今年もありがとうございました;D

2010年ももう少しで終わりますね。
私にとって、今年はとても有意義な年になりました。
6月に

Rin's Kitchen

を立ち上げてから今日まで、アッという間でした。

たくさんの素晴らしい生徒さんに恵まれ、
私自身、楽しくクラスを開催していくことが出来ました。

パンやお料理を通して、たくさんの人に笑顔になっていただきたい!
その笑顔を、ご家族やお友達までお裾分けしてもらいたい!

という想いを実現出来た半年でした。

ありがとうございます。

皆様への感謝の気持ちを忘れず、
また来年も皆様に楽しんでいただけるような
クラスを作って行きたいと思います。

どうぞ皆様、素敵な新年をお迎えください。
そして来年もまた、Rin'a Kitchenと私を
よろしくお願い致します;D

72dpi_rins_logo-1.jpg
スポンサーサイト

2日連続マッサージ&ローカルディナー

KLはマッサージが安い。
タイほどではないが。。。
だからKLに来ると必ず行くマッサージ屋さんがあります。
彼が毎週末通ってる行きつけ

【良心】

ブキッビンタンの外れにあるちょっと怪しい人が多い通り沿いに
その良心はあります。

店内はすごく広くて、何人の施術が一度に出来るんだろう?


いつもお願いするコースはフット45分&ボディ45分の合計90分。
それで95RM(日本円で2500円程)。
安い!なんて安いんだ!!
日本が高すぎるのか?

中国人が施術してくれるので、力もソコソコ強く
一番はじめに行ったときは、潰されるんじゃないか???
と思うほど。
「もっと優しくお願いします。。」
とか、途中で言えない私。
仕方なく我慢したんだけど。
翌日の揉み返しとか、あったらキツいなぁ~
と言う心配も他所に、異常に身体が楽になったのを思い出す。

だから、今回ははじめっから
「強くしなでね!」
とお願いをして施術。

年末で疲れていたせいか、足の裏はとても痛い。
今までにないくらい痛い。
トホホ。。。
ふくらはぎとかグリグリされて、痛い。
明日、絶対揉み返しだって。

そのあと身体もしっかりと揉みほぐされ
(今回はとてもよい圧;D)
スッキリして帰宅。

もちろん翌日の揉み返しは一切なく、
上手なんだなぁ~と関心。

そしてこの日はもう一件のマッサージ屋さんへ行ってみることに。
そこは彼のオフィスから近い、ショッピングモール内にある
フットマッサージ屋さん。
町中にある、疲れたらちょっと寄りたい的な雰囲気の店。

フット60分で40RM+チップ10RM(1300円)。コレまた安いっ!
マッサージ天国。
こちらも中国人のおばちゃんが施術。
力が強い!
お願い、もっとそっと。。。
という間もなく、されるがママでいると、知らない間に眠ってしまう。
気持ちが良いって証拠かしらね。
膝から足の先までマッサージしてくれるので、
終わってから靴を履くと一回り足が小さくなってる。
むくみも取れてスッキリ!
こんなの毎日してもらい。
むくみ知らずの足になりたい。

2日連続でのマッサージは、疲れた身体を癒してくれました。
もやもやしていた黒い物が抜けた感じ。

IMGP0077resize.jpg
そんな夜は、ローカルフードで夜ご飯。
彼のお家からクルマで5分ほど走ったところに
「ドライワンタンミー」
という、ワンタンスープと細い麺をソースで絡めた焼きゾバみたいな料理を
食べに行きました。

IMGP0069resize.jpg
このお店、昼間はクルマ関係の電気屋さんで
たくさんのクルマが止まっているんだけど、
夜になるとそのクルマがいなくなり
このお店が出現するんです。
IMGP0078resize.jpg
土地の有効利用。
夜だけやってるラーメン屋さんみたいな感じ。

夜の10時過ぎなのに、お客さんはたくさん。
続々とやってきます。

IMGP0071resize.jpg
注文は、ドライミー(ミーは麺)とワンタンスープ。そして水餃子。

IMGP0074resize.jpg
ドライミーには細い焼きそばみたいなたまご麺を茹でた物に、
醤油とちょっと甘い調味料?を混ぜた様な物を絡め、
緑の野菜と叉焼が乗っています。

IMGP0075resize.jpg
ソースと麺を良く絡めて、レンゲに麺をのせ、チリのピクルスを乗せて食べます。
そこまでのパンチはないんだけど、たまご麺が結構おいしくて、
スナック感覚で食べちゃいます。
麺は結構サッパリ。たまご麺ならではの淡白な食感です。
叉焼は香りつけして焼いているので、私はちょっと苦手。
日本のラーメン屋さんの叉焼じゃなくて、ちゃんとした中華料理店の叉焼みたいな
ちょっと甘い香りの付いた叉焼。

IMGP0073resize.jpg
ホッと身体を癒してくれるのは
ワンタンスープ。
ちょっと脂っこいんだけど
ワンタンのお肉もクワイが入ってるのか食感がシャキシャキで
飽きない。
ワンタン好きな私にはホッとできる一品。
そして、同じような物がもう一皿。
IMGP0076resize.jpg
コレは水餃子。
スープはワンタンと同じ。
水餃子の中身はちょっとだけ味付けが違うって感じかな?
ワンタンスープはドライミーに付いてくるので
わざわざ頼まなくても良かったかな。

ドライワンタンミー2つと水餃子1つ、飲み物2つで
40RM(1000円くらい)。
さすがローカル。

周りを見渡せば、日本人なんて人っ子一人いない。
でもそんなに不安になるような危険な香りはせず
普通に食べて、帰りました。
ただ、帰りのタクシーがなかなかつかまえられず
そんな私たちを見て、お店の男の子がタクシーを呼んでくれようと
いろいろ手配してくれたのですが、それでもつかまらず。。。
仕方ないので歩いて途中まで行こう!と決めたそのとき、
一台のタクシーゲット!

無事お家までたどり着けました。

それにしても、あのお店の人、優しかったな。。。
KLの人たち、みんないい人かもしれない。
親切かも!






外国人街でランチ

IMGP0067resize.jpg
クアラルンプール都心からクルマで15分くらいのところにある外国人街『Bangsar(バングサまたはバンサー)』

にあるスペインレストラン

【el meson】でランチ

この地区は、日本だと広尾とか南麻布の様な地区(彼曰く、だけど)で
緑が多く、道も広くて、優雅な街です。

建っているお家もみんな豪邸で、敷地が広い。
高台にあります。

ダウンタウンはとても栄えていて、オシャレなレストランから
バー、ショッピングセンターと、休日は十分に楽しめそう。
都心のブキッビンタンは観光客が多くて、忙しないけど、
ここは地元の人が多いのか、落ち着いた雰囲気。

そんな街に、このレストランはあります。

この日はお昼からマッタリランチを楽しむために
このお店へ。
私達の休日ランチの定番なんです。

IMGP0041resize.jpg
まずは生ハムとワインを注文。
彼女が生ハムをカットして、盛り付けてくれます。

IMGP0048resize.jpg
こんな感じ。
見事なプレートでしょ?
7種類くらいのハムやサラミとオリーブ、そしてメロン。
それにしてもかなりの量です。
コクのある美味しい生ハム、サラミはアッサリしたものとしっかりと脂ののったものとあり、
全体的には全て美味しく、マズいものは一切無し!
と言った感じです。香りの強いものもありますが、気になりません。
ワインが進みます。

IMGP0051resize.jpg
そして、お決まりのカラマリ。
サンフランシスコでは必ずといっていいほど良く食べてました。
大好きなお料理なので、メニューに見つけると、つ、つい。。。;D
半生のイカのフライ具合が絶妙です。

IMGP0054resize.jpg
そして、メインディッシュはパエリアです。当たり前です。スパニッシュです。
魚介のパエリアをお願いしました。
見事なまでの出で立ち。
ちょっとご飯がジューシーな雰囲気。
嫌いじゃないわ。オーダーから30分も待った甲斐もあるってもん。

IMGP0057resize.jpg
少ししょっぱいけれど、お米の芯があるかないかの火の入れ方と良い
スープの量と良い、絶妙です。
ただ、ちょっとしょっぱい。。。
でも美味しく頂いちゃいました。
全部。フフフ。

IMGP0052resize.jpg
お腹も一杯になり、ワインで眠くなり。。。

と先ほどの生ハムの彼女をみると。スゴイ量のパン生地。
どうもお店で出すパンを焼くみたい。
興味深々。
分割して成型して、天板に並べます。
焼き上がりが楽しみ!

IMGP0063resize.jpg
じゃーん!
こんな感じ。とても大きく焼き上げ、スライスして半分にカットして
お客様のテーブルに運ばれるんですね。
ほんのり甘めでさっくりしたパンです。

こういう仕事もしたいなあ。レストランでパンづくりとか。

いつも通り、彼と二人、三時間程度の休日ランチを楽しみました。

お家ご飯 in KL

IMGP8934resize.jpg

KLに到着してすぐに行ったカニ料理屋さん。
その時にお持ち帰りしたクリーミーなカニと海老を使って
パスタを作りました。
たまには家ご飯ね。

IMGP0039resize.jpg
スーパーでガーリックやサラダ、フルーツを買い、
パンはお決まりの「The Loaf」で。

少しだけ味を付け直してパスタと絡めます。
甘いバターミルクソースをちょっとだけ胡椒でピリッと。
カニの身もほぐして食べやすく、海老もカラを剥いてカット。
真っ赤な唐辛子は色付けにそのまま残して飾りました。

IMGP8936resize.jpg
ちょっとパスタの量が多くて。。下品な盛りつけですが。。。。
お腹が空いていたってことで;P

味は最高でしたよ。
元の味が美味しいので、そのコクがパスタと絡まり、
ほぐしたことでカニの味も一緒に感じられ、海の味満載。

次回からパスタ持参で行こうか!

