“Departures”を観る

P1060661.jpg
先日アカデミー賞を受賞した映画

おくりびと】Departures

カリフォルニアで上映していたので
観に行いました。

アメリカで日本の映画を観るというのも
面白い経験だな。

P1060660.jpg
Menlo Parkにある

GUILD THEATRE
949 EL CAMINO REAL
MENLO PARK, CA 94025


で鑑賞。

映画館は古き良き小さき。。。といった
渋谷の短観系をやっている昔ながらの映画館というかんじ。
何となく趣があるなーと。
館内はとてもシンプル。だけど、飾りは何となくこだわりが感じられる。


さて、映画の内容ですが、
観終わった率直な感想は

とても日本らしい、感動的な映画だったな。。。と。

景色、音楽、モックンの演技、その他の味のある俳優陣・・・
その辺りが素晴らしかった。
背景は山形の田舎町。
とても地味な設定だし、
内容も“人間の最後をいかにその人らしく旅立たせてあげるか”
という、どう転がっても決して明るい内容ではない。

でもそういった部分で、いわゆる日本らしい儀式を題材に
これぞ日本を描いた作品。

こういう作品が海外で認められたのは、
日本人としてちょっとうれしく思いました。

モックンが色っぽい。
チェロの音と久石譲さんの音楽。
美しい日本の田舎の景色。
笹野高史さんの演技
にやられました。


久し振りに大泣きした、充実感のある映画でした。


Japanease Movie すごいね。


スポンサーサイト

スコーンを焼く

IMGP1632.jpg
薄力粉がたくさんある。
無塩バターもある。
卵もあるし牛乳もギリギリある。
チョコチップ、レーズンもあるなー。。。

そうだ、スコーンを焼こう!

ケーキやお菓子作りは好きなんだけどあまりやらない。
作ろう!
気分が上がらないと作らない。

パンや料理は全然そんなことないのだけどな・・・

そしてこれも私の癖で
せっかく作るなら、沢山作ろう!
って。
倍の分量でたくさん作ってしまう。
そんなに食べる人いないんですけどー

今日のスコーンも、全部で20個くらい焼けたかな。

IMGP1626.jpg
プレーン

IMGP1629.jpg
チョコチップ

IMGP1627.jpg
カレンツ

ちょっと焼き加減が・・・
半分はいい感じにスコーンなんだけど
もう半分は何となくクッキー。。。

少し時間を置けばしっとりしてくれるかなー

ということで、様子見中。


つい麺棒で綺麗に伸ばして型を抜いてしまう。。。
本当はもっと適当なカットと形でいいのに。
それこそ、手で生地をちぎって、適当に天版の上で広げた程度で。。。ね。
次回はそうやって作ってみよう。
そう、スタバ風にね。


味は甘さ控え目でサックリした食感が良い感じです。
ジャムもホイップもないのだけど、
コーヒーとそれで十分の朝ごはん?ランチ?おやつ?になりそうです。


世界のマイケル

マイケル病院
残念なことに
偉大なアーティストが亡くなってしまいました。

いつまでも少年の心を忘れないところと
あの雰囲気がとても好きだった。

私の友人がL.AのUCLAに通っていて、
近所のUCLA メディカルセンターでマイケルは亡くなったということもあり
周辺道路は通行止め。
それに伴い学校が休校となったようです。

その時に撮った写真を送ってくれました。
すんげえ中継車の数
リクエストに応えて
人だかり

躍動感あふれます。

この映像は、TVのニュースでずっと流れていました。


今聴いてもいい曲ばっかりだし、
楽しいPVだし。
今後、こんなスターは現れることないだろうな・・・・
と、カリフォルニアで思うここ数日です。


プールサイドでBBQ

IMGP1521.jpg
友人が住むアパートメントのプールサイドで
BBQパーティ。

IMGP1525.jpg
IMGP1526.jpg
立派なコンロと冷蔵庫、レンジまであります。
素敵。アメリカっぽい。

さすがに季節もよく休日の午後ともなれば
BBQチームもそれなりにいて、
みんなで順番にコンロを使います。

アパートに住む方が、お魚やお肉を焼きに降りてきて
焼き上がるとお部屋に持って帰るというパターンもあって、
なるほどなーと。
お魚とか部屋で焼くと臭くなるし・・・いいかも。


