ナポリPIZZA 

最近美味しいPIZZAを食べてないな~

久しぶりにSALVATORE CUOMOへ。
場所を移し店内が広くなって、立派なレストランに。

このお店はイタリアのピザ職人コンテストで初のイタリア人以外のチャンピオンになった
大西さんが生地をのばしていたお店。
現在はプロデュース業に徹していらっしゃるとのこと。

200912261939001.jpg
イタリアの職人によって作られた窯で焼くピザは
モッチリしていて炭の苦みがアクセントになる、味わい深い美味しさ。
チャンピオンおススメのトマトソースを使わない、フレッシュのトマトをふんだんに使った
マルゲリータっぽいピザをいただく。
(メニューの名前、忘れました…(*_*))

チーズが濃厚なコクと脂肪分を感じさせ、
フレッシュトマトがトマトソースの変わりをしっかり果たしている。
トマトは少し酸味が強く、ピリッと刺激的。
辛いオイルを付けるとまた味が変わる。
アツアツの時はそのままいただくのが断然美味しい。

そのほかに、

200912261911000.jpg
茄子とモッツァレラの温かいサラダ

200912261921000.jpg
自家製ソーセージの煮込み

をオーダー。

サラダは、暖かい茄子とモッツァレラのバランスや、ドレッシングとリコッタの組み合わせが
意外とさっぱりしていて、安心する味でした。
そんなに暖かくなかったのがちょっと残念。

ソーセージの煮込みはかなりボリューミーで、ちょっとビビる。
鉄鍋に入ったポトフっぽい洋風のスープ。
意外と似合ってた。こういう盛り付け?もありかも。

スープの出汁は、お野菜と松の実のうまみと香り。
癖があると言えはある。
ソーセージにも松の実が入っているので、ちょっぴり薬草っぽい味付けで
身体によさそうだけれど、完食は厳しかった。

パスタまでいけなかったのが残念だけれど、
久しぶりに美味しいPIZZAがいただけて大満足!


SALVATORE CUOMO 白金
東京都港区三田5-1-21 
三田DUPLEX C’s 1F
03-3769-0365



スポンサーサイト

時之栖☆

IMGP4357.jpg
イルミネーションが輝く時期になりました。
空気が澄んでいるこの季節だからこそ、より綺麗に見えるんだな~

今年も行ってきました。
静岡県御殿場市にある『時之栖
ここのイルミネーションは数年前か観に行っているのだけれど、
年々見学者が増え、今年はなんと!臨時駐車場が5つも6つも出来ている。
観光バスもかなりの台数。
昔は駐車場もすんなり入ることが出来たし、道が渋滞することもなかったのに・・


IMGP4409.jpg

IMGP4365.jpg
今年はこんなかわいいトナカイがいたり、

IMGP4352.jpg

IMGP4353.jpg

IMGP4354.jpg

IMGP4355.jpg
オーナメントがいたることろにぶら下がっています。
年々カラフルになっていくような。

IMGP4374.jpg
ながーい光のトンネルを抜けると、今年はさらに小ぶりなトンネルが出来てました。
三角屋根のちょっと小さめなトンネル。
IMGP4376.jpg
IMGP4377.jpg
IMGP4378.jpg
こちらには、雪の結晶型のオーナメント。いろんな色に変化してとても綺麗。
地面には桜のチップが敷かれていて、弾力と保温性があります。
歩きやすい。

そして小さいトンネルをくぐると、今年から始まった有料ゾーンへ行かれます。
実際は500円でチケットを買うと、そのチケットが併設されている屋台やレストランで
金券として使えるというシステム。

IMGP4385.jpg
少し小高い所にある有料ゾーンでは
あの星の王子様がドーン!と迎えてくれます。
地面には青い海のようにイルミネーションが輝いていました。
ここではオーロラのショーが見られるようです。

IMGP4397.jpg

IMGP4404.jpg

IMGP4405.jpg
30分に一度のショー。寒い中待つこと20分。
あちこちから煙をだして、レーザー光線でみごとなオーロラを作り出します。
おみごと!歓声もあがります。

寒かったけれど、なんだろ。。。なんか穏やかな、ほのぼのした光のショーでした。

帰りはそのチケットで静岡おでんとあたたかいお汁粉を食べて帰りました。
まだまだシステムがきちんとしていないせいか、
ドタバタでてんやわんやな感じのレストラン。
効率、来客数、システムをもう少し考えてスムーズなスタイルで事が進むよう
願ってます。

20時ころになると比較的空きます。
そのほうがゆっくり見学出来るかもしれません。

Merry Christmas! のシュトーレン

200912241422000.jpg
ドイツのクリスマスブレッド
『シュトーレン』
を、今年も焼きました。

IMGP4454.jpg
IMGP4455.jpg

今年のシュトーレンは小さな型で焼くスタイルです。
ラムレーズン、くるみ、オレンジピールを、香辛料たっぷりの生地に混ぜ合わせ
焼きあげます。
かなりのバターが入るので、作っているとギョッとしてしまうけれど、
出来上がりの美味しさは格別。
ついつい食べてしまう。。。から気をつけないと。

焼きあがったら、熱いうちにラム酒をしっかり浸み込ませ
溶かしバターをくぐらせ粉糖をたーーーっぷり付ける。
雪が積もっているみたいにしっかりと。
こうすることで長期保存が可能になるんですね。

2~3週間前から作り、冷蔵庫で保存しながら毎日少しずつ食べ、
クリスマスを待つ。。。
そんな12月を迎えるのは何年目になるかな???
毎年必ず作っています。

今年もシュトーレンを食べながら、過ごすクリスマスイブ~

あ、オレンジピールのクグロフとチョコレートのデザートブレッドも一緒に!