なんて、彼言ってるし。

ここKLでは、お持ち帰りはビニールのペーパーで包んでくれるんです。
そう、水物も全て。
街でビニール袋に入っている飲み物を、ストローさして飲んでいる人を良く見ます。
あれはto go (テイクアウト)スタイル。
ビックリしたんだけど、今回のカニ&スープもやっぱりビニールに包んでくれました。
恐るべしKL。

こうしてお持ち帰りして違うお料理に変化させるのは
ちょっと面白い。
1度で2度美味しいしね。

久しぶりのお家ご飯は、ワインとともにノンビリ頂きました。

あ、パンは
◎クルミといちぢく
◎胡麻&チーズ
◎全粒粉のハード系
なんかをチョイス。
相変わらず美味しい。
安定した香りと味。
私のお気に入りは、いちぢくかな。。。
ハード系でライ麦の香りがとても良い。
ほんのり甘くていちぢくの酸味もgood。

あのパスタの量なので、そんなにパンは食べられませんでしたが、
IMGP8937resize.jpg
一緒に買った、彼オススメのバニラシフォンはふわふわなので食べれちゃいました。
デザートね;D

※ちなみにこのシフォン、彼は毎週末独りで1ホール食べてるらしい。
 目指せ! 100kg!! 頑張れ!

チリパンミーとの再会

IMGP0004resize.jpg
1ヶ月半振りの再会。
前回の訪問以来、食べたくて仕方なかったチリパンミー。
また逢えた。

もちろん注文なんて聞きに来ない。
だってメニューはひとつだから。
正確にはドライとスープ、そして魚のつみれスープ。
でもほとんどの人はドライチリパンミーだから
オジサン分かってる。

平日のこの日のランチ時刻。
満席。
年末年始とか全然関係ないKL。
みんなカレンダー通りお仕事。
前回との違いはそこ。
会社員の人たちがお財布ひとつもって食べにきている。
日本で言うところの富士そばみたい。
さくっと食べて帰る的なところがね。
あ、あと値段もね。

IMGP0007resize.jpg
クルクル混ぜて、ポーチドエッグを絡める。
何か分からないけど、調味料のオイルとかお肉の味噌とか
みんな絡める。

IMGP0010resize.jpg
そして最後にチリ。
地元の人たちはスプーン2杯は普通みたいだけど、
私はいつも通りスプーン半分。
辛いし味変わっちゃうし。

久しぶりの味は、以前と全然変わっておらず
やっぱり美味しい。
まったりとした口当たりで、麺はすすれない。
それは麺がモチモチなのと、調味料の絡まり具合で
モッテリするからなんだけど、決して重過ぎない。

何がそんなに美味しいんだろう?
前回は美味しさの秘密がわからなかったけれど、
今回は冷静に味わい、考える。

ん~。。。

IMGP0015resize.jpg
この麺が怪しい。
知ってるけど。
オーダーが入ると製麺するこの麺。
本来なら、平べったいきしめんみたいな姿がパンミー(辣椒板麺)なのだが、
このお店のはリングイネというか、細いうどんというか、断面は丸い。
だからなの?モチモチでシコシコで弾力あるけど、柔らかい。
あとはやっぱり具材かしら。
といっても具材なんて、肉あん、油かす、小魚揚げ、ポーチドエッグしかないんだけど。

彼は
「いや、ボクと一緒に食べてるから美味しく感じるんだよ!」
と言ってるけど。。。

私は秘密を見てしまった。
麺を入れる前の器に、何やら透明なタレ?の様なものをおたま一杯入れているところを。
コレだな。
きっとこのタレがまた素晴らしいんだ。

もう一度いけるかな~。


お会計は14RM 
日本円で380円(二人で飲み物込みね)
安っ!



年末年始は彼とノンビリと...

26459_1372991494310_1517472213_30940877_4154046_n.jpg
ドタバタと過ごした12月
26日に最後のクラスを終え、大掃除をしてから
翌日、KLに出発。
お昼の便なのに、なぜか4時半起き。
何かの間違いじゃ。。。と自分でも思う。

成田で事務処理を行い、一路KLへ。

7時間のフライト。
夜に到着して、そのまま中華料理屋さんへ。
IMGP8912resize.jpg
【口記海鮮料理】

到着時のカニ料理。
定番か!


IMGP8920resize.jpg
この日のカニは、土鍋に入ってるし、クリーミーだし、
始めて見るカニ料理の姿。
洋食なのか、中華なのか、和食なのか。。。。

IMGP8921resize.jpg 
バターミルク鍋に入ったカニ。
最近の彼のお気に入りだそうで、
週に2回は食べてるみたい。

舐めてみると、コーンスープみたいな味で
ちょっと甘くてちょっとしょっぱい。
後味はちょっと辛い。
新しいスタイル。

IMGP8923resize.jpg
カニ味噌もちゃんとあります。
ここにスープを混ぜて飲むんです。
濃厚な味噌と濃厚のスープがコッテリ。

煮込んでいくうちに、カニの味もスープに移り
出汁が出てきます。
カニを食べるというより、このスープを飲むと言った感じかな。

IMGP8924resize.jpg
この、マントゥの揚げたものを、スープに付けていただきます。
マントゥは肉まんなどの皮ですね。
ほんのり甘く、サクサクで癖になっちゃう。

食べ切れない分はお持ち帰り。
翌日パスタを作ることに決定。

IMGP8914resize.jpg
ビールのおつまみは
豚肉をカリカリに唐揚げしたシンプルなお料理。
ニンニクの味がしっかりと、苦みまで付いています。
これ、止まらない。
と~っても美味しい。
しかし、メニューに載ってないから気をつけて!
ちなみに英語も通じないから、中国語出来るお友達と行くか、
写真を持って「コレください!」作戦ね。
私たちは写真派。彼、携帯にダウンロードして来てました。用意周到。

IMGP8916resize.jpg
それから、海老のフリット。
衣はソルトエッグという、塩に付けたゆで卵の黄身を衣にして
揚げてる。
海老のカラごと揚げているんだけど、ちょっと食べづらい。
カラごと食べても良いのかも。
結局お持ち帰りしてパスタにあわせることに~。

IMGP8919resize.jpg
で、こちらはお野菜料理として定番らしい
レンコンとクワイ、ナッツ、イカの珍味などを炒めた
野菜炒め。見た目はなんとなくレンコンのきんぴらみたい。
これが、箸休め的な存在で結構大事。
シャキシャキ感がやめられない!

ここまででお腹一杯になってしまい
彼オススメの炒飯は次回へ持ち越し。

それにしてもかなり混んでる平日の夜。
クリスマスホリデーだか、ニューイヤーホリデーだか、スチューデントホリデーだかで
盛り上がっています。

今回の滞在もまた美味しいお料理に巡り合えそうな予感。






今日のRin's Kitchen Vol.25

IMGP8887.jpg
年内最後のクラスは
子供パン教室!

寒い中たくさんのお子様たちがご参加くださいました。

午前は6名。
前回もお越しくださった6年生と2年生のクラスなので
スムーズに笑顔たっぷりでレッスンも進みます。

IMGP8884.jpg
いつも通り、アートパンの作業は思い思いに悩みながら
みんな一生懸命。

IMGP8885.jpg
作っている作品は大作ばかり。
IMGP8891.jpg
ミニーちゃんを完璧に作り上げた子もいました。

IMGP8888.jpg
スノーパンもピザパンも、
みんな大満足で、お腹いっぱい試食してくれました。

今日もありがとう!


そして午後は男の子2人、女の子2人。
ずーーーーっと楽しみにこの日を待っていてくれたのだそうです。
嬉しい事です;D

IMGP8892.jpg
そんな彼はすべてのものに興味深々で
私の言ったことを真剣に聞き、几帳面な性格をフルに生かし
IMGP8894.jpg
丁寧に捏ね、成形し、アートパンでは隕石を作っていました。

ほとんどの子が平面で、クマやキャラクターの形を作るのですが
彼は立体に雪だるまを作っていました。
私が知るか限りでは、今までやってきた中でひとり居たか居ないか…

子供はたくさんの可能性を持っています。
これからが楽しみですね。

女の子二人も、
「こういうのが作りたいので、教えてください」
と私に言ってきたりして、
まだ幼稚園児なのにしっかりしているというか、
意志があるというか、手先が器用というか…
お利口さんです;D

IMGP8908.jpg
立派な作品を作りました。
驚かされる事がたくさんの子供パン教室。

楽しい一日でした。

今年は6月にRin's Kitchenをオープンさせ
あっという間に時が経ち、
気付けばもう今年も終わりです。

皆さまのお陰で、毎日楽しくレッスンすることが出来ました。
ありがとうございました。

どうぞ、お身体に気をつけて、
素敵な新年をお迎えください。

そして、来年もまたRin's Kitchenをよろしくお願いいたします;D


Rin's Kitchen



日本へ帰国前のお食事はパン屋の上?!

IMGP8280.jpg
散々遊んでしまった10日間。
思えばあっという間でしたかねー。

ベトナム行ったりクラシック聞いたり。
充実した10日間でした。

最後にこの旅で3回目の訪問になるパン屋さん

【Leaf】

の3階にあるビストロに行ってランチ。

IMGP8279.jpg
階段を上ると
黄色をメインにした可愛らしいレストランがあります。

IMGP8293.jpg
時間が早いせいか、空席が目立ちます。
欧米人が多いかな?

席に通され、さて、何食べよう!

彼は早速ワインリスト眺めてます。

パスタも食べたいしー、サンドウィッチも食べたいしー
サラダも食べたいなー…

ということで

IMGP8283.jpg
まずはきのこの暖かいサラダ。
ソテーされたきのこにさっぱり目のビネガーがかかっています。
最高の酸味です。
フレッシュ!
きのことビネガーの相性は最高です。
良く私もきのこマリネを作りますが、
冬は暖かいのもいいな。

IMGP8285.jpg
そしてずっと食べたかったパスタ。
トマト系のソースが食べたかったから、
お野菜とチキンのトマトパスタ。
アメリカほどひどくないけど、アルデンテとも言えない感じの麺。
でも味付けは美味しいです。
普通と言えば普通なんだけど、普通でいいから食べたかったパスタ。
ガーリックブレッドがちょっと焦げててカリカリ。
意外とこの苦みがトマトソースに合ったりして。

で、最後はやっぱりパン。
IMGP8289.jpg
大好きなツナサンドをいただきます。
あ、もちろん二人で半分ずつ食べてますよ。
食パンにツナ、そして上からメルトチーズ。
最高の画。大好きなものばかり。
IMGP8292.jpg
半分にカットしてみれば、こんなにツナ。
多すぎやしないか?なツナ。
幸せ~。
味は皆さまが思っていらっしゃるであろうその味です。
そのままの味。
美味しいです。トーストしてあるから尚私好み。
大満足。

いやー、このお店、良い。
とても良い。
また来なくちゃいけない。

最後のランチはのんびり、マッタリ、美味しいものがいただけました。

一旦家に帰り、パッキングをして
空港へ向かいました。

夜の便なのでちょっと寂しい空港。

飛行機は空いてます。
7時間のフライトで、早朝の日本に到着。
IMGP8298.jpg
着陸1時間前の窓の外は一番星?が見えました。


日本はすっかり冬です・・
(11月初旬)


今日のRin's Kitchen Vol.24

IMGP8878.jpg
Merry Christmas!

