朝ごはん

IMGP0306.jpg
朝食は欠かせない私。
簡単なものだけど、出来るだけ作っています。

今日は珍しく卵を食べようかな。。。
NOB HILLで売っている意外と美味しいダッチソフトブレッドで
卵サンドにしてみました。

IMGP0307.jpg
毎朝飲むカフェオレと、
必ず食べるヨーグルト。
今日は自家製のブルーベリージャムと一緒に。
このジャム、アールグレイの紅茶の香りを付けているので
ちょっと大人味で美味しいの。
ティパックを使えばあっという間です!


これでバッチリ、お勉強できます!
あはは:D
スポンサーサイト

寒いのでポトフ

IMGP0402.jpg
ここ最近、ちょっと寒い日が続いています。
少し前までは、真夏のような気候だったのに。。。

彼が日本に行っているので、一人だとあまりお料理を作りません。
そんな不摂生のせいか、この寒さのせいか、
何となく体の調子が良くないので、
久し振りにお料理!

沢山のお野菜が一気に摂れて、栄養満点。
冷蔵庫も片付いちゃう

【ポトフ】


今日は

玉ねぎ
キャベツ
白菜
大根
ニンジン
ズッキーニ
マッシュ
ベーコン
トマト

を入れて、コトコトゆっくり煮込んで出来上がり!

IMGP0400.jpg
お野菜の甘味がじんわり出てきて、
本当に美味しい。
アメリカのお野菜は特に甘さが強い気がします。
だから、特別な味付けは一切不要。
お塩、こしょう、コンソメだけです。

お皿に盛りつけたら、ちょっとだけアクセントに
粒マスタードね。

IMGP0386.jpg
一人なのに、お鍋いっぱいのポトフ。。。
でもあっという間に無くなるんです。

食べ終わった今、
なんだかすっかり元気になった気分。
気の持ちようかな?!



浅草の餃子

P1060288.jpg
先月の日本での滞在中、
彼が育った街にある、しっぶーーーーーい中華料理屋さんに行ってきました。

【餃子の王さま】

子供の頃、お父様によく連れて行ってもらった
思い出のお店なのだそうで、
浅草に来ると、必ず寄って帰ります。

今日は上野の国立西洋美術館

『ルーブル美術館展』

を観に来たので、その足でサクッと。

お店は商店街を抜ける途中にあります。

P1060287.jpg
小さな一軒屋。
黄色の看板も、何とも言えない風情を感じます。

何といってもここは餃子。
お野菜たっぷりでお肉は入っていません。
だから、野菜の甘味ととろみだけでとてもヘルシー。
いくつでも食べられちゃいます。

焼き方もなかなかこだわっていて
大匙何杯の油とほんの少しのお水で
揚げる様に焼くのだそうで
いくら言われた通りにやってみても同じようには出来ません。

そう、もちろんお土産に買って帰ることができるんです。
生でも焼いた状態でも。
いつも生のお土産を包んでもらうので、焼き方を教わって帰るのですが、
どうもうまくいかない。。。。。
それがプロってもんなんですけどね。

この日はランチで伺ったのですが、
久し振りということもあって、
2人で3枚の餃子。

P1060283.jpg
すごい量です。
これだけ並んでいると、見事です!

ビールに合う!

野菜餃子なのでパクパク入ってしまう。。。

もちろん残すことなく
その後チャーハンを注文して、見事におやじランチの完成。

P1060286.jpg
このチャーハンも昔っぽい味が何とも美味しい!
塩こしょう、醤油だけの味付けがとーーーってもおいしい。
日本の調味料って天才的。

私はグリーンピースが苦手で
チャーハンに入っている、もしくはのっているそれは
出来るだけ食べないようによけていたのですが
このお店はない!これまたサイコー。

すっかりお腹一杯。

こういうお店はなくなってほしくないな。。。。



P1060289.jpg
P1060293.jpg
帰りはシーバスに乗って竹芝まで帰ってきました。
桜がいま一つの状態でちょっと残念だったけれど、
これぞ!東京!!な一日でした。



餃子の王さま
東京都台東区浅草1-30-8
03-3841-2552
営業時間: 11:15~14:45 16:00~20:45
休業日: 火曜日

Butter Chicken Curry!

