10月のレッスン予告

まだまだ暑い日が続きますね…
秋はどの辺まで来てるのでしょうか。

そんな残暑厳しい8月の終わりですが、
10月のクラスのご案内です。

Rin's Kitchen 【通常パンクラス】   ¥5,000
~ベジタリアン風ブレッド~

◎リンゴコンポートとひよこ豆◎ 
ライ麦粉を40%練り込んだ生地を薄くのばし、マフィン型を使って
カップ型に焼きあげます。
中にはリンゴのコンポートとひよこ豆を入れ、
薄い生地とのコラボレーションがクレープ風な食感です。
お1人4個焼きあげます。
※一次発酵済みの生地をお渡しします。


◎キャロットソイブレッド◎
牛乳、バターを使わずに、豆乳とショートニングで捏ねあげた
ベジ風なニンジンブレッドです。
豆乳の苦手な方でも美味しく召し上がっていただけます。
体にも嬉しい効果がたくさんある豆乳。
ベジタリアンの方も、そうでない方も
是非お試しください。
ニンジンのオレンジ色がとても可愛い、ふんわりブレッドです。
お1人パウンド型で2本焼きあげます。
※手捏ねしていただきます。


Rin's Kitchen 【パン恋レッスン】  ¥6,000


◎マッシュポテトとひき肉のグラタン◎
ホクホクのじゃがいもを使って、ふんわりマッシュポテトを作ります。
さらに、ひき肉やお野菜をトマトソースで煮込んだ
ミートソースの上にふんわりマッシュポテトとチーズをのせ
グラタンを作ります。
お子様も大人も美味しく召し上がっていただける
暖かいお料理です。


◎ハード山型食パン◎
フランスパンの生地を使って、ハード系の食パンを焼きましょう。
一斤型を使って、焼きあげます。
表面はカリカリ、中はモッチリな食パン。
お料理にはもちろん、トーストしてジャムと合わせても
さっぱりと召しあがれる美味しい食パンです。
バターも使わないのでヘルシーです;D

※お1人1本焼きあげます。


※都合により、急遽内容を変更する場合がございます。


日程等は9月初旬にHPに掲載します。
Rin's Kitchenからご覧ください。

お申込み、お待ちしていますね:D



9月の通常パンクラスこちらからどうぞ!
9月のパン恋レッスンこちらからどうぞ!
イベントクラスもやってます!こちらです。

スポンサーサイト

9月のイベントクラスは天然酵母パンでサンドウィッチ

Rin's Kitchen より

9月のイベントクラスのご案内です。

◎白神酵母で作る天然酵母のサンドブレッド◎

IMGP6470.jpg
お1人4つ焼きあげます。
天然酵母ならではのふんわり感たっぷりなパンです。
そのままでもとても美味しいパンを焼きましょう。


そしてそのパンにサンドしていただく

ハーブハムをご案内します。

P1040519.jpg
ヘルシーハーブハム

タイム、ローズマリー、粗塩などを練り込み、
熱湯に浸けて作ります。
とてもヘルシーで美味しー。
ワインと一緒にそのまま召し上がっても、
チーズを合わせてピンチョス風に飾ってもイケますよ!


日程は

9月12日(日) 10;00~ 空席5名様
         14;00~ 空席5名様

  16日(木) 10;00~ 満席です 
        14;00~ 空席5名様 


お問い合わせは rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。
※こちらのクラスは、パン教室カンナ主宰 米山先生とのコラボクラスです。


皆さまにお逢い出来ますように・・・:D


老舗洋菓子を楽しむ

IMGP6583.jpg
先日、友人が教室に訪ねて来てくれました。

私はお客様にお持てなしするのがとても好きなので
この日も冷たいパスタと簡単なサラダ、残り物の(ごめんね)えだまめで
えだまめポタージュを豆乳で作りました。

特別なものではないのだけど、
あるもので、チャチャッと作る、それでいてちょっと見た目にキレイなものを作る。
こんなのって、すごく良いなと思いません?
私はすごくそう思っていて…
私の教室のお料理クラス(パン恋)では
こういった

ちょっとだけのこだわり?
ちょっとだけ手を抜かない?

簡単なお料理をいかに御もてなし料理に見せるか!

みたいなものをお教えしたりしてます。

あ、宣伝になっちゃいました(>_<)


で、お友達が来てくれて、
お土産を持ってきてくれました。

彼女はベジタリアンで、
食に対する意識がとても強い人。
かなり見習わなくてはいけない要素満載なのですが、
この日も、こだわりの洋菓子を持ってきてくれました。

こんなレトロ調な包みの中には

IMGP6573.jpg
大きなバームクーヘン

わお!