素敵な時間をお過ごしですか?


さて、クリスマスの今日は冬休み!子供パン教室です。
寒い中、たくさんのちびっこ達が来てくださいました。

今回のメニューは
【スノーパン】
【ピザパン】
【アートパン】
です。

IMGP8863.jpg
初めはみんなでパン生地を捏ねます。
手でしっかりと捏ねます。
「美味しくな~れ!美味しくな~れ!」
と心で思いながら、一生懸命捏ねます。

「良い香り~」「私パン大好き~」

捏ねながら、すでにもう出来あがりが頭に浮かんでいるような
想像力豊かな子供たち。

そして出来た生地を発酵させ、
いろんなパンになっていきます。

私のクラスでは必ず自分達で考えた形のパンを焼いてもらっています。
これは想像力を豊かにしてもらいたという目的です。
どんなものでも良いんです。
決まった形ではなく、自由に作ってもらう事で
想像、創造の楽しさを知ってほしいと思っています。
もちろんちょっとした“きっかけ”です。

IMGP8868.jpg
IMGP8877.jpg
すると、みんなこんなに一生懸命、自分で思う形を作ってくれます。

どうすれば、この形になるかな~とか
出来ないな~とか
いろいろ言いながら、最後にはちゃんと形に作ります。
IMGP8875.jpg
もちろん私もお手伝いしますが、ヒントを与えるくらいです。

微笑ましい画です。

今日もみんなの作品は素晴らしかったです。

そして決まった形のパン達は
こちら。

IMGP8874.jpg
スノーパンとかピザパンがたくさん。

IMGP8880.jpg
みんな美味しそうに食べてくれました。

楽しんでもらえたかな?


午後のクラスには、
以前仕事で一緒だった友人が、お子様を連れてきてくれました。
いやー、彼女と会うのも10年振りくらいで、
ママになったことは風のうわさで聞いていたものの、
想像がつかなかったのですが、立派にママしていました;D
久しぶりに逢えて嬉しかった~。

こういった再会も、パンクラスを初めてからだと思うと、
やっぱり教室を持って良かったよつくづく感じますね。

今日も小さな小さな笑顔がたくさん作れました。


みんなサンタさん来たのかな…

2月のパン恋クラスは…

2月Rin's Kitchen
パン恋クラス  ¥6,500円

『大事な人に作ってあげたいお料理とパン』

ちょっとしたお持て成しになるお料理をご紹介します。
パンケーキ風クレープのグラタン。
そしてそれに合わせたパンは
ハード系の生地にオニオンスライスとマカダミアナッツを練り込んだ
スティック状のパン。
きっとみなさんに喜んでいただけると思いますよ!


【オニオン&マカダミア】 手捏ねします。
IMGP8769.jpg
IMGP8773.jpg

スライスしたオニオンを軽くソテーして生地に練り込みます。
オニオンの甘みが生地に浸み込み、ハード系のパンを優しい甘さで包みます。
更にマカダミアナッツを丸のまま入れて、塩けと存在感で食感を楽しむことが出来るパンです。

※お1人様4本焼きあげます。


【カニのふわふわクレープ オーブン焼き】
IMGP8794.jpg
IMGP8817.jpg


ソテーしたカニの身を、ふっくらパンケーキ風なクレープ生地に包み
ホワイトソースと一緒にグラタン皿へ。
粉チーズをたっぷり振ってオーブンで焼きます。
ふんわり優しい食感。お子様も、お年寄りにも召し上がっていただけます。
まだまだ寒い2月、オーブン料理でたくさんの人をおもてなしして差し上げて下さい。
バレンタインには、大好きな人に作ってあげましょ;D

※お1人様グラタン皿2枚、焼きあげます。


※ご試食分はこちらでご用意いたします。
※都合により、急遽内容が変更する場合があります。


【日程】 定員4名です


  12日(土)10'00~ 空席2名

         14'30~ 空席2名 

  15日(火)10'00~ 空席2名 

  19日(土)14'00~ 空席4名

  20日(日)10'00~ 満席

  27日(日)14'00~ 満席

  28日(月)14'00~ 空席3名



お申込みは↓へ、件名に『2月 パン恋クラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。


皆さまにお逢いできますように…;D

Rin's Kitchen HP はココをクリックしてください ;D


 

2月の通常パンクラスは・・・

2月のRin's Kitchen
通常パンクラス  受講料5,000円

『バレンタインはチョコレートブレッド』

2種類のチョコレートブレッドをご紹介します!
スタイルの違うチョコレートブレッドを焼きあげます。
今年のバレンタインは、手作りパンなんていかがですか;D
きっと喜ばれるはず!

【マーブルココア食パン】 一次発酵済みの生地をご用意します。
IMGP8690.jpg
IMGP8732.jpg

白い生地とココアパウダー入りの黒い生地を使って、
マーブル状に成型し、一斤型に入れて焼きあげます。
三つ編みをした成型は、表情のある形に!
生クリームを練り込んだ生地なので
とてもしっとりした歯触りの良い食パンです。

※お1人様一斤型で一本焼きあげます。



【Wショコラ】手捏ねをしていただきます。
IMGP8682.jpg

シンプルな白生地に棒状のチョコレートを包み、
更に表面にはココアクッキー生地で飾りを付けて焼きあげます。
チョコレートの香り、甘み、リッチなお菓子パンです。
チョコに飽きたら、チョコレートブレッドでバレンタインしちゃいましょ♡


※お1人様4個焼きあげます。


※ご試食分はこちらでご用意いたします。
※都合により、急遽内容が変更する場合があります。


【日程】 定員4名です


   11日(祝)14'00~ 満席

   13日(日)10'00~ 満席

   15日(火)14'30~ 満席

   19日(土)10'00~ 空席1名

   20日(日)14'30~ 満席

   26日(土)10'00~ 空席1名

         14'00~ 満席
 
   28日(月)10'00~ 空1名



お申込みは↓へ、件名に『2月 通常パンクラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン強調文日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。

皆さまにお逢いできますように…;D

Rin's Kitchen HP はココをクリックしてください ;D

この景色を見たらKLを半分堪能したといえるでしょう。

051120101639.jpg
夢の中に居るような
そんな空気に包まれた、幻想的な景色。
うっとり…

ペトロナスツインタワーを正面から見渡せるバーに行ってきました。
マレーシアオーケストラの演奏の前に
ちょっとだけオシャレして。

そのバーは、ツインタワーの向かいに、公園と池を隔てて建っている

【Trader's Hotel】

の最上階にある室内プールサイドバー。

Sky Bar


お昼間は宿泊者が泳いでいるプールで
夜はプールサイドにあるソファでお酒が飲める。
なんともオシャレ。
しかも、ガラス張りで景色がとても素晴らしい。
夕暮れに、どんどん色が変わる空に映え出すペトロナスツインタワー。
表情が変わる姿を、真正面からずっと眺めていられる場所です。
藍色の空に浮きだすタワーは、とても神秘的で
画を見ているよう。存在感がすごいパワーで感じられます。
この姿を見たら、もうKLを半分は知ったといってもいいかな~。


ガラス張りとはいえ、上部はガラスが無い。
オープンエアなんですね。
セクシーな感じですよぉ。

いやー、久しぶりにこんな景色を見ながらお酒を飲んだかな。
デートには最適なお店。
ツインタワー側のお席はすぐに予約で埋まってしまうみたいなので
要予約で是非、使ってみてください。


せっかくの景色を後に

私たちはコンサートへ。
お向かいのツインタワーの、タワーとタワーの間にあるコンサートホールで
古澤さん所属のマレーシアオーケストラの演奏会。

今回は「くるみ割り人形」をバレエの映像に合わせて演奏されるとのこと。
映像に合わせるなんて、相当大変そうだけれど
指揮者のCarl Davis氏、素晴らしい指揮でオケを誘導されていました。
ほとんどの場面で、音と映像がぴったり合っていて、さすがだぁ~と素人感覚の感動。
ミュージカルを観ているようで、耳と目で楽しめる演奏会でした。

演奏会終わりに、指揮者のDavis氏からサインをいただき、
来ていたワインピースを褒めていただき、いい気分になって
ホールを後にしました。

コンサート終わりは、恒例の古澤さんと一緒に、
日本人のコンサート仲間と軽くお食事をして帰りました。
こういうところでいろんな情報交換をされているんだな~と
ちょっとだけ駐在気分を味わったりして。

KLの夜は、外の風が心地よい。

優雅なクラシック、美味しいお酒、気持ち良い風。
気持ちがいい。






今日のRin's Kitchen Vol.23

IMGP8856.jpg
年内最後の通常パンクラス

IMGP8855.jpg
クリスマス前なので、もちろんシュトーレン&パネトーネです!

