見かけた時は必ず!

突然ですが、ご近所に

ミスタードーナッツ

ありますか?

私のお家の近所には、ないんですよ、ミスタードーナッツ。。。
数年前までは、自転車で走ること5分ほどの近所にあったんですけど、
今はないんですよ。。。別のお店に変わってしまって。。。
残念で残念で。

子供のころによく食べていたので
たまに無償に食べたくなってしまう。

だから、出先でミスタードーナッツを見つけると、
つい買ってしまうんです。1ダースほど。


まだまだ暑い陽射しのこの日、
お茶しよーかぁ~と話したその目の前にミスド。

もちろん入るでしょー。

かなり久し振りだったので、見た事ないドーナッツがたくさん。
どれもおいしそうだなぁ・・・
迷うよなぁ・・・

200909231526001.jpg
そういえば、最近CMで玉木君が食べてるあのチョコレートのドーナッツ。
真っ黒で美味しそうだなぁ・・・と思っていたんだった。
クリームが中に入っていて、トロ~っと出てきちゃったりして。
それ、食べようかなぁ・・・

全然関係ないけど、
玉木君といえば、昔バイト先が同じで、そらーかっちょ良かったなぁ~。

ドーナッツ
迷いに迷って、これだけ選びました。
もちろん彼と半分こするんだけど、
目が欲しがっちゃって。。。。つい。。。こんなに。。。

そして、なんと素晴らしいサービス!
コーヒー、カフェオレがお変わり自由ですよ!

バイトらしきおにーさんが、

「カフェオレのお替りいかがですか?」

って聞いてくれるので、

「カフェオレもお替り出来るの?」

って、隣にいた、いかにも娘のお受験模擬試験後なご夫婦と共に
驚いたわけです。

すてき、ミスド♡

結局これだけのドーナッツと2杯のカフェオレを頂き、
有意義なおやつタイムを美味しく懐かしく過ごしました。

ドーナッツの名前はちょっと覚えていないけれど、
シュー生地とポンデリングの生地を合わせて作った
サックリモッチリなのが美味しかったなぁ。
食感がかなりGOODだったなぁ。

200909231525002.jpg
彼がいの一番で選んだ
キャラメルクリームとショコラクリームの入ったフレンチクルーラーみたいのも
そうとうイケてました。甘さとしょっぱさのコラボレーション的な。
ショコラフレンチって言う種類の一つみたい。

やっぱりちょこちょこ通わないとダメね。
また食べに行かなくっちゃねー。


ミスタードーナッツ桜新町駅前店◇

東京都世田谷区
新町2丁目38-14


スポンサーサイト

本格コーヒーが美味しい

200909271242000.jpg
自由が丘をウロウロしていると
新しいスウィーツのお店を何軒も見かける。

ドーナツ屋さん、ケーキ屋さん、シュー生地(限定なの?)のケーキ屋さん、
クッキーやマカロンなどの王道洋菓子屋さん。。。。

今思いつくだけでも何軒?
この不況に、新しくお店をオープンさせる皆様、
なんとも素晴らしい!!

そんな中、気になるコーヒーのお店を発見。

【珈琲茶館 集】

こちらも最近お目見えしたお店(だと思われる)。

各国から豆を空輸し、ドリップしてくれる
本格派コーヒー店。

ここ15年くらい?
簡単にコーヒーがのめるお店がたくさん増え、
初めはそれが珍しく美味しく感じていたのだけれど、

いや、ちょっとまって
本当に美味しいの?このコーヒー

手早く飲める、種類が豊富、ファーストフード感覚の値段設定・・・

初めの頃は、入れ方にこだわり、味にこだわり、
それは美味しかったように思える。
しかしそのスタイルが流行ってくるにつれ、出来るだけお客様をさばく為に(?)
回転を上げるために入れ方がマニュアル化され、
機械の使いかたすらマスターすれば、
その辺の学生だって作る事が出来るコーヒーとなってしまった。

本当にコーヒー好きな人からすると、
やはりそれらはインスタントと変わらず、
飲みたいとも思わないという。

実は私、コーヒーの味ってそんなに詳しくわからないのだけど、
でも、違いはわかるよ!

ドリップしたコーヒーはこんなに美味しい♡
薫りたつ、味に深みがある、後味までもが美味しい。。。。

9月のコーヒーは

『グアテマラコーヒ―』

だっていうので、是非!空輸されたグアテマラコーヒーください!

そう、グアテマラの豆が私好みだということは
アメリカ生活をした中でわかったこと。

アメリカにはオーガニックスーパーがたくさんあって、
その中でもいろんなものの種類が豊富な、近所にあった
Whole Foodsというお店には、たくさんの種類のコーヒー豆が売っていた。

そこで一番初めに選んだコーヒーがグアテマラの豆。
美味しかった。程良くあっさりしていて、後味が美味しくて、
酸味も強くない。

その時から、コーヒーはグアテマラ!
もしくはコスタリカ!

一つの目安になったんだ。


さて、
そう、このお店のコーヒー。
まさしく、グアテマラ好きの私に持ってこいな味。
香ばしいなかにもやわらかみのある香り、
初めに少しだけ感じる酸味、サラッとした後味。
喉の奥で感じる甘味。

一口サイズのクッキーは下のケーキ屋さんのパティシエが作ったもの。
レモンの香りとバターのコクでとっても美味しい。
懐かしい味がしました。

簡単に飲めるコーヒーもいいけれど、
たまにはこういう本格的なコーヒーも飲まなくちゃね。



珈琲茶館 集 自由が丘店
目黒区自由が丘2-10-4 2F
03-3723-9785

世田谷公園

IMGP3308.jpg
秋晴れのこの日、世田谷公園に行ってみた。

閑静な住宅地の真ん中に静かに佇むこの公園は、
小さなSLが森林の中を走り(乗ることできます)、
IMGP3305.jpg
中央には大きな噴水があり、その周りを囲むようにベンチや花壇。
奥には交通公園。
IMGP3300.jpg
その中にちょっと大きな機関車が飾ってあり、小さな子供たちに大人気。

ん~ん・・・
私が子供のころに通っていた交通公園は、もっともっと広くて大きくて
ゴーカートで一周するのも大変だったように思う。
信号機ももっと大きかったよー。
まぁ・・・私が育った街はこんな都会ではなかったし、自分ももっと小さかったからな~
こんなものなのかなぁ。

そして交通公園の奥にはテニスコート。

逆サイドはブランコ、滑り台、砂場などの遊具がある。
木がうっそうとしていて、ちょっと暗い。
せっかく子供たちが遊ぶ場所なので、
もうすこし光が入るように、植木を整えるといいのにな。。。

休日のこの日、たくさんの人々が思い思いに
のんびりと秋の空気の中で過ごしていた。

IMGP3297.jpg

IMGP3298.jpg

IMGP3306.jpg
羊雲の空も、すっかり秋の空。



変わらないことが大事

IMGP3344.jpg
相模大野に

【イタリアンガーデン】

という、約50年も続くイタリアンレストランがある。

IMGP3353.jpg

IMGP3351.jpg
古き良きアメリカ・・・な雰囲気のこのお店、
店内にはジュークボックスがあって、
その古い機械から流れる音が床板を震わせ
私たちの耳に曇った音色を届ける。

そう、昔の古ーいモノクロ映画を見ていると
遠くから聞こえてくるあのオールディーズのサウンド。
そんな感じ。(時々ビートルズも流れるんだけど・・・)

昔っぽいオレンジの笠のついたライトが
ぼんやりと幻想的に店内を照らす。

IMGP3345.jpg
テーブルにはローソク。
ローソクの灯りとライトの灯り。
とてもムーディな空間。

IMGP3372.jpg
流れるロウで出来る大きなローソク。
なんとも趣きのある様。

ここは彼が20年通い続けているというお店。
私もかれこれ5~6年になるかな?