日本で、お友達から教えてもらったカレー。

私も彼も大好きで、アメリカでも美味しいインドカレー屋さんを探しては
度々食べに行くほど。

それが自分で作れるなら!と
バッチリレシピを教えてもらい、さっそくスパイス屋さんへ。

Menlo ParkのDown townにある

Penzeys Spices
IMGP0083.jpg


たまたまお友達とランチに行った帰りに見つけた可愛いお店。

お塩と胡椒の種類がとても多く、それにはびっくり。
その知識が全然ない私たちは、ただただ驚くいばかり。
そのほかたくさんのスパイスが揃っています。

IMGP0098.jpg

IMGP0103.jpg
今回はこのカレーに必要なスパイスを7種類購入してきました。
そう、サイズが小さいものもあって、これは便利!
スーパーで売っているサイズだとちょっと大きすぎて、
最後まで使い切らずにダメにしてしまう。

スパイスはこれでバッチリ!

あとはディトマーズで鶏肉を買って、早速下ごしらえから。

お肉を塩もみして酒に漬け、6時間。。。。。。長い。。。
その後、スパイス、ヨーグルトなどなどに漬け込み一晩。

そして翌日、朝から煮込みました。
バターをたっぷり使い、コトコトじっくり煮込み、
生クリームでマイルドに仕上げ出来上がり!
とても美味しく出来たのだけど、気持ち酸っぱい。
IMGP0127.jpg

IMGP0329.jpg
IMGP0337.jpg
たぶんトマトホール。
こちらのトマト、ちょっと酸っぱい!
なので、次回はホールとピューレを半々に合わせて作ってみよう。

あとはヨーグルト。今回使ったヨーグルトは
酸味が少し強いかも。

もう一度作って、自分の味を発見かな!





久し振りのパン作り In 横浜

P1060258.jpg
日本での子供パン教室の合間に
久し振りに教室のオーブンでパンを焼いてみました。

丸い型を使って、ショートニングを入れたちょっと甘い生地に
子供たちが使うアーモンドクリームをちょっと拝借して。

P1060259.jpg
油脂が入っているフィリングだったので
どうしても空洞が空いてしまいます。

味はとーっても甘くておいしい。
ふんわりした食感も最高です。

この型、今回はアメリカに持ってこれなかったので
こちらで作ることが出来ない成型。
可愛いのでプレゼントにもいいかな。。。とも思ったのですが
次回の帰国で忘れずに持ってきます。




SAKURA Festival 2009

IMGP0167.jpg
先週末のことです。

IMGP0218.jpg
市内で行われる桜祭り。
“Miss桜”の候補への着付けをしてほしいという依頼を頂いたのですが
日本に一時帰国をしていたりなんだりと
予定が合わずお断りしていました。

とっても残念だったので、
お祭り最後のこの日、友人とパレードだけ見に行きました。
着付けも気になったので!

IMGP0195.jpg
とりあえず、シビックセンターの辺りでスタートするパレードを見て、
そのまま日本町の方へ歩いていきました。

IMGP0190.jpg
いやー、かなり盛り上がっている!
どんなものなのか、さっぱり見当がつかなかったので
まさか、こんなに盛大だとは。。。
しかも、日本の着物を白人が着こなしているとか、
日本よりも盛大な感じが、とっても感慨深いな・・・と。
IMGP0198.jpg

ハワイやシアトルの桜女王たちや、去年の桜女王たちまでが
それぞれの車?に乗り込み手を振り、沿道を喜ばせていました。
最後の最後にJALの車に乗った
今年の桜女王とその候補者が現れ、パレードの最後尾を占めます。
この日は30℃以上の真夏日。陽射しの強さは日本の4倍とも。。。。
そんな中、皆さん綺麗に振袖を着て笑顔で手を振っていました。
えらいなーーーーー。
座っているので全体の着付けは見ることができませんでしたが
とてもきれいに着られていて、なんだかちょっと嬉しくなりました。

来年、もし機会があれば、是非やってみようと思います。

IMGP0193.jpg
サンリオからはマイメロちゃん

そのほかお神輿が3基出て、最後の最後に盛り上がりは最高潮に達しました。
IMGP0226.jpg

私の学友たちが何人か、このお神輿を担いでいたのですが
さっぱりどの辺にいたのかわかりませんでした。

それにして、なんだかとても充実した日でした。

今週末は私の住んでいる町で桜祭りです。
もう桜はないけれど、私も着物を着て登場です。




MICHEL MINA

P1060542.jpg

両親とのサンフランシスコ観光。
もう2週間近く前のことになりますね。

ホテルはユニオンスクエアの目の前の

The Westin St.Francis

そしてその中にある、ミシュランで星を獲得したフレンチレストラン
【MICHEL MINA】でDinnerを頂きました。

P1060541.jpg
ホテルのエントランスを入るとすぐ左手にその入口はあります。
数段の階段を上がり、レセプション。
時間は18:30。すでに半分の席が埋まっています。