午前の生徒さんは皆さまパン作りに慣れていらっしゃる生徒さんで
ちょっと硬いシュトーレンの生地も難なく、
バターの練り込みもスムーズに終了。
バターが入ると、さっきまでのゴツゴツ生地とは別人?みたいに
しっとりして気持ちの良い生地に変身。
気持ちがいいからっていつまでも捏ねてしまうと
サックリ焼きあげられないので、
その辺でフィリングのナッツ類を入れていきます。
たっぷりのフィリングをいれ、
捏ねは終了。

午後の生徒さんは初めてお越しくださった方が2名様と
いつも毎月お越しくださっている生徒さん。
パン作りも初めてとおっしゃるお二人。
でも手つきがとても良いんです。
硬い生地も押し捏ねでしっかり捏ねられましたし
大量のバターの練り込みもバッチリ。
素晴らしい!
生地の丸め方も一度お教えしただけで完璧でした。
成型は数をこなすとどんどんバランス良く作れるようになりますから;D



意外とシュトーレンって召し上がった事のない生徒さんが多く、
今日、作って初めて食べますっ!と。
確かに、売っているのは小さいのに2000円とかで結構高いし、
どんな味か、わからないと買いづらい見た目でもある。

実際私もそのうちの一人。
シナモンもレーズンも苦手だったので
まさか買うこともなく、自分で作らなかったら
今でも食べていないパンの1つでしょう。

初めて食べた時に感動は今でも忘れられず
毎年必ず焼いてはこの季節を楽しんでいます。

友人にプレゼントしても大好評だし;D

IMGP8861.jpg
ということで今回の生徒さんも
初めて食べて、ハマって、
毎年作ります!と決意表明されました。

IMGP8862.jpg
そうでしょう!そうでしょう!
是非、クリスマスの楽しみの1つに加えてあげて下さい。

本日のクリスマスパーティにご持参されたり、
ご家族へのプレゼントにされたり、
帰省のお土産にされたり、
お友達へのプレゼントにされたり。
いづれもきっと喜んでいただけますね。
クリスマスの主役にしてあげて下さい。

IMGP8854.jpg
IMGP8858.jpg
もちろん、オランジェショコラもね;D


明日はクリスマスイヴですね
そしてその翌日はクリスマス。

皆さま
暖かい素敵なクリスマスを
シュトーレンと共にお過ごしください。

Have a beautiful christmas day♪







今日のRin's Kitchen Vol.22

IMGP8740.jpg
もうすぐクリスマスですね。。。
美味しいお料理とシュトーレンで
ホームパーティなんて、いいですね;D

IMGP8849.jpg
もちろん今日のクラスはシュトーレンとパネトーネ型の発酵菓子を作りました。
今日作って、一日冷蔵庫でお休みさせて
ちょうどいい感じにクリスマスで召し上がれます。

本日の生徒さんは
Rin's Kitchen オープン当初からご参加くださっている
お二人様

お二人ともご自宅でよくパンを焼かれていらっしゃいます。
とても丁寧で器用に作業をこなすお二人。
ご家族やお友達にも作られたパンをプレゼントしては
笑顔をお裾分けしていらっしゃるとのことです。

お父様は『どこのパン屋さんのだ?』
といつも言われるのだそうで…
嬉しいお言葉ですね;D

さて、本日の作品はかがでしょう…

IMGP8850.jpg
オレンジピールとチョコチップをたっぷり練り込んだ
リッチな生地をパウンド型に焼き
最後はとトッピング。
飾り付けは楽しい作業ですね。
IMGP8851.jpg
アイシングで表面にも表情を…

パネトーネ型も、粉糖で飾って
立派に出来あがりました。

そしてシュトーレン!
(今日はちゃんと写真撮りました(^^)v)

IMGP8852.jpg
ラム酒を塗り、バター塗って、
IMGP8853.jpg
最後に粉糖。
しっかりお化粧します。
こうして保存が効くようにするんですね。

クリスマスのパンは贅沢な味なので
生徒の皆さまもいつも以上の笑顔:D

ホームパティのお土産にするとか
ご実家にプレゼントされるとか
さまざまなクリスマスのお持て成しになりそうですね。

皆さまも暖かいいい時間をお過ごしくださいね。



日本人オーナーのパン屋さん

IMGP7796.jpg
彼が住むコンドミニアムの裏に、
新しく出来たパン屋さん

【Levain】

石窯が見えますね・・・;D

日本人がオーナーらしく、どことなくオシャレな
清潔感のある雰囲気。

店内はEat inも出来るレストランスペースがあり、
かなりの人で賑わっていました。

IMGP7798.jpg
パンの種類もかなりの数。

IMGP7797.jpg
そして繊細な成型がなされていて、
まるで日本のパン屋さんを見ているよう。

この日はちょっと朝寝坊してきたので
P1070345.jpg
ブランチがてら、パンをチョイスしてからお席に。

選らんだパンは

P1070350.jpg
彼一押しのブラックペッパーとハムのハード系ブレッド
フランスパンの生地にハムとブラックペッパーがフィリングされていて、
そのブラックぺッパーのピリ辛感がクセになる。
ビールにとても合うので、つい買ってしまうらしい。
こちらは私のクラスでも、ちょっと内容を変えてやることにしちゃいました;D

次にお勧めは
P1070346.jpg
クリームパン。
うん、日本人ならではのパンですね。
ぎっしりのクリームが卵で捏ねた生地にたっぷり入っています。
クリームそのものは結構あっさりしていて甘さも控えめ。
生地がさっくりしててほんのり甘くておいしい!
生地とクリームの相性がとてもいいパンでした。

続いて、
P1070347.jpg
コロッケパン
こちらも日本っぽい!
大好きなパンです。

クリームパン同様、卵で捏ねたであろうさっくり生地に
小ぶりなコロッケが二つ。
ソースもしっかり浸み込んでいて、も~幸せ。

甘いところもう一個!
P1070348.jpg
アーモンドクリームコーティングのクロワッサン。
文句なしの美味しさ。
香ばしさと香り、サクサク感とバターのコク。
美味しい、朝はこんなが目覚めに良い;D

そして、焼き立てだって言うので
P1070351.jpg
マッシュルームのPizzaパン。
パン生地なのにパリパリで、チーズも美味しい。
焼き立てというのもあり、温かくて、なんか素朴なパンでした。
ずーっと食べられそうな味。

十分に美味しいパン屋さんがこんなに近所にあったら便利。
歩いて5分くらいだし、ちゃんと窯で焼いてるし。

とてもいいお店でした。

ちょっと食べすぎ?



Levain Boulangererie & Patisserie

No.7, Jalan Delima, Off Jalan Imbi, 55100, KL
+603-2142-6611

営業時間 8:00~20:00

驚きのおいしさ“チリパンミー”はKLの名物料理?

P1070287.jpg
ベトナムからKLに戻り、
ホッと一息。

残り少ないKL生活を楽しませていただきますっ!

まずは美味しいお料理を楽しもう!

彼が私を連れて行こうか迷ったというお店。

【KINKIN】

ここは、繁華街から車で10分くらい走った、住宅地?団地?
ちょっと離れるとすごく質素な街になって、一瞬治安の悪さみたいな不安を感じる場所。
でも地元では全然そんなところじゃないみたい。

P1070303.jpg
建物も結構古い感じ。
ホントのKLを見た感じでちょっとワクワする。

さて、このお店ですが、簡単に言っちゃうと
マレーシア風うどん屋さんという感じかな。
メニューは1つ。

チリパンミー

P1070290.jpg
という、ちょっと細めのうどんのような、もっと腰のあるしっかりした麺に
お肉をジックリと揚げて作る、特製肉味噌のようなものをかけ
更に小魚?のような、お魚系の食材をこれまたカリカリにして
散らしただけの麺料理です。
あ、温泉卵も乗ってます。
魅力的~。

P1070294.jpg
すべてを絡めて、まんべんなく絡めていただきます。
見た目はちょっと…
でも味はありえないくらい美味しいんです。

食感は、うどんがもっとさっぱりした感じの面で
たんぱく。歯切れがいいという感じ。
この麺もお店の自家製麺で、注文が入るとその都度製麺するんです。
素敵。

そして、何よりいい味を出しているのが、お肉のタレね。
遠くの鍋でジュワジュワ作っているんだけど、何が入ってるのか全然わからない。
でもこれが無いときっとこの味は出せないかと。教えていただきたい!!

P1070291.jpg
P1070295.jpg
好みで自家製の辛味調味料を入れます。

P1070297.jpg
好きな人はたっぷり、色が変わっちゃうくらい入れてるけれど、
私は控えめにスプーン半分ほど。
そのままでも充分に美味しいので味を変えたくなくてね。
 
温泉卵のマッタリ感がスパイシーさを和らげ、でも後味でピリッと刺激もあり、
食感はカリカリ&すっきり。
こんなにおいしいものにKLで出会えるとは…感激。
明日も行きたい!勢いだが、滞在時間があまりないので今回はこの一回で泣く泣く諦めよう。
また次回も必ず。年末は10日間滞在の予定なので、初めと終わりに2回食べることにしよう。

P1070298.jpg
タイルの壁にはお客さんが書いたと思われる
お店の営業時間とかが書かれている。
「6」はテーブル番号みたい。
なんとも合理的?



それからもう一品、KLで驚いた食べ物。

061120101646.jpg
かき氷なんだけど、
すごく体に悪そうな...。

とにかく山が高いし、不気味な色。
アフロヘアの七色と言えば綺麗だが、
食べ物でこの色はかなり不気味である。
食べても大丈夫なのかすら不安になるけれど、
モールのフードコートではかなりの女子がこちらを召し上がっていらっしゃるので
ぜひ私も。

品名は忘れちゃったけど、お店の女の子のお勧めをお願いした。
じゃー○○○を…と英語で注文してみると
異常に笑われて。何がおかしいのか全然わからないのは私たちで
その品名をカタカナ風ではあったが伝えてみたら大爆笑。

「もー… わたし… むり… むり… ちょっと… あんた… ちゅうもん… きいて… つくって… あげてよーーーーーヒッヒッヒ」

おなかを抱えて隣のスタッフに訴えてる彼女。

どんな面白いことを私は言ってしまったんだろうか???