IMGP1530.jpg
IMGP1532.jpg
IMGP1536.jpg
IMGP1538.jpg
お肉はディトマーズで購入しておいてくれた
リブ、ニューヨークステーキ、豚バラ、ソーセージ・・・
豪快です。
美味しそう:D
あ、もちろん美味しい:D
柔らかくて、臭み一つなく、コクがある。
豚バラなんて、ほんとに美味しい。
日本の焼き肉を思い出させる味。
味付けも最高でした。
アメリカに豚バラとかあるんだ・・・と素朴な疑問。

IMGP1540.jpg
IMGP1541.jpg
IMGP1545.jpg
こういう塊りのお肉って機会がないと食べないので
今日はほんと、久し振りに頂きました。
しかもシンプルな料理なので、美味しいお肉じゃないと食べられない。
ディトマーズのお肉は間違いなく美味しいお肉です。
(いつも、生ハムとかサラミとかしか買わないので今日は確信!)

IMGP1565.jpg
そして焼きおにぎり!いぇーい!
焼いている香りが香ばしい。
これぞ日本のBBQだ~。
最高!!


IMGP1555.jpg
IMGP1553.jpg
青い空の下、美味しいお肉と美味しいワイン、
仲間との何気ない時間がとても楽しい。

IMGP1580.jpg
一緒に楽しんだ友達に、スイマーが二人。
美しい泳ぎを披露してくれました。
飛び込む時の水しぶきの少なさ。
泳ぐときのピンと伸びた腕、綺麗なフォーム。
さすがだなーと関心。
イルカみたいに、お水の中をゆらゆら流れていました。
フォームが美しいこと、それはどのスポーツでも大事なこと。

太陽もだんだん傾いてきたので、
片付けてお部屋に戻りました。

IMGP1591.jpg
太陽の下でのごはんは
本当に美味しかった。

神様に感謝ね:)




Joanie's Cafe

パンケーキ屋
California Aveにあるいつも混んでいるパンケーキが美味しいCafe。

【Joanie's Cafe】

この辺には美味しいパンケーキが食べられるお店はいくつかあるのだけれど
ふわふわ感とちょっとだけもっちりしたほんのり甘味のあるあのパンケーキが好きで
友達とのランチにたまに使います。

今日も学校の友人と土曜日のランチに。

ブレックファースト的なお店なので
10時頃はかなりの列で30分は当たり前のように待ちます。
休日のランチ時間にもなれば、遅いブレックファースト明けでかなり穴場。
この日も5分ほど待っただけで入れました。

サンドウィッチやマフィン、ワッフルなどいろんなメニューがあるのですが、
どうしてもパンケーキ。
今日はパンケーキ2枚とフレンチフライを注文しました。
2枚のパンケーキは絶対に食べ切れないのだけれど、
1枚じゃちょっと寂しいし。。。やっぱりパンケーキは重なってないと。。。
お持ち帰りシステムに感謝ね。


さおが食べた
たっぷりのメープルシロップとバターをのせて
美味しく頂きました。
フレンチフライもカリカリ具合と塩加減が絶妙。
そのままでも、ケチャップとマスタードと一緒でも美味しい。
アメリカのジャガイモは大きくて長細いので、フレンチフライには最適。
ホクホクしていてコクがあってとても美味しいです。

ゆかが食べた
友達はパンケーキ2枚に卵料理、ソーセージのセットメニュー。
これもおいしそう。

もう1人の彼女はスープとサンドウィッチのセットでした。
アーティチョークのクリームスープ。
これ、ほんとに美味しかった。
アーティチョークって普通にスーパーで売っているのだけど
どうやって使えばいいのか良くわからない。
ちょっと調べて私もスープ作ってみよう!


アメリカンなプレートに大満足のランチでした。

お替り自由のコーヒーも意外と美味しい:D


Joanie's Cafe
447 S California Ave
Palo Alto, CA 94306

Hours:
Mon-Tue. 7:30 a.m. - 2:30 p.m.
Wed-Sat. 7:30 a.m. - 2:30 p.m.
Wed-Sat. 5:00 p.m. - 9:00 p.m.
Sun. 7:30 a.m. - 2:30 p.m.