メニューは三種類
○前菜、メイン、デザートをそれぞれ選ぶプリフィックスコース
○6種類のプレートのベジタリアンコース
○6種類のプレートのノーマルコース

そのほか、それぞれのお料理に合わせたワインをセレクト出来るTastingメニューもあります。

私たちはプリフィックスのコースにして、それぞれ違う種類で頼みました。

初めのお皿は
P1060479.jpg

Raw ~ Ceviche, Crudo, Tartare
• Nantucket Scallops, Yuzu Koshu, Shiso
• Kampachi, Cara Cara Orange, Aji Amarillo
• Tazmanian Sea Trout, Star Ruby Grapefruit, Jalapeño
ハマチなどの魚中心の前菜3種類

P1060480.jpg

Pasta ~ Braise and Confit
• Fettuccini, Rabbit, English Peas
• Ravioli, Duck Leg, Radicchio
• Orecchiette, Pork Short Rib, Fava Beans
ラビオリ、フィットチーネなどパスタ中心の前菜3種類

P1060482.jpg

Ahi Tuna Tartare
• Scotch Bonnet Pepper, Bosc Pear, Sesame Oil
ツナのタルタル

2番目のお皿は

P1060481.jpg

California Squab ~ “Peking” and Citrus
• Smoked Breast, Pixie Tangerine, Pea Leaves
• Consommé, Poached Breast, Shiitake Dumpling
• Foie Gras, Steamed Buns, Pickled Tokyo Turnips
鶏の胸肉、フォアグラなどのお肉3種類のプレート

P1060490.jpg

Wild Fish ~ East & West Coast
• Halibut, Fennel Pollen, Preserved Lemon
• Striped Bass, Firefly Squid, Piperade Vinaigrette
• Saffron Consommé, Shellfish, Garlic Aïoli
白身、サーモンなどのお魚料理3種類のプレート

をチョイス。

写真がいまいちで分かりずらいのですが、
お味は期待しすぎたせいもあり、
どれもかなり味が濃く、残念な感じでした。
それなりに美味しいのですが、味の濃さはどのお料理も同じ味にさせてしまうのか
記憶に残るお料理はありませんでした。

気付けば満席。
景気の悪さなど、ここにはありません。


最後のデザートのお皿は
P1060495.jpg

Chocolate ~ Exotic
• White Chocolate Panna Cotta, Passion Fruit, Almond Crumble
• German Chocolate, Coconut Espuma, Candied Pecans
• Bittersweet Chocolate Cream, Rum Bananas, Macadamia Nut
チョコレートケーキなど、三種類

Honey Pear
• Ginger Ice Cream, Cardamom Granola
ジンジャー風味のシャーベット

P1060494.jpg

Citrus ~ Herbs
• Meyer Lemon Marmalade, Basil Financier, Huckleberry
• Lime Curd, Shiso Meringue, Sablé Breton
• Grapefruit Gelée, Tarragon Ice Cream, Masago Arame
スッキリさっぱりのシャーベット三種類

食べ切れず、無理を言ってお部屋に持って帰りました。

☆は取ってなくても、もっと美味しいお店はあるかな・・・

MICHEL MINA
335 Powell Street
San Francisco,CA
415-397-9222

Tea Time でランチ

IMGP0067.jpg
私が働いていたパン教室に通ってくださっていた生徒さんが、
偶然にもここサンフランシスコベイエリアにお住まいと聞き、
チョコチョコランチに行かせてもらって8か月。

今日はPalo Altoにある、紅茶専門店でランチ。

可愛いお店です。
店内はテーブル席が10席くらいと、とても小さな小ぢんまりしていて、
壁には茶器や可愛いティーカップがたくさん飾られています。

すべてのFoodメニューに紅茶が付いていて、
周りはAfternoon Tea をたのんでシェアしながら食べていました。

私たちはサンドウィッチが気になったので
2種類のサンドウィッチと紅茶を選ぶセットに。

IMGP0062.jpg
アボカドシュリンプのサンドウィッチと、スモークサーモン&クリームチーズ、

IMGP0059.jpg
紅茶はダージリンの“Oaks Estate SFTGFOP1, 1st flush”という
店員さんお勧めを頂きました。

色とりどりのサンドウィッチは、大きさと言い内容といい、
とても繊細で、アメリカではないな。。。。と感じます。
サイズは少し小さめだけれど、女性なら十分。

IMGP0064.jpg
サーモンがピンクならパンはブラック。。。
こういうところは遊び心とこだわりが感じられて好き。
しかもサンドウィッチといいつつ、メインの具は上に乗せられています。
こういうところも何とも言えない演出で好き。