まーなんとか無事にこのレインボーかき氷は私たちの前に現れたんだけど。
KLではコーンをスウィーツとして食べるとは聞いていたが、
まさか、かき氷にも乗ってるなんて(@_@)
しかも粒ではなくちょっと潰してある、スープに使うようなコーンなので
甘くもなければ、美味しくもない。普通のスウィートコーンをのせてくれたら美味しいのに。

でもかき氷はそれぞれのカラーがいろんなフレーバーに香りづけされていて、
甘くておいしい。
トップにはココナッツのアイスクリームがのっている。
常夏風なデザート。

久しぶりにかき氷を食べた気がする。
たまにはこんなのもいいかも。
いろんな味が楽しめるので、年に一度くらいはお勧めかな;D

今日のRin'sKitchen Vol.21

IMGP8842.jpg
今日で12月最後のパン恋クラス
この前始まったと思ったのに…
あっという間に年末です(*_*;


本日は、初めてお越しくださる生徒さんを含めて
3名様での開催。

パンが大好きで、ご自宅ではホームベーカリーで焼き立てのパンを
楽しんでいらっしゃるという生徒さん。

でも時間が経つと硬くなっちゃって…

と。
そこで、翌日も美味しいパンを作りたい!と
お申込みくださいました。

捏ねからの作業ですが、
パン好きのせいか、初めてとは思えない手つきで
グルテン膜のある、良い生地が出来あがりました。
このグルテン膜がしっかりと出来ていると
ふんわりした美味しいパンが作れます。
翌日もふんわり召し上がりたいときは
しっかりと捏ねて、グルテン膜を作ってあげる事が大事です。

IMGP8841.jpg
今日は皆さま4分割で大き目のパンを焼き上げました。
分割して丸める…という作業も
一度お教えして完璧にマスターされました。

ほかの生徒さんはベテランさんなので
サクサクと作業されています。
みなさん優秀です;D

パンを最終発酵させている間に
チキンを作っていきます。
塩コショウで揚げ焼き。
シンプルで一番おいしい調理法ですね。

パンを焼いている間に盛り付け、試食となります。

IMGP8844.jpg
午後のクラスだったので、
皆さまのお夕食代わりに…

IMGP8846.jpg
そしてパンも焼きあがり、一緒にご試食。
あまりのフワフワさに驚かれていらっしゃいました。

明日もちゃんとふんわりしていますよ!

捏ねはホームベーカリーにお願いして
発酵からはご自身で作っていかれると
気楽に始められるかもしれません。

是非これからは、分割、成形とご自身の手で作ってみてくださいね。


いつもお越しくださっている生徒さんは
本当に熱心にパン作りをされていらして、
ここ最近はクロワッサンを何度もご自宅で復習されているとのこと。
素晴らしいですね・・・

「どうしても、こうなってしまって…」

と、写真を撮って見せて下さいました。
こういうの、とてもうれしいです;D

しかし、どう見ても失敗作には見えず…
生地もちゃんと膨らんで、しっかりと層が出来ています。
ご本人曰く、
中心にバターが固まってしまっていると。
思いつく限りの問題をお伝えしてみましたが、
ご自宅でこれだけのクロワッサンが作れたら、まったく問題ない作品でした。

お勉強熱心で、関心します。

その時に使用した粉と出来あがりの写真をアルバムにされていらっしゃるとのこと。
なんて素晴らしい!!
パンを作ることで
ご家族の喜ぶお顔がみられるのだそうです。
素敵なお話で、ちょっと感動しちゃいました。

改めて、皆さまに笑顔のご提供が出来るよう、
私も頑張ります!





今日のRin'sKitchen Vol.20

IMGP8836.jpg
クリスマスまであと一週間ですね。
まだ間に合うシュトーレン作り!

今日も4名の生徒さんが
ラム酒の香りに包まれて、みごとなシュトーレンと
パネトーネ型のパンを焼き上げました。

3名様はいつも来てくださる生徒さんで
お1人は初めてのご参加です。
ただ、パン作りは慣れていらっしゃって、
手捏ねもスムーズに進みました。

IMGP8832.jpg
チョコチップとオレンジピールのパンは
2種類の型で焼きあげますが、
生地が柔らかいのでちょっと成型が大変。
麺棒で伸ばして、クルクル巻いて、型に入れて...
なんとかうまく型に入りました。

IMGP8834.jpg
パウンドケーキ型にはオレンジやナッツをトッピングして
アイシングで飾ります。

IMGP8838.jpg
皆さま真剣に飾りつけ。

まん丸に盛り上がったパネトーネ型は
あまりの可愛さに
ナッツで耳を付けたりして;D

合い間合い間に、私がご用意しておいたシュトーレンをご試食していただきながら
クリスマスを楽しみに、シュトーレンのコーティング作業。

今年のクリスマスは是非自家製シュトーレンで!

何名かの生徒さんは

作るッ!!

とおっしゃられていました。

是非!頑張って:D

婚カツクラス、終了!

半年前から

IBJ様(日本結婚相談所連盟)の企画で

婚カツパン教室を開催しておりました。

月に2回、19:30~男性女性3名ずつを募って
パンとパスタを作るクラスです。

代官山にある
日本ニーダーさんのショールームをお借りして
毎回楽しいクラスを開催しておりましたが
今夜をもちまして、一旦終了となりました。

一般社会からしばらく離れていたため
企業に企画書を持ってご提案に行くとか、
打ち合わせをするとか
非常に緊張感のあるお仕事をさせていただき、
この場を与えてくださった方々にとても感謝しております。

ありがとうございます。

今後もまたこのような形で
たくさんの方の笑顔を作れる機会が持てますように…;D

そして、私のクラスをご受講くださった皆様に
素敵な出逢いがありますように♡



今日のRin's Kitchenは...Vol.19

IMGP8789.jpg

前夜からの雨もあがり、
お天気回復した午後のクラス

パン恋です。

毎月遠くから来てくださっている
生徒さん3名様

いつもありがとうござます。

作業が始まると真剣に取り組まれ、
皆様きれいな白パンを焼き上げました。

途中、ちょっと空いた時間は
ガールズトーク!

クリスマスの過ごし方とか
どうしたら彼が出来るかとか。

恋せよ乙女!!
頑張って!

せっかく習ったお料理、いつか未来のダーリンに作ってあげてね;D

IMGP8788.jpg
たくさんの桃尻パンが並ぶ姿は
微笑ましい。

IMGP8786.jpg
チキンもクリスマス風に盛り付け。
表面カリカリです。
一緒にお野菜のソースも!

IMGP8787.jpg
とろとろになったガーリック
お野菜のソース
レモン
シンプルに塩コショウ
と、いろんな味で楽しめます。

おいしい:Dおいしい:D
と笑顔でみなさん完食!

ありがとうございます。
うれしいお言葉。
私のパワーの源です。

是非おうちで家族の皆様も笑顔にして差し上げてくださいね。

ベトナム→KL

ベトナム5日目のこの日は
クアラルンプールに戻ります。

朝はサイゴン川が見渡せるダイニングで朝食。
朝陽がまぶしいので、ちょっともったいないけど屋内でお食事。
それでも気持ちがいい。

もちろんこの日もフォーは欠かせません。

ヨーグルトもフルーツもたっぷりいただきました。

その後、お部屋に戻ってパッキング。
かさ張るお土産が多かったせいで、なかなか閉じないスーツケース。
潰さないように押すっ!

ゆっくりと準備をしてチェックアウト。

フライトは夕方なのでそれまでちょっと町をプラプラしようと、
ホテルに荷物を預け、まず向かったのは、
アオザイを試着して写真が撮れるスポット!
JTBのツアーショップです。
20着ほどのアオザイがありました。
2着ほど来てみましたが、なかなか素敵ですね。
シルクなので肌触りがよく、かなり着心地がいい。

その後、
バインミー(ベトナムのサンドウィッチ)を食べてなかったね!
ということで、ホテルから歩ける場所にある有名店

Black Cat

に行ってみよう!

IMGP8232.jpg
まずはマンゴーシェイク。
ちょっと繊維質が強くて…
全部は飲みきれなかった。

IMGP8239.jpg
さすがに朝食をしっかり食べてしまったので、おなか一杯。
二人で半分ずつ、一つのバインミーを。

IMGP8240.jpg
白身魚の香草焼き的なサンドウィッチ。
結構さっぱりで、フランスパンが異常にやわらかくてふわふわ。
こらーフランスパンとは言わないわね。
思いっきり油脂入ってるし。
素朴な味でおいしかったけど…
ジャムとかバターとか、そんなのが一番あいそうなパン。
全体的に普通…かな。

IMGP8242.jpg
店内の壁には、こんな写真がデンッと。
大量に作ってる感じ、楽しそう!
ベトナムっぽくない店内はスタイリッシュ?
PC広げた白人がとても多かったな。

IMGP8243.jpg
そろそろ、空港に行こうか…
タクシーに乗っていると、やっぱり気になる光景。
どうしてあんな小さな、低い椅子に座ってごはんたべてるんだろ?
初日から気になってるんだけど。
お風呂の椅子みたいのに座って、食事したり、ゲームしたりしてるんだ、みんな。
疲れないのかしら…?

IMGP8244.jpg
5日前に初めてこのベトナム空港に降り立ち、
あの騒々しいクラクションの音、バイクの量、
めちゃくちゃな交通ルールに驚き、笑い、発展途上国のパワーを感じたのが
懐かしい。
5日も過ごすと、ずいぶん慣れるものだ。
そんなベトナムとももうお別れ。

IMGP8247.jpg
わりときれいな空港を後に、人生2回目のAir Asiaに搭乗。

IMGP8251.jpg
生きほど揺れることなく、まぁ快適なフライトで無事マレーシアに到着。19時ころ。
途中、雲海がきれいだったのでパチリ。

その後、おうちに戻り
近所のモール、パビリオンにごはんを食べに行きました。
彼おすすめのスペインバール。
暗くてお料理の写真はないけれど、
すごーく大きなビールのコップがあったり、
店員さんがみんなイケメンだったり、
雰囲気は日本やアメリカと変わらない感じ。

インド系のお祭りらしく、人もたくさん出ていて
ベトナムに負けない活気がありましたよ;D




今日のRin's Kitchen Vol.18

IMGP8784.jpg
12月は日がすぎるのが少し早く感じますね。
もう中旬です…


さて、今日は通常パンクラス。
シュトーレンとオランジェショコラというパンを作ります。

初めてお越し下さった生徒さんと、
横浜時代からずっとクラスに通ってくださっている生徒さん
3名様で午前のクラスはスタートです。

皆さま、慣れていらっしゃるので
作業がスムーズに進みました。
シュトーレンの生地は少し硬めなので、
バターを練り込むのがちょっと大変。
しかも大量のバターだし。
でもバターが馴染むと何とも言えないしっとりとした
触り心地のよい生地になるんです。

たっぷりのラムレーズンとクルミ、アーモンド、オレンジピールを練り込んで
美味しい美味しいシュトーレンが出来あがります。

シュトーレンの成型がキレイに見える方法などの
情報交換をしたりして、とても有意義なクラスでした。

IMGP8779.jpg
パネトーネ型を使ったオランジェショコラは
チョコレートとオレンジピール入り。
シュトーレンと似たようなパンかと思われがちですが
全然パンの質感も味も違います。

IMGP8778.jpg
ケーキのように飾って、ちょっとオシャレに仕上げました。

みなさまの作品もとてもキレイですね。

IMGP8782.jpg
相変わらずシュトーレンは写真を取り損ねています…(>_<)


午後も毎月来てくださっている生徒さんで
パン以外のお話も盛り上がりました。

シュトーレンは型に入ったスタイルしか召し上がったことが無いとの事。
三つ折りのシュトーレンを召しあがって、
生地の質感の違いを感じていらっしゃいました。
これは好みなのですね。
私はどちらかというと型に入れず、三つ折りにして表情のあるスタイルで焼くのが好きなので
いつもそのパターンです。
生地が締まりすぎず、しっとりといただけます。
もちろん冷蔵庫で寝かせてからね!