美味しそうな弾力です。
賞味期限も2週間くらいあったので、
チョビチョビ一人で楽しもう。

あっさりした生地でとても懐かしい味わい。
大人から子供まで、みんなが楽しめる味です。
ま、私は一人で楽しむわけですけども…。

IMGP6575.jpg
紅茶、コーヒー、すごく合います。

最近のケーキは豊かなコクや、甘み、
香り、マッタリ感がバランス良く合わさって
とてもリッチな味が多くなってきている中、
こういったシンプルな、さっぱりした味わいの
お菓子は、ちょっとホッとする。

冷蔵庫で冷やして食べると、ちょっと生地が硬くなってしまうので
少しだけ常温に放置しておくと、程よくふんわり感が復活して
これまた良い。

教室に来てはチョビチョビカットして食べています。

IMGP6585.jpg
一緒にいただいた焼き菓子も、
なんとも懐かしいこのフルーツケーキ。
これもまた懐かしい味。バターと小麦粉でシンプルに作り上げた感がたっぷり。
美味しかったなぁ~。

こういうお店はずっと残っていてほしいものです。
包み紙もレトロな模様で、何に使うのかわからないけれど、
取っておいてます。


贅沢なおやつタイムを楽しむ毎日です。


近江屋
【本郷店】
東京都文京区本郷4-1-7
03-3815-3007

【神田店】
東京都千代田区神田淡路町2-4
03-3251-1088





友人への夏のおもてなし?ランチ

IMGP6644.jpg
この教室を立ち上げるときに
いろいろと提案をしてくれた友人が
久しぶりに遊びに来てくれました。

暑い夏のこの日、
冷たいお野菜料理と冷たいパスタを作りました。

IMGP6630.jpg
冷やしたプチトマトと冷蔵庫にあった茄子を湯がいて冷たく。
湯むきしたプチトマトはこんなにもキレイ。
夏野菜はホントにキレイな色ですね。

パスタはきのこの白ワインソース レモン風味です。
簡単に出来るきのこのマリネを合わせました。

どうしても冷たいパスタは水にとってしまうので、
水っぽいくなってしまう。
暖かいうちに和えて、冷蔵庫だと伸びてしまう…
なかなか難しい。

今回は美味しく出来ました;D
ポイントはしっかり水分をとってからソースと合わせる事ですね。


このほかに、
定番の夏野菜のマリネも作って、お野菜たっぷりの夏ランチでした。

キンキンに冷やしたシャンパンとの相性も抜群でした~;P




久々感動

落ち着かないここ数カ月。

久しぶりに本を読んだ。

西の魔女
【西の魔女が死んだ】

題名から気になって
読んでみたいと思い、手に取った。


いやー
久しぶりに素敵な本に出逢っちゃった。

いじめに遭っている女の子とおばあちゃんのお話なんだけれど、
すごくほのぼのしていて、暖かくて、
自然と涙がこぼれちゃうような…

おばあちゃんの台詞がイチイチ素敵で、
ちょっと羨ましくなった。

私はおばあちゃんと、一緒に過ごす事があまりなかったので
もっともっと密に接しておけばよかったな。。。と後悔。

最近友人から、おばあちゃまと月に一度、銀座で待ち合わせしてランチをしたり
ショッピングをしたりする。。。というお話を聞いて
とても羨ましく感じる。

親とは違って、おばあちゃんってなんでもお見通し!だけど、
どこか人事というか、緩いスタンスなんだけど暖かい愛情の中での付き合いというか。
いいな。。。と思う。


またこんな本に出逢いたい。

あ、映画化されているんだ。
DVDで観てみよう。

ベルギーワッフルに挑戦!幸せブランチ

IMGP6553.jpg

この日のブランチは、ベルギーワッフルを焼いてみました。
カリカリ感が美味しいベルギーワッフルは
メレンゲを作ってサックリ捏ねて生地を用意します。
ベーキングパウダーは入れないのでふんわりはしません。

だからカリカリ。
チョコレートをコーティングしたら
まさにベルギーワッフル。

例のワッフルメーカーを使って
彼が焼いてくれました。
焼き時間も少し長めにして、
こんがりと焼き、そのまま何も付けずにいただきました。
程よい甘さが良い。
カリカリ感も良い。
あら、これも結構美味しいわ。
私はアメリカンパンケーキが大好きなので、
どうしてもふんわりした生地のワッフルを焼きがち。
でも、たまにはこういう冒険も
新しい発見があるわね!