紅茶は店員さんの言う通り、
軽すぎず重すぎず、渋みは感じられるけれど、あっさりしている。
日本茶を飲むような感じでいただける紅茶でした。


おやつ感覚で寄ることが出来るお店なので
これから行きつけてしまいそう。


Tea Time
542 Ramona Street.
Palo Alto, California 94301
(650) 328-2877

Half Moon Bayでイタリアン

P1060442.jpg
両親が旅行に来ていた時、
アメリカにも美味しい食べ物はたくさんあることを知ってもらいたかったので
私のお勧めレストランにあちこち連れていきました。

その中で、最もお勧めのお店。

【MEZZA LUNA】
以前ブログでご紹介しました。

初めてのお昼間のHalf moon baysです。
ちょっとお天気が悪くてお散歩は難しかったけれど、
明るいと海の近さや、周りの風景が目新しく、
新鮮。

この日はランチをしに行きました。

連日美味しいものを、アメリカンサイズで食べていたので、
少し抑えめに・・・と、さっぱりリーフサラダとスープ、パスタを2品注文。

P1060446.jpg
サラダはオリーブオイルとバルサミコのドレッシングで本当にあっさり。
新鮮なお野菜だからこそ、塩こしょうで十分美味しい。

P1060445.jpg
スープはアーティチョークのポタージュを。
なかなか日本では見かけないアーティチョーク。
私の両親は初め、お花の一種だと思っていたようで
グロテスクな姿から、食すのをためらっていました。
そこで、スープならとチャレンジ。

繊維質が多いのでなめらかなスープとはいかないものの、
味はクリームと合わさったまったり系。
渋み?えぐみ?もそんなに感じず、いやな臭みもなくとても美味しいスープでした。
これなら食べやすいな。。。と。

P1060448.jpg
そして、パスタはまずボンゴレ。
大きな浅利に若干違和感を感じつつ
それでも繊細な味に、舌鼓。
父は海育ちのせいか、お魚がとにかく好き。
一人で抱えて食べてました。

P1060447.jpg
そしてもう一つのパスタは
ズッキーニとトマト、海老のオイルベースのパスタ。

海老がぷりぷりで、出汁がとてもよく出ていて
オリーブオイルと混ざったソースは何とも言えない海の味。
そこに、トマトの酸味が加わると、一瞬トマトソースのパスタを食べているのかと
錯覚をおこしてしまうほど、それぞれを味がどれ一つ強調されることなく出ていました。

相変わらず美味しいイタリアンです。

P1060451.jpg
最後はエスプレッソとカプチーノで締めました。

「このエスプレッソはイタリアで飲んだのと同じ味がする!!」

父がはしゃいでいました。


喜んでくれて良かった!



MEZZA LUNA
459 Prospect Way Princeton by the sea
CA 94038
650-728-8108
650-728-8606

限定白い一眼レフ

P1060574.jpg
PENTAXから出た”白い一眼レフカメラ”を
ゲットしました。

彼が注文しておいてくれて。。。

踏んだり蹴ったり、1ヶ月半ほどの道のりで
私の手元に届きました。

早速日本語の取説を、ネットで読み、
何となく理解し、撮影!
まずはお家のお花とか景色とか。
IMGP0050.jpg

IMGP0042.jpg


シャッター速度の速さを、あのカシャッという音から感じます。
気持ちがい~!

カメラマンになった気分です。

最近は気候がとても良くなったので、
外に出ていろいろ撮影してみよう!

ALEXANDER’S 

彼と一緒に日本に戻り、一か月の滞在。
私は彼より一足早くアメリカに帰ることになっていたので
ちょっと心細く。。。

ママに聞いてみた

「良かったらアメリカ旅行がてら一緒に戻らない?」

ということでアメリカには両親と共に帰ってきました。

アメリカに着くなり、パパのお誕生日があったので
近所のステーキハウスへ。

【ALEXANDER’S】

お店の前の通りを通るたびに気になっていたので
今回はこのお店でバースディを!

駐車場に黒服のスタッフが立っている・・・
それなりの服装がいいかな?と
一応カジュアルは避け、何となくオシャレして出かけました。

まずエントランスを入ると、
いきなり生のお肉がこんな感じに陳列。
P1060433.jpg

その横にはこれ。
P1060431.jpg

売ってるのかな?

アメリカっぽい!そして美味しそう!!

パパもママもびっくり。期待高まる~。

P1060404.jpg
中央のお席に通され、ワインをチョイス。
私はMerloが好きなので、独断と偏見でNapaのMerlo Halfボトルで。
あまり飲めない家族なので、ちょうどいい。
香り、コク、ミディアムボディ、フルーティ・・・とーーーーーってもおいしい!