たっぷり粉糖を振るので、ちょっと甘過ぎて…と。
教室で使っている粉糖は
溶ける粉糖と溶けない粉糖を使っています。
溶けない方はフランス産の『プードル・デ・コール』という
バニラの香りのする粉糖です。
これはあまり甘さが強くないので、たっぷり付けてもほんのり甘いという感じなのですが、
別の粉糖を使われると、甘過ぎてしまうということがあるようです。

ご自宅で作られる場合は、加減して付けてください。
あまり付けないと、日持ちも悪くなりますから、
その辺も考えながら…
わからない事があれば、ご連絡ください。

ちょっと業務連絡っぽくなりましたが
今日も部屋はラム酒と甘い香りに包まれ、
幸せでした。

ベトナム最後の夜ご飯、そしてスタイリッシュなバー

いよいよベトナム最後の夜がやってきちゃった~。
素敵なホテルとも今夜でサヨナラね…
もっとお部屋を楽しみたかったような。

最後の夜ご飯は
せっかくだから本格ベトナム料理をいただこう!と
チョー有名店の

Mandarin(マンダリン)

前回のベトナム日記に書きましたが、
帰国前の日本人だらけ。
…。

有名店だからしょうがない………のかしら?

細い裏路地に入ると
突然現れるゴージャスな入口。
中華街っぽい。
ちなみに回りはカラオケ屋さんだらけ。
こちらのカラオケ屋さんは。。。日本のクラブという感覚。
綺麗なおねーさんが一緒にカラオケしてお酒を作ってくれて…みたいなお店なのだそうで…
男の人はこういうお店で遊ぶのだそうです。
へぇ~。

IMGP8141.jpg
お店のゴージャスな門をくぐって、案内されるままお店の中へ。
とてもいい接客です。

IMGP8147.jpg
中は高級中華レストランという感じ。
茶色と白を基調にした、落ち着いた雰囲気です。

IMGP8150.jpg
4階建ての3階フロアの席に案内してもらって、コースをお願いしました。
食べたいお料理がいくつかあったので、アラカルトにしようと思っていたのに
すごく進めるから…
でも食べたい料理をお伝えして、コースに入れてもらっちゃいました!

まずはシャンパンでベトナムに乾杯!

IMGP8152.jpg
これがからぁ~いんだけど、なんか美味しいんです。
大根みたいな食感のお野菜が甘酢に漬かっていて、更にピリッと唐辛子で味付け。
止まらない!

IMGP8154.jpg
カニの身の入ったスープ。
トロ~っとしていて、柔らかく優しい味。
ふかひれスープに似ていて美味しいです。
お肌きれいになるかしら?

IMGP8155.jpg
海老の湯葉春巻き。
パリパリで中はジュワ~っ。
香ばしい海老と湯葉の風味が病みつき。
ニンジンには店名が...
こういうのやってみたいんだぁ~。

IMGP8159.jpg
そして!龍?が運んできてくれたお料理。

IMGP8161.jpg
米粉を使って作った(と思われる)春巻きの皮みたいのに
ひき肉を巻いて蒸したもの。
これは食べたかった一品。
トロトロ、モチモチの食感なのに
意外とさっぱりいただけます。
スイートチリソースをつけていただきました
フエ料理として有名みたい。

目でも楽しませてくれるお皿です。
それにしてもすごくキレイに顔が彫られていますね。
やってみたーい!!

IMGP8166.jpg
続いて、私たちが苦手なエビさん。
伊勢海老のような大きさで蒸してあります。
一番おいしい(だろう)調理法ですね。
せっかくなので、殻をむいていただきました。
弾力のあるエビさん。味はタンパクでした。
甘みがあって、プリプリ。

IMGP8170.jpg
こちらはチャーハン。お魚の型で抜いてあります。
お子様ランチ風?!
2匹がお皿を泳いでいるみたい。
ほんとどのお皿も楽しい:D

味はシンプルなチャーハンでホッと落ち着く味です。

IMGP8172.jpg
またまた食べたかったお料理。
竹筒を使ったお料理。
中には牛肉と玉ねぎを合わせたものが入っていて、
竹筒を温めて蒸されたお肉をいただくというもの。

IMGP8173.jpg
味付けはちょっと甘めでお醤油よりもっと薄い調味料で炒め合わせた感じ。
お肉のうま味と玉ねぎの甘さが絡みあった
やわらかい食感です。

IMGP8178.jpg
もぉ~おなか一杯だぁ~
というところでデザート。
エンターテイメント的な演出が多いレストランです。
今度は火。
東南アジアならではの、ラム酒とシュガーを使った暖かいフルーツのデザートです。
結構好き。
バナナかと思いきや、マンゴーのコンポートです。
かわいいココナッツアイスも添えられて。。。
ラムの香りとレアなマンゴーが大人味のデザートでした。

IMGP8179.jpg
お腹いっぱいで大満足。
するとまたエンターテイナー登場。
今度はなに?

アイリッシュコーヒーを飲まないか!?

IMGP8188.jpg
うんうん、いーよ、飲むよ。

よーし!
これはオレ、得意なんだ!!
おいしいアイリッシュコーヒーを作るぜ!

素敵な笑顔です。

IMGP8189.jpg
作り出してから5分程でやっと出来上がったアイリッシュコーヒー。
確かにおいしかったですよ。
甘くてほろ苦くて、ウィスキーの香りに酔わされて。

エンターテイメント性高いレストランで
ベトナム料理を堪能し、気持ちよくお店を出ました。

IMGP8195.jpg
そのままお散歩しながら、市民劇場の1階にあるバーへ。

Qバー

夜は涼しく、風が心地よいので
お外でのお酒が美味しい。
しかも四方が素敵な建物に囲まれているので
雰囲気がとてもいい。

IMGP8190.jpg

一応店内も見てみたけれど、お客さんは全員外のテラスでお酒を楽しんでいます。
青くて素敵な空間なんだけど、ちょっと狭いかな。
やっぱり外の方が気持ちよさそう。
白人さんが多かった。

IMGP8191.jpg
灰皿もこんな形でスタイリッシュね。

IMGP8204.jpg
適当な英語でその時の気分を店員さんに伝え、
レコメンドしてもらったお酒。
フルーティで酸味があって、スッキリしたテイストが美味しかったよ~。


こうしてベトナム最後の夜は終わりました。








今日のRin's Kitchen Vol.17

IMGP8693.jpg
本日はパン恋クラス

白パンとガーリックチキンです。

初めての方を含め3名様でのご参加でした。

以前横浜で良く私のクラスにご参加くださっていた
生徒さんが来てくださいました。
かれこれ3年振りくらいの再会です。
もうすぐお母さんになられるとのこと。
そんな中ご参加くださってありがとうございます。
またお逢い出来て嬉しかった~。
パワーをたくさんいただきました。

そして、パン屋さんでお仕事をされていらしたという
生徒さんはやはり手際がいい!
でも、ご自分で粉から生地を作られるのは初めてなのだそうです。
なるほど!
生地になれていらっしゃるので、捏ねも問題なく良い生地が出来あがりました。

もうおひと方は
先月から2回目の生徒さん。
パン作りは以前からされていらっしゃるので
問題なくとても状態の良い生地を、あっという間に捏ねあげらました。

皆さま素晴らしい!

白パンは出来るだけ白く焼きたいので
バターではなくショートニングを使います。
バターに比べると風味も味もないので、
パンの味はあっさりめに焼きあがりますが
その分少しだけお砂糖を多めにしているので、
後から深みが出るように配合を工夫したりして…

お食事にも、サンドウィッチにも
そのままトーストしてジャムと、とも相性の良いパンです。

IMGP8698.jpg
美味しそうに焼きあがりました。
しっかり捏ねたのでフワフワです。

IMGP8695.jpg
そしてお料理はお肉ですね。
丸ごとのニンニクがいい味を出しています。
リボンを付けてちょっと飾ったりして・・・

一緒にお野菜のソースもご紹介しています。
お肉と一緒に召し上がると、美味しいです~;D


ちょっとだけクリスマス気分堪能といった感じかな?

今日も笑顔たくさんの教室になりました。

今日のRin'sKitchen Vol.16

IMGP8655.jpg
午前は通常パンクラス

シュトーレンオランジェショコラ

毎月来てくださっている生徒さんのご参加でした。

捏ねが大好き!

とおっしゃる生徒さんです。

シュトーレンの初めは生地は少し硬めなので
押し捏ねになりますが、
バターを入れていくとしっとりしてきて、
触り心地の良い生地になります。
ずーっと触っていたい...。

思う存分捏ねていただき、
フィリングの材料を入れていきます。

手作りパンは生地の捏ねが一番のポイントと言ってもいいかもしれませんね。
パンがおいしく出来るかどうかもこの時点である程度決まってきます。
愛情をたっぷり生地に与えてあげると、美味しく出来るんですよ。
お料理もそうです。
「おいしくなーれ!」と念じて念じて;D

たっぷりの愛情の入ったパンは
こんなにリ立派に焼きあがります。
もちろん味もサイコーですよ。

IMGP8656.jpg
オランジェショコラは
焼きあがったパンにナッツをトッピング。
ケーキのように仕上げます。

パネトーネ型は溶かしバターと粉糖をたっぷり!

IMGP8659.jpg
シュトーレンは焼きあがると、ラム酒を塗ったりバターを塗ったり
作業作業なのでつい写真を撮るのを忘れてしまいますね。

今日もラップにくるまれた状態でパチリ。
ちょっと…わかりづらいですね・・・(*_*;

表情のある作品に仕上がりました。
お家で一晩冷蔵庫に入れると
しっとりして味も落ち着きます。
かなり美味しいですよ!


