今日のRin's Kitchen Vol.14

IMGP8608.jpg
今月最後のパン恋クラス

本日は3名様でした。

毎月、遠くから通ってくださる
娘さんとお母様。そして今日はお友達の女の子がご参加くださいました。

お友達の彼女は初めてのパン作り。

バターの折り込みの作業を真剣にされていらっしゃいました。

「こんな真剣な◎◎ちゃん、見たことないー!!」

「かなり真剣ですよーッ」

そんな会話が飛び交う、笑顔たくさんのクラスでした。

娘さんは今日も黙々と真剣に丁寧に折り込みをされていました。
いつも丁寧なんです。
IMGP8611.jpg
もちろん仕上がりもキレイ。
その姿をみて、私はいつも改めさせられるんです。
いろいろとね;D

お家でもパン作りをするために、
パン作りセットを購入されたのだそうです。
それもお嬢さんの分と2セット。

是非是非、思う存分お家で作ってみてください。
そして、自分の好みのパンを焼きあげていただきたい!
分からない事はいつでもお答えしますから:D

そして、今日の作品です。
IMGP8610.jpg

IMGP8612.jpg
三人三様のクロワッサンが焼きあがりました。

クロワッサンは作り手によって表情がみんな違います。
みんな同じ表情で出来あがってもつまらないので、
そういう意味では個性が出る、出来あがりが楽しめるパンです。

どれも素晴らしい出来ですね。
こうたくさん並んでいると、思わず笑みがこぼれちゃいます。
それは何度作って並べてきても、そうなんです。
1つ1つが愛らしいんですね;D

クロワッサンは今日で終了。
来月はシュトーレンとかチキンとか!
引き続き笑顔あふれる楽しいクラスを開催していきたいと思います;D




スポンサーサイト

1月のパン恋クラスは・・・

1月Rin's Kitchen
パン恋クラス  ¥6,000円

『寒い冬はスープパン』

IMGP8441.jpg
※写真のスープはお野菜のホワイトシチューですが、
 当日はアサリのクラムチャウダーを作ります

一番寒い季節がやってきますね。
そんな寒い日のブランチには、
スープパンとカフェオレで、ほっこり温まりましょう。
器になるパンは、ダッヂブレッド
中に入れるスープは、アサリのクラムチャウダーを作ります。


【ダッヂブレッド】

IMGP8419.jpg ※手捏ねから作っていただきます。

フランスパンの生地に薄力粉を混ぜて作る、サックリした食感のパンです。
表面にはひび割れするように、上新粉で作った生地を乗せ、表面をカリッと焼きあげます。
エゾシカ(強力粉)の風味を充分に感じていただけるパンです。
そのまま召し上がっても、とっても美味しいですよ!

中身をくりぬき、スープを注いで軽く温め直していただきます。
スープはアツアツ、周りのパン生地はカリカリ。
パンと一緒にお召し上がりください。

※お1人様 4個焼きあげます。 


【クラムチャウダー】

IMGP8583.jpg
冬はクリーム系のスープがいいですね!
アサリとお野菜をたっぷり入れて、クリーミーに作りましょう。
サンフランシスコの名物料理を
Rin's 風に仕上げます;D

皆さまで一緒に作っていただきます。


※ご試食分はこちらでご用意いたします。
※残りはお持ち帰りください。


※都合により、急遽内容が変更する場合があります。



【日程】 定員は4名です。

   10日(祝) 10'00~ 満席です          
          
          14'30~ あと2名

   15日(土) 10'00~ あと2名
 
          14'30~ あと1名

   21日(金) 14'00~ あと4名

   22日(土) 14'00~ 満席です

   23日(日) 10'00~ 満席です

          14'30~ 満席です




お申込みは↓へ、件名に『1月 パン恋クラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。


皆さまにお逢いできますように…;D

Rin's Kitchen HP はココをクリックしてください ;D

今日のRin's Kitchen Vol.13

IMGP8559.jpg

午前…通常パンクラス 

なんと、15年くらい振りの友人が
サイトを見てクラスへの申し込みをしてくれました。
少しだけ遠くにお嫁に行ってしまったのですが
わざわざ新幹線で…
(でも、月に何度か東京に来ているみたい。今月は3回目!って言ってました;D)
午前午後と2レッスンのお申込みです。

まずは午前。
角食パンとイングリッシュマフィン。

4名の生徒様が作られました。

初めてお越しいただいた、たまにパンを焼かれるという生徒様。
家では自己流で焼いてました!という今回2回目の生徒様。
そしてもう何度もお越しいただいてる、パンレッスンにとても熱心な生徒様と
みなさん同じくらいの年代で、とても楽しいクラスになりました。

捏ねましょう!

と初めてから、アッという間に生地が出来上がり。
テキパキと作業を進め
まずはきれいな食パンが焼きあがりました。

IMGP8560.jpg
私の試食分を含めると5本の角食パンが整列した姿は
ちょっとしたパン屋さんみたいでした。

IMGP8562.jpg
続いてイングリッシュマフィン。
ほんのり焼き色がついてかわいいですね。
トッピングのコーングリッツが香ばしい!

焼き立てのパンに皆様感激されていました。
幸せの味ですね。


そして午後はクロワッサンとミートパイ

いろんな教室でお料理やパンを習われたお二人様、
初めてご参加くださいました。
やはり手馴れていて、バターの折り込みもスムーズに進みます。
しかし、3名様ともクロワッサンは初めて作られるとのこと。

IMGP8563.jpg
折り込みの作業は得手不得手がしっかりと出てしまう作業。
もくもくと作業する方、まっすぐにならない生地と格闘される方。
悪戦苦闘しながらも、

IMGP8567.jpg
出来上がりの層を確認すると、
その時の大変さも飛んじゃうかな?美しい層だ。
皆様笑顔でご自分の作品を眺めていらっしゃいます。
かわいいわが子ですもんね。

IMGP8566.jpg
余った生地はクロッカンというお菓子を作ります。
カットカットでちょっと大変だけど、カリカリのおいしいお菓子になります。
生地は無駄にできません!

なかなか家で作るとなると大変ですが
ぜひ時間のある時はチャレンジしていただきたいな。

IMGP8569.jpg
初クロワッサンとは思えないほどの素晴らしい出来栄え。
美しい!!売れますね…;P



今日のRin's Kitchen Vol.12

IMGP8550.jpg
本日は
午前;通常パンクラス
午後;パン恋クラス
でした。

午前は初めてのご参加の生徒様が数名いらして、
ちょっと緊張しましたが、私は楽しくクラスが出来ました。
皆さまは楽しんでいただけましたでしょうか。

パン作りが初めてとおっしゃった生徒様は
いきなり食パンでちょっと難しいかな???と思いきや
手つきがこなれていて、私がお教えした事を素直に理解してくださり、
初体験にしてはとても上手に作られました。
パン作りって、コツや意味を理解すると簡単な作業なんですけど、
それが難しいんですね。

もうお1人は、お家でも結構作られていらっしゃるベテランさん。
手つきがいい!
お子様がいらっしゃるので手作りパンを良く焼かれていらっしゃるとのこと。
お子様と一緒に作っているんですって!
可愛いですね;D
ママと作ったパンは美味しかったでしょ?!
この日も「ボク、パン待ってるよ!」と言われて来たのだそう。
本物の味を知ってるな~。

そして、以前別のお教室でご参加くださった生徒さんが
今日は自由が丘の教室へ来てくださいました。
ありがとうございます。
嬉しいですね。
別の場所よりも少し高度な内容でお教えしているので
ちょっと大変だったでしょうか?
キレイな食パンを焼きあげていらしたので、問題なかったかな?