パパはビールで乾杯!

初めてのお店でのメニュー選びはなかなか大変。
しかも私の英語力ではたびたび目が点に。

でも頑張りました!!

初めに、スモークサーモンとベビーリーフのサラダ。
P1060410.jpg

サーモンは可愛いサイコロ状にカットされ、表面の皮の部分は炭で焼いてあります。
香ばしい中にマッタリとしたサーモン独特の味。
ソースにはディルを使ったタルタル。
繊細でとても上品な味でした。

フム・・・

とても日本っぽいお料理だな・・・

そして、サラダはシンプルなベビーリーフに柚子風味のドレッシング。
バルサミコとオリーブオイルに柚子を絞った感じ。
バルサミコの甘味がポイントになって、とてもさっぱりして美味しい。
ママのお気に入りサラダに!

これもまた日本のお料理らしく、繊細であり、上品な味付け・・・

フム・・・

スタッフの方に片言の英語で聞いてみた。

すると。。。

はやり、シェフが日本人とのこと。

納得。

それを聞いた途端、このお店を身近に感じ始める両親。


そしてメインのお肉です!

三人で2種類のステーキを頼みました。

P1060414.jpg
Tボーンステーキ(24oz)

P1060415.jpg
プライムリブ(14oz)
思っていた以上に大きい!

早速骨の脇から食べ始めるパパ。

「アメリカに来たらアメリカらしい食事をしないと!」

って、ワイルドに堪能していました。
しっかり味付けられ、網で良く焼いたTボーンは
炭の香ばしさ、意外とジューシーなお肉の味が絡み、
とても美味しい!
フィレの方は結構パサついた感じかな?
それでも美味しくいただけたのは、お肉の良さかな。

リブはホースラディッシュ(西洋わさび)と共にいただきました。
こちらはコンソメスープをかけ、どちらかというと上品なステーキ。
柔らかくてミディアムの焼き具合でも匂いがなく、ヘルシーな感じ。
ホースラディッシュがピリッと味を引き締めてくれます。

それにしても多い。。。

3人でも食べ切れない量。

さすがにギブアップ。

満足な様子のパパ。

スタッフの方が皆さんとてもいい方で
常に気にしてくれていました。

デザートを聞きに来たスタッフに、話の流れで

「今日はパパのお誕生日なの」

と言ったら、コーヒーと共に

こんなプレートを用意してくれて・・・
P1060429.jpg

私たちみんなサプライズで、パパは本当に喜んでいました。

スタッフ皆さんと写真撮っちゃったりして。

とても気持ちよくお食事させてくれるお店でした。

味もいいし、雰囲気もとてもいい。

何より、気持ちよくお食事が出来るお店はそれだけでまた行きたくなります。

P1060421.jpg
最後には懐かしい綿あめのサービスも。
そういえば東京にもこんなお店があったな・・・


P1060440.jpg

P1060441.jpg
あ、ちゃんと“子牛登記”という牛の証明書もくれました。

そう、メニューに日本の牛肉の名前もいくつか書いてあったので
そのお肉たちの証明なのかな?


ALEXANDER'S
10330 N Wolfe Rd
Cupertino, CA 95014
408-446-2222

コラーゲン鍋

大親友とお食事。
家の近所の二子玉川にある

【(汁)ハレノヒ】でコラーゲン鍋を。
中目黒のお店は予約でないと入れないほど大人気店。
二子玉に昨年秋オープンしたこのお店は、時間も早いせいか
サクッと入店。

P1060199.jpg
味噌味のモツ鍋。この汁が美肌、デトックス、アンチエイジングに効果が。
様々な薬味を使って作っているのだそう。

P1060202.jpg
このぷりぷりのゼラチン状のモノが
美しくなる素のスープ。

P1060203.jpg
温めていくとどんどん溶けだし、味噌と絡んであっという間にモツ鍋。

寒い東京の夜、まだまだ鍋ですなー。

早速いただく。
結構濃厚なスープ。
モツも上品な大きさで、食べやすい。
ニラやキャベツの甘味、ピリッとした唐辛子がたまに刺激をくれて
さらっと食べてしまった。

やっぱり、日本は美味しいものがたくさんある。

せっかくのこのスープ。
もったいないので、珍しい麺で2度目のご馳走。

P1060205.jpg
黒韓国麺というゴムみたいな麺を入れていただきました。
意外と早くゆであがるこの麺は
韓国の春雨みたい。
結構美味しい。

あっという間にこれだけの量の麺も完食。

もちろんスープもたっぷり。

P1060196.jpg
鍋の前にお通しとして新鮮なお野菜とオニオンドレッシング。
このドレッシングがまた美味しい。
昔、ママが作っていたものと良く似た味がする。
でも、そのレシピがない・・・・
舌を頼りに作ってみようかな~。