そして午後はパン恋クラス。

ガーリックチキンと白パン

クリスマス料理として、
骨付きチキンを丸ごとのニンニクと一緒に揚げ焼きします。

IMGP8662.jpg
リボンを付けてちょっとだけそれらしく;D
トロトロになったニンニクをお肉に付けて召し上がっていただきます。

IMGP8665.jpg
それに合わせて、白パン。

低温で焼きあげて色をあまり付けないように…
あっさりしたパンです。

午後のクラスも、毎月来て下さる生徒さん。
お母様が大好きだという白パンを
丁寧に作られていました。
家でも作られているせいか、
手が慣れていて、スムーズに。
いろんなお話が聞けて、楽しい時間が過ごせました。


今日のRin's Kitchen Vol.15

IMGP8614.jpg
12月初めのクラスです。

通常パンクラス
シュトーレンとオランジェショコラ(パネトーネ型)
クリスマスな感じですね。

本日は初めてご参加された生徒様と
毎月お越しくださっている生徒様。

遠いところからありがとうございます。
パン作りはいろいろなお教室で習われ、
お家でも良く焼かれているとのこと。
手慣れていらして、作業もスムーズです。

今回はシュトーレンを手捏ねしていただいています。
この生地は初めはちょっと硬めなので、押し捏ねをします。
バターを練り込むとしっとり柔らかい生地に変身。
かなりの量のバターが入るので、生地もしっとりします。
気持ちがいいったらありゃしない!な心地よさです;D

IMGP8650.jpg
たくさんのナッツやオレンジピールを練り込み
焼成。

IMGP8649.jpg
三つ折り成形なので、焼きあがると表情が出て
ゴツゴツ感が手作りっぽくていいですね。

焼き立てにラム酒をたっぷりかけ、溶かしバター、そして粉糖でしっかりコーティング。
冷蔵庫で一晩寝かせていただきます。

お二人とも良い表情のシュトーレンを焼き上げました。
(作業に夢中で。。写真を忘れましたX( )

一晩おいたご試食用を召しあがっていただくと

「今まで毎年買っていたシュトーレンより美味しい!今までで一番おいしいです;D」

是非今年はご自身で作ってみてください!
間違いなく世界一美味しいシュトーレンが焼けますよ!


IMGP8653.jpg
それから、オランジェショコラ。
こちらは、ブリオッシュ生地にチョコレートとオレンジピールを練り込んで
イタリアのクリスマスブレッド、パネトーネ型に焼きあげます。

IMGP8651.jpg
もうひとつ、パウンド型に入れ、焼きあがりにナッツなどでデコレート。
ケーキのように仕上げます

「こんなオシャレなパン、今までに習ったことないです~」

ありがとうございます!
嬉しいお言葉。

こちらもしっとりふんわりな生地に焼きあがるので
シュトーレンとはまた違った食感で、風味のあるパンです。


ご実家のご家族が、そのパン達を楽しみに待っていらっしゃるという
生徒様は、1時間かけてご実家に帰られました。
皆さまの笑顔が素敵でありますように…








メコン川下り in ミトー

MBF.jpg
4日目のベトナムは
まず、マジェスティックの朝食!
サイゴン川を眺められるレストランで、朝の陽ざしをたっぷり浴びながらのお食事です。
ソフィテルに比べると、お料理の種類は少ないかもしれませんが、
サラダの種類は豊富!
それにパンケーキもある。
もちろん卵料理やフォーもちゃんと作ってくれます。
チーズ、クラッカー、パン、意外と美味しかったのは
シューマイ!

こんな景色の中でのお食事は、心から癒されますね。
とても美味しくいただきました。

そして今日はこの後…
ホテル隣にあった
JTBのツアーデスクに予約したメコン川下りに参加です!

朝8時半にホテルへお迎え。
こういうツアーって久しぶりでワクワク。
マイクロバスに乗せられ、何組かの日本人の方とご一緒させていただき、
一路ミトーという街へ。
車で2時間ほどかかります。

ガイドさんは日本語が話せるベトナム人の30歳。お子様2人?!
若いパパです。

50ccのバイクは免許無しで運転できるとか
車は家と同じくらいの価格だから、みんな簡単には買えないとか
電線の本数が異常に多くて、そのうち火が出るんじゃないか!?とか
いろんなお話を聞くことが出来ました。

ミト―
2時間後、ミトー市の船着き場に到着。
欧米人や中国人、日本人のツアーパスが続々と到着します。

船着き場
船着き場にはたくさんの小型ボートが。
これに乗って、離れた小島へ行くみたい。
楽しみ!

船着き場2
早速乗り込み、出発です。
高速船?でぐんぐん進みます。

小島
小島
住んでる人はいないみたい。

積載船
土砂を船で運んでます。
こんなの初めて見る。
川や舟って便利です。

川幅
メコン川は東南アジアを流れるとても大きな川で、
世界でも4番目に大きいといわれているみたいです。
川幅も広いですね。
お水の色は茶色でちょっと濁ってる。
草の塊が得流れているのだけれど、ちょっとした小島が流れているみたいで
ちょっとおかしい。

葉やし2
15分くらいで島に到着。
葉ヤシが多く生息する島で、ハチやハスの花を養蜂、栽培して
それを使ったローヤルゼリーとか飴とか
ハス茶なんかが産物なのだそうです。

土産や
島に降りると早速お土産やさん。

おねーさんおねーさん、バッグ安いよ…

生活道路
すごくすごーく狭い土産物やさんが両脇に連なる道を歩いて進むと、後ろからバイクや自転車、
たまに車が通ります。
この道はこの島で生活する人の生活道路みたい。
こんなに狭くてデコボコな道…

蜂の養殖
ツアーならではの、お土産やさん見学。
ハチの養蜂所。
おとなしいハチなので…
ということでちょっと持たせてもらったりして。
後ほどローヤルゼリーをいただきました。
うーん…良くわからない。日本の1/5の価格で買えるのだそうです。

大蛇を
続いて大蛇を首に巻く女性発見。
私、蛇が意外と大丈夫で、是非!と首にまかせていただきました。
ズッシリ重くて冷たい。
でも、おとなしい蛇ちゃんはクネクネして楽しませてくれました。

その後、フルーツを食べたり、お茶を飲んだりして、
島の皆さまの観光収入にご協力をさせていただき、

ボートへの道
メインイベントのメコン川クルーズへ向かいます。

ジャングルクルーズ
4人乗りの手漕ぎボートに乗り、出発です。
ボートの先端に、おばちゃんがおねーさん座り、ウォールを手で動かして船を進めます。
本物のジャングルクルーズだ!

住宅
途中に住居が見えたりして。
これもディズニーランドみたいにセットなんじゃないか!?と思わせるほど
良い味だしてるんだけど、本当に住んでいらっしゃるお家です。
すみません…

間もなく到着
15分くらい船にのって川をクルーズ。
おばちゃんはハァハァいいながら頑張って漕いでくれます。
折り返し帰ってくるボートのおばちゃんは、
「チップチップ」
と私たちに声をかけます。
チームプレイで収益を上げる…素晴らしい!

充分にジャングルを体験し、大満足。
来て良かった;D

その後、船着き場までボートで戻り、
お昼ご飯を食べるレストランまでバスで向かいます。
まーだいたいここにみんな集まるようで、
すごーく広いレストランには観光バスがたくさん。

ランチ庭園
庭園がキレイに整備されてます。
ハスがたくさん。
たまにお花が開いています。キレイ!

レストラン
以前、皇太子さまもご来店されたらしいですよ。

ミト―名物
そして、席についてすぐに気になったのは
この食べ物。
大きなまん丸のお団子。
油でコロコロ転がすと、だんだん大きなボールになっていきます。
良ーく見てみると、原料はお餅。
水に入ったお餅をお玉で取り、油に入れてコロコロ。
するとこれが出来ます。
なんでもミトーの名物料理だそう。

こうして食べます
女の子がハサミでカットしてくれました。
丸のままではなく、カットしていただくみたい。
食感はお餅。そしてほんのり甘いです。
美味しい!
これは病みつき。
彼なんて、お餅好きだから、あっという間に完食です。

エレファントイヤーフィッシュ
そしてもう一つ名物。
エレファントイヤーフィッシュ
ゾウのお耳の形をしたお魚。
なんか、グロテスクですね。。。
ライスペーパーのような薄い皮にお魚の身、
お野菜、パイナップルを包んでいただきます。
お味は淡泊。かなりあっさりです。

そのほか、ベトナム風おうどんなんかをいただき
ランチも終了。
ツアーのお料理にしては美味しかったかな?

その後、バスでホーチミンへ戻りました。

バスの中では熟睡。
そして、15時半くらいにホーチミンの街へ到着。

街の中心で降ろしてもらい
買い忘れたお土産なんかを買い、
街をぶらぶら。

言ってみたかったスウィーツのお店があったので、
日本人の女の子チームの後を追うように入りました。

ファニー
【Fanny】

ここにきて急に日本人が増えた感じ。
そうか、日本は祝日か。
土日を使ってうまく合わせると、4泊くらいの旅行が出来るんだ。
隣の席にはおじさん4人組。
みんなで可愛いパフェを食べてました。
なんか、日本に居るみたいだ~。

このお店はクレープをシャーベットが美味しいらしいです。

フィルターコーヒー
フィルターコーヒーと

ファニースウィーツ
プリンアラモード

クレープ
クレープ

をいただきました。
どれも立派です。
プリンは相変わらず濃厚で美味しい。
一緒に乗ってるキャラメルのジェラートも
塩加減と甘さとキャラメルの濃さがバランス良い!
カラメルの苦みが喉を刺激してくれます。

クレープもほんのり暖かく
日本でいただくそれと変わらない美味しさ。
定番のチョコレートとバナナ。
クレープのモッチリ感が久しぶり。
美味しかったー。

満足満足。

一旦ホテルに戻り、
マッタリしてから、夜ごはんへ。

食べてばっかりな感じですが…
食べてばっかりかも;D

この日の夜ごはんは
ホーチミンでは有名な
ベトナム料理のお店です。

ベトナム最後の夜なので、ちょっとオシャレに
高級ベトナムレストランに行ってみよう!
と思って予約をしたら、日本人ツアーの定番になっているお店だったらしく…
メコン川チームと再会。
日本便は夜遅いフライトなので、夜ごはんまで付いているみたい。
その日に帰国組の日本人がたくさんいました。
トホホ。

レストラン情報はまた次回;D




ホテル移動&可愛いフレンチレストラン

マジェスティックホテル
サイゴン川沿いのホテル
マジェスティックホテルに移動。
とても古い老舗ホテル。
趣のある建物。
マジェエントランス
エントランスも小ぢんまりしていて
上品というか…
素敵。うっとりしちゃう空気です。
マジェ ロビー
決して広い空間のロビーではないのですが、
とても落ち着きます。
シャンデリアも嫌みのないゴージャス感。
IMGP8088.jpg
柱も太くて重厚感漂う。

IMGP8073.jpg
お部屋はサイゴン川側でとーーーーーっても広いお部屋です。
イチイチ置いてあるものが、温かみがあって可愛い。

IMGP8076.jpg
窓が開いて、小さなテラスがあります。
下を見ると大きな通りがあり、バイクの嵐ですが、
遠くを見ると川が優雅に流れています。
水の色は茶色いんだけど…

そんな素敵なお部屋に浸りつつ
この日のディナーへ出かける準備。

フランスの植民地だっただけあって、フレンチがわりと多いんですね。
なのでカジュアルにいただけるフレンチに行ってみることに!

