきました。
アツアツで、カリカリです;D

美味しい!美味しい!というお言葉と
ご自分の作品をほかの生徒さんと見比べたりする姿と
満面の笑顔がとてもうれしいですね。


そして午後はお二人の生徒さんがお越しくださいました。
こちらも常連さん。
娘さんとお母様です。
久しぶりのお嬢様も結構覚えてくれていて、
ちょっと説明すれば、サクサクと作業されていました。
IMGP9399.jpg
身体で覚えた事はすぐに思い出すものですね;D

パン作りはもちろん、スープ作りほぼすべて、お嬢様お1人で作ってくださいました。
お母様はちょこっとお手伝い程度で;D

お野菜のカットから炒めて煮込むまで、
レシピ通りにきちんと作業されていらっしゃいました。

こんなお嬢様の姿を見ているお母様の姿が
幸福感と言った感じで、微笑ましかったな。。
とても素敵なお二人でした。

IMGP9402.jpg
ダッヂブレッドはヒビが入ったり入らなかったりと
ちょっとムラが出ちゃいましたが、でも形はキレイに高さのあるパンが焼きあがりました。
(私が見本で作ったパンのヒビがうまく割れず…全く見本になりませんでした(>_<)スミマセン)

IMGP9396.jpg
スープはもちろん、お嬢様の愛情たっぷりで美味しく出来ましたね!


午後も笑顔の絶えないクラスでした。

皆さま、寒い中ありがとうございました;D




今日のRin's Kitchen Vol.26

IMGP9375.jpg
今年のレッスンも今日からスタートしました。

皆様、本年もRin's Kitchen と私をどうぞよろしくお願い致します。

さて、本日のクラスは

【ホワイトあんぱん】 
【ブラックペッパー】

の2種類のパン作りです。

どちらもお正月らしく、モチモチ感を出したレシピで
ご案内しております。

午前は4名の生徒さんがお越しくださいました。
皆さまいつもいらして下さる生徒さんで、
パン作りもベテランです。

モチモチのパン生地を捏ねながら
お正月の過ごし方なんかをお話しつつ
作業は進みました。

IMGP9381.jpg
新春らしく、ホワイトあんぱんには桜の花を飾りました。
白地にピンクのポイントが可愛らしいですね。
生地もモチモチで、暖かいうちに召し上がると
不思議な食感を楽しめます。

みなさん、サラッと召し上がっていました;D
あんぱん?大福?の焼き立てって美味しいですよね。
餡子はトロトロだし。

幸せそうなお顔でした。

そしてもうひとつは
IMGP9376.jpg
ハード系の生地にたっぷりの黒コショウを付けて
ピリッと大人味のおつまみパンに仕上げます。

KLにある、日本人が作るパン屋さんから
ヒントを得て作ってみたこちらのパン。
ビールに最適です。
今はちょっと寒いですけどね;D

皆さまお好みで黒コショウを振りかけます。
ハムとエダムを一緒にクルクルと巻き
焼成前にクープ(切り込み)を入れます。

オーブンに入って数分。
美味しそうな香りが漂ってきます。
ハムとコショウ、そしてチーズ。
いい香りです。

しっかり目に焼き、カリカリで召し上がってください。

お子様がいらっしゃる生徒さんは、
お子様用に作っていました。
小さい頃からママの手作りパンが食べられるなんて
うらやましいですね。


午後も同じ内容のクラスです。

午後は3名の生徒さん
こちらも皆さま何度かお越しくださっている生徒さんで、
笑顔あふれるクラスになりました。

お話しながらもサクサク作業されるところが
さすがですね。

IMGP9386.jpg
こちらも一足早い春らしいあんぱんが焼きあがりました。
並んでいると、可愛いですね。
 
IMGP9384.jpg
そして、ブラックペッパーたっぷりのパンも
キレイなクープで良い色に焼きあがりました。

ちょっと辛かったかな?
私が作った、皆さまへの試食分はちょっと多めにペッパーを振ってしまったので…;P

ワインやビールなどお酒と一緒がいいですね。


今年初のクラスも
笑顔いっぱい!楽しく終了しました。

今年も一年、ここRin's Kitchenでたくさんの笑顔を生みだしていけるよう
頑張ります!