このお店の四角いPizza が最高に美味しい。
昔懐かしい味がする。

クリスピーな生地。モチモチでカリカリ。
トマトソースにチーズ。このチーズが懐かしい。
なんだかわからないけれど、すごく懐かしい味がする。
飾っていない。気取ってない。
だからきっと、特別じゃない普通のナチュラルチーズなんだと思う。
トマトソースとの相性なのか、オーブンとの相性なのか・・・
初めてこのPizzaを食べたときのあのショック。
身も心も崩れる。参った!笑顔になっちゃう。ホッとする。


今日は2種類のPizzaを注文。

IMGP3361.jpg
ミックス(マッシュルーム&サラミ)
IMGP3365.jpg
アンチョビ
トマトソース、チーズがベースで、そこにそれぞれの食材乗せて終了。
とってもシンプル。余計な野菜類など一切のらない。

それがいい。
余計な味がなくていい。
トマトの味、チーズの味、そしてトッピングの味が
それぞれきちんと感じられる。

Pizzaは大好きで自分でも生地から作る。
いろんなトッピングをして食べてきたけれど、
一番おいしいのは、シンプルなもの。
たくさんのせず、1、2種類のトッピングで仕上げるのが美味しい秘訣。

まさにそれをこのお店から教えてもらったように思う。

アツアツのPizzaをパクリといただく。
1年振りくらいかな?
安心する。ホッとする。

このお店はどんな時も変わらずいつもの味で迎えてくれる。
変わらないことは本当に大事。

IMGP3359.jpg
Pizzaと一緒に
生ハムサラダも一緒にいただく。

普通の生野菜サラダに生ハムが乗る。
ドレッシングがまた自家製らしい暖かい味。
玉ねぎのうま味や甘さを強く感じるこのドレッシング。
またホッとする。

赤ワインとPizzaでダラダラと美味しい時間をすごし、
最後は、これも定番の

IMGP3367.jpg
昔懐かしいナポリタン

をお願いします!

パスタの太さ、ピーマン、玉ねぎ、マッシュルーム。。。定番の材料。
そして、マッタリこってりのケチャップ味。
野菜もソースもパスタに絡む。

このパスタほど粉チーズが似合うパスタはない!

断言します。
でしょ?!

もちろん変わらぬ美味しさ。
マッタリ感がたまらない。
美味しい。ほんとに美味しい:D


50年近い営業。
お客さんの中には、親子3代で通われている方もいるという。

50年前、デートしたイタリアンレストランに子供を連れて、
その子大きくなってデートに使う。
そして結婚して子供が生まれ、またその子(孫)が大きなってデートをするときに

「このお店はおじいちゃんとおばあちゃんがデートで良く来ていたんだって。。。」
「えー素敵ー♡」

みたいな・・・
なんかそういうのっていいなぁ。

私たちがそうなれるように、
もうしばらくはがんばってこの味を保って、営業していてもらわないとね。

こんな素敵なお店は、
いつまでもこのまま、この場所に
ひっそりとオープンしていてほいしいものです。


イタリアンガーデン
相模原市相模大野3-20-5
042-742-5279

変わっちゃダメ。

最近ひどくないですか?レストランとか・・・

景気が悪いとはいえ、残念でなりませんよ~

学生時代から行きつけていた

『ラ・ボエム』

そう、あのグローバルダイニングの代表的なイタリアンレストラン。

三宿店は高い天井、広い店内、地下の大きな池、それを囲む席。。。
と、今でこそ普通かもしれないけれど、
昔は日本ぽくない素晴らしくオシャレなレストラン。
よく通いました。ちょっと背伸びしてる感がまたよくて。

もちろん今でも自由が丘店、白金店、新宿御苑店。。。と通っていますよ。
あの“絶望”という名のパスタを食べに。

で、最近、とても久し振りに三宿店に行ったんです。
ランチ時にワインでダラダラ。
お決まりのカリカリフレンチフライを頼んでダラダラ。
いい加減ダラダラしたので、パスタでも。。。と
“ボンゴレ”を頼んだんです。“絶望”じゃなくて“ボンゴレ”

美味しそうな香りと共にやってきたパスタ

早速取り分けていただきました。

一口。

ん?
なんだ?
何かがちがうな?

ん~味がないな。。。

浅利の出汁もなければ、香りもない。
パスタの味もないし、とにかく味がない。

もう少し、海の香り的なものとか
浅利の風味的なものとか、塩気とか
せめてガーリック風味でも・・・

それらがほとんどない。

むかし、いや、ちょっと前までは
もっと普通に美味しかったはずなのに。。
どうしたんだ?

もちろん店員さんに聞きますよ!

「パスタ変えた?」
「塩変えた?」
「オリーブオイル変えた?」
「やっぱり浅利は高い?」(浅利は時期にもよるからなぁ)
・・・・
じゃぁ
「ガーリック変えた?」

どれも変えてないっていうし。

「なんかありました?」と店員さん

「味変わったなぁ~と思って」

「最近よくそう言われるんです。。。。」

あらららら。



不景気だからなの?
食材をなにも変えていないなら、不景気関係ないじゃない?
じゃぁなに?
腕?コックさん?
景気が悪いからって、適当なマニュアルで済ませちゃうの?

なんかね。とても残念で。

素材の味、料理人の腕が出てしまう“ボンゴレ”ではなく
せめて“絶望”(数種類のお野菜が入ったトマト系のパスタ)にすればよかったの?

いづれにしても、あまりにもショックだったので、
もう一度リベンジするから。
マニュアルのせいじゃないことを確認するよ。

自由が丘店でボンゴレリベンジ。


残念だったため、写真もなし!











マルチシリアルパン

IMGP3262.jpg

モンタボー】という有名なパン屋さんで売られている
黒いシリアル食パンが、
すごーーーーーーーーーく美味しい。
甘味があって深みがあって、トーストすると風味、香ばしさが増して
もぉホントに美味しい。

これは彼の大好物でもあり、
一人で一斤食べてしまうほど。

そこで!
このパン、作ってみようじゃあないのぉ~!

クオカマルチシリアル(10種類の雑穀を粉末にしたもの)ミックスシリアル
購入。

それらを、私のパンレシピに配合させて、
甘味、深み、香り、ふんわり感、香ばしさを考え
捏ね、成型、焼成。

IMGP3265.jpg
そして、出来上がり!