おやつに最適。


IMGP6556.jpg
冷蔵庫にあったお野菜で簡単にサラダも。

あとはホウレン草&ハムエッグ


なんか大したメニューじゃなかったけれど、
すごく幸せなブランチでした。

美味し過ぎるイタリアンみーっけ。

P1070067.jpg

決してイタリアンに見えない
イタリアンレストラン

オステリア ジャポネーゼ
Osteria Giapponese

P1070066.jpg

寿司やジャン!

的なカウンターと魚たちの写真に驚かされます。

入口も、提灯とイタリアの国旗が掲げられ、
なんとも不思議な空間です。。。が、

相当美味しいイタリアンレストンランです。

始めに言っちゃう。
ホントに美味しかったから、言っちゃう。

久しぶりにこんなに美味しいイタリアン食べた~


この日はオペラ「キャンディード」を観た後の
ちょっと夜遅めのご飯をいただきに
以前から気になっていたという彼の提案で伺いました。

日本にいる私は知らず、マレーシアにいる彼が知っている日本のお店。

アンテナの張り具合。
こういうところはホントにいつも見習わなくちゃいけないと思うところです。


さて、
お料理お料理~

まずはサービスのパンたち。
フォカッチャ、グリッシーニ、バケットの3種類。

フォカッチャ
フォカッチャ。
ふんわりジューシー。でも脂っこくない。
味もしっかり目に付けてあって、そのままで充分に美味しい。
なにこれ。
このジューシー感。
もちっとするし、ジュワッとするし、初めての食感かも。

グリッシーニもしっかり目の味付け。
カリカリ。
香ばしさが口に広がり、チョビチョビ食べてお酒のお供にも最適。
これ、つい食べすぎちゃう。スナック感覚。

バゲット。。香り良い!皮美味しい!後味最高!
パン屋さん?ここ。
なんと!50年ものの生イーストを使って作ったものらしく
皮の風味が最高に良い出来なんだと。
天然酵母のような酸味があって、初めはそうかと思い聞いてみたら
なんとそういうお話で。
50年ものの生イーストがどんな状態であるのか、
想像もつかないけれど、やっぱり年代ものは美味しいんだな。。。と実感。

レバー
こちらは、パンと一緒に出てくる、レバーパテ。
トロ~リマッタリで、クセがなく、美味しい。
かなり柔らかい状態までのばしているので、臭みもほとんど感じず、
濃厚クリームのような感覚で使えて、ホントに美味しい。
なにこれ。
これ、病みつき決定。

ここまで
かなり満足な私。


お刺身サラダ

P1070064.jpg
契約農家さんの美味しい新鮮お野菜に、ボタンエビやらカツオやら、季節の鮮魚、お刺身がのった
その名の通りのサラダ。
新鮮祭り!
ワインでも日本酒でも焼酎でも、何にでも合うお料理です。
お魚は新鮮だし、お野菜も甘くてシャキシャキ。
おつまみ感覚のサラダです。


ツナソース
こちらは牛肉のスライスのツナソースかけ
ツナソース、最高に好きな味。
なに…クリーミーでマッタリとしていて、
ケッパーの酸味とツナのザラザラ感と、クリーミー感と…
ツナ好きなんで、ちょっと真似したいところなんだけど、
牛乳とか生クリームとか入ってるのかなぁ。
チャレンジしてみようかなー。
サンドウィッチのソースとか野菜スティック、クラッカー、なんでも合わせられそうだ。

それにしても、このお店はパテとかソースとか
クリーミーな感じがとても上手だ。
勉強になるなー。

P1070068.jpg
せっかくこんなに美味しいお店を知ったのに、
このパスタまででお腹いっぱいになってしまった(>_<)
パスタは、本日おススメのお魚(樽に入った鮮魚を見せてもらった中の1つ)
アジをウイキョウと一緒にオリーブオイルであっさりと作っていただきました。
モッチリしたパスタに、大人味のさっぱりソース。ちょっと味濃い目。
夜中に食べるパスタはこういうスタイルが良い。

いやー、どれもこれもホントに美味しかったなー。

どうも料理教室を開催しているっぽいので
調べて行ってみようかな。
だって、あのソースたちのレシピ、知りたいもんね;)


こんな飲み屋っぽいイタリアンのおトイレにも
ちょっとした癒しPic発見。
意外と気が付かない場所に、可愛い額がありました。
是非いって探してみてください。

こいつがいますから!
キャラセサミ


オステリア ジャポネーゼ
東京都目黒区鷹番3-24-14
笹田ビル1F
03-3712-6264

テラスでビールなアメリカンランチ

P1070053.jpg

この日はお天気も良く、そして陽射しも激しく、
肩がジリジリ、メラニン子ちゃんな私は、きっとこの一日で
ワントーン黒く(?)なった事間違いなし。。。な予感。

歩いてヤマダ電機まで行き、用事を済ませて
ずーーーっと行きたくて行けてなかった
ハンバーガーショップへ。

新しい(といってももう数年経つかな?)ビルの4階。
テラスなんだけど、一応ミストガンガンで、
さらに4階という高さから、風もそこそこ通ってくれて
そんなに暑くなく、なんか心地よい。