;D




 

プーケット最終日はスパでスッキリ!

IMGP9299.jpg
タイに来てスパやマッサージに行かないのは勿体ない!
タイ古式マッサージなんて、道を歩けば至ることろで勧誘されるので
一度くらい試したいな~と思って、
例のイタリアンレストランの奥さまにお勧めを聞いてみた。

タイ古式マッサージなら、
バングラ通りを海を背に抜けた右奥にあるショッピングセンター内にある、

【Nium Massage & Spa】

がいいと。

早速行って(この日ではありません)
1時間のタイ古式マッサージをお願いしました。

簡単なベッドに着替えて寝て、マッサージ開始。
まずは足から。
足裏というよりは、足全体をマッサージ。
気持ちいいのだけど、ちょっと力強い。
KLもそうだけど、中国人やらタイ人やら、
みなさん力がある。
わりと強めでも大丈夫な私が、これではいったーい!
タイ古式というと、アクロバティックなマッサージなので、
最後の方はちょっと苦しかった。
最近ストレッチをしていないせいか、身体が硬くなっているのか
辛かった(>_<)

1時間の施術で1000円くらい?かな?
とにかく日本ではありえないほどの安さでびっくりでした。




そして、最終日のこの日。
Spaにも行きたい!との私のわがままで
彼も一緒に付き合ってもらいました。

飛行機が夜だったので、
チェックアウトしてからの5時間をSpaに・・・

こちらもエージェントのおススメを伺い、

IMGP9279.jpg
【The Baray Spa】ザ・バレイ・スパ

へ。

IMGP9281.jpg

IMGP9283.jpg

IMGP9284.jpg

IMGP9285.jpg
アーユルヴェーダを取り入れた、オリエンタルスパです。
やってみたかったケサ リリースマッサージ(シローダラと呼ばれるアーユルウェーダ療法)。
暖かいごま油を額にあるチャクラ(気の入口)に垂らして気の流れを正常にすることで
深い部分の疲れも取ってくれるというもの。

IMGP9288.jpg
お部屋はカップルルーム。
二人一緒に受けられるお部屋です。

IMGP9290.jpg

IMGP9289.jpg

IMGP9291.jpg

ボディスクラブ
ケサリリースマッサージ
ホットハーブマッサージ&パック
ナチュラルフェイシャル

このメニューで4時間のコースです。
初めにミストサウナに入って、
その後スクラブ…
フルーツとお茶をいただき
ケサリリースへと続きます。

半分眠ってしまったり、ぼんやりして気持ち良かった。

ケサリリースはなんだか変な気分でした。
スッキリしたような気を抜かれたみたいな。
いや、気持ち良くてね。
そのあとのシャンプーも、大量のシャンプーとコンディショナーを使ってくれて
しっとりつるつるの髪になりました。

あっという間に4時間が過ぎ、
お食事が付いていたので、敷地内のレストランへ。

IMGP9293.jpg

IMGP9294.jpg

海老のカレー炒め
豚肉とナッツの炒め物
湯葉のひき肉包み
お豆腐のスープ
フルーツ

大きな台に乗せられ、運ばれました。
海老のカレーはコクもあって、今までのタイカレーの中では
辛さもちょうど良く、食べやすかった。
炒めではなく、カレーだったら良かったな。

タイの豚肉は美味しい!
と聞き、結構いただきましたが、
ホントに美味しいんです。
この炒め物の豚肉も柔らかくて、油も少なく、食べやすい味付けでホントに美味しい。
ご飯が進みます。