ワイナリー巡り Sonoma(5)

IMGP1366.jpg
今回のワイナリー巡りはこれが最後。

MARTINELLI

帰り道にあったワイナリーで
ちょっと寄ってみたというかんじ。

赤い建物でとてもかわいらしい。
時間も遅かったので、そんなに賑わってはいなかったものの、
それでも中ではテイスティングのお客さんがたくさん。

時間も遅かったので、私たちはそのまま見学だけして
失礼しました。

IMGP1367.jpg

脇の道端に可愛いお花が咲いていたので、
ちょっとだけ根っこをもらって、お家で植えてみよう!って。
ごめんなさい。(写真の花壇からではありません)

どんなふうに育つか、楽しみです。


こんな感じで私に初めてのワイナリー巡りは終わりました。

お天気も、気候も、行ったワイナリーもどれも素晴らしく、
最高の一日でした。

時間があったらNapaも行ってみよう。。。

ワイナリー巡り Sonoma(4)

次に向かったのは

IMGP1340.jpg
ARISTA

IMGP1343.jpg
IMGP1349.jpg
IMGP1345.jpg
ここは、日本庭園のようなお庭があり、
いきなり竹林とか滝の流れる池があったり。
なんだかホッとできる空間が広がっていました。

IMGP1352.jpg
IMGP1359.jpg

とても広い敷地のあちらこちらにテーブルが置いてあり、
みんなが一緒にくつろぐというより、
ある意味プライベートな空間を作ってくれているように感じられました。

テイスティングをしていると、お姉さんが

「お庭で飲んでいいわよ!」って。

まだお金も払ってないのに・・・いいんだ・・・
太っ腹。

IMGP1360.jpg
4種類のティスティングを
のんびりお外の空気を感じながら楽しみました。

小さな子どもたちがママやパパと一緒に訪れ、
ピクニック感覚でワイナリーを楽しんでいました。
子供のころからこんなところで遊んでいたら、
ワインへの親しみは自然と身につくな・・・なんて
ちょっとうらやましく思いながら眺めてしまいました。

そう、先ほどのワンちゃんたちともここで再開。
相変わらずジャレながら広い芝生を走り回ってました。

ほのぼのとした風景・・・

IMGP1350.jpg
IMGP1344.jpg
そしてやっぱりお花たちは綺麗でした。


このワイン、見たことのあるエチケット。
ワインショップで見たのか、買ってきて飲んだのか・・・

ワイナリー巡り Sonoma(3)

IMGP1334.jpg

可愛いワンちゃんたちとお別れして、
次はこちらへ。

IMGP1321.jpg
ROCHIOLI
一緒に行ったご夫婦おススメのワイナリーです。

趣きのあるエントランスをくぐってたどり着いた先は

IMGP1323.jpg
見事なぶどう畑が広がるこの景色。
思わず「わぁ~」っと。
優雅にワインを楽しむ美女。見事な青空。
画になります。

IMGP1328.jpg
IMGP1330.jpg
美しい。。。

ぼんやりずっと眺めていられる景色。

ここの白ワイン、リーズナブルで本当に美味いんです。
小売をしていないので、ここに来ないと買えません。

テイスティングも、お金を取らない良心的なワイナリー。

「テイスティングしたら、買わずにはいられないわよ。美味しいってみんな思うもの・・・」

そう言われているよう。

見事にそうなんですけどね。

IMGP1327.jpg

IMGP1326.jpg
やっぱり花壇のお花もかわいい。

シンプルなお庭なんだけど、
忘れない景色。
そして美味しいワイン。

私もこのワイナリーのファンになりました。

ワイナリー巡り Sonoma (2)

IMGP1314.jpg
続いて向かったのは

山の上にある景色が素晴らしいこちらのワイナリー。

GARY FARRELL
IMGP1316.jpg
一軒目と比べるととてもシンプルなエントランス。
建物も入口も特別な感じはしないのだけど、
その景色はすばらしい!
上から眺めるぶどう畑。
大自然。
これぞアメリカ。
もっと上にあるぶどう畑を見上げたり、
空をじっと眺めたり、緑溢れる木々から済んだ空気を吸い込んだり。

IMGP1310.jpg
テイスティングルームでテイスティングを楽しむそのカウンターの先の景色も
まるで絵のように美しい。
贅沢なテイスティングルームです。
窓の縁がまるで額のように、自然の絵が出来上がっています。

ワインはだいぶ若いようで、
もう少し時間が経つともっと熟成されて美味しくなるんじゃないか・・・と。

もうこの景色で十分満足。

IMGP1301.jpg
可愛いワンちゃんが2匹。
ラブラドールかな。
お外で待たされていて。
2匹ともまだ子供なので、
IMGP1302.jpg
大きな声でご主人さまを呼んでました。