時間もちょっとヅレていたので、空いてる。

P1070050.jpg
まずはご褒美のビールとサンペレ。
こういう日は、ビールが呑めると良いのにな。。。と思う。
なんとなく。
だから私も、シュワシュワ系のお水で気分だけでも。

P1070051.jpg
で、ビールを飲む人は、きっとまだハンバーガーじゃないから
まずはチリポテトをいただき、暑い夏の日の午後をマッタリ楽しむ。
ポテトが大きくてホクホク。
本当は私たち2人とも、細いフレンチフライが好きなんだけど、
今回はこちらで。っつーかフレンチフライが無かったもので。
ちょっと重いんだよね。
美味しいんだけど。表面のカリカリ感は大きい分しっかりあって、
それはちょっと癖になる揚げ具合。GOOD!

P1070052.jpg

で、お水の私は待ちきれないので先にハンバーガーいただきます!
アボカド好きなもので。ワカモレバーガーを。
大きいサイズと小さいサイズが選べます。
大きいと160gのパテ 小さいと100gのパテで
バンズもSmallだと可愛いサイズ。
でも、女子なら充分です。

それにしても、背が高い~。
どうやって食べようか。
本当なら崩して女の子らしく食べるのが可愛いのかもしれないが、
私、みんな一緒に味わいたい派なんで、
頑張ってパクつきました。

玉ねぎも生じゃなくて、ちゃんと火が通っているので
苦くないし、臭くない。
トマトも美味しいしワカモレも自然の味。

このお店は、お野菜もオーガニック、お肉も国産で
こだわっています。
何よりも美味しかったのは、このトマトケチャップが最高。
何も余計なものが入っておらず、トマトの甘みが自然。
濃厚で栄養満点な味がしました。

パテは炭で焼いてるのか?
いや鉄板だとおもうけれど、なんか香ばしくて
香りが良い。もしかしてお肉の質が良いからなのかな?
いやー美味しい。
あっという間にペロリと食べちゃいました。

私はセットにしたので
小さなコールスローサラダとシンプルポテトが付いてきました。
もちろんカリカリ。病みつき。

P1070056.jpg
私が一生懸命戦っているとことに、彼のチーズバーガー(単品)も登場。
見て!このメルトチーズ。
美味しそう!!まずいわけない。
キラキラ輝いてるし。チーズって最高だなー。

彼はとても上品な人なので(クックック)
トマトと、玉ねぎは先に食べちゃうんです。
そして、高さを低くして、ガブリッ。
上手。キレイ。汚れてない皿。
彼も充分に美味しさを堪能したようです。

アメリカから帰ってきてから、全然ハンバーガーを食べていなかったけれど、
このお店なら通ってもいいかも!
近所だし。

あ、自分で作ってみよう!
そうだ、私、パンが焼けるんだった(*_*;


自由が丘バーガー
目黒区自由が丘1-3-15 4F
03-6459-5133
11:30 - 24:00
お休み 第3水曜日 

和食やさんでしっぽり

IMGP6515.jpg

引き続き、帰国した彼と日本らしい生活を堪能すべく。。。

奥沢にある和食やさんで美味しい和食を食べに行ってきました。
っていうか、夏だし、日本だし、絶対に

焼肉行きたい!

と言うと思っていたのに、
年のせいか、30kgダイエットをしてるせいか、
恋でもしているのか;P 

珍しく、お菓子もチョコも、お肉も食べたくないって言うので、

じゃー美味しい和食かしら?と探しました。

ここは自由が丘通りから少し入った隠れ家チックに佇む
素敵な店構えのお店です。
扉を開けても、店内までは広く敷き石がしてある、中庭のような空間があり、
とても素敵な空間。

お席もお底まで多くなく、ちょうど良い距離感の配置。

ただ、全席喫煙可という、今どき珍しいスタイルのお食事処。
うーん、こういうのなんとかならないかなぁ~。
美味しいお料理を提供しているのなら、まずは禁煙を徹底していただきたいな。。。と