湯葉揚げはまぁ普通かな?
もう少しパリパリしていて欲しかった。

豆腐スープは日本の味という感じ。
優しい、懐かしい味で、クイクイ飲んじゃいました。

フルーツはスパの途中でもお茶と一緒にいただいたので
もう良いかな・・・・
ちょっと硬かったし。

サラッといただいて、ホテルまで送ってもらい、
荷物を持って空港へ向かいました。


無事に1時間のフライトでKLに到着。
もう夜の11時半です。
ここからお家までは車で1時間弱。
長くて充実した一日でした。

リゾートはやっぱりいいなぁ~
考えてみたら、とても久しぶりのリゾート旅行だったような。
たまにはこういうリフレッシュも大事よね。

大人の街、カロンビーチでディナー

今回滞在したのは
パトンビーチという街の
繁華街にほど近い

IMGP8998.jpg
【La Flora】

という、出来てまだ2年のホテルに泊まりました。
ビーチに直結しているので、とても便利です。

新しいだけあって、キレイだし、オシャレね。
IMGP8953.jpg
プールを挟んで客室があり、すべてのお部屋にテラスがあります。
低層階の2回建て。一部の棟だけはレストランがあるので3階があります。

断然1階のお部屋がいいですよ。
テラスが広いし、デッキチェアも大きい。

IMGP8956.jpg
今回のお部屋はちょっと大きめの
IMGP8952.jpg
デラックスプールビューのお部屋

IMGP8955.jpg
とても広くて、快適です。

この地区は若者が多いのかな?
わりと夜中まで賑わっている地区です。
人もとても多い。
プーケットでは一番賑やかな街みたいです。

そして、この日の夜ごはんに行ったのは
カロンビーチという街。
パトンから車で20分くらい走ったところにある街で
海がとてもキレイな大人の街といった感じです。

ダウンタウンはお店が並び、お土産屋さんからレストランまで
一通りあります。
さすがにディスコ?クラブ?のような激しいお店は無さそう。

とても落ち着いた素敵な街の様です。

夜ごはんに向かったので、浜を歩いたり、街を散策したりは出来なかったのですが、
IMGP9222.jpg
レストランからの眺めで海の水のキレイさはわかりました。

IMGP9269.jpg
【On The Rock】

というレストランは、その名のとおり、岩の上にあります。
マリーナプーケットリゾートホテル内にあります。

IMGP9213.jpg
敷地の広いホテル。
お店まではかなり歩きますが、ジャングルを思わせる雰囲気で
とてもワクワクします。
高台にあるホテルから、海が見える位置まで降りていくので、
結構下ります。
そう、だから帰りは登らなくてはいけません。

IMGP9221.jpg
やっと入り口。
脇は海です。

あ~ 昼間に来ないと全然景色堪能出来ないね~

ちょっと残念でしたが、予約もしないで来て
海側の素敵な席を準備してくれたので
良い事にしよう~

IMGP9232.jpg
この旅はお酒がすすみます。
まずはシャンパン。
気持ちの良い海風に吹かれながら、シュワシュワを堪能。
お料理は
IMGP9241.jpg
お店おススメの前菜盛りをいただきました。

IMGP9242.jpg
ひき肉とお野菜の炒め物を湯葉で包み揚げたもの。
こんにゃくのような食感のお餅?に甘いトロ~っとしたものが包まれているもの。
ワンタンの皮をカップ状に揚げた器に、お肉とコーンなどがのったもの。

味は濃い目で私好み。
それぞれの味がしっかり付いていて、
何も付けないで美味しくいただけます。
塩をうまく使ってるという味付けです。
パリパリ、カリカリ、モチモチでどの食感も最高に好き。

IMGP9240.jpg
そして、ここへきてどうしても食べたかった
海老の春巻き。
タイ料理は海老を大量に使いますね。
良く食べてます。
スイートチリソースが好きで、それを食べる為にこのお料理を頼んだといっても
過言ではないかも。
いえいえ、もちろん食べたかったんですけど。

IMGP9238.jpg
そして、なんか普通のサラダ。
日本でも食べれそうな普通のサラダです。
なんか新鮮。

IMGP9255.jpg
シャンパンも終わり、次は赤を。。。
そんなに飲めないけどぉ~
私は2杯くらいで充分な女です;D

IMGP9256.jpg
結構お腹一杯で、もう酔っぱらっちゃってるし~
そんな中、食べとこう!とグリーンカレー。
三角屋根はスチームライスです。
可愛いですね。
ここのカレーはわりとマイルド。
辛さも強くなく、クリーミーです。
ご飯にかけて食べると、更にマイルドになります。
でも、コクはあまりないのであっさり。
今までで一番食べやすいカレーかな?
美味しいです。
お腹いっぱいでもサラッと食べれちゃうから怖い~。