可愛い彼らにも逢えて、楽しい時間を過ごしました。


やっぱり花壇にはこんなにきれいにお花が。
IMGP1319.jpg


ワイナリー巡り Sonoma(1) 

IMGP1293.jpg
カリフォルニアワイン。。。
本場こちらでいただくそれは、本当に美味しいものがたくさん。

私はそこまで呑めるわけではないので、
多くは語れませんが、
美味しいものはわかります。

こちらのスーパーマーケットには
ワインショップなんじゃないか!というくらい
ワイン売り場が充実しています。
しかも、美味しいワインが$15くらいで買えます。
ちなみにこのレベルのワイン、日本の有名デパートのワインショップで
\5000ちょっとで売ってました。
うーーー日本ではカリフォルニアワイン買えないな。。。

カリフォルニアには1000ものワイナリーがあると言われています。
代表的なところで、
ROBART MONDAVI
Opus One


などがあります。
ワイン好きの方ならどなたでもご存じの
Napa Valleyにあるカリフォルニアワインの代表的なワイナリーです。

Napa Valleyは
アジア人をはじめ、たくさんの観光客で賑わう
カリフォルニアの観光名所になっています。

私はあまのじゃくのせいか、
あまりこの地区に興味がなく
ずっとSonomaに行ってみたかった。
特にお気に入りのワイナリーがあるとかではないのだけれど。。。

この日、ワイン好きの仲良しご夫婦と一緒に、
念願のSonomaへ。

やはり思っていた通り。
見渡す限りのぶどう畑。
青い空と、白い雲。新緑の葉と大地の茶色。
珍しい植物にカラフルなお花・・・
心の底からリフレッシュ。

早速ランチをするためのワイナリーへ。

Chateau St.JeanIMGP1268.jpg

いきなり一軒目から素敵です。

IMGP1263.jpg
IMGP1264.jpg
両サイドぶどう畑のアプローチを抜けると
正面にお城のような建物。
シャトーという名前だけあります。

IMGP1271.jpg
IMGP1272.jpg
IMGP1276.jpg
IMGP1285.jpg
中に入ると、綺麗に手入れされたお庭。噴水。オブジェ。。。
私が初めて訪れたワイナリーは美しすぎました。

ワインショップに入り、サンドウィッチとワインを買って
テラスでいただきました。

お天気がよく、心地よい風が
優雅なひと時を与えてくれました。

こんな環境でいただくサンドウィッチは
とても美味しいかった:D

IMGP1289.jpg
壁の向こうにはちょっとした芝生スペースが。
ちょうちんのようにも見えるライトと大きな木。
そしてその先に広がるぶどう畑。
言葉を失いました。


続く。。。







ホットドッグとサンドウィッチ

IMGP1477.jpg
最近パンを焼いてないなー

と思って、

翌日のランチにサンドウィッチでも!と

パンを捏ね出した・・・のだけど、

型をしまってしまい、角食パンは作れない。

それなら、それらしいパンを成型しよう。

と思いついたのが

こんな感じ。

IMGP1434.jpg
IMGP1430.jpg
ドッグパンとフォカッチャ風の平べったいパン。

ディトマーズで買ったハムがあるので
それをそうしてもサンドウィッチに使いたかった。

でも、ソーセージも使いたい。

だから、この2種類。

ちょっと甘めの私のパン生地。
アメリカの強力粉は強すぎる(気がする)ので
1/3薄力粉を混ぜ、バターは一度溶かしたものを使い、
ショートニングも加えて作った。
かなりふわふわ、風味のある、豊かな味がするパン。
美味しいかは、焼きあがりの香りで分かります。。。


IMGP1479.jpg
ホットドッグは紫キャベツを使ったので
こんなに鮮やかな紫がちょっと体に悪そうな雰囲気を出してしまっているけれど、
自然の色です。
大丈夫。

それに、赤いケチャップと黄色のマスタードが栄えること・・・
ううん、大丈夫。

IMGP1469.jpg
IMGP1472.jpg
サンドウィッチは半分に切った平べったいパンに
バター、マスタード、マヨ、レタス、きゅうり、トマト、ハム、チーズ、塩こしょう
をサンド。