IMGP4433.jpg

IMGP4445.jpg

たっぷりのバターに浸して(>_<)、粉砂糖をたっぷりまぶして、
ホワイトブレッドに変身です。

IMGP4437.jpg

IMGP4451.jpg



Happy Merry Christmas!!

紅葉の中でしっぽりと。

IMGP4240.jpg
高尾山から甲州街道を少し下ると
素敵な庭園をもつ鳥料理屋さんがある。

最近では東京にも進出してきているこのお店は

>IMGP4184.jpg
【うかい鳥山】こんな東京もあるんだ…
来るたびに感じること。

大自然の中に佇む広大な敷地の中には、
IMGP4238.jpg
川がサラサラと流れ、

IMGP4247.jpg
池には鯉が泳ぎ、

IMGP4257.jpg

IMGP4235.jpg
赤い橋がかけられている。

IMGP4228.jpg
風情ある踏み石、

IMGP4229.jpg
純和風数寄屋作りの建物、

IMGP4201.jpg
お部屋には床の間、木枠の大きな窓、

IMGP4193.jpg

IMGP4254.jpg
その窓からは、池、ししおどし、鯉、紅葉の風景。

部屋に上がるとついホッとしてしまうのは、畳の井草の香りなのか、座イスなのか…:)

最近はこういう純和風なお家から離れてしまっているから
ものすごく落ち着く。
やっぱり和室っていいな。畳っていいな。


さて、お料理の紹介。

鶏肉の炭焼きのコースを今年もいただきました。

IMGP4204.jpg
まずはごま豆腐
濃厚でプルンとしていて、チーズケーキを食べているような食感。
ほんのり甘さを感じる。
ちょっとだけ添えられたワサビを付けると、途端にさっぱり。
薄口の醤油出汁が絡んでとても美味しい。

IMGP4207.jpg
続いて、えび芋とつくねのお椀
このえび芋が…甘くてマッタリしていて、ほんとに美味しいんです。
私の大好物。
食感は里芋をもっとマッタリさせた感じで、さつまいもの様な甘さをもつ。
繊維質たっぷりのえび芋。
出汁の庵と絡めると、甘さとしょっぱさのバランスが癖になります。
つくねもやわらかくてジューシー。
サイコーに美味しいお椀です。

IMGP4209.jpg
この辺で彼は竹酒を。
綺麗な竹です。
これぞ日本酒!!なイメージ。

あ、私は初めにゆずみつのお湯割り
というものをいただいたのですが、ゆずの香り、酸味、蜜の甘みのバランスが
素晴らしく私好みで、身体も温まり、とーーーっても美味しいホットジュースでしたよ。
写真はないのですが…:Pおススメです。

お料理に戻って…続いては
IMGP4213.jpg
きのこ汁
この時期らしいメニュー。こちらは初めていただくような。
3種類のきのこと茄子が入ったお汁。
醤油だし汁にきのこのうまみがしっかり移っていて、味わい深い。
きのこのニュルっと感がサイコーです。
温まる~。

IMGP4214.jpg
そして岩魚の塩焼きです。
職人さんが一匹一匹丁寧に焼いてくれます。
川魚が苦手な私たち。でも、この岩魚は思いのほか臭みもなく
炭焼きで焦げた皮の香ばしさにやられ、頭と骨を残して完食。
本当は頭から骨まですべていただけるそうです。

IMGP4215.jpg
IMGP4217.jpg
そして、メインの鶏肉とお野菜
こちらは自分たちで焼いていただきます。
専用のたれをつけて、炭焼きします。
この炭も、別棟で職人さんがじっくり焼いて、各部屋へ持ってきてくれます。

IMGP4221.jpg
まずは鶏肉から。
炭の熱が熱いので、表面はすぐに焼けてしまう…
なので中まで火を入れたいとなると端っこでじっくり焼くしかなくて。
その塩梅が難しい。
あまり焼きすぎてパッサパサになっちゃってもいやだし。
でもこの鶏肉、しっかり中まで火を入れてもすごくやわらかくて弾力があり、
ジューシーでプリプリ。
いやー、相変わらず美味しい。
程良く脂も落ちてるしね:D

IMGP4222.jpg
そしてこの辛い味噌。これがまた美味しい!
お肉に付けていただくのだけれど、味噌の辛さがお肉の甘みを引き出させ、
よりジューシーに感じられる。
大人味♡
つい味噌だけで舐めちゃうほど美味しい。