お外で吸わせるわけにはいかないのか・・
こんなに広くて素敵な椅子があるのだから。

案の定、私たちの隣の席の男性がスパスパ始めたので
カウンターへ席を移動してもらいました。
ちなみに、その方以外のお客様は、どなたも吸われていなかったような。。。

IMGP6516.jpg
さて、お料理です。
まずは暑い夏は生ビールが美味しい!(私は呑まないけれど)
乾杯のビールとお茶。

IMGP6518.jpg
キレイに盛り付けられたお通し。
手前から、ほうづき風冷やしトマト、からすみ入りかまぼこ、お魚一夜干し、南蛮漬け、ごま豆腐
トマトがキラキラしていて、甘くて美味しかったなぁ。
季節のお野菜はやっぱり美味しい。ほうづきみたいでホントに可愛らしい。
こういう盛り付けは参考にしたいところです。

IMGP6523.jpg
ざる豆腐。
お店のおススメです。
弾力があり、コク、苦み、舌触り、どれも程よく、心地良く感じられ
何もつけなくても充分に美味しくいただけました。
お塩、醤油くらいで充分。
私は何も付けないでそのままぺろりと。
贅沢なお豆腐の味がします。

IMGP6528.jpg
ビールもなくなり、
メニューを吟味する彼。
日本酒にするか、焼酎にするか。。。
10分くらい悩んで、こちらの立派な焼酎に決定。
お店のラベルが貼られていますが、
とても美味しい焼酎みたいで、モンドセレクション金賞受賞という
立派なラベルが貼ってありました。
私が呑まないので、付き合ってあげられず、
結局半分も呑まずにお持ち帰りしてきました。
片手に焼酎の瓶をもったその姿、違和感がなく、むしろ似合ってる。
アメリカなら逮捕ですが、日本はその辺は柔らかい法律だと改めて実感。

IMGP6530.jpg
さてさて、
続いても夏のお野菜。
茄子のとろろ掛け。
冷たくした焼きナスにとろろ、シソ、ワサビがのった
夏らしいお料理。
繊細な仕事。
トロトロの茄子が口の中でとろけます。
お出しが控えめで素材の味をしっかりと引き立ててくれています。

IMGP6532.jpg
お刺身はいさき!
今が旬のお魚であっさりしていてとても美味しい。
クセもなく、食べやすいさっぱり感なので、
少しだけお醤油を付けていただきます。
わさびも香り高くて美味しい。
お酒が呑めたら、冷酒と一緒に…夏っぽい!

IMGP6534.jpg
そして、もういっちょ、夏らしくハモ。
京都を思わせるお魚ですね。
梅肉でさっぱりいただきます。
お話してたからか、ちょっとぬるくなっちゃって、
でも、あの弾力、シャリ感は年に一度食べたくなる食感ですね。
骨切りしてありますが、ハモの骨にはホントに注意です。

IMGP6537.jpg
かなりダラダラとつまみ、お腹もいっぱいになってきたころ、
のんびりしていたので、ラストオーダーになってしまいました。
とろろごはん食べたいし、なにか焼き魚食べたい。
ということで、
カンパチのかま焼きをお願いしました。

IMGP6538.jpg

かなり大きな…
カンパチのかま…
ご飯もおどんぶりだ…
食べられるかなぁ

しかし、不思議なものです。結構食べれちゃうんですね。
ご飯は麦ごはんじゃなかったけれど、
とろろも上品な出汁で仕上げてあり、美味しかった。

お魚は脂がのっているところとのっていないところで
味が変わる。
塩加減もちょうど良くて、ご飯のおかずにペロリ。

大満足の美味しい和食を堪能出来ました。
禁煙だったら、言うこと無し!なお店です。

あ、そうそう。
「クーポンはネットからのプリントアウトしかダメなんですね…」

と聞いてみたところ、

「大丈夫です!」

と快くビールやお茶をサービスしてくださいました。

ありがとうございました;D



まだまだ探せば美味しいお店あるな。。。自由が丘。



仁松庵
東京都世田谷区奥沢2-37-9
03-5701-1775

9月の通常パンクラスは...

9月のRin's Kitchen
通常パンクラス

【ベーグル3種】  受講料5000円

◎プレーン◎
◎チョコレート◎
◎ほうれん草◎



IMGP6492.jpg

プレーン
シンプルな生地で作るベーグルは
そのまま食べても、サンドウィッチにしてもGood!
ジャムやパテも合いますね。

※お1人様 4個焼きあげましょう。
※生地はご用意します。

IMGP6464.jpg

チョコレート
生地の中心にチョコチップを入れ、しっかりとくるんで作ります。
朝食やおやつに。
モッチリ感がたまらない甘いベーグルです。

※お1人様 4個焼きあげましょう。
※生地はご用意します。

IMGP7090.jpg

ほうれん草
ほうれん草のペーストを練り込んだ緑色の生地で
ヘルシーなベーグルを作りましょう。
クリームチーズやサーモンなど、定番な食材でサンドウィッチにすれば
色どりもキレイです。