表面に、数種類のシリアルをたっぷりつけて、
パウンド型を使って山型食パンに焼きあげた。
香りはほうじ茶を思わせる香ばしさ。
そしてパンの甘味。

フワ~っといい香り。
幸せな時間~。幸せの香り~。

IMGP3279.jpg

IMGP3277.jpg
焼きたては切れないので、
翌日の朝、ナイフを入れてみると
断面はこんな感じ。

めはつまり過ぎず、不揃いに。
つまり過ぎているのは、あまり好きじゃないので、
いつもこれくらいの気泡が残る不揃いさ加減。
私風。

そのまま食べると、ふんわりやわらかく、甘い香り。
ただ、味の深みがもう一歩。。。
でもかなりうまく出来たんじゃあないのぉ~。

そしてトースト。
いやぁ~パンの中に練り込まれたいろいろな種達が焼かれ、
ふんわり香ばしい香り。
表面を軽く焼いて、そのままお口へ。
サクッとまわりの生地が音を立てる。
ん~ん。。。この食感いい!好き!
表面カリッと、中ふんわり。。。。口の中でもっちり。。。。
贅沢な食感達。
美味しい!甘味、それなりに感じられて、いい。
でもちょっと足りない感じの深み。
難しいなぁ。。。

半分はそのまま食べ、もう半分にはバターをつける。
またこれがっ、バターっつーのは塩分があって
その塩分があると、甘味が一層引き立つ。
少量の塩は甘味を引き立たせるという、味の魔法を持っていますから、
余計に甘味を感じ、実に美味しい。
充分な甘味が実に美味しい!

いやぁ~これ、売れるんじゃないのぉ?

ただね、もう少し味の深みが欲しいんだな。

そこで考える・・

そうだ!きび砂糖を黒糖にしてみよう。
丁度美味しい黒糖があったから、
それを使ったものと、メープルシュガーを使ったものと
2種類の砂糖で試作してみよう。


きっとまた違った味が作られる。
早速試作開始ね。

その模様はまた。。。後日。

久々のTMSで甘い時間

IMGP3242.jpg
すっかり秋の気配。
さわやかに晴れ渡る秋晴れ。

彼とランチをした後に、久し振りの行きつけCafeへ。

【TMS】

このお店は広々とした空間に、
おーーーーーーーーきな一枚板のテーブルがドーンと置かれ、
なんともスノッブ(って今どき言わないか)なお店。

ビビッドなカラーのソファ、程良い暗さ、
居心地がいいので、つい長居をしてしまう。

禁煙でないのが玉に瑕なんだけど・・・


この日はランチだったので店内は明るく、
普段しまっている大きな窓も開いていた。
外の空気も入り込み、気持ちのいいお茶タイム。

しっかりランチした後なのに、
見ると食べたくなってしまう。。。

IMGP3231.jpg
秋なので、モンブラン!
栗入り:D

たっぷりのクリームの上に、栗のクリームをデコレート。
崩すのが勿体ないけれど、食べたいから崩しちゃう。

甘すぎず、こってり過ぎず、栗の香り、栗の甘さを感じられるクリームが
美味しい:D

下にはメレンゲを焼いた生地が敷いてあり、サクッと軽いタッチの食感が
ひと味変化をくれる。
そしてクリームの中には栗が一つ入っていて
これぞ秋・・・
季節を感じるケーキ。

IMGP3227.jpg
一緒にダージリンを。


ここのケーキはどれも丁寧に作られ、とても美味しい。
季節によって内容は変わるので、いつ行っても新しいスウィーツを楽しめる。

最近ちょっとご無沙汰していたので
これからまたチョコチョコ通わなくちゃ。


TMS(テーブルモダンサービス)
東京都目黒区自由が丘2-17-8 3F
03-5729-7160
営業時間: 11:00~28:00(04:00)

餃子の王将

IMGP2326.jpg
餃子がすごく好きで、
自分でも作るのだけれど
お店でいただくあの柔らかい、お野菜たっぷりの
ジューシー餃子ってなかなか真似できないもの。

どうしても自分で作る餃子は、欲張ってお肉をたくさん入れてしまう。
それがそもそも違う。
お肉はほんの少し、あとはキャベツ、ニラなどのお野菜の甘味、うま味、水分を
どれだけうまく合せるか。
お肉に練り込むか。

日々研究しつつ、それでもなかなか中華料理屋さんのあの餃子が出来ない。


そう、この日。
アメリカから帰国したその日。
空港からそのまま こちらへ向かった。

【餃子の王将】

アメリカではあの餃子をいただくことが出来ない。
だって、王将ないし・・・

真っ先に向かいましたよ。
ずっとジューシー餃子食べたかったから。

IMGP2330.jpg
まず、意外と美味しいキムチ
唐さも酸味もちょうどよく、コクもあってとても美味しい。
中華料理屋さんなのに、すごく美味しい。
韓国料理屋さんなのに、あまり美味しくないキムチ置いてあるところあるよ!
全くどういうこった!!

IMGP2332.jpg
そして念願の餃子

表面はカリッと焼かれ、側面の皮は柔らかく、
中のあんは、肉汁、野菜のうま味でジューシー。
アツアツの餃子を専用のたれでいただく。
幸せ~

いやぁこれよねぇ~
なんかホッとするもんねぇ。
表面の焦げた部分の苦味も、野菜の甘味で程良く大人味。

美味しいぃ~

サラッと一皿、いただきましたっ!

IMGP2345.jpg
そして、私の大好物の一つ、焼きそば
麺がすこし太めで、しっかりソースが絡んでいるのがわかる画。

太麺なので、ちょっと主張しちゃう。
しっかり歯ごたえのある焼きそば。
私的にはもう少し細い麺だということないな。。。。
だって、もっとソースの味が楽しめるから。
一緒に炒めたもやしのシャキシャキ感も、いい。
食感は大事です。

IMGP2339.jpg
彼はチャーハン
ちなみに彼の定番メニューはこちら↓。
ビール、キムチ、餃子、チャーハン

チャーハンにはグリーンピースが入っていない。
なんて素敵なことかしら!(苦手なもので・・・)
チャーシュー、ねぎ、卵と、至ってシンプル。
これが実に美味しい。
味付けも程良く、縁の下の力持ち的なコショウがいい!
たまにマッタリ、卵の大きさもいい。

本当は。。。。この日が生まれて初めての王将来店。

王将の餃子は冷凍のものを食べたことがあって、
それでも、その美味しさは感じられたので、
ぜひ一度、お店に行ってみたいと思っていたところ
こういう機会に巡り合い・・・
私の夢も叶えられたというわけです。

食べたい時に、食べたい物がいただける幸せ・・・
神様に感謝。



餃子の王将
品川区平塚2-16-2
佐藤ビル1F
03-3788-2916



いまごろ・・・

IMGP3161.jpg
ずいぶん前から流行っている

生キャラメル

いまごろ、食べました。

たまたま映画を見に行った六本木ヒルズに
Cafe的な花畑牧場を見つけ、

「未だに食べたことがないわ。。。」

と言った私に

「あら、そらー食べなきゃ!」

と彼が買ってくれて・・・


定番生キャラメル
宮崎マンゴー
イチゴ


の三種類をゲット。

IMGP3163.jpg
ひと箱に12粒で840円程だったかな?
結構お高い。

早速一粒。
まずはマンゴー。

IMGP3164.jpg
上品な大きさだねーー。
口に入れると、その瞬間からトロけ出す。

味わってみると、口の中全体に、甘味や塩分よりもまず、油分が広がる。
その次に、甘味、マンゴーの香りという順番。
マンゴーの香りが去ると、後味として無塩バターの油分が
マッタリと喉の奥に残ってしまい、
それはちょっと・・・苦手な感じでした。

そう、はじめから最後まで、口の中にはちょっとした油分が常に広がっています。
フム。。。

イチゴは、天然果実を練り込んでいるとのことで
粒粒感や、色合いがとても新鮮な感じ。
香りもしっかりしていて、イチゴ~。
でもやっぱり油分が。。。

そして最後にプレーンの生キャラメルを頂く。
これは、これはいい!
甘さがしっかり感じられる。
ミルキーさが全面に出ていて、
そのせいなのか、油分をそう感じない。
うん、いい。
上品なキャラメルの味。