もうお1人様は、いつも来て下さる生徒さん。
すっかりご自分のスタイルが出来ていて、
安心です。

IMGP8549.jpg

IMGP8551.jpg
出来あがりはこちら。
素晴らしいです。
自然と微笑んでしまいますね。

アツアツの角食パンは贅沢な逸品です。


そして、午後のクラスは
毎月恒例のチームです。

お1人様、パン作り初めてのお友達をお連れいただき、
和気藹々とレッスンスタート。

クロワッサンは作業作業のクラスなので、
口も動かしつつ、カメラで撮影しつつ、折り込みしつつで
忙しく頑張っていました。

初めての生徒様はとても熱心に私の話を聞いてくださり、
お料理も真剣でした。
パン作りが初めてでいろんな質問が出来るのは、
素晴らしいですね。
私も気合いが入ります。
IMGP8552.jpg
結果、キレイな層を折り込みを
完成しました。

初めての方がクロワッサンって・・・
すごい事なんです。
しかし、私のクラスにいらした初パン作りの方で
失敗はいまだ出ていません。
皆さま、素晴らしい!

IMGP8554.jpg
こんなにキレイに作って下さると、
なんか…すごく…嬉しくなっちゃいますね。
IMGP8555.jpg
わ~っと並ぶとまた圧巻。

気持ちがいい!!

IMGP8558.jpg
クロッカンの美味しさにも感動していただきました。
端っこばかりだから、カリカリでサクサク。
美味しくないわけがない!

今日も充実したレッスンが出来ました。

スタイリッシュなレストラン in ホーチミン

スパでスッキリした後に向かったレストランは
彼のお知り合いの地元の方からのおススメ。

IMGP7991.jpg
【Xu (スー)】

なんと都会的といいうか、スタイリッシュなレストランです。

IMGP7980.jpg
1階はバー、2階がレストランになっていて、
薄暗い店内はオシャレな白人さんが多い。
穏やかにお二人でお食事されている老夫婦、2組のカップルで
楽しそうにお話をしながらワインを楽しむ4人。
いい雰囲気です。

席に通してくれる女性は、長身のスレンダーな美女。
彼はその女性に見惚れちゃってました。

サンフランシスコ市内にあったレストランにとても良く似ていて、
そのお店を思い出しました。

そんな素敵な場所にほぼスッピンでやってきてしまった私。
店内が薄暗くてホッとしたけれど…
いや、ちゃんとオシャレしてもう一度リベンジしたいところ。

さて、お料理です。
このレストランは創作ベトナム料理がいただけます。
中華料理とタイ料理と香草を混ぜたような感じのお料理が多いかな?

IMGP7977.jpg
まずは、ワンタンのスープです。
中は海老のすり身です。
味付けは日本のそれにとても近い味。
香草が効いているのでさわやか~な中華スープです。
塩けが強く、美味しい!落ち着きます。

IMGP7982.jpg
グリーンマンゴーとビーフンのサラダです。
パパイヤのサラダは良くタイ料理屋さんでいただきますが、
マンゴーは初めて!
そんな食感かというと、パパイヤとそんなに変わらないのですが、
繊維質が少ないかな?
歯切れがいいというのか、サックリしています。
ビーフンと合わせているので、冷静パスタみたいな雰囲気でサラッといただきました。
そんなに辛すぎず、程よい感じがまたgood!

IMGP7983.jpg
これは、蒸し春巻きみたいな、米粉の皮で豚肉を巻き、蒸したお料理です。
フエの名物みたいですね。
香港では中に甘いのを入れて、デザートとしてこんなスィーツがありますね。
お肉の味付けも、日本風に醤油と砂糖と、ゴマ油…みたいな感じ。
暖かいところを食べるのが美味しいです。
皮のトロトロ具合を感じてください。

IMGP7986.jpg
そんなにたくさん食べれない私たちは、ここでメインのソフトシェルクラブをメインにいただきました。
基本的に甲殻類をそんなに好まない彼、私はカニとかあまり好きじゃないのですが、
そんな二人が選んだメインはカニ。
カニさんごめんね。
でも、ソフトだから良いんです。殻をむかなくていいから良いんです。
香ばしく上がった柔らかいカニさん。味噌が濃厚で、殻の香ばしさとお塩の味付けと味噌の組み合わせは
最高でした。
美味しかった~;D

大満足なお食事でした。
さすが地元情報。素晴らしいレコメンドでした。

IMGP7989.jpg
階段の途中に、どなたか知りませんが、お見送りの絵。
また来ますと挨拶をして出ました。

そのまま帰るのも勿体ないので、
お昼間にコーヒーを飲んだ、カラベルホテルの上にあるバーに行ってみました。

IMGP7997.jpg
【サイゴンバー】

中央は広いスペースがあり、その周りをテーブルが囲んで居るという感じ。
端っこはテラス席のように、外の景色が良く見えます。
私たちは一番奥の端に座り、夜景を楽しみながら
IMGP7996.jpg
可愛いカクテル?シェイク?をいただきました。
IMGP7993.jpg
店内では生演奏の音楽。陽気なダンスミュージックが流れています。
ダンスって言っても、社交ダンスとかで使いそうな音楽です。
すごく楽しそうに演奏してるし歌ってるし、見ていて陽気になっちゃいます。

ダンスホールでは白人さんがたくさん踊っていました。

「僕たちももう少ししたら社交ダンス習うよ!」

と彼。

ホント???


陽気なベトナムの夜でした。



1月の通常パンクラスは…

1月のRin's Kitchen
通常パンクラス  受講料5,000円

『お正月はもち粉&米粉でパン作り!』

お節料理やお餅で美味しいお正月を過ごされた後は
少しだけ和風に作るパンはいかがですか?
米粉やもち粉を生地に混ぜ、
お大福のような仕上がりのあんパンと
プリッとブラックペッパーを効かせたおつまみブレッドを焼きます。

【ホワイトあんぱん大福風】 
IMGP8356.jpg ※こちらを手捏ねしていただきます。

生地にもち粉を練り込み、ふんわりの中にもモチっとした食感を加えます。
中には餡子を包み、お大福のようなあんぱんを焼きましょう。
パンとお餅のコラボレーションをお楽しみください。

※お1人様4個焼きあげます。
※中に包む餡子は 『こしあん』 『つぶあん』 をお選びください。


【ブラックペッパー】 
IMGP8426.jpg ※一次発酵済の生地をお渡しします。

フランスパンの生地に米粉を混ぜ、表面カリッと中はモチモチの生地を使います。
中にはハム、エダムチーズ、そしてメインのグラックぺッパーをたっぷりと入れ、
ビールにも合うおつまみブレッドを作りましょう。

※お1人様 4個焼きあげます。



※ご試食分はこちらでご用意いたします。
※都合により、急遽内容が変更する場合があります。



【日程】
 ※1クラス4名


   9日(日) 10'00~ 満席です   
       
        14'00~ あと1名
 
  16日(日) 10'00~ あと1名 

  21日(金) 10'00~ あと2名 

  22日(土) 10'00~ 満席です 
       
  25日(火) 10'00~ あと4名 

  29日(土) 10'00~ あと4名

         14'00~ 満席     
 


お申込みは↓へ、件名に『1月 通常パンクラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン強調文日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。
※餡子の種類を明記してください。(こしあん/つぶあん)


皆さまにお逢いできますように…;D

Rin's Kitchen HP はココをクリックしてください ;D

今日のRin's Kitchen Vol.11

IMGP8544.jpg
午前午後の2回レッスン

午前はパン恋『クロワッサン&ミートパイ』
でした。

今日の生徒様は
みなさんパン作りだけでなく、
お料理やお菓子などをお家で作られたり、
『美味しい食』を追及される皆さまでした。

バターの折り込み作業が
すごく好きかも!
もしくは
私は苦手かも。。。

と人によってはいろいろありますが、

IMGP8543.jpg
出来あがりはご覧の通り。
素晴らしくキレイに焼きあがりました。
層がキレイに出来ていますね。

IMGP8540.jpg
自分が折り込んだ生地がちゃんと出来ているのか、
結果が目で見て確認出来るパンなので、
それはそれは喜びもショックも大きいんです。

昔の私は、何度ショックを味わったことか…

今回は皆さまとても上手に落ち込みが出来ていました。


午後のクラスは通常パンレッスン『角食パン&イングリッシュマフィン』

お母様とお嬢様のお二人だったのですが、
お嬢様は1ヶ月振り?2か月振り?
なのに、すごく上手に、もう何年もやってます的な捏ねを披露。
私が何か言う前に、普通に捏ねあげていました。

一度覚えると忘れずに出来るのだそう。

ご自宅でお母様がパンを作られる時、一緒に見ていたり、
『ここはこうじゃない?』とお二人で作られるのだそうです。
そういった事が自然と復習になって、頭にインプットされるのでしょうね。
素晴らしいです。

なのであっという間に捏ねあがり、
成型もサクッとこなして

IMGP8546.jpg
とてもキレイなパンが焼きあがりました。

IMGP8545.jpg
角食パンの風貌は、立派ですね。

これからお家で待たれている
お父様とお姉さまと4人で
サンドイッチパーティなのだそうです。

なんか素敵なご家族。
楽しそうで私も行きたくなっちゃいました。

焼き立てのパンでサンドイッチパーティ。
これからのパーティシーズンに、こんなスタイルも素敵ですね。

ベトナム2日目 それは美味しい朝食バイキングから!