IMGP9263.jpg
酔いを覚ます為に、デザートも。
タイと言えばバナナのフライ。
お腹いっぱいだけど、食べておこう!
バニラアイスがいい。
もちろんバナナもアツアツ。
冷たいものとアツアツのものを合わせるのって
どうしてこんなに美味しいかしら。

いや~良く呑み、良く食べました。
フラフラの中、高台まで登り、ヨレヨレです。


IMGP9271.jpg
帰りのタクシーは、乗ってみたかったトゥクトゥクに。
軽自動車の荷台が席になっていて
窓も無ければ扉もありません。
風が気持ちいい~
あっという間にホテルに到着。
常夏ならではの乗り物ですね。

次回来る時は
カロンビーチに滞在しよう!と決めました。

別日に取った夕陽の写真です。
ちょっとぶれちゃってる(>_<)

IMGP9303.jpg

IMGP9304.jpg


キレイです。
ロマンチック~♡

地元ランチ&サイモンキャバレー~キレイ過ぎる男たち~ 

IMGP9164.jpg

この日もフレッシュジュースでお目覚め。

少しだけ雨が降っていたので
お部屋のテラスでのんびり。

本を読んだり、ウトウトしたり。
雨が止むのを待ちました。

1時間くらいで雨も止み、この日のランチは街にある
地元で有名というタイ料理屋さんに行ってみました。

名前は…忘れちゃったんですけど、
Rat-U-Thit Song Roi Pi Rd 沿いのレストラン。

屋根のある屋台という感じかな?

店内は思いのほかキレイで、ガイドブックに載っているだけあって
日本人もチラホラ見かけました。
席数10といった感じの小さなお店です。

IMGP0103.jpg
ビールとバナナシェイク

IMGP0107.jpg
海老の春巻きです。
スイートチリソースでいただきます。
大好きな味。
パリパリ感もいい。
ビールのつまみには最高みたい。

IMGP0108.jpg
そして、これも必ず食べよう!メニューのトムヤムクン。
お店によって味が少しずつ違います。
ここのは少し甘めでコクがあります。酸味は少なめ。
味噌汁みたいなコク。家庭料理的トムヤムクンって感じ。
辛すぎず、酸っぱすぎず、美味しいスープです。

IMGP0106.jpg
そして、待ちに待ったパッタイでーす。
細い麺が売り切れてしまったということで
太麺で作ってもらいました。
ちょっと雰囲気は違うけど、まぁ、パッタイ。
ただ、太い麺にソースが吸い取られてしまい、あまりジュ=シーでない。
ふーん。。。ちょっと残念だけど、味は美味しい。
そして麺が太い分多い。
残しちゃいました。

やっぱり日本のパッタイが美味しいかも…

IMGP0115.jpg
帰りはお散歩がてらバングラ通り(パトンいちの繁華街)を歩き、
有名なバー、

【タイガー】

を横目にホテルへ戻りました。


IMGP9166.jpg
そして夜は

【サイモンキャバレー】

というオカマのショーを観に行きました。

IMGP9165.jpg
煌びやかな、ゴージャスな看板。

IMGP9176.jpg
チケットを買って(1人3000円)会場内に入ります。
箱はそんなに大きくないのですが、夕方から夜まで3回転させているみたい。
儲かってます。

内容はキレイなオカマが踊って歌って(ってクチパクだけど)のショーです。
うーん、結構適当な内容で、口パクだし、ちょっと残念でした。
でもみんなキレイだから…それを見る分にはいいのかなぁ~。

いや~そう思うと、
六本木の金魚はやはり素晴らしいエンターテイメントだと
実感してしまいました。

下に、タイの美女写真を載せました。
どなたがお好みですか???
;D

IMGP9179.jpg

IMGP9183.jpg

IMGP9188.jpg

IMGP9192.jpg

IMGP9193.jpg

IMGP9173.jpg

IMGP9190.jpg

みんな普通に女の子ですね。
可愛いしスタイル良い!
見習わなくちゃいけません~。

プーケットで本場のアルデンテ!?