私が子供のころは
あの、サイコロの箱に入った、明治のミルクキャラメルを
よく両親に買ってもらって食べていた。
あれがとても美味しかった。
今の子供たちは、こんな上品なキャラメルを食べているのか。。。。と思うと、
なんだか贅沢~。


パッケージもかわいいし、
一粒が大きくないので、
ちょっとしたお土産に良いかもしれない。







あまぁ~いひととき

P1060775.jpg
近所に住んでいる友人宅に
良くお邪魔させてもらう。

彼女はとても美しくて、頭が良くて、器用で、
いつもいつも、美味しいお料理やSweetsでおもてなしをしてくれる。

彼女からどれくらいのお料理を教えてもらったことか。。。

そんな彼女も2児と1匹の母。
ちびたんとベイビーワンちゃんを
日中は一人で面倒見ているから素晴らしい。
いやぁ~大変だぁ。偉いなぁ・・・

地元の美味しいケーキをお土産に、
ちょっと遊びに。

早速おにーちゃん(2歳)が
『どうそ!』
とお部屋に案内してくれた。
小さく生まれた彼も、すっかり大きくなっちゃって。。。

この前生まれたはずの妹ちゃんも一人で立っちしてるし。

更に、最近飼い出したというミニチュアダックスの仔犬。
いやぁ~ちっちゃい!手のひらサイズ。
これまた可愛い:D

こらーママは大変だ。

P1060777.jpg
そんな状態なのに、お部屋は綺麗にしているし、
こんな素敵なデザートプレートを作ってくれた。
季節のフルーツを使ったSweets。
粉砂糖がかかったみかんなんて、食べたことないよぉ。

相変わらずだねー。
感心するねー。

心で、目で
“癒し”を感じる。

そんな彼女が育てた長男。
なんでも私におもてなししたいものがあるというので
楽しみにしていると、
かき氷だぁ~!!

P1060789.jpg
懐かしいレモン味。
最後にバニラアイスをのせてくれて、
こんなに素敵なおもてなしをしてくれました。


とても美味しかったよ!

たくさん遊んで、甘~い時間を過ごしました。

ありがとう:D

P1060790.jpg


ウインナーパン

IMGP3255.jpg
涼しくなって、パン作りには最適な気候。
作りたいパンがどんどん浮かんでくる。

今日は、長ーいウインナーをゲットしたので
みんな大好き!ウインナーパンを作りまぁ~す。

生地はいつものちょっと甘めのふんわり生地を使い、
細長くのばして輪っかにし、
ロングウインナーをその輪に引っかけるように収める。
そうする事で焼き上がり、パンと同じ高さにウインナーが留まっていてくれる。

たとえばパン生地の上にウインナーをのせると、
焼いているうちに、どんどんパン生地が膨れ上がり、
あっという間にウインナーは生地から落下、もしくはパン生地よりもはるか高い位置に
ちょこん!と乗っかっている、ちょんまげ風なパンが焼き上がる。

それじゃーちょっと、格好悪いし、食べづらいし、落ちつかない。
だから、そうならないように、浮き輪成型で。

今回はウインナーに対してパン生地が20g位多かったので
焼きあがり、ウインナーが埋まり気味に。
しかも、ケチャップをしっかりかけ過ぎです。
生地に掛けちゃあちょっと見た目に美しくない。

さらに、オーブンの温度がちょっと高かったような。。。。

そう
リベンジ決定!

でも、味はバッチリ:D
生地の香り、ふんわり感、ウインナーの油と生地の相性。
ちょっと焦げたケチャップも、香ばしさをプラス。

こらー朝食にサクッといただけていいね!

よぉーし!次は見た目美しく、売りものになるようなパンを作るぞぉ。




秋の空

IMGP3203.jpg
空気が澄んでいる。
湿度が低く、空気がカラッと。
お天気快晴。

IMGP3204.jpg

IMGP3207.jpg

P1060813.jpg
日本の秋の空。
負けてないじゃん!

地元のとんかつ

IMGP3015.jpg
行きたくてなかなか行かれなかった
地元のとんかつ屋さん。

【かつ久】

以前に比べると、とても綺麗になってる。。
どうも改装するにあたり、去年半年お休みをしていたらしい。

この日は母と夜ごはんをいただきに、
お散歩がてら行ってみようか!と。

みんなが美味しい美味しいと口をそろえて言うので
ずっと気になってきたのに、近所だとつい、

“いつでも行けるし~”

って先送りになってしまって。


店内はカウンター6席、テーブル5~6席というかんじ。
夜は5時半オープンなので、早めに行った方がいい。

なぜなら、混むというのもあるのだけれど、
トンカツが出来上がるのにかなり時間がかかるから。
店員さんは何人もいらっしゃるのだけれど、
カツを調理し、揚げるのは大将一人だけ。
この道40年・・・
みたいな、貫禄のあるおじさんが、油の前で一人菜箸と腕を動かしている。

この日は平日なのに、6時前ですでに2/3の席が埋まっていて、
私たちはカウンターに案内された。
だから、おじさんの姿も見ることが出来た。ラッキー。

IMGP3029.jpg
メニューはこんな感じで、とてもシンプル。
この“おつまみ”というのが気になって
ちょっと頼んでみると

IMGP3018.jpg
モツと玉ねぎスライスをお醤油、酢、出汁などで和えた
酢モツのようなもの。

薄味なので、ちょっと物足りない感じもするけれど、
その名の通り、おつまみにはちょうどいい量と味付け。
※数量に限りがあるようです。

そのおつまみを食べながら、
トンカツを待つ。
待つこと・・・・・30分くらい?

IMGP3023.jpg
ヒレかつ



IMGP3019.jpg
海老フライ&ヒレかつ

登場ですッ。

衣の色が黒いのは、
ごま油を混ぜた油で揚げているせいと
パン粉のせい。

このお店のパン粉は、
長時間発酵させて丹念に作った食パンを使っているらしい。
そのパン粉に味を軽く付けているので、
ソースをつけないでそのまま食べると、ほのかに塩分を感じる。
大きめにおろしたパン粉だから、パンそのものの風味、バターや生地の甘味も感じられる。
なんとなく、カレーパンの生地の部分みたいな感覚。
直接お皿に乗っているのに、時間が経ってもサクッとしている。
jこれは長時間発酵されたパンのせいかもしれない。

IMGP3021.jpg
IMGP3026.jpg
さて、お肉ですが・・・
とても柔らかくてジューシー。
特別銘柄が付いた豚では無いようだけれど
一応、『全国銘柄特選豚使用』と書かれてありました。

臭みもなく、柔らかくて、ジュワっと肉汁がこぼれるほど。
ソースとからしをたっぷりつけて、いただきました。

ママが頼んだ海老フライも、美味しそうなソースがかかっているし
ずいぶん大きな海老だし。。。ちょっと食べさせて~
タルタルソースも甘くておいしいのだけど、
なにより海老がプリップリで弾力があって、食べ応えがある。
海老そのものにも甘味があって、
いやー、お家で作る海老フライとは全然違うんだ~。
やっぱり、揚げものはお店で食べるに限るなぁ。

大満足なとんかつ。

気になったのが、隣に来た親子と思われる男性2名。
私たちよりはるかに遅くきたのに、カツが出てきたのは
同じタイミング。
常連さんは、電話で注文しておけるのかもしれない。