IMGP7952.jpg
ゆっくりと目覚めた2日目の朝。
ちょっとお天気はどんより。
曇り。

のんびり朝の準備をして、
楽しみにしていた朝食へ。

この日泊まった 
『ソフィテルホテル』
は、朝食の美味しさで選んだといっても過言ではないんです。
さすがヨーロッパ系のホテル。
食へのこだわりは本気です。

ソフィテル BF1
いわゆるアメリカンブレックファースト的な
SBF オムレツ
卵料理、ハム、ベーコン、サラダ、ポテト、パンケーキに

SBF パン
たくさんの種類のパン
から、和食、中華、ベトナム料理と、豊富なお料理。
SBF チーズ
チーズや数種類のハムなどは驚くほどの美味しさでした。
普通にパンとオムレツ、サラダ、ハム…といただいたのですが、
SBF ふぉー
やっぱり気になるフォー。
とりあえず朝からいっときますか!!

上品な小ぶりな器なので、サラッといただけます。
ちょっと甘い味付け。
ん?
慣れないな…。
そこで、前日の地元フォー屋さんで知ったあのソース達やライムをギュギュっと絞って、
自分好みの味に仕上げました。
うん!これなら美味しい。
満足満足。

SBF ぷりん
デザートは、トロ~っとした濃厚ヨーグルトやプリンを散々いただき
待望の朝食は終了。
うん、とても美味しいご飯でした。
明朝も楽しみだな。

お部屋に帰って少しゆっくりしてから、
今日はドンコイ通りから脇道などを散策しに出かけました。
地図を片手に、お土産屋さんやカフェなどを覗き、プラプラと。
あー、カジュアルなクラッチバッグとか欲しいなー
とみていると、キレイなオレンジ色の可愛いバッグ発見。
1000円くらいだったのですが、悩みます。
ベトナムにきて、1000円のお買いものが簡単に出来なくなってしまいました。
不思議ですね。
今日のところは見るだけーにしてお見せを出たのですが、
彼は呆れてました。
悩む値段じゃないじゃん!と。
確かにね。

そしてぐんぐん道を歩き、ショッピングセンターへ。
広くてごちゃごちゃしていて、ここもほとんどがお土産屋さん。
その1つに、ベトナムらしいバッグを売っているお店を発見。
柄も可愛いし、妹に2つほど買ってみました。
1つ500円くらいなので2つで1000円。
先ほどと同じ金額。なのにパパっとお支払い出来ちゃうんです。
これは自分のものではないからなんですね。
人のだからなんでも良いのではなく、お土産として買っていってあげたいと思う気持ちで
迷わず買える。
子供にはなんでも買ってあげたいと思う親の心情と同じなのでしょうか?

そのあと、ショッピングセンター内にある食品スーパーへ。
荷物は入口横のロッカーに預けるシステム。
万引き防止でしょうか?
無愛想なおばちゃんに、お財布意外は預けて
身軽になって入店。
早速お土産探しです。
私はお土産に現地の美味しいお茶やお菓子なんかを買うようにしているんです。
それは意外と美味しいものがあったり、喜ばれるから。
アメリカで生活している時にそれを感じて以来、
必ず現地のスーパーマーケットを覗くようになりました。
友人から頼まれていたフォーのインスタント麺やベトナムコーヒー、ハス茶、ライスペーパーなど
買ってみました。
ライスペーパーは日本で400円ほどで売られているのが40円ですよ。
やすーい。
「おねさん、おみやげ、おみやげ、このおちゃ おいしよ」
こんな営業がちょっとうるさいんですが
そのお言葉を信じて正解。
コーヒーもお茶も美味しかった;D
ありがとう!

大満足のスーパー体験を終え、街散策を再開。
由緒あるREXホテルを横目に
IMGP7959.jpg
街にたくさんいらっしゃる銅像を眺め、中心地へ戻ります。

IMGP7955.jpg
途中、こんなに可愛いパン屋さんを発見。
たまに小キレイなパン屋さんがあります。
IMGP7957.jpg

IMGP7958.jpg
ホワイト生地とショコラ生地でキレイに成形していますね。

結構歩いて
ちょっと喉乾いたねー
と横を見ると

フィルターコーヒーが飲めそうなカフェ発見。
市民劇場の隣にあるカラベルホテルの1階にあるカフェです。
道路もサークル状になっていて、景色も悪くない。

ここで初ベトナムコーヒー体験しよう!

ということで、フィルターコーヒーをお願いしました。

IMGP7969.jpg
これですね。
ベトナムスタイル。
コーヒーが落ちるまで、ジックリ待たなくてはいけません。
でもなかなか落ちないんですねー。

IMGP7971.jpg
それは、粉の量とフィルターの穴の大きさに問題あり。
多めの粉をしようするベトナムコーヒーはカップの底に粉が溜るほどです。
しかし、フィルターの穴はそんなに大きくなく、どうしても詰まってしまい、
お湯が下に通らないんです。
揺すってみたり、蓋を開けてみたり。
まだかなー。
待つこと5分。
もう我慢できないので、飲んじゃいます。

IMGP7972.jpg
とても濃いので、イタリアのエスプレッソみたい。
バニラのようなチョコレートのような甘い香りがあります。
とても良い香りなのですが、味は結構にがい。
練乳を入れて飲むのが普通のようです。
IMGP7973.jpg
たっぷりの練乳をいれて、苦みを甘さを絡ませて飲む。
とても美味しいのです。
でも、たくさんは飲めないかも。
私にはちょっと苦さがキツイかな?

初ベトナムコーヒーも体験できて、大満足。
マッタリした時間を過ごしました。

その後、私の要望でスパを予約していたので
ホテルに戻り、ラウンジでひと休みしてから
出かけました。

この日予約したのは
IMGP7974.jpg
『SEN SPA』

日本語が通じる、日本人オーナー?のスパです。
改めてコースを選びます。
二人で2時間の足、頭、首、フェイシャルのコースを選択。

『僕もフェイシャル?綺麗になっちゃうの?』

まーまー、お付き合いください。

まずは足から。
別室で待っていると、彼がなぜか着替えて登場。
足マッサージなのに・・・
しかし、なぜか様子が変なんです。
施術師たちの大爆笑。
なんなの?
と隣に来た彼をみると、
ズボンのサイズが巨大で、前はなんとかおさえられているのですが
後ろが…パンツ丸見えでやってきたんです。
そらー笑われるわ。
施術師さんたち、仕事にならないくらいの大笑い。
見かねてひとりの施術師さんが、小さいサイズのズボンを持ってきてくれました。
その場で着替え、それでも大きいのをひもで絞めて、なんとか無事施術。
しょっぱなから笑わせてくれます。
笑いの神様、降りてきてる感じー。

その後は別室でそれぞれ施術。
頭、首、フェイシャルとやっていただきました。
キレイになったのか、変わらないのか、良くわかりませんが、
スッキリ!
気持ちが良かった。
ノーメイクで夜ごはんもなんなんで、
一旦ホテルに戻り、軽くメイクして改めてディナーへ。

この日のディナーは
スタイリッシュな創作ベトナム料理を出すレストラン『XU』へ。

お料理の話は
また書きますね;D



今日のRin's Kitchen Vol.10

ショック~~~
せっかく撮った生徒さんの作品写真を消してしまいました…(>_<)
本日の生徒さん、大変申し訳ありません。
写真無しのレポートですぅ~(T_T)


ということで今日のクラスは
午前午後ともパン恋クラスです。
クロワッサンとミートパイ!