P1060197.jpg
そして、気になったねぎのマリネを頂きました。

ねぎマリネは焼きねぎをマリネにしたシンプルなもの。
こうやっていただくねぎは、甘くてとろとろでとても美味しい。
体にもよさそう。
子供も食べれそうなくらい、甘かった。。

翌日、心なしかツルツルの肌質を感じたのは私だけではないと思います。


◇(汁)ハレノヒ◇
〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-14-5 柳小路東角1F
03-5716-5283

営業時間
ランチ  11:30~15:00(L.O.14:30) 
ディナー 18:00~22:00(L.O.21:00) 

定休日  無休 



ミッドタウンで天ぷら

GAGAで『スラムドック ミリオネア』の試写を観たあと、
ミッドタウンの【山の上】で天ぷらランチ。

映画は日本行きの飛行機の中で観たのだけれど、
英語での鑑賞だったので、改めて字幕で。
いやー、何度観ても泣けます。
ピュアラブストーリー。
インド映画お約束のダンスもあり、
音楽もとてもいい。
さすがアカデミー賞8部門に輝く作品です。


少し歩いてミッドタウン内の【てんぷら 山の上】へ。

大人になって、カウンターでいただく天ぷらの美味しさを感じる。

P1060335.jpg
遠くにそっと咲いている桜と、大都会六本木の静かな部分?昔からの街並みを眺めながら
美味しい天ぷらを頂く。

P1060334.jpg
まずは大好きな海老の頭。
カリカリと香ばしさがたまらない。

私は天ぷらは塩派。
素材の味が存分に感じられるから!

P1060336.jpg
続いて、海老の体?
まっずくに揚がった綺麗なオレンジ色の海老。
ジューシーなレア感がたまらない!
もちろん尾まで完食。

P1060340.jpg
春野菜のこごみやタケノコ、タラの芽と新鮮な季節の味を堪能し、

tenpura of Ayu
目の前の水槽で泳いでいた
そのままの姿で登場したのは稚鮎。
見事に揚げるものです。
さすが板さん。

可愛そうだけど、頭から頂いちゃいました。
ちょっとした苦味が大人の味。
プリプリの身は、揚げ具合が一瞬ずれただけで
違ってしまうのだろう。。
淡白な味の中にピリッと苦味がアクセント。
これもまた春の味です。

P1060342.jpg
途中に春野菜の酢味噌和えを。
上品な酢味噌が、春野菜に絡みます。
素材がいいのに和えてしまうのはちょっともったいない気も。。。。

P1060344.jpg
最後はこれまた春の味。
ソラマメのかき揚げ混ぜご飯。

これでもか!なくらいソラマメが入っていて、
ちょっと塩を振っただけの、とても香りのいいごはんです。
もちろん目の前で上げてくれたかき揚げで作ります。

思う存分、日本の春を堪能しました。

P1060343.jpg
ちなみに彼は、天丼!
これもまたタレの味とともに、新鮮な春食材とごはんを絡めていただく
美味しい一品。
ネタは基本的に同じかな?


※カウンターのイスの背もたれがとても高いので
 サーブする方たちが大変そうでした。
 ちょっと変えた方がいいかも。。。
 あと、荷物を置ける場所があると尚いいかな。


てんぷら 山の上
東京ミッドタウン ガレリア内ガーデンテラス/3F/9
TEL 03-5413-3577
営業時間 平日11:00-24:00
      日祝11:00-23:00
      平日15:00-17:00クローズ

      http://www.tempura-yamanoue.jp/

熱海でお魚三昧。

熱海のリゾートマンションへ。

本当は熱海梅園へ梅を見に行く予定だったのだけど、
2月の強風と雨でみんな散ってしまったらしく、
丁度いい時期のはずが見られず・・・

毎年、観にきていたのでちょっと残念。

なので、温泉と美味しいお魚を食べて、のんびりして帰ることに。

網代にある【大次郎丸】へ。

いかにも!なネーミング。
ここは私の家族が行きつけの漁師料理がいただけるお店で、
店内には大漁旗がたくさん掲げられています。
男の和食屋!みたいな感じ。
鳥羽一朗とか座っててもおかしくない店内。

このお店に来ると必ず頼むのが

「網代の漁師丼」
その日に捕れた新鮮なお魚を叩きにして、真ん中に卵黄、周りにねぎをたっぷりかけた丼ぶり。
一人ではとても食べ切れないほどの量。



「地魚海鮮丼」その日捕れた新鮮なお魚をお刺身のように切って、綺麗に並べ、わさび醤油でいただく。
これまた素材の味を存分に堪能できる、美味しい丼ぶり。
これも一人では無理!