ちなみに、お弁当もやっているので、
1時間まえにお願いしておくと、作っておいてくれます。

行きつけ決定:D


かつ久
東京都大田区田園調布
2丁目48-15
03-3721-2629

バラちらし

IMGP3200.jpg
酢飯が好き。
だからお寿司が好き。
でもネタよりも酢飯が好き。

なんとなく酢ご飯が食べたくなったので
お刺身を適当に買って、バラちらしを作ろう!
初めてのバラちらし。
前々から作ってみたかった。

すごくいいイカがあったので、
イッパイ買って、内臓を取って皮を剥いで、1cmの角切り。
こらー美味しそうなイカだ。

あ、イカは皮の色が、黄色(黄金色)のものが新鮮で美味しいよ。

それから、大間の生マグロ!と言って売っていた中トロ。
この時期の大間のマグロって・・・?フム。。。
冷凍を買うよりはいいかな~とひと柵。
色は赤身のような中トロなんだけど、結構美味しい。
脂っこすぎないトロ。あっさりしたトロ。

あとは鯛、かんぱち、サーモン、いくら。。。と
いくら以外、みんな同じ大きさに切って、
海苔、シソを敷いた酢ご飯の上にたっぷりのせて、
錦糸卵、ガリを添えて出来上がり!

IMGP3196.jpg
思いのほか、絵になった。

いろんなお魚が混ざりあうので、
もちろんいろんな味がする。
常に同じ味になってしまうので、量が多いとちょっと飽きちゃうかも。

そして、美味しいお刺身は、やはりそれぞれの味を楽しむ方がいい。
よって、美味しいお刺身を食べた翌日、
残ってしまったら、それらを使ってバラちらしにする。
もしくは、ねぎやみょうが、シソなどと一緒に叩いて
味噌、醤油などで味付けしたものを、酢ご飯に乗せお茶漬けに!

初めてのバラちらし。
とりあえず、満足。




チョコカスタードパン

IMGP3179.jpg
熱海で出逢ったあのパン。
クリームがパン生地に練り込んであった、あのパン。

気になったので早速作ってみた。

いつもより固めにカスタードクリームを作り、
水分少なめで捏ねたパン生地に練り込んでみた。
けど。。。
それでもやわらかいのか、どんどん生地に馴染んでしまい、
まだらに入らない。

とりあえず、このまま発酵し、
ベタつく生地を成型して、最終発酵。

半分は何も入れず、もう半分は残りのカスタードを包んで丸め、
成焼前にチョコレートクッキー生地を渦巻きにのせる。
IMGP3180.jpg
この姿が可愛くて、ついパチリ。
このままの形で焼き上がるといいのだけど、
バターや牛乳が入った生地なので熱には弱い。
焼きあがり、まんべんなく全体にコーティングされるように、
こうして上に乗せて焼き上げる。

IMGP3181.jpg
こんな感じ。
表面もきれい。
(形は・・・ご愛敬)

IMGP3186.jpg
チョコレートの香りと甘いパン生地の香り包まれたキッチン。
幸せの香り。

IMGP3190.jpg
何も入っていない方を割ってみると・・・
やはり、クリームの影は見えず。残念。
ただ、生地馴染んだ分、とてもとてもリッチな味わいのあるパンになった。
これはこれでGood!

コーてティングされたチョコクリームも全体の厚さが均等でしょ!

これはこれで大成功!

でも、もっと固く作ったカスタードで、もう一度リベンジね。




肉巻きおにぎり

IMGP2991.jpg
夏の暑さ、疲れた体、
なんだかお料理するのも食べるのも
ちょっとつらい・・・

そんな日には

【肉巻きおにぎり】

が意外といい。簡単で、思いのほかサラッと食べれちゃう。

ずっとずっと、作ろうと思ってなかなか作るチャンスがなかったのだけど、

甥っこも泊まりに来ているこの日

「んじゃ作ろうか!」

と二人でCooking!

甥っこが小さい時から、
手作りのパンや生パスタ、いろんな料理を作って食べさせていた。
もちろん作る姿もみせてきた。

私がやっていた

“子供パン教室”には4歳から受けさせた。

そんな彼も、もう7歳。

彼は自分のレシピノートを作って、
たまに料理をしているらしい:D

だからこの日、
二人で肉巻きおにぎりを、
それぞれのレシピ通りで作ってみよう!と。

IMGP3000.jpg
私のスタイルは
たくあんとゴマを合わせた俵型おにぎりに、
牛肉の薄切りを巻き、
フライパンで焼く。
みりん、醤油、酒を合わせたタレを加えて、絡めながら焼く。
(焼き肉のタレでもOK!)

IMGP3006.jpg
甥っこのスタイルは
お肉を焼いてタレを絡めて
おにぎりの具にする。
海苔を巻いて、ゴマを散らす。

どちらも美味しそうに出来ました。

ご飯にもう少し味を付けたほうが良かったかな。
たくあん、ゴマ、みょうが、しそ、塩。。。。
次回はその辺を入れてもう一度チャレンジ。

見た目、可愛いよね。
お弁当とかにいいかもね。

枕みたいな・・・・

IMGP3168.jpg
涼しくなった今日この頃。
いや、本来ならもっと暑くないか?
な9月。

久し振りにパン作り。

ちょっと惣菜パンにハマっている最近、
冷蔵庫にずっとあるスライスチーズを使って
チーズとベーコンのふんわりパンを作ってみよう!

〇ベーコン、チーズは生地に直接練り込むか、
 フィリング(成型時に巻いたり乗せたりする方法)にするか。

〇マヨネーズ入れたいけど、
 成型のときに生地に直接塗るか、上からかけるか。

〇大きく一つで焼くか、一人用に小さく焼くか。

〇クープ(切り込み)を入れるか、入れないか。

計量をしながら、この日に作るパンのイメージを決める。
それが楽しい。

レシピを考える時と同じくらい楽しくて、
もしイヤなことがあっても、その時だけは全部忘れられる。
きっと笑顔。

で、今日は
生地はシンプルに捏ねあげ、チーズたちは成型でフィリング的に使い、
クルクル巻いた大きなコッペパン成型で焼くことに決めた。

500gの粉を使って、縦25cm×幅15cmほどの、
昔の枕みたいな、大きな草履みたいな、巨大なソラマメみたいな
そんなパンが二本焼き上がった。
ちょっと笑っちゃう大きさ。

写真ではその大きさがちょっと分かりづらいのが残念。

IMGP3176.jpg
切ってみると、中はこんな感じ。
巻くというより、緩く折りながら転がしたので、
ちょっと平べったくなった。

ま、それなりに渦巻きになっているし、
まんべんなくチーズもベーコンもマヨも収まってくれているので
成功かな。

生地はふんわり焼き上がるレシピで作った。
時間が経ってもそのふんわり感は変わらない。
私のパンはガス抜きをあまりしないので、キメは疎らだけど、
その分余計にフワフワで、手作り風。

たっぷりのチーズとベーコンの塩分がジワッと生地に入り込み、
プラスマヨネーズのマッタリ感と、もともとの生地の甘さ、そしてアクセントに黒コショウ。
いろんな形で調和しあって、何とも味わいのある美味しいパンが焼き上がった。