パンの本を買って疑問に思ったらすぐに調べる。
パン屋さん巡りをする
一生懸命パン作りをする。
良くお勉強をされていらっしゃる生徒さんは
この日作ったパンを持って帰りつつ、気になるパン屋さんへ出かけて行かれました。
素晴らしい!
素敵なパン屋さんに出会えましたでしょうか?

そんな熱心な生徒さんは、
バターの練り込みも一生懸命です。
もちろんキレイな層を作られ、クロワッサンもパイも素晴らしい出来でした。
サクッといい音を出して試食されていらっしゃいました。

そして、お母様と一緒に親子でご参加くださった生徒さんは
初めてのパン作りがクロワッサン生地のバター練り込みと…
ちょっとハードでしたね。
でも熱心に私の言う通りに、ハァハァと息を荒げつつ頑張って麺棒と戦っていました。
その頑張りの成果は、結果にちゃんと現れていました。
初めてなのに、綺麗に27層のクロワッサンを焼きあげました。
そして、ミートパイの中身作りもせっかくだからとお願いして、作っていただきました。
試食事はとても美味しそうに、笑顔でパンを召しあがっていたのを見て、
お母様もニコニコ、私もニコニコです。
嬉しい笑顔ですね。
お母様は3度ほどクラスへご参加いただいていて、教室でお教えしたお料理は必ず
ご家族に作られていらっしゃいます。ご家族へ笑顔のおすそわけです。
これからはパンも家で作ろうかと思われていらしゃるようで、
道具を揃えたいとおっしゃられていました。
是非!パンも作って差し上げて下さい。

午後は初めてクラスにいらっしゃる生徒さんと
もう長いお付き合いをしていただいている生徒さん。
それから3度目くらいかな?パンやお料理を作られる事がとてもお好きな
生徒さんの3名様でした。

初めて来られた生徒さんは、お家でも自己流でパンを焼かれているとのこと。
今回は捏ねは無かったので、パン作りとしては
少し物足りなかったかもしれませんが、
とても満足してくださり、楽しかったとおっしゃってくださいました。

クロワッサンはパンの中で一番作業が多いパンかもしれません。
そういった意味では作りがいがあります。
確かに、出来あがった時の達成感は格別ですね。

皆さま、一生懸命に麺棒を動かされつつ

『家でひとりでやると、出来なそう~』

いえいえ、ちゃんと丁寧に折り込みされていらしたので
レシピを辿りながら、お家でもちゃんと出来ますよ。

お時間がたっぷりある時に
是非復習してみてください。

皆さまの今夜の夜ごはんは、
作ったクロワッサンとスープ…
パスタとミートパイ…
さまざまで良いですね(*^_^*)
笑顔の食卓になったかな?


今日のRins Kitchen Vol.9

IMGP8471.jpg

今日もパンクラスです。
午前午後の2回転。
どちらのクラスも通常パンクラスでした。

イングリッシュマフィンと角食パン。

今日の生徒様はみな様とても手際がよく、
さすがお家で焼かれているだけあるな!
と言った感じです。
おひとりの方は、まだパン作りを初めて浅いと知り、
びっくりしました。

IMGP8466.jpg
手つきもいいし、捏ねもちゃんと出来ていました。
ご自分で生地の状態を把握されて捏ねているような印象で…

IMGP8467.jpg
角食パンの生地の成型は、生地がとても柔らかく、気持ちがいいのだけれど扱い辛い…
結構大変なので、手粉を使って棒状のものを2本作ります。
ねじり成形をするのですが、
これがまた難しい。
ただねじるだけなのに…

私も生徒としてパンを勉強していた時は、なんでこんなことが出来ないのかと、
悩みました。
シンプルなパンほど難しい。
パンは奥が深いです。

IMGP8469.jpg
イングリッシュマフィンも、可愛い形で焼きあがりましたね。
トッピングのコーングリッツが口の中でプチプチいいます。
この食感がまた楽しい。
半分にカットしてサンドウィッチ、いーですねー。

IMGP8474.jpg
午後の生徒様の作品です。
昨日のクロワッサンクラスにもお越しくださいました。

今日は、クラスに来られる前に、
昨日ご自分で作られたクロワッサンを
お友達の方に配られたのだそうです。

『このクロワッサン、どこで買ってきたんですか?』

『えっ?!作られたんですか???』

『すごい!!!美味しい~』

と言われましたと。
嬉しいですね。
みなさん、きっと笑顔でお口にほうばったに違いありませんね。

おかしかったのは、クラスの帰り道にご自身が通っている歯医者さんにも
焼き立てクロワッサンをお届したところ、
先生は治療中にも関わらず
立ったまますべてを召しあがったのだそうです。

『えーっと…患者さんは放ったらかしで良いのでしょうか…』

『それくらい美味しいってこと!』とおっしゃられたそうです。

私は基本的に、生徒さんの生地を触らないようにしています。
それは生徒さんが出来るだけご自分で作りあげて欲しいから。
私が手を出してまうと、その部分は体で覚えられないんです。
なので、見本はお見せしますが、基本的にはご自身でちゃんと作りあげていただいています。

というわけなので、
皆さまが美味しい!と絶賛されたクロワッサンとミートパイは
その生徒さんが作くられたパンへのお言葉なんです。

素晴らしい!

嬉しいお話でした。

今日はイングリッシュマフィンと角食パンを
ご実家のご両親へお土産にされるそうです。
ご家族のみな様が、素敵な笑顔になっている事を願って。



今日のRin'sKitchen Vol.8

だんだん朝の自転車通勤が厳しい季節になってきました。
ニット帽と手袋は欠かせません!!
冷たい風を感じると、気持ちがシャキッとなりますね。

今日のレッスン午前の部は
通常パンクラスでした。
みなさん、2度目以上の生徒様で、
捏ねや丸めは、だんだん慣れてこられました。
11月のメニューなので、

IMGP8450.jpg
イングリッシュマフィン
IMGP8454.jpg
角食パンを焼きます。
本日の作品です。

手捏ねはイングリッシュマフィン。
コーングリッツを練り込んだマフィンです。
生地はちょっと固めですが、しっかり捏ねてグルテン膜を作ります。

『家でも焼けるように、道具を揃えようと思うのですが…何から揃えていいのやら…』

確かにそうですね。
私は生徒様に
浅井商店】さんという、合羽橋にある道具屋さんをご紹介しています。

ネットでも購入ができ、品ぞろえ、価格とも良いように思います。

IMGP8455.jpg
角食パンは焼き立てを皆さまにお出しして、
湯気が立つ状態で召し上がっていただきました。
これって、パンを作った人だけの特権。
アツアツをフーフーしていただきます。
フワフワ、ほんわり、トロトロ~、このどれもが当てはまる
究極の贅沢です。
エゾシカの香りをたっぷり感じていただけるパンです。

『今までの中で一番おいしいパンだ!』

と言われ、涙が出るほど嬉しかった…。

この味を知ってしまうと、なかなかパンを買うことが出来なくなりますね。

そうそう、先月かな?キャロットソイブレッドを作られた生徒さんの息子さんが
普段は、ジャムやチョコレートなどを付けてパンを食べるのに
このキャロットブレッドは、「とても美味しい!」とそのまま召し上がってくれたのだそうです。
やはり手作りの味は何にも負けないんだな。。。と感じました。
今日の角食パンも好評だと良いな…:D

午後のクラスはパン恋クラス。
IMGP8458.jpg
クロワッサンとミートパイですね。本日の作品です。
バターの折り込み、折り込み、また折り込みで
作業作業のクラスです。
途中空いた時間にミートパイの中身を作り、
最後に形にして焼きあげます。

午後の生徒様も、もう2回以上ご参加いただいていて
ご自宅でもお菓子やパンを作られる事もあり
手際がいい。
IMGP8459.jpg
IMGP8461.jpg
バターがちぎれることもなく、キレイな層を作り上げ、
こんなに立派なクロワッサン達が出来ました。

『教室だと先生が用意してくれているので出来るんです~』

いえいえ、準備はちょっと大変ですが、それさえ出来ればちゃんとお家でも焼けますから!
是非やってみてくださいね。

『作る労力を考えると、つい買っちゃうんです。
 でも、こんなに美味しく焼けたら、作ってみたいと思いますね』

分からない事はなんでも訊いてくださいね!