※お1人様 3個焼きあげましょう。
※手捏ねしていただきます。


◇都合により、急遽内容が変更することがございます。



~日程~   定員は4名です。

4日(土) 10:00~ 空席3 
5日(日) 10:00~ 空席3
9日(木) 10:00~ 空席4
       14:00~ 空席3
11日(土) 10:00~ 空席3
      14:00~ 空席1
18日(土) 10:00~ 空席4
19日(日) 10:00~ 空席4
23日(祝) 10;00~ 空席2
      14:00~ 空席2
25日(土) 10:00~ 空席4
      14:00~ 空席3
28日(火) 10:00~ 空席4
      14:00~ 空席4



お申込みは↓へ、件名に『9月通常パンクラスお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。


皆さまにお逢いできますように…;D


※8月の通常パンクラス スケジュールはこちらからどうぞ。

マレーシア土産で目からうろこ…

彼がお土産に私の大好物、

7Dマンゴー

を買ってきてくれました。

気付くと一袋食べてる。。
それくらい止まらない大好物なんですが、
きっとそれなりのカロリーがあるのかと(>_<)

そこで今回は新しい食べ方を彼が教えてくれたので、
3分クッキング風にご案内しましょう。


まず、材料はこちらです。

IMGP6503.jpg

どこにでもあるプレーンヨーグルトと7Dドライマンゴーを用意します。
ヨーグルトはお好みのものを使ってくださいね。
酸味が強いものよりも、少しコクのあるものが、私は好みです。
今回はこちらのタカナシプレーンヨーグルトを使用します。

IMGP6504.jpg

ヨーグルトの蓋をあけ、マンゴーを一口サイズにカットしながら
入れていきます。
今回は450gのヨーグルトにドライマンゴー5~6枚…6~7枚?
多すぎても少なすぎても物足りない感を感じるので注意です。
ヨーグルトが少ないと寂しいし、マンゴーが少なくても寂しい。
難しい塩梅ですね。


IMGP6507.jpg

そして、スプーンを使ってよく混ぜます。
しっかり混ぜます。優しく混ぜます。
全体にマンゴーが混ざればOK!
そのまま蓋をして冷蔵庫で一晩お休みさせましょう。

すると・・・

出来あがりはこちらです。

IMGP6550.jpg

なんと!ヨーグルトの余分な水分を含んだドライマンゴーが
プックリジューシーに、半生に戻っています。
プクプク感がわかるかな~
そして、ヨーグルト側は余計な水分が吸われた為、
私の大好きなダノンヨーグルト(昔あった、あの濃厚タイプのヨーグルト)状態になり、
たまらないマッタリ感と酸味と程よい甘みが折り重なり…
もぉ~最高に美味しいデザートが出来あがります。
甘さ、スッキリさっぱりな酸味は、マンゴーから抽出され、
程よい加減が絶妙。

生のマンゴーではこうはいかない。
でも、ドライだとどうしてもおつまみ感覚でついつまみ過ぎちゃう。

これは夏のデザートにも最適だし、
朝食にサクッと食べられるし、
健康にも良いし、
何より美味しいので
おススメですー。

マレーシアの日本人達は
美味しいスウィーツが無いため、
みんなこうして召し上がっている様です。
Maybe...

美味しいスウィーツだらけの日本でも、
私はこちらを食べ続けるでしょう。

ということで
7Dマンゴーが大量に届くことを、星に願って、心から祈って
待つことに致しましょう;D


日本の夏は冷やし中華

IMGP6511.jpg

一時帰国した彼が
冷やし中華が食べがいというので、
近所のピーコックへ買い物に行き、
(わりと)豪華な冷やし中華作り。

茄子、トマト、錦糸卵、きゅうり、ハム、カニカマ。。。

色とりどりでキレイでしょ?!

こんなシンプルなお料理が美味しい。
たっぷりのお野菜を一緒に摂れるのが良い。

更に一緒に美味しそうなお豆腐も添えて。
ざる豆腐。
こちらもほんのり苦みとコクがあって
美味しい夏の昼下がりでした。

にしても暑い。。。

『キャンディード』鑑賞 (その2)

私が鑑賞したのは

東京公演初日、6日(金)。

ちなみにBunkamuraで3日間だけの開催です。

東京初日ということで
著名人の方もチラホラ。
外国人も、普通のクラシックコンサートやミュージカルに比べると
はるかに多い。

いつもと違った雰囲気の会場。
(あ、これは私がだけが感じた感情かな?)