久し振りに納得できる美味しさと食感で、大満足。
もう少し成型がきれいに出来れば言うことない!なんつってー。

調子づいてる今、
熱海で食べたクリームが練り込んであったあの甘いパンを作ってみようかな。

明日は甘い香りが部屋を包みこむのかも:D
楽しみだ。




箱根でうなぎ

IMGP3149.jpg
じっくり体も温まり、すっかりお腹もすいたので
帰り道、箱根によってうなぎランチ。

高速道路を箱根口で出たら、すぐ。

【友栄】

2つある駐車場がいっぱいなので、相当混んでそう。
時間は12時半。ちょうどランチ時間。しかも土曜日。

入口でメニューを決め、待つこと15分。
お座敷でマッタリ、うなぎランチスタート。

もちろん彼はビール。

それと、

IMGP3153.jpg


IMGP3154.jpg
なにこれーーーこの卵黄!
キラキラしていて、オレンジ色で、間違いなく新鮮なプックリ卵黄。
これ、TKG(卵かけごはん)にしたら、美味しいだろうなー。

「どこの卵ですか?」

「直接お願いしている所の・・・卵なんですよぉ。」

私もお願いしたい。。。



あ、肝がメインね。
そう、この肝、甘辛煮になっていてとても美味しい。
弾力、柔らかさ、ジューシーさ、そして肝独特な苦味。
大人の味で良い。
IMGP3156.jpg
そのままでもイケるけれど、この卵黄、付けてみよー!
いやぁ~ん、こんなにトロ~っと。。。:D
やっぱり、濃厚な黄身。そこに甘辛のたれ。絡む。
マッタリ甘辛で最高。
白いごはんくださいッ!
いやぁ~美味しかった。

IMGP3152.jpg
そしてもずく
大好きなもずく。
まぁ、上品な味付けであっさりしている。
もう少し酸味があってもいいかな。

ダラダラとそれらをつまんでいると、

IMGP3160.jpg
待ってました!の鰻重

IMGP3158.jpg
そして肝吸い~


こちらのお店、青うなぎを使用しているとのこと。

私はあまりうなぎを食べないので、青うなぎがどんなもので
違いはなにかよくわからないのだけど、
どうも品薄ではあるらしい。
(調べてみると、天然うなぎの事なのかな?)
無くなり次第、終了です。。。って
張り紙がしてありました。

早速蓋を開けて・・・・

IMGP3159.jpg
こんな感じー。

いやー、照りがいい。
香りがいい。キラキラだぁ~。

しっかり脂がのっているのに、後味さっぱりで、とても不思議。
皮と身の間に、流れるような脂が光っているのに、
口に入れるとさらっとしている。
これが青うなぎなの?
身もふっくらしていて、口の中でとろける。
癖もないし、トロトロだし。

タレも何となく山椒のピリッと感がある。
ご飯にかけたタレと、うなぎに掛けてあるタレの濃度が違う。
もちろん、うなぎはかば焼きにしているので、
付け焼きしながら出来あがるこの濃厚ダレがまたいい。
その違いがまたよく感じられる。
こういうところが、食べていて楽しめる部分だったりする。

私は毎年一回くらいしかうなぎを食べない。
そんな経験の中で恐縮ですが、
今まで食べたうなぎの中では
一番おいしかったんじゃないか!

是非また行きたいお店です。


ちなみに、うなぎには若返りのビタミンEがたっぷり含まれてる。
さらに眼にいいビタミンAもたっぷり!
体の中から綺麗に健康になれる食材。
気になる脂質も不飽和脂肪だということで、
コレステロールの心配もない。
そして子供の頃苦手だった小骨。
これも、カルシウム。大人になれば、そんなに感じない小骨。
美味しく食べて、健康にきれいに、体つくりが出来る
素晴らしい食材。
これからもたくさん食べて綺麗にならないと!



友栄
神奈川県小田原市風祭157 
0465-23-1011





ちょっと足湯

IMGP3115.jpg
暑い夏だけど、
だから行こう!

湯河原 万葉公園内にある足湯。

IMGP3124.jpg
独歩の湯

にちょっと立ち寄り。

数年前の春、二人で来たことがあったので
今回もその時の記憶を頼りに。

IMGP3130.jpg
森の中に、全部で9つの泉がある。
たぶんお湯はすべて同じ。
ただ、足裏のつぼの刺激の仕方やお湯の温度などで
効能がいろいろ違うのだろう。

IMGP3131.jpg
カンカン照りのこの日、
ただでさえ暑いのに、お湯につかれるかな・・・
結構温度熱いんだよ、ここ。

早速ひとつ目の温泉に入るも、早速出る。
熱いぃ~。

ちょっと温そうな、人がたくさん入っている泉へ移動。

IMGP3137.jpg
そんな風にいくつか入れる泉で足から温まることで
体も芯から温まり、おかげで汗がすごい。

いろいろ入って足がお湯になれると、はじめに入れなかった泉にも入れるようになる。

けど熱い。。。

IMGP3143.jpg
小さな大自然の中で、のんびり健康的に過ごした1時間。

※入場料払うと一日いられます。とはいえ、2時間くらいが限界かな。
 タオルは別なので、持っていった方がいいよ。


心なしか、すっきり。
熱いんだけど、なんか体が軽くなった感じがした。
夏はなかなか湯船に入ることがないので、
たまにこうやって体を温めるのは、やっぱり気持ちがいい。
特に女の子は芯から体を温めること、大事。
たまには湯船入らないとね:D

IMGP3146.jpg
すがすがしい気持ちで駐車場までの山道階段を上る私たち。
いやぁ急だし、暑いし、軽くめまいを催しながら、なんとかゴール。

IMGP3129.jpg
でも緑はやっぱり気持ちいい!
マイナスイオンたっぷり浴びて、
Let's go~ う・な・ぎ!

ということで、このまま箱根にうなぎ食べに行くよ~。


熱海で洋食 

IMGP3071.jpg
熱海で古くからやっている洋食屋さん

【スコット】

昭和21年創業の老舗レストラン。
文豪、谷崎潤一郎や志賀直哉が好んで食べていたという
ビーフシチューが有名なお店。

以前から気になっていたのだけど、
“海”といったら“新鮮魚料理”の誘惑に負け、
なかなかこういった洋食に足を向けることがなかった。

だから、今回はスコットでディナーをするべく
お昼に魚。

新館と旧館があり、どちらも趣のある建物。
私たちは旧館へ。

IMGP3072.jpg
※↑こちらは新館。
  お店は細い一通沿いに、新館・旧館が斜向かいに建っています。車は新館の1Fに停まります。

店に入ると、細長いコック帽を被った、コックさんが4~5名、
小さな厨房内に立っていて、ちょっと緊張。
ウエイトレスは白いシャツ、黒いスカート、白いエプロンと
老舗洋食屋風な出で立ち。

時間も早いので私たちを入れて2組のお客さんしかおらず
とても静か。これまた緊張。

※4時半オープンで7時ラストオーダー。吞気に東京時間で動いていると、店は閉まってしまいます。6時半ころから常連さん風なお客さんが続々と入店してきます。

IMGP3073.jpg
まずはワイン。珍しく白。

それから、

IMGP3084.jpg
ポタージュトマトスープ
IMGP3085.jpg
野菜サラダ

をはじめにいただく。

ポタージュトマト、珍しい。どんな感じなんだろ?
と運ばれてきたスープは、とてもきれいな赤い色をしていて、
その上にクルトンの茶色、パセリの緑、生クリームの白がのって
美しい一つの作品になっていました。
ライトが当たってキラキラ輝く。
スプーンを入れてしまうのが勿体ないほど。
でも暖かいうちが美味しいので、食べちゃう。