午前も午後も、充実感のあるとても楽しいクラスでした。
笑顔がたくさん生まれていますよーに;D


素敵な建物 in ホーチミン

IMGP7913.jpg
フォーでお腹も満たされた私たちは、
そのままタクシーで街の中心地まで戻り、ちょっと観光をしてみました。

あ、ベトナムのタクシー代は初乗りで25円くらいスタート。
5分くらいのっても100円くらいのお支払いなので、移動はタクシーが主になっちゃいます。
安いですね!

しかし街には相変わらずのバイクの量。
家族4人で乗ってますよ。素晴らしい平衡感覚。


ということで、まずは
ホーチミンの表参道?
IMGP7889.jpg
ドンコイ通りという
いろんなショップが連なる一番賑やかな通りへ。

IMGP7893.jpg
一番奥、サイゴン川まで突き当り、そこからスタートです。
ちょっとわかりにくいのですが、フェリーの中はほとんどがバイクです;D

IMGP7894.jpg
街の古さと近代的な建物のコラボレーションが街のあちこちで見られます。
この日オープンしたオフィスビル。
カッコイイですね~。


たくさんのショップが立ち並ぶドンコイ通りを歩きます。
お土産屋さんはどこも同じ様な品ぞろえで、そのうち飽きちゃうんですけど
つい寄り道しちゃいます。
雑貨が可愛いんですよね。

突然ですが、ベトナムは乳製品が美味しいらしいんです。
牧場を経営しているカフェがあったり。
濃厚なアヒルの卵とコンデンスミルクを使って
滑らかに仕上げるため、とても美味しいのだそう。
あちこちのカフェでその味を競っていると知り、
プリン好きの私たちは早速試食に。
ドンコイ通り沿いの
『ポンセンホテル』内のカフェに行きました。
たまたま通りかかって。
ホテル内のせいか、重厚感のあるカフェです。
小ぢんまりしていてソファがフカフカで外の雰囲気とは一転。

IMGP7896.jpg
まずは初ベトナムコーヒーを。
フィルター付きじゃなくて残念。次回は絶対にフィルター付きで!
練乳入りで甘いけれど程よい苦みが大人味のコーヒー。
後味は練乳の甘さが喉の奥に残ってピリッと。

IMGP7897.jpg
そして、待ってました!の ぷリーん。
ハート型のプリンに氷がのってます。
ちょっと意味がわからないけど。
濃厚で滑らかで、聴いていた通り!
美味しいです。日本の美味しいプリンを食べているみたい。
カラメルも良い苦みです。
氷が解けても薄くならないのは、相当濃いカラメルなのかも。

IMGP7899.jpg
もう一種のデザートは
クレープですね~。
イチゴのジャムがたっぷりかかってます。
ラムの香りとバターのコク、ストロベリーのジャムの酸味が
合う~!!

IMGP7901.jpg
中を覗くと、リンゴの角切り。
丁寧な仕事をされてます。
とても美味しかった~。

コーヒー2杯
プリン
クレープをいただき、
VND181,000ベトナムドン
日本円で900円くらいでした。

ここからがこの日の観光のメインイベント的な…
ベトナムはフランスの植民地だったせいか、フランスの影響を受けてなのか、
素敵な趣のある建築物が多いんです。

IMGP7904.jpg
まずが市民劇場。
旧オペラハウスです。

IMGP7910.jpg
奥行きのある、忽然と現れるゴージャスな建物。
キレイですね。

IMGP7915.jpg
続いては、聖マリア教会です。
古き良きな、総レンガ作りの重厚感ある建物です。
古代ローマの建築様式を意識した作りなのだそう。
赤レンガはフランスから運んだんですって!

IMGP7930.jpg
側面ももちろん赤レンガです。
遠くからみても、存在感があるんです。

IMGP7923.jpg
教会の中は、天井が高くアーチ型。
とても奥行きがあります。
両サイドにはキリストやマリア様がステンドグラスと共にいらっしゃいます。
厳かな空気です。

IMGP7926.jpg
教会の左側には、これまた素敵な建物。
フランス人建築家によって建造された中央郵便局です。
画にかいた学校のような作りで可愛らしいです。

IMGP7932.jpg
中もやっぱり可愛らしい。
ちゃんと業務が行われていました。
ま、ほとんどは観光客ですね。
欧米人が多くみられます。

IMGP7933.jpg
たくさんの種類の切手などが飾ってありました。
レトロな感じがして、気になる~。

外に出てみると、もうすっかり暗くなっていました。
また17時くらいだったかな。。。

充分な街見学が出来たので
この日はこのままタクシーでホテルへ帰りました。

ホテルに戻り、ラウンジでちょっとひと休みしてから、
食事に出かけました。

今日はここに行こう!といって決めていたイタリアンがあったのですが、
あるはずのお店が無いんです。
地元でも美味しいと評判だというので、是非!と思い楽しみにしていたのですが
無いんですねー。
仕方ないので、隣に最近オープンしたばかり風なイタリアン?に
入りました。
案の定ひどい味で、サクッと退出。
ホテルに戻ってラウンジで飲み直しました。

なんやかんやでベトナム初日は終わりました。

まだまだ続く…;D



KLからAir Asia でベトナムへ飛びます!


IMGP7849.jpg
KLに到着して2日後、彼とベトナムへ向かいました。
朝早い便での移動だったので、
5時に起きて支度をしてタクシーで空港へ。

12月から羽田⇔KL就航決定のAir Asiaに一足お先に乗っちゃいました。
どんな航空会社なのか散々聞いていたので、どんなものかと楽しみに。
まず、カウンターでチケット発券。
レシートみたいチケットで、すぐにどこか行っちゃいそうな感じ。不安。。
そして荷物を預けて簡単なボディチェック。
ちょっとお休みしてから、ゲートへ。
まだ時間じゃないのに、ゲートはもう閉められてる。
うそ!もう飛んじゃう?
で、ゲートの扉を開けてもらい、扉を抜けるとそこは外。
うん、外。。。
飛行機乗るのに、外。。。

IMGP7847.jpg
ひたすら歩きます。
長い長い外の通路を歩いて、
出てきたのはゲート70。
あった、ゲート!
そして飛行機もあった。
歩いて飛行機に乗り込みます。
ゲートの入口には、真っ赤な制服を着た派手なねーさん。
チケットをチェックして飛行機へ。
なんか笑える。

IMGP7851.jpg
無事席に着き、ホッ。
それにしても派手な客室乗務員さんだ。
化粧ばっちり、髪の毛盛ってます。

IMGP7853.jpg
2時間のフライトを経て、ベトナム到着。
空港からホテルに向かう為、タクシーで市内へ。
そして観ちゃった!!
笑った。驚いた!
すごい数のバイク達。
何これ!?
映像では何度も観てるし、バイクが多いことは聞いていたけれど、
生映像は迫力ある。
すごいすごい。
興奮。
思わず写真を撮りまくりました。
2人乗りなんて普通。3人4人乗りしてます。

IMGP7856.jpg
ガソリンスタンドもバイクしかいないし。
車なんて、バイクの1/4くらい?しか走ってないもん。
いやー、すごい。
勢いを感じました。
これからどんどん発展するんだ!というパワー漲る空気。
活気があって良いなぁ。

IMGP7869.jpg
バイクと並走しながら、空港から20分くらい走ったところに、
これから2泊するホテル
『ソフィテル・ホテル』
があります。
ヨーロッパ系のとても可愛いホテルです。
アメニティはロオクシタンで揃えられています。
お食事が美味しいという情報からこちらに決めました。
(お食事の情報はまたどこかで!)