IMGP9143.jpg
タイのイタリアンは意外と美味しい!

そんな情報を彼から聞きました。

KLでも美味しいイタリアンに出逢えず、ちょっと食べたくなってきた時期。
ここプーケットで美味しいイタリアンを探してみよう!

と、日本の旅行会社を発見したので聞いてみると、

“イタリア人がやっているイタリアンがある”

という情報をゲット。
更に、その奥さまは日本人らしいと。

おぉ~!
日本語通じるし、アルデンテの美味しいパスタ食べられるかも!

期待してそのお店へ向かいました。

IMGP9141.jpg
繁華街から一本横道に入った
レストランや小さなお店が並ぶ道沿いに
そのお店はあります。
っつーか、お向かいもイタリアン。
どっちだろ?

と悩んでいると、奥さまが日本語で話しかけてくれて解決。

【DAMARIO】

早速お店に入店。

外には窯があります。
Pizzaも窯焼きだ。ジュルッ。
美味しいPizzaいただけるかも~;D

IMGP9144.jpg
まずはハウスワインで乾杯。
プーケットにきて、ワイン呑み過ぎです…私。
ま、たまにはいっか。

店内は欧米人しかいません。
そして男の独り旅風な人がとにかく多い。
カッコイイんだけど、独りで何しにくるんだろか?
サラダ、スープ、パスタを食べてサクッと出て行ってしまう。
うん、カッコイイ。

さて、私たちは久しぶりに日本語でいろんな相談に乗ってもらいながら
お料理選び。

IMGP9146.jpg
まずはアサリのワイン蒸しをお願いしました。

こちらが…ただのワイン蒸しじゃないんです。
タイっぽい味付け。
なんだろうか?
聞いてみると、ライムをたっぷりかけているのだそう。
うんうん。
かなり酸っぱいけれど、香りがあって美味しい!
ワインと酸味が交わって、さっぱりしてる中に海の味。
塩けと潮の香りのコクもあり、なんか、美味しい;DDD
IMGP9145.jpg
パンにつけて、結構な量のスープもすべていただいちゃいました。
喉乾くかな?

ホントに美味しいです。
日本でもやってみよう。
新しい発見!

そして、お野菜食べたいなーと思うと、
IMGP9147.jpg
グリル野菜を進められました。
温野菜は体を冷やさないので大好き。
バルサミコとオイルでいただきました。
オニオンはちょっと苦かったけれど、
そのほかは甘くて美味しかった。
シンプルな調理法はあっさりしていて好き。

そしてそして!
Pizza~。
IMGP9151.jpg
アンチョビとケッパーのPizzaをお願いしました。
ナポリ風です。
窯で焼きあげたので、焦げ目が香ばしい。
もう少しチーズの味が濃かったら…
IMGP9154.jpg
そしてケッパーの量が3割少なかったら…
大満足だったかな。
いや、でも普通に美味しいですよ。
充分です。

IMGP9161.jpg
最後はパスタ。
パスタはトマトクリームが食べたかったので
奥さまに相談。
そしてマッシュとベーコン、オニオンのトマトクリームパスタ。
キラキラしてます。
美味しいに決まってる画。

やっぱり。思った通りの味。濃厚。濃い。マッタリ。
そして、念願のアルデンテ!
リングイネがアルデンテ!
最高です。
日本で食べる意外、海外で食べれなかったアルデンテ。
やっぱりイタリア人がやってるお店に行かなくちゃねー。

いやー、全体的に満足。
この旅行中、もう一度来てもいいくらいのお店です。

途中から赤ワインになり、私はもうそろそろお水に切り替え。
最後にサービスの食後酒をいただきました。
IMGP9163.jpg
りモンチェロとアマレット
どちらも40度くらいのアルコール。
お水に切り替えている私にはとても飲めません。
甘くて美味しいのだけど、カーッってくるから無理。