【Len tete ロンテット】
IMGP8122.jpg

細いビルの2階にこのお店はあります。
知らないとちょっと入りづらい入口。
暗いし細いし。

IMGP8089.jpg
IMGP8095.jpg
でも店内はこんなに可愛らしい。
IMGP8096.jpg
IMGP8100.jpg

ソファーの雰囲気や壁の絵、
IMGP8097.jpg
更にはおトイレまでこんなにアートな雰囲気で
なんだろ?異常に落ち着く空間です。

夜遅いお店らしく、19時くらいから食事しているのは私たちだけ。
ちょっと寂しかったけれど、静かな美術館でお食事をしているような、
友人宅でマッタリと過ごしているような感じが心地よく、
落ち着きます。

IMGP8094.jpg
ワインを軽くいただき、
IMGP8104.jpg
まずは自家製のテリーヌ。
でもパテっぽいですね。
豚のお肉がいい香り付けされ、ちょうどいい油脂でマッタリ。
IMGP8113.jpg
ひとりサイズのフランスパンが進みます。
小さいのに、立派にフランスパン。硬さも弾力さも香りも
立派です。
味の薄さはお食事と合わせるってことで
良いかな。

IMGP8102.jpg
続いて、フレンチと言えばキッシュ!
私のクラスでもキッシュをたまに作りますが
大好きなお料理の1つなんで、お勉強のためにも1つ。
卵液が濃厚で、チーズたっぷりの幸せな味。
風味が良いし、生地がまたあっさりしていて
全体のバランスがいい。
おいしぃ~;D

ゆっくりいただくせいか
ちょっとお腹が…

IMGP8116.jpg
続いて…メインのお魚。
えーっと…白身のお魚をカリッとローストして
オレンジのソースでいただきました。
お魚は思っていたよりはジューシーで、柔らかい。
スズキのような感じの食感でもっと厚みがあるので
ボリューミー。
さわやかなオレンジソースがオアシスです。
ザッツフレンチ!なお皿でした。

で、ネットだかガイドブックだかで観た
4種のチーズリゾットが美味しい!
というコメントに、興味深々な私達は
メニューにないことを知り、お店の女の子に聞いてみました。

IMGP8118.jpg
シェフに確認してきてくれて、
無理に作ってもらっちゃいました!
4種ではなかったけれど、チーズリゾット。
結構な量…

お腹いっぱいなんだけど、とても食べてみたくて、つい。
これは残せないと、二人で頑張りましたが、
まー、ふつー。
チーズとライス。
リゾットのサラッと感がなく、

炊いたご飯とチーズを混ぜたでしょ?

という感じの食感でちょっと残念でした。

でも全体的な雰囲気やお料理の味はとてもgood。

私たちが帰る頃に、一組入ってきたという感じで
これから忙しくなるといった夜遅いレストランでした。

いやー、満足満足;D

その後ホテルに戻り、ホテルの上にあるM barへ。

老舗ホテルの最上階にあるこのバーは
テラスを囲むように席がセットされていて、
夜景も夜空も、サイゴン川も気持ち良く眺める事が出来る
ムーディーなバーなんです。
生憎雨が降ってきてしまい、ゆっくりは出来ませんでしたが、
とても素敵な時間を過ごせました。

IMGP8130.jpg
実は私たちのお部屋の横に、この
【M bar】の看板が!

IMGP8133.jpg
そして夜のサイゴン川です。
さすがに夜はバイクも少ないですね。

それにしてもキレイな夜景でしょ!?
キラキラでした。










3日目はベトナムらしい街を歩く

IMGP8000.jpg
この日も朝は素敵なブレックファースト。
もちろんフォーを堪能し、
デザートは濃厚ヨーグルトとプリン!
美味しかった~よ~。

朝は雨が降っていたので、少しだけお部屋で様子み。
回復してきたので、この日は少し足をのばして
IMGP8002.jpg
骨董通りの方へ散策に行きました。
タクシーで10~15分くらい走ると、そのあたりにきます。

IMGP8014.jpg
なんか、良い建物じゃないですか?
すごく気になってついカメラを向けました。
古いんだけど、なんか表情のある建物だな…と。

IMGP8015.jpg
適当にタクシーを降り、電線がたーっくさんの街を歩きます。
こんなに電線出てて、大丈夫なの?
ビニールテープでも良いから、クルクル巻いてまとめておきたい気分です。

IMGP7998.jpg
プラプラと歩くと、脇道にはバイクとオープンテラスの走り的な路上レストランがたくさん。

IMGP8003.jpg
古き良きベトナム。。といった感じ?『三丁目の夕日』って感じ。

IMGP8001.jpg
たまにあるお土産屋さんにも寄ってみます。
でも、片言日本語で寄ってくるので、そうそうと退散。

地図を持って道を探しながら歩くこと20分くらい?
IMGP8019.jpg
アーケード発見!
これは骨董通りの入口です。
あと20年もすれば、きっとここも青山の骨董通りのように
オサレな街になるのでしょう。

IMGP8020.jpg
骨董品が並んでます。
嫌いじゃない柄行きの壺とか食器とか。

IMGP8023.jpg
ごちゃごちゃだけど、ホントに骨董なの?

私的には結構楽しい通りでした。

そして、ベンタン市場へ。
相変わらず人とバイクの多い道路。
大きなバスターミナルがあるせいか、ものすごい人。誇り。クラクション。

いい加減慣れてきた道の横断。
車やバスの間を抜け、バイクをよけ、かなりの上級コースをクリア。
途中大型バスのすぐ手前を通るのは勇気が入りましたけど。

IMGP8030.jpg
正面に市場の入口が見えます。
友人から、体調が悪い時は行かない方がいいよ・・・
と聞いていたので、一体とういうことかと思い
ちょっと緊張して中へ入ってみました。
ちなみにこの日はお天気回復して気温もかなり上昇。
33℃くらいありました。

IMGP8031.jpg
体育館のようなだだっ広い建物の中に
たーーーーっくさんのお見せが所狭しと並んでいます。
どこまでがどのお店なのか全然わからないし、
通路なのか店なのかもわからないほど、狭~い。
しつこい呼びかけにも軽く無視。
彼はタイの言葉みたいなのを連呼して、引かれてるけど。

IMGP8035.jpg
来たっ!なんか臭くない?
と思えば、突然魚。
臭いって。
これね。体調の話…
暑い日は蒸れそうね。

IMGP8036.jpg
あとは驚くほど安いドライフルーツやナッツ達。

IMGP8037.jpg
かと思うと、こんな狭いところに場内レストラン。
興味深々で見ていると、席を用意してくれるから、
サービス精神満載。
ここでフォーは無理です…

IMGP8039.jpg
あとはドリアン。
匂ってみたいけど、勇気なーい…

IMGP8040.jpg
穀物も売ってました。

結局、全部を見ることはもちろん出来ず
上っ面だけ覗いて、出て気ちゃいました。
ま、体験ですね。

その後は統一会堂へ。

IMGP8043.jpg
ぷらぷらお散歩しながら到着。
ちょっと距離があったけれど、青空だし、気持ちよかった。
途中、気になるバーベキューレストランとか横目に
IMGP8044.jpg
大きな公園が見えてきた。
もうすぐだ。

13時からの開門だったので15分ほどお向かいの大きな公園でぼんやり。
バイクも多いけれど、緑も多いのがいい。
ベンチで座っていると、靴磨きやら物売りの若者がやってくるけど、軽くお断り。

時間になったので、チケットを買って入場!
荷物のチェックろボディチェックを受け中へ。

IMGP8048.jpg
広いきれいなお庭があり、その奥に大きな建物があります。
南ベトナム政権時代の大統領官邸だそうです。
その建物に入る前に…
IMGP8054.jpg
お庭を右に歩くと戦車。
物々しい…
ベトナム戦争の名残。
ちょっとブルーになりますね。
そのまま建物に入り、館内を見学。
ゴージャスな部屋がたくさん。会議室、来客用応接室、食堂。
IMGP8059.jpg
映写室や娯楽室、図書室や貴賓室など、一体何部屋あったんだろうか。
とにかく広い。
IMGP8058.jpg
広い廊下の窓からはまっすぐに伸びたレユアン通りが見えます。
最上階まで上がると、司令室みたいなたくさんのコードや機械がある小部屋。
ゾクッとします。
そして屋上にはヘリポートにヘリコプター。
IMGP8065.jpg
脱出用でしょうか。

広島の原爆ドームもそうだけれど、歴史が刻まれた建物は、感慨深いものがあります。
世界が平和になる日はいつなのか。私がそのために出来る事は何なのか…。

なさそうなので、
まずは私の周りの人々を、パン作りを通して笑顔にして差し上げよう!

統一会堂を出たら雨。
タクシーでホテルへ戻りました。

IMGP8066.jpg
IMGP8067.jpg
IMGP8068.jpg
ラウンジでちょっとまったりしてチェックアウト!
その後、サイゴン川沿いにある
マジェスティックホテルへ。