初めにお通しにこちら。
ちょっと忘れちゃった珍味とシラス。
P1060151.jpg
P1060153.jpg

そして、めざしの干物を珍しく頂いた。
P1060157.jpg

ちょっとしょっぱいけれど、お酒と一緒ならこんなものかな。
しっかり海の味がして、ついつまんでしまう。

P1060160.jpg
金目鯛の煮付け
味付けがちょうどいい。
落ち着く味。ご飯にかけて食べたいくらい。


P1060154.jpg
かますのみりん干し
かますが好き。みりん干しが好き。
身が厚くてプリプリ。みりん干しなのに。。。

P1060161.jpg
そして、最後は漁師丼!
この日は蛍イカとアジ、ハマチというかんじかな?

ちょっと食べ過ぎ。
さすがに最後まで食べきれず、途中で断念。

素材は新鮮でとにかく美味しい。
美味しいお魚を食べたくなったら熱海に行く。
これが我が家の合言葉みたいになっている。。。。

大次郎丸
静岡県熱海市下多賀434-1
電話番号
0557-67-5963
FAX
0557-68-5158



美味しいバターチキンカレー

東京ではご近所に住んでいるお友達のお家へ。

彼女はとても料理が上手で、さらにはおもてなし上手。
いつもいつも、美味しいお料理やデザートを用意しておいてくれる。

今回もまた美味しいお料理でもてなしてくれた。

『バターチキンカレー』

P1060094.jpg
彼女のお手製。
すごい!
P1060097.jpg
ライスはターメリックで色を付けて、ルクルーゼで炊いてくれた。
お米がふっくら、上手な水加減。

P1060095.jpg
カレーは、二種類の鶏肉が入っていて
味付けはとてもマイルド。
私はカレーが大好きなので、すぐにレシピを教えてもらった。

家ではクリーンカレーとジャパニーズカレーばかり。
レパートリーが増えた~!

炊きたてのターメリックライスに、カレーを。。。
コクのある、スパイシーなカレーが良く絡み、スープの様にさらっと喉を通る。
ピリッという刺激的な辛さが控えめなので、食べやすくどんどん進んじゃう。

細い体で2人の子持ち。
まだ小さいお子ちゃまたちも、こんなにお料理上手のママだったら
すくすく大きくなるね!
P1060091.jpg

良く食べてました。

早速作って、ご報告するね。



親友たちとの再会

高校から大学、そして今もなお仲良くしている親友たちと
久し振りのランチをしてきました。

結婚して子育てしている子や、これから新たな生活を大事な人と始める子、
それぞれの場所でそれぞれを生活をしている私たち。

みんな忙しいけれど、こうやって集まれることは
とてもうれしい。

そして、みんな美しい!
これは私の自慢でもある。

一人は中学生の子供がいる。
とてもそう見えない。本当に美しい。
いつも綺麗にしていて、モデルみたい。

そして、幼稚園に通う二人の子供のママもまたオシャレで
いつも可愛いお洋服を着て
自分の好きなジュエリーのお仕事も持っている。

さらには、この春私が紹介した男性とめでたく結婚!
そして新しい生活を始めた彼女。
おめでとう!
彼女もお仕事をバリバリにこなし、お仕事柄ファッションや美容のことは
最先端。いつもオシャレを心がけているので、見習わなくては。。。と
日本にいたころはよく二人でお買いものに行ったものです。

こういう親友たちとの時間は
心を豊かにしてくれると同時に
あっという間に過ぎてしまうもの。

なごり惜しく次回の再開を約束して
別れました。

この日のランチは

乃木坂にある、ブイヤベースの美味しいフレンチのお店。。

【シェ・ピエール】

フランス人として初めて日本にフランス料理店をオープンさせたピエールさん。
彼自らサーブしてくれる、小さいけれど雰囲気のある暖かいお店です。

私がブイヤベースが大好きということもあって、
このお店をセレクトしてくれました。

P1060206.jpg
初めに新鮮なホワイトアスパラガスのサラダを頂いて、

メインのブイヤベースを!