美味しい!
パンがやわらかいので、全然重くなく、あっさりと食べられる。
お野菜多めで、そんなに調味料もたくさんつけなかったので
ほんとあっさり。やっぱりディトマーズのハム美味しい・・・
好きだぁ~。


ちょっとした工夫で、パンも今まで以上に美味しく焼ける。
それは自分で何度も作ってみて、その加減やコツをつかんでいく。
そうなるまではとにかくたくさん焼いてみること。

そう、オーブンから声が聞こえるくらいにね:D






打ちっぱなしに行く。

golf enter
家からわりと近いところに
パブリックのゴルフ場があります。

今の季節、夜の9時前ころまで明るいので
仕事を終えた後にコースを回るなんて、普通。

この日は友人夫婦に誘われて、打ちっぱなしに行きました。

IMGP1213.jpg
始めてきたこの辺りのゴルフ場。
日本とは何が違うのか・・・
まずは見渡す景色の広さが違う。
日本のゴルフ場も、それなりに土地のあるところにあるわけで
そういった意味では大自然に囲まれたところなわけです。
しかし、すぐに山、すぐに林、すぐに崖。。。みたいに、
すぐに。。。何かがあるです。
でもここはそうじゃない。
すぐに何もないんです。
遠くに山、遠くにビル、遠くに海みたいな。
しかももちろんフラット。。。

すごいなー

そんな感想ばっかり。

IMGP1175.jpgIMGP1177.jpg
golf1.jpgIMGP1212.jpgIMGP1210.jpg

そして、いろんな植物があって、
それだけでもとても楽しめます。
わざわざ植えているものもあれば、
川っ縁に突然咲いているこんな綺麗な植物も。
IMGP1208.jpg

ここではお庭をきれいに飾り、それを保つという習慣があるらしく、
家の前の芝生を枯らしたら文句を言われるのだそうです。

とてもいいことだと私は感心しました。

そのせいか、ほんとに緑もカラフルなお花も
綺麗に手入れされ、咲いています。


IMGP1190.jpg
道中、そんな植物たちに目を魅かれ、さっそく打ちっぱなしのグラウンドへ。
もちろん囲いなんてなく、ただ向こうに向かって打つだけです。
一応ヤード数は書かれてありました。

いやー、どれくいらぶりにクラブを握ったかな?
まぁ、スポーツは体が覚えていてくれるので、意外と楽に思い出します。

久し振りだし、空気もいい、景色もいい。。。。
どの球も、気持ちよく飛んで行ってくれました。

IMGP1218.jpg
30球くらい打ち、大満足。
これをやると、コースを回りたくなってしまうので困ります。
クラブもないし、靴もないのでそれは難しいのだけれど。

そう、日本語でなんやかんや言っていたら
係の男の人が片言の日本語で指導し始め。。。
みんなびっくり。
不思議とその指導を聞き入ってしまって、ちょっとおもしろかった。

彼は木曜日にレッスンをしているらしいです。
日本に2年くらい住んでいたらしく、今はこの打ちっぱなし場で籠を集めたりしている彼は
一体なに者なんだ・・・と。謎めいてました。

帰ってから、筋肉痛とかきちゃうんだろうなーと予測。
ところが、全くない!
それ凄い、私。


SFORELINE GOLF LINKS
2940 North Shoreline Boulevard
Mountain View, CA 94043
Phone: 650/903-GOLF (4653)




YOSHINOYA Beef Bowl

MDRF_014.jpg
吉野家、日本人なら知らない大人はいない、とても有名なレストラン。

私も何年か前に初めて日本で食べ、
お肉の柔らかさ、おふくろの味的な味付けに感動しました。

そのYOSHINOYA。
アメリカでも、すごい人気です。

確かに、あのおふくろの味的なジャパニーズテイストは
知らずに潜在意識に植え付けられてしまう、
そんな味なんじゃないかと思います。

この日、友人と三人で語学学校めぐりをして、
そのあとにサンタクララという町にある

【YOSHINOYA Beef Bowl】

へ向かいました。

カーナビに入れると、ちゃんと発音してくれます。
それが結構面白かった:D

お昼時ということもあって、
店内はとても混んでいて、車も停められないほど。
あ、ドライブスルーもありました:)