IMGP7858.jpg
到着してチェックインをしている間に出していただいたコーヒー。
あ!ベトナムコーヒーだ!
と張り切って飲んでみたら、エスプレッソ。ガクッ。
ヨーロッパ系ホテルなんでね。

荷物を置いてひと休みしたら、ランチにフォーを食べに行こう!
地元の人に大人気!
フォーホア
というお店に行こう!

コンシェルジュに聞いてみると、発音が通じない…

『フォーホア』に行きたいんだけど…

『Pho Ho......wa.....?』

『いやいや、フォーホア』よ。

『Pho ?????』

『Oh~!!Pho Hoa ね!』とコンシエルジュのおねーさん。

そういってるんだけど…

『私の口みて!Look Look! Pho..... Hoa って発音よ』

ウィッキーさんか!

ベトナム語は難しい。
出鼻挫かれ、『Pho Hoa』へ。

IMGP7874.jpg
ホテルから歩くと20分くらいだそうで、
地図を頼りに向かいました。
最初くらい歩いて散策がてらね。
すると、いろんな人に出逢います。

IMGP7875.jpg
三角帽子のご婦人。
先進国に比べるとすべてがまだまだ貧相なベトナム。
物価も安いし、生活スタイルも今の日本からみたら考えられないほど。
生れてないけど、きっと40年50年前の日本の姿なんだろうな。
活気があって、笑顔があって。果てしない未来を切り開いていく感じ。
未来への望み。
暖かい空気がみなぎっている。

IMGP7878.jpg
そんなことを感じながら、舗装されていない歩道を歩き、バイクをよけ、
やっと到着。
発音難しい 『Pho Hoa』です。
ランチ時でもあったので、地元の方で賑わってますね。

IMGP7884.jpg
私は無難にチキンPho
わりと大きな、ラーメンのドンブリくらいの器に
たっぷりのフォーが入っています。
味は...なかなかフォーを食べる機会がないので、
こんな感じなのかな?正解はどれ?な感じ。
隣をみると、いろんな調味料で味付けしています。
黒いタレは香りと甘みがあるみそのような感じ。
赤いタレはチリペースト。
これ入れよう!
IMGP7881.jpg
IMGP7882.jpg
あとはテーブルに用意されているライムと香草。
パクチーやレモンバーム、バジルなどです。
こちらは遠慮して、ライムとチリペーストで
辛みのなかにもあっさりさっぱりしたスープが出来ました。美味しい!
鶏肉はちょっと硬くて食べずらいけれど、
フォーは裏切らない味でした。

IMGP7886.jpg
彼は牛肉ポールPho。
お肉は硬くてパサパサなのでイマイチかな。

これからベトナム滞在中にどれくらいフォーを食べられるかな?!
楽しみです。

ちなみに、二人で
ビール2本、フォー2つ、ジュースを頼んで
VND(ベトナムドン) 96,000ドン
日本円にして、480円でした。

安い~;D

 

Pho Hoa
住所 260C Paeteur, Q.3
TEL 829-7943
営業時間 6:00-24:00

クラシック演奏会 in マレーシア

まさか、マレーシアでクラシックが聴けるとは!

この滞在中、2回もクラシック鑑賞に行っちゃいました。

マレーシアフィルハーモニー管弦楽団の演奏会です。

この楽団の日本人コントラバス奏者の古澤さんと
彼が仲良くさせていただいている関係で、
私もお邪魔させてもらっちゃいました。
そして、いろいろお話も聞かせてもらったりして。

こう見えて、私も4歳からピアノ、
中学時代は吹奏楽部でトランペットを吹いていたんです。
コンクールとか出ちゃったりして。
なのでクラシック音楽はとても好きで、良く聴くんです。
彼は私よりも好きで、よくN響や東京フィルの定期演奏会チケットを
年間で購入して聴きに行っていたほど。

なので、まさか、楽団員の方とお友達になれるなんて、
夢のようで、興奮しました。
演奏会の裏話なんかを聞かせてもらったり。

ホールは、ペトロナスツインタワーにあります。
小ぢんまりしているけれど、正面にパイプオルガンがある本格的なホールでした。
国営の石油会社ペトロナスが、ホールも楽団も作り、
それはそれは力が入っています。


この日の演奏曲は、

ポール・デュカス 交響詩「魔法使いの弟子」
カミーユ・サン=サーンス ピアノ協奏曲第5番ヘ長調 作品103「エジプト風」
プロコフィエフ 「ロメオとジュリエット」

でした。

初めて聞くマレーシアフィル。
どんな楽団なんだろう!

早速演奏が始まります。
指揮者はステファン・ドヌーヴ
私と同い年くらいの指揮者で、感情表現が豊か。
神経質なのかな~?と思わせるほどの“間”へのこだわりを感じます。
そんな指揮者だからこそ、楽団員は気分がのってくるのでしょう。
古澤さんも、とてもノリノリで演奏されてるのがわかりました。
(ノリノリって表現が適当ではない楽曲ですが・・・)

それから、トランペットの音が透き通っていてとてもキレイでした。
やっていたせいか、いつも気にしちゃいます。
いあーキレイな音でした。聴いていて心地よいという感じ。

そして!2曲目に登場された
ピアニストのジャン=イヴ・ティボーデ
なんて素敵な面持ち。
と言ってもお顔は見えないのですが、
立ち居振る舞いやピアノを弾いている姿から、
なんとも言えない素敵な雰囲気をかもし出されていて…
更にはピアノの音色が素晴らしい!
彼がピアノを弾き出した途端、背筋が伸びるというか、意識が張り詰め引き寄せられるというか。
技術ももちろんですが、とにかく音が素晴らしかった。こんなピアノの音ってあるんだ~
鳥肌がずっと立ちっぱなしでした。


全体的にとても素晴らしい内容で、
すごく満足しちゃいました。
更に、ちょっとだけだけどお知り合いの方が舞台の上にいらっしゃるという
環境での鑑賞は、またいつもと違った感覚で、それも含めて興奮しましたよ。

公演終わりは、古澤さんも一緒に
ホール下にあるレストランバー『Chinoz on the park』でお疲れ様会。

すごく気持ちの良い
初☆マレーシアクラシック観賞でした。

せっかくなので、古澤さんと一緒にパチリ!
古澤さんと!



今日のRin's Kitchen Vol.7

IMGP8334.jpg
本日は通常パンクラスです。
午前のクラスのみ。

IMGP8326.jpg
イングリッシュマフィン
角食パン
を焼きます。

今回ご参加いただいたのは
毎月お越しいただいている生徒様2名です。

お二人とも手が慣れていらっしゃるので、
生地もあっという間に捏ねあがりました。

今回はイングリッシュマフィンを手捏ねしていただいてます。
コーングリッツが入る分、グルテンチェックがちょっとしずらいのですが、
丁寧に伸ばすとチェックできますよ!

良い生地が捏ねあがり、発酵させて型に入れて
可愛いマフィンになります。

角食パンは扱うのが困難です。
お水が多い生地なので、台にくっつきやすくフワフワ。
なかなか言うことを聞いてくれないところを
なんとかまとめなくてはなりません。
ちょっと大変そうだけど、美味しいパンが焼けますから!
頑張って!