お野菜はねぎやサツマイモ
以前はししとうだったのだけれど、辛いのでサツマイモに変更されたとか。
辛いから甘いへ。
このサツマイモ、本当にすごーーーく甘くておいしいのだけれど、
ししとうからサツマイモとなると、ちょっと内容的に重いかな~。

IMGP4227.jpg
そして麦とろご飯
これも毎年定番。落ち着く味です。
お腹がいっぱいになってしまって、たっぷり食べれないのが残念。

最後はきな粉くるみ餅
思わず写真も撮らず食べちゃいました。
くるみの香り、食感、きな粉の香ばしさ、すべてが美味しかった。

ゆっくり『和』を堪能し、
お部屋から出ると川の音だけが聞こえ、
風情を肌と耳と目で感じながらお散歩を楽しみました。

IMGP4249.jpg

IMGP4253.jpg
奥には水芭蕉庭園もあります。
春になると、綺麗なお花をお水の上から眺めることが出来ます。
これまた四季を感じるひとつの楽しみです。

次回は暖かくなったらかな…



うかい鳥山
東京都八王子市南浅川町3426
042-661-0739


高尾山に登る

IMGP4129.jpg
『紅葉、観に行コウヨウ~』:P
 
ということで、これまた毎年恒例の

高尾山登山!!

高さ599mのあまり高くない山。
小学生の遠足でもよく使われていて、私も子供のころ遠足で友達と一緒に登った。
そう。子供でも簡単に登ることが出来る山。
平成19年にはミシュランの三つ星に輝き、案内看板には英語の文字もチラホラ。
もちろん外人さんも多い。

日本の良いところ、きれいなところ、たくさん観ていって~:D

今回で私たちも5~6回登っているんじゃないかな?

京王線の高尾山口駅までは車で1時間くらい。
近い近い。
駅周辺には駐車場があるのだけど、なんと!100円パーキングになってるし。
以前は砂利道にロープが引いてあって、おじさんが管理していてくれたのに。

綺麗に舗装された駐車場に車を停め、
少し歩いて高尾山入口まで歩く。
IMGP4126.jpg
その途中にも綺麗な紅葉。

入口からロープウェイに乗って高尾山駅まで行く。
※ロープウェイ乗り場までの急な階段がちょっと辛いから、
 身体の弱い人はケーブルカーをおススメします。

山頂まで599mのうち、半分くらいは電動の力で登ることが出来る。
IMGP4137.jpg
だからこんな急な斜面。見上げると怖い。振り返るともっと怖い。

IMGP4135.jpg
その間もちょっとだけ紅葉発見。

10分くらいで中腹に到着。
ここからは歩いて山頂を目指します。
中腹からは3コースあって、いつもは“吊り橋コース”なんだけれど、
今回はちょっと遅めのスタートで、下りのケーブルカーの最終時間に合わせ
逆算して一番短時間で登れる
IMGP4142.jpg
“表参道コース”を選択。
短時間で登れるため、勾配は急で階段も多い。
IMGP4146.jpg
ゼーハーゼーハーしながら階段を上り、
IMGP4144.jpg
途中で薬王院を参拝しながらぐんぐん進む。
IMGP4147.jpg

IMGP4164.jpg

すると、30分くらいで間もなく山頂の気配。イェイ!
IMGP4150.jpg
何度も行っているので空気で山頂付近を感じられるんです:)

途中は激しく苦しかったけれど、
あっという間に登頂!

いやー今年も無事登頂出来て良かった:D
残念なのは、曇っていたせいで富士山が観えなかったこと。
IMGP4151.jpg
本当なら、この真ん中に富士山!な写真。

IMGP4149.jpg

IMGP4153.jpg

IMGP4154.jpg

IMGP4161.jpg
山頂には、毎年綺麗な朱色に変化する楓の木がある。

今年もその美しさで、私の心を癒してくれました。

日本人で良かったと感じる瞬間。

IMGP4168.jpg
帰り道はもう薄暗く、気が付けばお月さまが上がってました。
暗くなるのはあっという間で、暗い山道はかなり恐ろしかった。
ライトとか全然ついてないし。。。
さみしー。

IMGP4171.jpg
見慣れないこんなタコチュー。
開運ひっぱり蛸
というので、二人して手を合わせてお祈り。
開運開運。宝くじ当たりますよーに!

そしてやっと帰りのケーブルカー乗り場に到着。
間に合った!!ホッ。

最終のわりにはそこまで混んでいない車内から
日本一の急こう配。
IMGP4181.jpg
ちょっとわかりづらいかな。
絶叫マシーン風な急坂を下って、
キラキラ輝く八王子の街を遠くに眺めながら
終点、高尾駅まで戻るともうすっかり夜。

今年も恒例の場所での紅葉狩りを無事に終了。
季節を感じるひと時。楽しかった:D


寒いし、お腹も空いたので、
夜ごはんへ!

こちらも毎年恒例です。
高尾山登山とセットでね。


続く。。。。