初めにスープのベースとなっているコーンの香りと甘さ、
次にトマトのマイルドな酸味、
最後にもう一度コーンのうま味を喉で感じるスープ。
味はちょっと濃い目。

トマトなのに、口当たりが恐ろしくなめらかで、まったくザラザラした感じがない。
どうやってこんなになめらかなスープをトマトで作るんだろ?
一生懸命濾すの?
ミキサーではこんな風にならないので、
きっと手でこの滑らかさを出すための努力がなされているのだろう。
素晴らしい。

野菜サラダは何とも昔っぽい。
生のピーマンとか、缶詰の白いアスパラとか。
懐かしい感じ。マヨネーズと白アスパラの相性は、最高ね。

メインはもちろん

IMGP3089.jpg
ビーフシチュー

お肉もソースも、キラキラ光ってる。
見るからに濃厚そうな、時間をかけて作りました的なデミグラスソースの色。
香りからも見た目からも、美味しいに決まってる!な画。

IMGP3098.jpg
アツアツでトロトロに煮込まれたお肉は、もちろんナイフいらず。
フォークでそっと一口分が取れる。
お肉ももちろん美味しいけれど、
やはりソース。
じっくり煮込んだうま味と、コク。
赤ワインの渋みがほろ苦い大人の味で、
お肉の脂と絡むと更に深い味になる。
充分に煮込まれているのもあり、これもちょっと味は濃い目。
彼はスプーンをもらって、ソースの最後の一滴まで残さず食べてました。

私はハンバーグ!と思ったのだけど、
ソースがデミグラスで同じなので、

IMGP3091.jpg
マカロニ海老グラタン

を。

いやー、これが、もー、いい感じで。。。

なんでしょう。
このマッタリしたホワイトソース。
トローっとこぼれそうでこぼれない、でも歯ざわりはとてもなめらかでボテッとしていない。
更に上にのってとろけているチーズがまた美味しくて。
ホッとするお味。
マカロニ(ペンネね)に絡むホワイトソース。
たまに食感を感じさせてくれる大きめカットの海老さん。
プリっとして弾力があって、どれをとっても満足なお料理。

デミグラスソースに比べると、ホワイトソースはお子様向き。
やっぱりちょっと味は濃いよ。

とはいえ、どれもとても美味しく頂きました。
IMGP3099.jpg
最後はコーヒーで閉めて、お店を出ました。

時間は7時。

こらー夜お腹空くな。。。と彼。

ラーメンやさん探ししてました。


スコット旧館
静岡県熱海市渚町10-13
0557-81-4460
営業時間 11:30~14:00(L.O)
16:30~19:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業
定休日 水曜日(祝日の場合は営業)











熱海のパン屋さん

IMGP3051.jpg
いつも、熱海に行く時は、
翌日の朝食用のパンを買っていく。
東京で用意していく時もあれば、
途中寄り道して、
小田原や湯河原の有名な美味しいパン屋さんに寄って行くこともある。

いくら有名なお店でも
“ついで”がないとなかなか行くことのないお店に寄ることが出来るので
それはそれで、熱海に行く楽しみの一つになっている。
更に、お店に行くことで、
いろいろなヒントを見つけることが出来るし、それが勉強にもつながる。

この日は熱海駅の商店街にある

【パン樹 久遠】

へ。

ずいぶん大きなお店。
赤い屋根が、地味な干物屋さんが立ち並ぶお土産街道の中で
ひときわ目立っている。

IMGP3052.jpg
入口にはこんな可愛いパン焼きおじさん。

IMGP3055.jpg
広い店内は半分がベーカリー、半分はCafeになっている。

並んでいるパンは、甘い系が多いかな?
デニッシュ系、クリーム、アンパン、メロンパン、チョコレート系、ドーナツ系。。。
見事に甘いのばっかり!
それらが乗っている棚の上には食パン系。
中央にある棚には、バケット、惣菜系。

一通りのパンが置いてある。

IMGP3056.jpg
ただ、気になったのは、
中央の棚の上に、小さいシリーズのパンやお菓子がいくつか袋に入っている。
中でも、直径4cm位のスコーンがすごくかわいくて、思わずパチリ。

スコーンって、ちょっとモソモソするじゃない?
あれって、うちの彼に言わせると、
牛乳がないと食べれない!
モノなんですって。
しっとりしてないメロンパンとかもその一種。
あのクッキー生地がモソモソ。。。
だから、スコーンはジャムやクリームを付けて
紅茶と一緒にいただくものなんでしょうけれどね。

なので、あんな小さなサイズなら、
そのモソモソも感じる間もなく食べ終わっちゃうんじゃないかなーと。

アハハ、そんなわけはないけれど。
なんかとても可愛かったので、ちょっと食べに言いなと。


で、朝食用のパンは、

クロワッサン

チョコレートコーティングのメロンパン風

アーモンドクリームとキャラメルのデニッシュ

バケット

の4種類。

IMGP3104.jpg
IMGP3108.jpg
クロワッサンは綺麗な27層。
バターと生地のバランスが一番いいと思う27層。
ただ、ちょっとしっとりし過ぎ。
トーストしたらもう少し水分が飛んだのかもしれないけれど、
もっちり感たっぷりのクロワッサン。
サクサク感が欲しかったかな。

IMGP3105.jpg
チョコレートのクッキー生地でコーティングされたパンは
中のパン生地にクリームが練り込まれていて、
それはそれは驚いた。
どうやって練り込んだの?
考えられるのは、固めのカスタードを発酵前の生地にサクッと練り込む感じかな?
今度自分でもやってみよう。
そのクリームのせいで生地事態も甘いし、チョコレートのクッキー生地もしっとり甘いので
とてもリッチなパン。
おやつにもいいかも!
ふんわりしていて美味しかった。

IMGP3106.jpg
そしてデニッシュ生地にキャラメルクリームとアーモンドクリームを練り込んだパンは
そんなに甘さを感じなかった。
クリームの味がイマイチ味わえず、味がはっきりしない。
フム。。。
生地もクロワッサンと同じで、しっとり感たっぷり。
雰囲気的にサクッといってほしかったので、ちょっと残念。

IMGP3111.jpg

IMGP3113.jpg
最後のバケットは、風味がいい。
皮の部分は柔らかくしっとりなんだけど
中はふんわりで香りがいいので美味しい。
噛んでいると、ジワッと出てくる塩の加減がいい。
それがうま味となって後味に残るので、何もつけなくてもおいしい。
お料理と合せると良いかも。


今回も勉強になるパンがいくつもあった。
早速、自分で試作してみよう!



パン樹 久遠
静岡県熱海市田原本町7-3
0557-81-3310

営業時間 7:00~19:00(商品売切れ次第閉店)
ランチ営業、日曜営業
定休日 木曜・第3水曜

熱海で美味しいもの三昧 

IMGP3046.jpg
週末に二人で熱海のマンションへ。
温泉に入って海の幸を食べたいなーと思うと、たまに来る。

ただ、私はここの温泉に入ると、どうしても目が腫れる。
それもかなりひどく腫れる。もちろんお医者さんにも診てもらっているのだけど、
原因はわからない。
この温泉、海洋深層水だからなのか・・・

なので、私の楽しみは目の前に広がる海!と
美味しいお食事。

まずは一件目。

【漁師家 大次郎丸】

このお店、漁師さんがやっているお店で
地魚を中心に、美味しい新鮮なお魚を食べさせてくれる。

いつもは夜ごはんに伺うのだけど、
今日はランチに。
東京から2時間弱で到着。

小さな店内は全部で5テーブル。
最近、本やTVに出ているので、意外と混んでる。
席があるか、ちょっと心配にだったけれど、大丈夫。

まずはビール。もちろん彼。

IMGP3032.jpg
そして、イカげその甘辛煮をクーポンでゲット~。

イカそのものの味がしっかりする。その弾力は新鮮さを感じる。
味付けが、おばあちゃんの味を思い出させる。
暖かくて、ホッとする味。
美味しい!!