トータル的に、バランス良く美味しかったな。

奥さまはオットリした、ニコやかな方でした。
イタリアン人の旦那様とタイのプーケットでレストラン。
なぞなぞみたいな状況ですが、まーいい。

日本人観光客の方、おススメです。


 ◇DAMARIO◇ 
Prachanukhro Road Patong Beach, 83150 Phuket
プラチャヌクロ・ロード パトン・ビーチ 83150 プーケット
電話番号 :+66(76)340016

青い海、青い空、そして白いビーチ

IMGP9116.jpg
元日の朝。

IMGP9006.jpg
フレッシュジュースで目を覚まします。

IMGP9004.jpg
このホテルのブレックファーストブッフェの特徴は
フレッシュジュースをフルーツからその場で作ってくれるところ。

新鮮だぁ~

IMGP9007.jpg
スイカとオレンジとグリーンアップルで作ってくださいな!

とお願いすると、サクサクっとジューサーに入れてテーブルまで持ってきてくれる。
そして自然の甘さ、酸味、香りで最高に贅沢な味。
この一杯で体が目覚める。

あとはそんなに特徴的ではないブッフェ。
IMGP9094.jpg
コーヒーはカフェオレにしてもらって、
卵料理とサラダ、ハムやベーコン、ソーセージとパン。
IMGP9009.jpg
最後にフルーツはお決まりね。

IMGP9008.jpg
IMGP9204.jpg
卵はオムレツかサニーサイドアップ。目玉焼き。
久しぶりに食べると美味しいね、目玉焼き。
2日目からは毎日目玉焼きを食べた私。
お醤油掛けて、野菜やハムと一緒にパンに挟んで。
最高のご馳走。

毎朝1時間以上のゆっくりとした朝食を楽しみ、
そのあとビーチへ。

朝からお天気の良いこの日。
IMGP9114.jpg
初ビーチです。
止まっているホテルは、ビーチサイドに建っている為、
そのままホテルからビーチに出られます。
私たちの止まっている部屋からは、廊下をそのまままっすぐ歩けばそこはビーチ。
アクセス最高のホテルです。
欧米人なんて、ビキニでホテル内をうろついてるもんね。

さて、私たちも小説やお水、日焼け止めなんかを持って
廊下を抜けてビーチへ。

早速お兄さんがベッドとパラソルを準備。
ベッド2台&パラソルで200バーツ。600円です。
安い!

海なんて、ビーチなんて、水着なんて何年ぶりだろう?
ちょーーーーーーーーーー久しぶりの空気にちょっとハイテンションな私。
気持ちいい~!最高~!
時期的にとても込んでいて、パラソルがギッシリ。
賑やかです。

IMGP9123.jpg
青い海、青い空、白いビーチ。
そして隣にダーリン…あっはっは;D
IMGP9126.jpg
お水もキレイですよ。
年越しの花火のごみが無かったら、もっとキレイよ。

IMGP9140.jpg
砂浜は白い砂。


IMGP9134.jpg
それにしても欧米人が多い。
見渡す限り欧米人。
で、で、チラホラトップレス。
ラテン系の女性は構わずトップレス。
いやーカッコイイです。


ちょっとだけお水に入って、あとは本読んで寝てました。
4時間くらいかな?

しっかり日焼け止め塗ったのに、焼けるものです。
日本の紫外線とは全然パワーが違うビーチの陽射し。
ま、リゾートだし、ちょっとくらいいっか。

贅沢な時間を過ごしました。
こんな元日もいいな。。。

眠らない街 プーケット

IMGP8983resize.jpg
私はタイ料理が大好きです。
特にパッタイ。タイ風焼きそばね。
グリーンカレーは得意料理のひとつです。
彼もコレだけは絶品だと言ってくれます:D

と言うことで、初日に訪れたのは
ホテルの斜向いにある、シーフード料理のお店

IMGP8967resize.jpg
【SAVOEY】(サボイ)