ロビーでは盲目のピアニスト辻井伸行さん、ミュージカル女優の島田歌穂さん、
ピーコさん(もしくはおすぎさん)…などを拝見。

ひときわ目立っていらしたのは
かなり大きな幅のストライプのスーツをお召しになった
小柄な外国人男性。
非常に気になる存在で、服装も含めとても目を惹く存在の彼。
私の彼が

『僕もあんなスーツが似合うようになりたい…』

と、とても注目した彼。
実はこの舞台の演出家さんでした(*_*;

とにかくお偉いさんらしき集団や、
個性的な人物が多かった。


さて、私たちの席、最前列の席に着き、
目の前の楽団を覗きながら、始まりの時を待つ。

チャイムが鳴り、会場内が暗く灯りが落とされ、
いよいよ!

正面の舞台にはレトロなTV画面のセット。
ワクワクする。

始まりの序曲
この曲は、今回このキャンディードのプロデュースをされた
佐渡裕さんが司会の

『題名のない音楽会』

のオープニング曲。

軽やかな、軽快な音楽。
これから何が起きるのか!?
始まり始まり~という感じ。

佐渡さんの指揮も迫力がある。
楽しそう。
笑顔。
音もすごくキレイで
原曲よりもちょっとテンポが速いかな?
元気のある音。

始まり、始まり~

なイメージ。

舞台はドイツ ウェストファリア。
この国で最も有力な男爵の愛娘クネゴンデと
一緒に暮らす非摘出子のキャンディードとの愛のお話。

クネコンデはお金があれば何でもできる。
愛も大事だけれど、お金も大事。。
逆にキャンディードは
愛があれば何もいらない!君がいてくれたら僕はすべてがHappy!
という真逆な考えの二人。でも愛し合っている二人。

彼らの教師バングロス博士は

『この世界はあらゆる可能性の中で最善に造られている』

という教えを常に掲げている。
楽天的。

ある日、クネコンデとキャンディードがキスしているところを
捕まえられ、城を追い出されてしまう。

そこからが大変。

二人は離れ離れになり、
キャンディードは独り兵士になる。
ひどい仕打ちにあい、脱走→間一髪で釈放。
そのうち、ウェストファリアで戦争が起き、
遺体の山の中に、恋人であるクネコンデを発見。

落ち込む。。。。

何度も何度も災難、災厄に遭い、
その都度命を奪われそうになるも、
なんとか生き延びたその時、
戦争で死んでしまったと思いこんでいた
恋人、クネコンデに再会。

今度は二人で一緒に生きていこうと試みるも
ニューヨークに渡った先でまた離れ離れ。


彼はどんなに辛い状況でも、常にクネコンデの事だけを思い、
いつか、また再会して二人で幸せになりたいと
ただそれだけを求めて、さらなる災厄、詐欺に遭いながらも
ひたすら前に進む。

災難のなかで手にした大金を持っていたキャンディード。
カジノオーナーに彼のそのお金を奪うようにけしかけられ、
仮面を付けてキャンディードの前に現れたクネコンデ。
しかしその仮面が落ちてしまい、
キャンディードは
まさか、自分が愛していた女性がこんなにも誠実ではなった事を
思い知らされる。
(実は彼女もまたひどいめに遭いながらも、自分の場所を見つけていたのだが…。)

彼はひどく落ち込み、
今まで体験してきたいくつもの不幸の中で

人の幸福は無条件の楽天主義にあるわけでも、
どうしようもない悲観的主義にあるわけでもなく、
どこかその中間にあるのだ…

ということを知る。

“自分の畑を耕そう”
権力や富を欲したりせず、終わりのない戦争を繰り返すのではなく、
今自分たちの目の前にある、出来ることをまずはやっていこう!

と、今までの災難、不幸を振り返り、
クネコンデと一緒に再出発をする。

幸せは探しても見つからないよ。
だって今その幸せの中にいるのだから…


そう。『青い鳥』的なお話でした。



素晴らしい音楽と歌だったので、
内容とのギャップにちょっとばかり驚きつつ
あっという間の3時間を過ごしました。

いやー久しぶりの生クラシック、
華麗な舞台、
神経を集中させ、あらゆる部分が研ぎ澄まされ
大満足な充実した時間でした。


ちなみに…印象に残ったのは、

舞台の解説の中で
『彼は海難に遭いつつも溺れず助かりました』

と一言。
そして次の場面!