おつまみに、

IMGP3042.jpg

IMGP3039.jpg
アジとかんぱちのお刺身

お酒呑みにはそんなおつまみで十分なんだって。

アジは地モノなので、いつも美味しい。
甘味があって、さっぱりしている。
サラッとした食感なのに、深みのある味が
さすが!

逆にかんぱちはマッタリとして、
ちょっと後味が残るかな?
もちろん味は美味しいのだけど、さっぱり感はあまり感じない。
まぁ、そんなお魚なんだろうけれど。


で、私はランチメニューからいろいろ考えた結果。。。。

IMGP3047.jpg
やっぱり海鮮丼で!

あのぉ~またお刺身ですかぁ~???

な海鮮丼。

でも、焼き魚の気分じゃないし、
煮魚は金目の兜煮だし、確かにそれも美味しそうだけど。。。。
あとはフライや刺身定食的な感じだから~。


いやいや、大将!
ちゃんとわかってらっしゃる。
すでに頼んでいる
アジやかんぱちは除き
別の刺身で作ってくれている。

良い、実に良い。

それにしても、みごとなお刺身の量。

ご飯が酢飯じゃないのが残念だけど、
たっぷりのわさび醤油をかけていただきまっす。


ボタンエビ
イカ、サバ、はまち、たい。。。
など。

こらー、美味しい。

イカは甘くてコリコリしてるし、はまちは意外とあっさり。
たいの食感やさっぱり感は、なぜか落ち着く。

IMGP3044.jpg
あまり、生の海老は好まないのだけど、
チャレンジ。
頭を取って、パクリ。
あまーい、とろーっ、コクがあって、後味マイルド~
全然生臭さとかなくて、後味がクリーミー。
うまいッ!

大満足なランチ。


このお店、自分たちが釣ってきたお魚をさばいてくれる。
もちろんお料理として出してくれるので、
次回はそれ、やってみよう!



漁師家 大次郎丸
静岡県熱海市下多賀434-1
0557-67-5963

営業時間
・昼12:00~15:00(LO・14:30) 
・夜17:00~21:00(LO・20:30) 
 予約の場合のみ営業時間外も営業いたします。
(*漁の都合により営業時間を急きょ変更する場合がございます。ご了承下さい。)

定休日
毎週水曜日
(*漁や天候の関係で急きょ休業する場合がございます。ご了承下さい。)


Lunch with TAKA

IMGP2945.jpg
夏休み、お勉強を頑張っている甥っこのTAKAとランチ。

玉川高島屋の上には、かなり美味しいお店がたくさん入っているので
お店が決まらないときには便利なデパート。
よくお世話になってますっ。

この日はランチだったので、
前から気になっていたブッフェスタイルのこのお店へ。

【柿安 三尺三寸箸】

この日はばぁばや私の妹(Takaの母)も一緒だったので
いろんなものを好きなように食べられるブッフェスタイルがいい。

場所がらか、子連れが非常に多い。。。

早速美味しそうなお野菜を中心に、チョイス。

IMGP2950.jpg
豆もやしのサラダ
ふろふき大根
豆乳とうふの冷やし梅肉あんかけ
羅漢果ジュレのサラダ
肉団子


IMGP2952.jpg
ふろふき大根がジュワっと味が染み込んでいて、
上品な味付けでとても美味しい。
少しトロッとしたあんかけで、いくつでも食べられる。
型崩れなく、上手に炊いてあるのが素晴らしい。

IMGP2953.jpg
ビタミンEやミネラルが豊富な羅漢果のジュレ。
癖がなく、あっさりしている。
レッシングでお野菜と一緒にいただくと、
シャキシャキの新鮮野菜のなかでトロ~っと夏らしい歯ざわり。
お肌ぷりぷりにしたくてチョイス。どうだろ?

IMGP2951.jpg
肉団子も、お肉がジューシーで柔らかく、ふんわり。
タレが私好みの酸味と甘みが多めで良く絡んでいる。
イロドリもきれい。

さて、もう一回。次のお皿。

IMGP2957.jpg
夏野菜のピクルス
ビーフン
ガスパチョ

鶏の南蛮漬け

IMGP2955.jpg
ピクルスや鶏の南蛮漬けは、もう少し酸味が強いと良かった。
中途半端な味付けだったので、ちょっと残念。イロドリがきれいなのにね~。
でも子供や年配の方のことを考えると、優しい味付けになってしまうのかな。
IMGP2960.jpg
そしてガスパチョ。
これも大好きなスープ。
これはしっかり味が付いていて、カットきゅうりやトマトをトッピング出来るスタイルなので
食感も感じられてとても美味しい。

だんだんお腹もいっぱいになってきて。。。。

甥っこは、食が細いので全然食べない。
ハンバーグ、オムライス、コロッケを食べたあと、
もう要らないというので、
ちょっと勿体ないじゃん!
もう少し食べさせようと、一緒にお料理選び。

白いごはん
ポテトサラダ
ポテトフライ


を選んで、かなり地味なお皿を持って席に着いた。

ぺちゃくちゃ、大人は話をしながら食べていると、
おっ!
と突然お皿を持って立ち上がる甥っこ。

なに?

大きなから揚げを2つ、地味なお皿に乗せて帰ってきた。

「“から揚げ、揚げたてです!”って聞こえたから、揚げたて食べたい!と思って」

と。

全然聞こえなかったけど。。。

IMGP2961.jpg
子供はみんな好きなから揚げ。
熱いの一生懸命食べてる姿は
男だな。。。と。

デザートも豊富で、
IMGP2963.jpg
ソフトクリーム
も自分で作れるし、トッピングも出来る。
濃厚ミルク味で意外と美味しい。

IMGP2964.jpg

IMGP2974.jpg
さらには、夏らしい
わらび餅
三食くず団子


きな粉は黒豆きな粉っぽい。ちょっと黒い。香ばしくて美味しい。
わらび餅は・・・ま、きな粉を食べる為の食材として。
ただ、くず団子はとても上品な大きさ、見た目、味。
黄色はマンゴー、黒は餡子、ピンクはピーチの味がして、
それがクドくなく、なめらかで美味しい。
表面のくずも、さっぱりしているので、ひつこくなくいただけるデザート。

最後にコーヒーを頂き、大満足。


私が真剣に写真を撮っていると、
彼もやってみたくなるらしく・・・
一応一眼レフなので、あまり貸したくないのだけど・・・
撮り方を教えて、構えはばっちり。
ちびっこカメラマンみたいに、お料理やデザートの写真を撮って満足気。
せっかくだから、作品載せておいてあげるよ!
ソフトクリームの写真ね:D


柿安 三尺三寸箸 玉川高島屋S.C店◇
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川島屋S・C 本館6F
TEL:03-5491-7822 (直通)