タイならではの、シーフードの量り売りスタイルのレストラン。
IMGP8966resize.jpg
好きなお魚を選んで、調理法を伝えます。

タイのお料理って、醤油ベース、スウィートチリ、辛いソースの3種類の調味料で食べるイメージしか
なかったのですが、それは20年前の話。
今ではたくさんのレストランが立ち並び、味付けもいろいろとあるみたい。

ビーチ沿いのTaweewong Rd. (タウィーウォンロード)にある
ランドマーク的存在のレストラン。
お店自体もとても大きく、看板も立派。
観光客がたくさん来てました。
驚いたのは欧米人の多さ。
ほとんどと言っていいくらい白人さん。
アメリカで生活していた頃よりも良く見たっていうくらい。
ビックリです。
でも、ヨーロッパ、オーストラリア、ロシア辺りからは意外と近い。
とすると、近場のリゾートなんですよね。

さてさて、プーケットに来て初めてのタイ料理。
まずは
IMGP8971resize.jpg
ヤムウンセン(春雨サラダ)

春雨が長い。適当な長さにカットしてないらしく
異常に長い。。。
ただ味は本場タイ。酸味と辛味と甘味がバランス良い。
あとから辛い~んだけど、止められない美味しさ。

IMGP8970resize.jpg
続いてトムヤムクン~
酸味が強め。
レモングラスの香りと酸味に加えて、さらにライムをふんだんに入れてるって感じ。
私は酸味好きなので結構病みつきになる味なんだけど、
男性にはちょっと酸っぱ過ぎるかな?
その分辛さがその上を行くと言う感じで後味は辛いんですけどね。
いや、美味しいです。

IMGP8974resize.jpg
そして待ってましたのパッタイ!
本場のパッタイは初めて食べるのかも。。。好きなはずなのに。。。;P
日本ではたくあんと厚揚げが入る、コクのあるものがとても好きで、
それが頂けるのかと思っていたので
ちょっと物足りなかったかな?
結構アッサリしてました。
いやもちろんマッタリしているんだけど、でもたくあんの甘さとコクに慣れてしまった私には
ちょっともと足りなさを。。。
っていうか、本末転倒な私の舌。。。
ライムを絞ってアツアツを頂きました。
いや、それでも感動ですよ。本場のパッタイ。
大満足です。

メインは
IMGP8975resize.jpg
白身の鯛程の大きさのお魚をスウィートチリソース with お野菜
のソースで作って貰いました。
淡白なお魚に甘酸っぱいソースはとても食べやすい味。
お野菜がゴロゴロと入っていたので、お魚の酢豚風?
カレイの唐揚げ甘酢あんかけっぽくて、おふくろの味って感じ?
結構大きかったのに、ペロリ。

IMGP8981resize.jpg
お腹一杯だったのですが、とりあえず彼の好物
グリーンカレー食べとこう!

ココナッツの入れ物に入ったグリーンカレー。
いやー、辛い!とても辛い!
ヒリヒリするだけで、味にコクがない。
一口食べると数分食べれないほどの辛さで、ちょっと残念。
もう少し控え目なら、ご飯と一緒に堪能出来たのにな。
思いのほかアッサリしているので、物足りなさを感じる。
私の作ったカレーの方が美味しいって言ってました アハハ ;P

IMGP8995resize.jpg
食事の後、メインストリートのバングラ通りに行ってみると、
両サイドにバーが連なり、どの店もたくさんの観光客で賑わっていました。
脇道に入ると、屋台街(多分パチモン屋さん)があちらこちらに店を出し、
とにかく明るい。
賑やか。音楽ガンガンで夜通し遊べると言う感じ。

タイと言えば、ゴーゴーバー。
独りでは行けないから一緒に行ってと彼。
女のコがカウンターの上でセクシーダンスを踊ってるバーでした。

IMGP8996resize.jpg
ムエタイの宣伝カーもたくさん走ってアピール活動。
素朴な感じがミスマッチ。

IMGP8987resizeresize.jpg
夜の街にはオカマも出没。
結構キレイで見惚れます。

昼はビーチ、夜はお酒&ショッピングがこのプーケットでの楽しみ方かな?