もちろん男性ばかりの店内。
私たちくらいかな?女子・・・

店内は間違いなくマック。
MDRF_011.jpg

MDRF_010.jpg
マック仕様の店内に、メニューもこんな感じ。
やっぱりマック。

MDRF_013.jpg
しかも、コンボメニューは
牛丼とペプシとケーキ・・・
微妙。

メニューは至ってシンプルで、
牛丼か、牛&野菜か、チキンか海老フライか。
そのへんの組み合わせで何種類かあって、大きさが2つ。

私は牛&野菜のレギュラーサイズに日本茶。

お野菜はなんかトロみのついた味付けしたもので、
それはいまいち。
でも牛丼はとても美味しい。
日本のそれと同じ味つけで
お肉も柔らかく、かなり感動しました。
日本はショウガの味が強いけど、アメリカはもっと甘味があるような気がしました。
玉ねぎが甘いから、その甘味がジンワリ出てるのかも。

お値段も3ドルちょっとで、こりゃー混むはずだわ。

みんなフォークとスプーンを使って牛丼を食べていました。
ちょっと不思議な光景。
そして、大量の紅ショウガをかけている方も。
牛丼の味はするのか・・・ちょっと心配になりました。

いやー。吉野屋、さすがです。

良い思い出になりました。


Yoshinoya Beef Bowl
1790 El Camino Real,
Santa Clara, CA 95050
Store Hours: 10am - 10pm


さくらんぼ

以前、アメリカンチェリーの日記を書きましたが
今日はこちら。

IMGP1139.jpg
これもアメリカンチェリー。
ダークチェリーをアメリカンチェリーを思い込んでいた私は
ここ何年かでこちらのチェリーもアメリカンと言うこと知りました。

見た目は日本の佐藤錦とかに似ているので
つい“さくらんぼ”と言いたくなります。
間違ってはいないのですが。。。

最近はこちらのさくらんぼにはまっています。
ダークチェリーに比べると、皮も身もしっかりしているように感じます。
味は酸味が強く、甘酸っぱい。私の好きなテイストです。
それから、一粒一粒の味のバラつきが
ダークチェリーに比べると、あまりないように思います。
どれを取って食べてもおいしい!

ずいぶん前に山梨にさくらんぼ狩りに行ったことを思い出します。
私の名前と同じ品種のさくらんぼがあって、それを食べに行ったんです。。
やはり木から直接摘んださくらんぼは、とても甘くておいしい。
太陽の味がしましたよ。



サーモン料理その2

ikuradon.jpg
先日のあまりのサーモン・・・

今日はそれを使って、親子丼にしました。

とっても簡単です。

shakedon.jpg
臭みを抜き、お酒と塩を振り、ラップをしてレンジに。
酒蒸しにします。

そして、これも残っていたいくら。
(実はこれがあったので親子丼にしたわけです)

酢飯を作り、海苔、シソを散らして、いくらとサーモンをのせて出来上がりです。
カンタン。

P1060644.jpg
横にガリを添えて。

P1060647.jpg
こちらのいくらはちょっと酒っぽいというか甘いというか
海の味というよりは調味料の味がするので
一度お酒で洗うか、あまり好きじゃないけれど、醤油に漬けるかして
使うといいかもしれません。

今日はサーモンと一緒だったので、美味しくいただけました。

サーモン料理その1

IMGP1144.jpg
アメリカのサーモンはとてもコクがあってジューシーで美味しい。

久し振りにお魚を食べようと、日系スーパーNIJIYAに行って
サーモンの切り身を2枚購入。

まずはホイル蒸しがいいかな。

お酒と塩でした味&臭み抜きをして、アルミホイルに
ニンジン、セロリ、ナス(薄くスライスしたもの)、サーモン(キッチンペーパーで水気を取って)、
パプリカ、塩、こしょう、少しだけバターをのせ、包んでオーブンへ。

180度(360度)で20分くらいかな?
良い音が聞こえて、お野菜の蒸し上がった香りもしてきたら大丈夫。

アルミを開けて、レモンをたっぷり絞り、いただきます。

お野菜の甘味とサーモンの甘味とコク、バターのほのかな香りとレモンの酸味が
とてもさっぱりで美味しいです。
サーモンはふっくらとして、ジューシーで、何とも言えない歯ざわりが最高です。

IMGP1149.jpg
半分はそのままレモンを感じでいただき、
もう半分には、私の手作りドレッシングをかけて
ちょっと洋風な味で。

マヨネーズを使っているわりには、ディルの香りと、レモンの酸味で
わりとさっぱりいただけました。


もう一枚は別のお料理で!