生徒さんのお1人は、ご自宅でも良くパンを焼かれていて、
先日作られたというクリームパンの写真を見せてくださいました。
ホシノ酵母で作られたとのこと。
素晴らしい:D
出来栄えももとてもキレイで、売れそうな感じです。
先日に引き続き、また嬉しい報告でした。
ありがとうございます;D


さて、本日の作品です。

IMGP8329.jpg
イングリッシュマフィン
可愛いスタイル。
フワフワでそのままでもサンドウィッチでもいけます。

IMGP8331.jpg
そして!食パン。
甘い、香ばしい香りが立ち込めます。
熱いところをそっとカット。
湯気が上がります。
中はフワフワです。
IMGP8332.jpg
ちぎるとトロトロです。
こんな焼き立ては、パン作りをした方のみの特権。
贅沢過ぎる瞬間。

大満足な出来栄えで、お二人とも笑顔:D
そんなお二人を見て、私も笑顔になりました。



そうそう、先日ある生徒さんからこんな質問をいただきました。

『捏ね過ぎない…というのはどの程度の捏ね具合ですか?』

確かに、レシピの文字のみではなかなか理解できません。
そういう疑問は少なからずみなさんあると思います。
ありがたいご質問でした。私にとっても、とても勉強になりました。
ありがとうございます;D

これからのクラスでは
出来るだけ言葉などでご説明していくつもりです。

それでもわからない時は
どうぞご遠慮なく、聞いてくださいね。





今日のRin's Kitchen Vol.6

IMGP8312.jpg
今日は午前と午後のクラスを開催しました。

どちらもパンが料理に恋したら…のクラスです。

そう!みんな大好きクロワッサンとミートパイ!
デニッシュ生地をつくります。
バターの折り込みのお勉強ですね。

2枚のデニッシュ生地を作るので、生徒さんからも

『これくらい作ると覚えられそう!』

とみなさんやる気満々。

IMGP8317.jpg
その意気込み通り、27層のデニッシュ生地はどれもこれもとても素晴らしい出来栄え。

キレイな層が出来ています。

『初めてです!』

という生徒さんがほとんどだったのに、この出来栄え。

IMGP8316.jpg
みなさん、器用でセンスいい~;D

IMGP8314.jpg
ミートパイもこんなに高さがでました。何度も言いますが、キレイな層です。
ちょっと楕円になったパイ。とても表情のある手作りの温かみが感じられます。
機械じゃなく手作りならではの表情。愛情が感じられますね。

IMGP8325.jpg
午後の生徒さんも手際良く、チャキチャキと作業され、
やはりどれもこれも、素晴らしい出来でした。
お家でもいろいろと作られるそう。

家で作ったロールパンがうまく焼けなかったとか、
旦那さんと長くうまく続ける秘訣とか…:D
いろんな話題で私まで楽しみました。


クロワッサンは焼きあがりが軽いと成功。
あまり膨らまず、重さがあるようだと、折り込みがうまく行ってない可能性が高いです。
生地、バターは出来るだけ冷たい状態で、寒い空間で作業しましょう。
ということで、11月~3月くらいまでの間しか焼けないパンなんです;D


そうそう、今日はとてもうれしい事がありました。
ひとりの生徒さんが、お家で焼いたパンの写真を見せてくれました。
私のレシピを基に、ご自分でアレンジしてお嬢さんのお弁当に焼いたのだそうです。
とてもキレイに作られていました。
何度もチャレンジして、やっとうまく焼けた写真ですって。
テンションあがります。
ありがとうございます。

次回もきっと美味しいパンが並びますよ。

IBJさんの婚カツパン教室

昨夜は毎月恒例の
結婚相談所 IBJさんとのコラボ企画
婚カツパンクラスでした。

毎回 日本ニーダーさんのショールームをおかりして
やっております。

今回は男性女性2名ずつの4名様。

パンとパスタを作ります。
どちらも粉からですよ!

今回のパンは
コーンブレッド
コーンブレッド。
パスタは
簡単ミートソース
スパゲッティと簡単ミートソースです。

パンはお1人ずつ、ご自分の分を作っていただくのですが、
パスタは2名一組になって製麺をしていきます。

一番楽しい作業です。
お話も弾んじゃいます。

たとえば、お料理をするかとか、得意料理は何かとか、
そんなお話をされてました。
みなさん、料理はそれなりにされているようで、
いろんな質問も出ました。

ニンジンのみじん切りが切りづらい。。。
トマトソースの酸味が気になる。。。

などなど。

男性からもですよ!
自炊される男性が増えてるんだなって感じました。

私のやり方をお教えして
みなさん、満足してくださいました。良かった;D

来た甲斐があったー!!って。

いやいや、素敵なお相手探しも忘れないで~。



今回も楽しく笑いあるクラスでした。

素敵なカップルが誕生することを心待ちにして
また次回もみなさんの笑顔が見られますように・・・

旅行日記 【KL 2日目】 夜ごはんはバクテー?!

今日は、先日行っていた旅行のお話を書きますね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

IMGP7824.jpg
クアラルンプールに到着して2日目。

この日はゆっくりめスタート。

彼が住むコンドの裏に出来たパン屋さんを覗きつつ、
お散歩がてら一番近いショッピングモールへ。
(あ、パン屋さんはまた別にレポートしますね;D)

ブギッビンタンというKL中心の街にある
IMGP7823.jpg
PAVILION
というモール。
六本木ヒルズのような雰囲気。
ブランドストリートを抜けると、
大きな吹き抜けのショッピングモール。

マレーシアに来たらサンダルを!
というくらい、サンダル屋さんが多い。
そんな中、CAもまとめ買いして帰るというお店は
Vincci と Nose

IMGP7843.jpg

お陰さまで、私もこんな具合。
この写真意外にもまだ有ったりします。。。(*_*;
いや、安くて可愛いんで、つい。
1足1500円くらいなんです。

ま、初日なのでこれくらいにして、
お腹もすいてきたことだし、
ご飯でも。

IMGP7840.jpg
この日は、彼おススメのこちら。
肉骨茶(バクテー)って書いてあります。

「ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に使用するハーブと中国醤油で煮込んだもの」

らしいです。
ウーロン茶のような色のスープなので、
お茶で煮込んでいるのかと思ったらそうじゃなかった。
にんにくやスターアニス、シナモン、クローブなんかで煮込んでいる薬膳料理の一種だとか。

お肉をほぐして、スープと共にご飯にかけていただくみたいです!美味しそう!


IMGP7826.jpg
店内もキレイ。中華料理のお店みたい。

IMGP7825.jpg
何やら、茶器を温め出すスタッフ。手際がいい。
本格的?なお茶の作法。

IMGP7828.jpg
ジャーン!
まずやってきたのは、こんな大きな骨付きのお肉。
漫画に出てきそうなお肉ですね。
ちょっとびっくり。はみ出し過ぎです。

IMGP7831.jpg
でも大丈夫。
お店のおねーさんがちゃんとカットしてくれて、食べやすくしてくれます。
ハサミでカットもすごいけど。

IMGP7833.jpg
こんなにきれいに骨が外れます。
この部分だけみても、お肉がトロトロなのが想像できますね;D

IMGP7829.jpg
お野菜は、ロメインレタスの蒸しサラダです。
トッピングには小海老のフライやココナツのフライみたいのが乗っていて、
マイルドなお醤油のような調味料や、お塩などで味付けされ、
お肉とお肉の間のオアシスになります。
シャキシャキとした食感もはまります。

IMGP7830.jpg
続いて運ばれてきたのは、スペアリブです。
やっぱり半分器から出ちゃってます。
味付けはどれも同じかと思わせる色なのですが、
うっすら違います。
こちらはちょっと油っぽいかな?
とはいえ、皆さんが想像しているような油っぽさはありません。
基本はすごくあっさりの仕上がりです。

IMGP7834.jpg
そして、バクテーの代名詞的なお肉は、バラ肉。
待ってました!!のバラ肉。
これも美味しそうだ。
お汁に浸かっちゃってます。。。
このお肉が一番脂っこく感じました。
やはり脂身が多いせいでしょうか。

IMGP7836.jpg
トロトロに煮込まれているので、お箸で小さく崩れます。
それをご飯に乗せて、薬膳エキスたっぷりのスープもかけて、
一緒にいただきます。

香りがよく、なんか健康的になれそう。

二人でおなかいっぱい食べて、代金は
RM 50
日本円 1300円也。

美味しくて安くって、
素敵な町クアラルンプール。
まだまだ土地のものを堪能出来そうな予感;D


食事の後は、マレーシア交響楽団の演奏会へ出かけました。
そのお話はまた改めて書きますのでお楽しみに!