みたいな
急展開な、ジェットコースタームービーチックなところ。

フフフ。


『キャンディード』鑑賞 (その1)

IMGP6558.jpg
半年振りに、このオペラの為に帰国した彼と、
観てきました~

日本を代表する指揮者である
佐渡裕さんプロデュース

師匠であるレナード・バーンスタイン作曲

『キャンディード』 (HPは音が出ます)

彼がチケット発売と同時に予約してくれたオペラ
なんと、一番前の席。

佐渡さんの指揮を目の前で拝見出来る!
あの、パワフルな情熱的な指揮を目の前で観ることが出来るなんて
かなりテンションが上がる。

一応私も4歳からピアノを始め、中学では吹奏楽部でトランペットを吹いていたんですね。
結果、ピアノは20歳まで続けていたりして、吹奏楽部もコンクールとか毎年出てそれなりに頑張ってきて。
そんな感じで、わりとクラシックとは仲良しなんですね、子供のころから。

アメリカに行く前までは、彼がN響や東京フィルの年間シートを買ってくれて、
毎月クラシックコンサートに行っていたんです。
東京フィルは関係者に知り合いがいたため、私の大好きな曲のリハを見せてもらったり。
なんとも贅沢な経験でした。。。

…で、話を戻しますと…

ということで、今回は久しぶりにクラシック、オペラ鑑賞を楽しみに。
まずは公演1カ月前に彼から予習CDが届いたので、そちらを毎日聞いて
耳で身体で覚えました。
お話の内容はさすがに曲からは理解できないので
ネットで調べてーっと。
なんとなくあらすじと曲を頭に入れ当日に控えます。

これはクラシックコンサートの時も一緒。
毎回毎回、その月の演奏曲をCDで聞いて予習していました。
こういうのって、とても大事な事。
何の準備もなくただ♪を聞いていても、次から次に♪は消えて行ってしまうもの。
でも、ちゃんと前もって予習をしておくことで
その耳から入ってきた♪はちゃんと残っていてくれるんです。
次の♪もどんな音が来るかわかっているので、
聞いていても飽きないし、乗れるんです。

今回はただのクラシック鑑賞ではなく、お話付きなので
これはしっかり耳に入れておかないと!

勝手なイメージで場面を想像したりして。
実際は全然違うシチュエーションだったりするのだけれど、
それはそれで、2度美味しいというか、楽しめるんです。

このキャンディードというオペラ(コミック・オペレッタというサブタイトルあり)
は、とてもミュージカルに近い舞台で、オペラを初めて観る私にも、
とても優しくわかりやすいものだった。
あ、字幕ももちろんあったけれど。。。

お話の内容としては、また次に順を追って書いていこうと思いますが、
とにかくジェットコースタームービーみたいに展開が早い。
それが面白いところでもあるのだけれど、
死んだ、もしくは殺されたはずの人が、次の場面で出てきたり、

『溺れかけた主人公キャンディードは生きてました』 

って説明だけで次の場面に行ってしまったり。
コミック・オペレッタ
恐るべし・・・


ということで、お話の(簡単な)内容、曲、佐渡さんの指揮なんかは
第2部へ。。。続く。






9月パン恋クラス スケジュール(自由が丘教室)

9月 Rin's Kitchen
パン恋クラス(1種類のパンとお料理のコラボレーション)

ミニキッシュ】 と 【シリアルブレッド】  受講料6000円


IMGP7100.jpg
ミニキッシュ

小さなマフィン型を使って
可愛いサイズのキッシュを作りましょう。
生地はこちらで用意します。
伸ばして型に合わせ、
卵液にホウレン草やきのこ、
チーズなどをトッピングして焼きあげます。
フリルがなんとも可愛らしい!

IMGP7097.jpg
スープやサラダと合わせて、ランチプレートにしても可愛いサイズです。
※お1人4つ作りましょう。

IMGP6670.jpg
IMGP6686.jpg
シリアブレッド

10種類の種やオールグレインが入ったマルチシリアルを練り込んで
栄養満点なシリアルブレッドを焼き上げます。
表面にはシードミックスをトッピング。
見た目もオシャレなコクのあるほんのり甘みのあるパンです。
トーストしてバターを付けると、尚深みが出ます。
病みつきになりますよ!
※手捏ねをしていただきます。
※お1人大きく1つ焼きあげます。

※都合により急遽内容、パンの成形が変わる場合があります。

~日程~ 定員は4名です。

9月4日(土)14:00~  空席4名
  5日(日)14:00~  空席3名                    
 18日(土)14:00~  空席4名
 19日(日)14:00~  空席4名
 20日(祝)10:00~  空席4名
 26日(日)10:00~  空席2名
      14:00~  空席4名 
 



お申込みは↓へ、件名に『9月パン恋レッスンお申込み』と明記して
rinskitchen@gmail.com までご連絡ください。

ご希望レッスン日、お時間(第1、第2希望まで)をお知らせください。

皆さまにお逢いできますように…;D


※8月のパン恋クラス スケジュールは こちらからどうぞ!