京菓子 From Japan

IMGP1114.jpg
先日、東京にいる京都出身の友人から
こんなに可愛いお菓子が届きました。

見るからに、日本の繊細さを感じるお菓子です。

京都西村のニンジン&かぼちゃぼうろ。
懐かしい食感のぼうろ。

IMGP1123.jpg
子供のころ、毎日のように食べていたぼうろは、
このお店のものだったんだと始めて知りました。

口の中でのんびり溶けていくあの感じ。
大人の私はついカリッと噛んでしまいますが
お菓子の香りを感じるには
ゆっくりいただく方が良いみたいです。

子供はそうやって甘くて美味しいものを知っていくんだな。。。

そしてもう一つは砂糖菓子の和三盆。

和三盆糖を使った上品な甘さの上品なお菓子。
食べるのが勿体ないくらいです。

綺麗な懐かしい味のお菓子に癒された一日でした。

ありがとう!

冷製トマトパスタ再び。。。

IMGP1092.jpg
何となく、お昼ごはんに食べたくなったので
以前から仕込んであるトマトのマリネを使って
再度チャレンジ。

今回はシンプルに、塩こしょうとオリーブオイル、トマトとバジル
最後にバルサミコを少し加えて仕上げました。

いつも水っぽいく、あっさり過ぎるくらいあっさり、そして薄味になってしまうので
今回はちょっと塩を多めに、そして最後にバルサミコをたらしてみました。

もちろんオリーブオイルは美味しいものでね!

初めは何となくまだ薄味かなーと思いつつ
食べ終わる頃には十分な塩加減に。。
バルサミコの酸味と甘みもコクの一つになり、
良い感じに出来上がりました。

ほんのひと工夫で味に変化が出るのが
お料理の面白さ。

今回もそんなことを実感しつつ、
お腹も満足、美味しいランチになりました。

カツの卵とじ

IMGP1106.jpg
トンカツを作った翌日は
だいたい卵とじに。
たまにカツサンドとか作ったりもするけれど、
今日はとじたい気分だったので。

いわゆるカツ丼の上に乗っているアレです。
玉ねぎを入れて、甘めのお出汁でちょっとだけ煮て、
最後に卵でとじます。

一枚だけのカツだから、卵もひとつで。。。と思ったのだけど、
玉ねぎも多めだったので卵も2つ。ちょっと贅沢。
出汁で煮た卵も美味しいしね:D

千切りのキャベツは
お味噌汁に入れて、美味しく頂きました。

あまり、丼モノを食べないので
久し振りに日本の味を感じました。

和食、やっぱり美味しい。

ながーいぶどうパン

IMGP1067.jpg
特注の型を使ってぶどうパン作り。
前回も同じ型を使ったのですが、
写真はキューブ型にカットしてしまったので
一見違うスタイル。

今日もふんわり、甘く、いい色に焼きあがりました。
遣ったレーズンは一種類。
【カレンズ】
あと2種類くらい入ると、もっと風味のある味わい深いパンになるんだけど。。。。


もちろん翌日のランチに持っていき、
学校の友達たちと一緒に美味しく楽しく頂きました。




ジェノベーゼパスタ

IMGP1072.jpg
アメリカではハーブがとても安く手に入ります。
もちろんバジルも。
ただ、日本のバジルと少し味が違う気がして、
なかなか生で食べることがないかな。。。
たまにサラダとか。
でもそんなにたくさん使わないので
結構あまって冷蔵庫で眠ってしまいます。

そこで!
今日はそれを使って、ジェノベーゼのソースを作り
パスタに。
そして、そのパスタが好きなお友達を呼んで
一緒にいただきました。

ソースは簡単。
材料をミキサーに入れたら出来上がりです。

ただ、分量を適当にすると結構まずく出来上がります。
これ経験済み。。。

今回はバジルを使いきるために、
かなりのソースが出来上がりましたが、
冷凍保存が可能なので、全然問題なし!
こうしておくと、無駄にしないで済むし。

今回は、トマトをマリネしたものを上に飾り、
イロドリよく仕上げました。
もちろん味はバッチリ!