◇PAO XIANG BAH KUT TEH(パビリオン店)◇
Lot 6.38, Level 6, No 168, Jalan Bukit Bintang,
55100 Kuala Lumpur.
Tel: 03-2148 6388
営業時間: 10:00am-10:00pm




今日のRin's Kitchen Vol.5

IMGP8303.jpg
突然の強風に、お洗濯もの飛ばされませんでしたか?
ひどいお天気でしたね。

今日のクラスは11月通常パンクラス。
初日です。

本日の生徒さんは、
私が横浜でクラスを持たせてもらっている時からの方で、
随分長いお付き合いになります。
ご自宅でも、ご家族やご近所さんに
よくパンを焼いていらっしゃるとのこと。
教室に来られる時も、いろんなご質問をしてくださいます。

粉の特徴やレシピの組み立て、発酵のやり方、
成形の仕方から機材の使い方などなど。

出来るだけ私からたくさんの情報をお持ち帰りいただきたいと思っているので
こういうお話はとてもうれしくなってしまいます。

つい時間を忘れてお話が弾んじゃいます。


今日焼いたのは、

イングリッシュマフィンと角食パン。

IMGP8306.jpg
良い色、良い香りに焼きあがりました。

私の角食パンは甘めです。
噛めば噛むほど甘みをジンワリ感じます。
IMGP8308.jpg
そしてフワフワ。
焼き立ては贅沢な味がします。
これは焼いた人特権ね;D






クアラルンプールのパン屋さん【The Loaf】

IMGP7802resize.jpg

クアラルンプールに来て、美味しいパン屋さん巡りをしてみた。
意外とオシャレな街、クアラルンプール。
パン屋さんもこんな具合。
『The Loaf』
ブキッビンタンという街にある。
大きなモールがあったり、オシャレな若い子が集まる渋谷の様なところ。
テラス席もあって、朝からパンとコーヒーをのんびり楽しむのも良いかも~

オーナーは元首相のマハティールさん。
日本のパンをとても好み、是非マレーシアでも!とオープンさせたのがこのお店なのだそう。
日本人が焼いているんだって。
値段は日本とあまり変わらないので、地元の人にはちょっと高級。

IMGP7809resize.jpg

IMGP7803resize.jpg

店内は、こんなにスタイリッシュ。
素敵なショーケースのなかに収められていて、飾りなのかと思ったほど。

IMGP7804resize.jpg

対面式のカウンターの上にはたくさんの焼き立てパン。
お客さんは白人が多いかな。

IMGP7807resize.jpg

こんな宝石箱のようなキレイなパン。
ケーキみたい。美しい!

IMGP7810resize.jpg

クロワッサンも良い色に焼き上がってますね。

IMGP7811resize.jpg

大きさは直径5cmくらいのカワイイサイズ。
クッキーやケーキの代わりにちょっとしたお茶受けにいいかも。

IMGP7812resize.jpg

トロトロのビターチョコも、デニッシュ生地と一緒に頂くとマイルド。
濃厚で大満足。
こんなスタイルのパンをいくつか作ってみたい。

IMGP7814resize.jpg

ナッツがぎっしり入ったハード系のパンはてっぱん。
レーズンの甘み、くるみの油分、硬い食感はピーナッツ。
わりと大きかったのに、二人でぺろっと;P

IMGP7815resize.jpg

なすとドライトマトのパン。
これは普通かな。
チーズでひと味アクセント。

IMGP7817resize.jpg

甘い系はクランベリーとクリームチーズ。
モッチリした白生地に練り込まれたクランベリー。赤と白。
甘酸っぱさと濃厚なクリームチーズがとても合う。
クリームチーズ好きな私にはたまらない。
お焼きみたいなスタイルもカワイイ。

IMGP7820resize.jpg

これも焼き色がキレイで思わず頂く。
クロックムッシュ。
ハムとチーズのゴールデンコンビ。大好き♡
パンはふわふわ。味はチーズで消されちゃったから良くわからないけれど、
食感は最高。

パンはどれもキレイで、味のバランスも良い。
ちょっと高いけれど、日本にいなくてもこれだけのパンが頂けるなら
良いよね;D

IMGP8258resize.jpg

そうそう、このお店の素敵なところはココにも。
トレーが箱になっていて、そのままお持ち帰り用のバッグになるの。
衛生的でとてもいいシステム。箱も黄色でカワイイしね。


ちなみにパン屋さんの3階はビストロ。レストランです。
夜はフランス料理が頂けます。


The Loaf
Pavillion kuala Lumpur Level 3&4 Lot3.13.00&4.12.02
168 jalan Bukit Bintang 55100 Kuala Lumpur
603-2145-3036

わ~ペトロナスツインタワーだ!

P1070071resize.jpg
6月に教室を始めてからバタバタとしていて、
彼の住むクアラルンプールになかなか行かれませんでした。
11月頭に時間を作って、やっと訪れることができました。

成田から7時間のフライト。
お昼に出て夕方にKL到着。
彼がクルマで迎えにきてくれたので、独りでも安心。
そのまま彼オススメのカニ料理『ファッティ・クラブ』へ。
IMGP7795resize.jpg

空港からクルマで1時間ほど。
思いの他、華やかな街?道?を抜け、レストランに到着。

IMGP7781resize.jpg
扉ない、窓ない、どこでも入り口、でも屋根はある。。。
というお店。(彼曰く、この程度でも中の上クラスらしい)
椅子やテーブルはプラスチック。タイル張りの床。

「キレイな格好で飛行機に乗らないでね!」

と言った彼の言葉の意味が、この瞬間にわかりました。
そんな彼は仕事終わりでスーツ。

さ、オーダー。
英語もイマイチ通じないこの街で、何をどう頼む?
行きつけてないと難しい。
IMGP7778resize.jpg
とはいえ、これだけしかないメニュー。数合わせなのか、おしぼりまで有料。
お金払ったおしぼりの適当さに唖然。こんなもんか。
彼がお店のおばさんとお話して、オーダーが済んだ様子。

早速出てきたのは、
IMGP7784resize.jpg
チキンウィング。

みんな食べてる。美味しくない訳ない風な風貌。
待ち切れず手で頂きました。
スパイシーでカリカリ。ジューシーだしお肉は柔らかい。
なんて美味しいのかしら!
何故だかわらないけれど、こちらの鶏肉は美味しいらしい。

食べたいものを注文すると、ちゃんと計算して2人で十分な量を持ってきてくれるから
すばらしい。

IMGP7787resize.jpg
続いて、待ってました!のカニ。
酸っぱ辛い、ガーリック風味のカニさん。
肉たたきが一緒にきたのが不思議。
みんなテーブルの上で叩いてカニを食べてます。
なるほど~だからテーブルクロスが破れてるんだな。

私もやってみました。
簡単だし、食べやすい。

味噌が濃くて、身は柔らかい。淡白なんだけど、ソースが絡みやすいので
味はしっかり効いています。
ご飯が欲しくなる。。。と思っていると

IMGP7785resize.jpg
やってくるご飯。
野菜炒飯。

至れり尽くせり。
シンプルな料理なんだけど、ホッとする味。
お米は少し癖のある香りがするけれど、カニと一緒だと気にならない。
むしろ合う。
カニのソースをご飯にかけてあんかけ風。
たまらない。美味しい。

それでも余るカニのソースは
トーストに付けて最後まで頂く。
カリカリに焼かれたトーストはサクサクで軽い。
ソースをしっかり含ませ、ジュワッと頂くのがたまらない。
これ病み付きです。

かなりの量だぁ~と感じたのもつかの間、あっという間にこの通り。

IMGP7790resize.jpg
完食です。

美味しかったー;D

チキンウィング、カニ、炒飯、トースト、7up、ビール(3本)をいただき
RM98(日本円で¥2、600也)。

安っ!

これからの食事が楽しみ in KL。


◇肥佬蟹海鮮楼 Fatty Crab◇
No.2, Jalan SS24/13, Taman Megah, 47301, Petaling Jaya
Selangor Darul Ehsan, Malaysia
03-7804-5758(KLのね)