プーケットでの年越し

2011年が明けましたね。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

12月30日からプーケットに入り、
常夏の地で新年を迎えました。

パトンビーチの繁華街ど真ん中にあるホテル

【La Flora】

という出来てまだ2年のホテルに泊まっています。
こぢんまりとしたスタイリッシュなホテルです。
繁華街沿いにあるのに、中に入ってしまうと外の雑踏を全く感じない
静かな大人のホテルと言う感じかな?
海へそのまま出られるというスタイルも、魅力的です。


IMGP8950resize.jpg


IMGP8953resize.jpg


31日の夜は、ガラパーティといって
年越しパーティを5時間くらいかけて開催します。
音楽やくじ引き、ダンスタイムなど、賑やかに催され、
みんなで新年を迎えましょう!というイベントね。
食事もシーフードからお寿司、果物、オードブルと
かなりの種類で用意されます。ブッフェスタイルです。


IMGP9029resize.jpg


ホテル宿泊者は強制的に参加を求められ、
1人2万円という、タイでは考えられない金額を払って
そのパーティに参加しました。


IMGP9015resize.jpg


会場はオンザビーチのホテルの屋上。海が目の前。遠くまで見渡せて素敵。
テーマは船上パーティ?
スタッフは皆、マリンルックの衣裳で、帆もありました。
私も少しオシャレして(ってロングのワンピースだけど)
大晦日の夜を楽しみました。
ほとんどの宿泊者が欧米人で、みんなかっこいい!
普通にドレス着用。男性も長ズボンにシャツといった、
シンプルだけど品のある。。。というスタイル。
60代と思われるご夫婦が普通にチューとかしてその場を楽しむ姿は
日本ではあまり見られない光景で、理想的!なんて思ったりして。

時間が経つ毎に空も暗くなって、ボサノバ流れる中、素敵な雰囲気になっていきます。


IMGP9021resize.jpg


料理に合わせて白ワインのボトルからはじめ。。。
気がつけば赤のボトルまで;P
5時間かけてノンビリ楽しみました。

空にはあちらこちらで花火が上がっています。


IMGP9079resize.jpg


日本のそれにくらべたら、笑っちゃうくらいかわいらしいのですが
それでも頑張ってあげてます。
目の前で上がるので音もスゴイ爆発音。ビクッとしちゃう。


IMGP9069resize.jpg
その奥、空に上がっていくたくさんの光を見つけました。
かなりの量の光が空へ昇っていくので、あれはなに?
と聞いてみると。。。

これでした。


IMGP9049resize.jpg


日本でいう精霊流しみたいな物で
お願い事を空へ飛ばすのだそうです。
紙で出来ている大きな提灯。
その中に火を焚いて、気球の原理で空へ飛ばします。

自然と燃え尽きてなくなる(正確には海へ落ちる)のだそうです。

新年に向けて、ドンドン上がっていきます。

私たちも願いを空へ飛ばしました。
火をつけ、提灯?の中にタップリ熱気を溜め、空へ飛ばします。
大成功!
願いを叶えてください;D

そしていよいよカウントダウン。
時計を見ると5分前なんだけど、カウントダウン。
え???
まぁ流れに任せようと言う事で
乾杯~。
そして大量の花火とともに新年を迎えました。


IMGP9085resize.jpg


その後ビーチに出てみよう!と行ってみると
そらーそらー盛り上がっていて、人だらけ。
そしてあの可愛らしい花火は一般の人が揚げていたと言う事が判明。
そう思うとかなり大きな花火です。
所構わずあげるので、ちょっと怖い。
そして大量の爆竹。
これも勝手にはじめるから怖い。
気をつけないと、すぐ横で火をつけるから!!

とにかくすごい人で賑わっていました。
そのままメインの通りへ抜けると、また人だらけ。
さすがにその中に入っていくのはキツいと
そのままホテルに戻りました。

まぁ渋谷とか六本木とかもこんな感じなんでしょうけどね。

とにかく賑わっていました。

結局夜中の3時くらいまで花火の爆発音は聞こえ、
ホテルのプールでも騒いでいました。

こんな年越しもたまには良いかも;D

2011年も皆様にとって良い年になりますように。。。