IMGP1074.jpg
一緒にトマトとアボカドのあっさりサラダと
ちょっと懐かしい生ハムメロンを。
(バブルっぽい)
IMGP1077.jpg
今の季節、メロンが美味しいんです。
しかもすごく安いので、甘い匂いのするメロンを選び
買ってみました。
もちろん甘くておいしかった。
生ハムはいつものディトマーズがお休みだったので
スーパーで買ったモノでしたが
なかなかおいしい生ハムで、満足。

お友達も充分に喜んでくれたのでよかった。














チョコチップメロンパンを焼く

IMGP1064.jpg
今日は、ずっと冷蔵庫で眠っていたチョコチップを使いたいなーと、
珍しく菓子パンを焼きました。

どちらかというと私は甘いパンより、普通のシンプルなパンが好きなので
なかなかこういうパンは焼きません。
お教室用というかんじ。
生徒さんは女性が多く、だいたい女性は甘いとかチョコとか、
好きですからね!


早速クッキー生地から作り、
冷蔵庫でそれを寝かせている間に
パンを捏ねます。

チョコチップも、いつもより多めに。。。

形を作っていくうちに、
だんだん可愛く感じてきて・・・
きっと私の顔はニヤニヤしていたに違いありません。
それが大事なんです!
モノを作るというのは、どれだけそこに感情が入るかで
味が変わっていくんです。
だから煮込み料理は、作った人の思いをたくさん感じられるお料理だと言われます。
温かみのある味がするんです。


メロンパンの形を作り、発酵させて、焼く前がこんな感じ。
IMGP1058.jpg

クッキー生地がカリカリと、中のパン生地はふんわり、チョコチップはとろ~っと溶け
とても贅沢な味のパンが出来上がりました。
もちろん焼きたてでいただきます。
これは手作りだからこその特権。
パンは焼きあがり3時間以内が一番おいしいと言われています。
もちろん、サイコーに美味しかった。


たまにはこういうパンを焼くと
いつもの違った感激があって良いかも!

楽しいパン作りでした。


お米のサラダ

IMGP1025.jpg
イタリアンのお料理教室に通っていた時に習ったサラダです。

とても簡単に出来て美味しい。
私の大好きなメニューの一つです。

この日はお友達をディナーにご招待したので
久し振りに作りました。

久し振りだったこともあり、
お米の下ごしらえを間違えてしまい、
1合ほどの湯がいたお米が冷蔵庫に眠っています。。。アハハ。
リゾットにでもしないと。

IMGP1028.jpg
キューリ、オリーブ、ツナ、トマト、バジル。。。などと一緒に合わせ、
塩こしょうとオリーブオイルで仕上げます。

お米が入っているので
朝食やランチもこれだけで十分お腹も満足。

これからの時期に最適なお料理です。



カリフォルニアのレモン

IMGP1021.jpg
学校の友人から
こんなに大きな、香りのいいレモンをもらいました。

なんでも、ホストマザーのお家に
大きなレモンの木があって、
たわわになっているとのこと。

とてもジューシーで、香りが強く、種が少なくて
酸っぱい!

お料理やジャム作りに使っています。
今度はレモンのジャムを作ってみようかな~。

アメリカのFood 番組を見ていると
どのお料理にもレモンの皮やジュースを入れている。
香りを豊かに仕上げるためか、とにかくふんだんに使う。

確かに、オーガニック食品がとても充実しているアメリカでは
栄養たっぷり、香り豊かな皮を使うのは
いろんな意味で良いのかもしれない。

彼女がくれたこのレモン、正真正銘のオーガニック。
是非皮を使った料理をトライしてみよう!


冷たいおうどん

IMGP0937.jpg
最近はいいお天気で、日中はかなり暑い。
そんな夏の日差しを体感すると
どうしても冷たい和食が食べたくなって。。。。
(だいたい夜は肌寒くなるんだけど)

IMGP0940.jpg

IMGP0930.jpg

冷たいおうどん、作りました。
お家にあったもので作ったので
あまりまとまっていませんが、
ナスやインゲンなどお野菜をたくさん、海老をボイルしお出汁に少し付けておいたもの、
さっぱり感満載の梅干しなどを添えて。

シンプルであっさりなので、暑い時のごはんや
ダイエットには最適!

ちょっと物足りないなぁ~とか
しっかりガッツリ食べたいなぁ~
というときは
ここに海老の天ぷらや豚バラのボイルなどを乗せたりします。

これもまたいい。

簡単美味しいが一番です。