P1060208.jpg
オレンジ色のスープは見るからに濃厚な感じ。
魚介は海老、白身魚、ムール貝、帆立、イカ、など。。。。。
ちょっと辛くなるガーリックオイルを少し加え、
さらに濃厚になったスープとともにいただきます。

カリカリに焼いたガーリックブレッドも一緒にいただくと
香ばしい香りが濃厚スープと合い、また違った食感も感じられます。

みんな会話も忘れて食べてました。

久し振りのブイヤベース、最高のランチでした。

P1060210.jpg
P1060211.jpg
食後に自家製のケーキをみんなで頼み、
女子高に戻ったようなGirl's talkを楽しみました。



シェ・ピエール
〒107-0062
東京都港区南青山1-23-10
03-3475-1400

地下鉄千代田線乃木坂駅(5番出口) 徒歩1分
地下鉄銀座線青山一丁目駅 徒歩8分






パン教室with children

P1060255.jpg
日本ではパン教室でパンの作り方を教えていました。
学校がお休みになると、決まって子供パン教室が開催されます。

今回は春休みの子供パン教室が開催されるということで
私がお世話になっている教室で久し振りに楽しいパン教室をやってきました。

久し振りに会う子供たちは1年振りかな?
子供の成長は本当に早いもので
みんなずいぶん大きくなっていました。
もちろんパン作りも上手に!

今回も3種類のパンを、捏ねるところから始めます。
素材を手で触って、気持ちを込めながら作ることに
手作りの良さがあります。
だから、私が教えるときには
必ず心の中で

「美味しくできますように!」

とか

「おいしくなーれ!」

と思いながら捏ねるように言います。

不思議と本当に美味しくできるんです。

パン生地は膨らんだり暖かくなったり、
まるで生き物のよう。
食材はなんでも生きているんです。
だから、気持ちを込めれば必ず伝わる。

気分が優れない時に作るお料理やパンは
まず美味しくできません。
それらもきっと伝わってしまうから。

ということで、今回もみんな美味しいパンが作れました。
みんな笑って楽しんで作っていたからね!

P1060250.jpg
P1060251.jpg
P1060252.jpg

この教室では、必ず子供たちに好きな形のパンを作ってもらいます。
子供たちは、親の予想をはるかに超えた想像力や発想力、手先の器用さを持っています。
それらを思う存分に出して、自分の思い描くものを作ることで
達成感や満足感を得てもらいたいし、ご両親にも新たな発見と楽しみを
得てもらえると思うからです。

子供たちもその時間が一番好きなようで、
あれこれ考えながら、思い思いの作品を作っていました。
そしてそれらが焼きあがると、

「わぁ~!」

と歓声があがります。

みんなニコニコ笑顔で
それを見ると、私もうれしくなります。
そして、みんなからパワーをたくさん貰えます。

今回もとても楽しい時間が過ごせました。

また次回、みんなに逢えることを楽しみに。。。

4月の日本といったら桜!

この季節の日本はサイコーです。
桜がきれいに咲き誇り、それを見ながら宴会。
陽気な空気があちこちで感じられます。

今回の日本滞在中、満開の予報が出ていたのに、
途中寒さと雨が続き、残念ながら満開時はアメリカへのフライト日と重なり、
満開!は堪能できなかったものの、なんとかお花見できました。

P1060295.jpg sakura in front of my home
実家前の桜


P1060323.jpg P1060311.jpg
世田谷代田付近

P1060268.jpg P1060274.jpg P1060272.jpg
上野公園

P1060292.jpg
浅草 隅田川

P1060351.jpg
中目黒 目黒川


うん、やっぱり綺麗!

アメリカに戻りました!

taiyaki
すっかりご無沙汰~。


sakura in front of my home
1か月程の日本滞在。
幼馴染や恩師、学生時代からの親友や社会人になってからのお友達。。。
様々な友人との楽しい時間を過ごしました。

すべてにおいてホッとできる彼らの存在は
私にとって何にも変えられない“宝”だと
日本を離れて余計に感じます。

みんなありがとう!

また戻った時は一緒に楽しい時間を過ごしましょう!


そして、帰りは両親と一緒にアメリカに戻りました。
親孝行?と言えるかどうかわからないけれど、
10日間、しっかりサンフランシスコ市内と周辺を案内してきました。
住んでいるからこその観光プランなだけに
満足してくれたみたいで、今日のフライトで日本へ戻りました。

見送るのはとても寂しいもの。
初めて、私を日本から見送ってくれた人々の気持ちがわかりました。


今日から、まだ日本にいる彼が戻るまで
独り暮らしin Californiaです。

指折り数えて帰りを待とうと思います。


ということで、これから
日本でのことやら、アメリカ親孝行紀行など
少しづつ書いていこうかな・・・

sakura at setagayadaita
motsunabe
tenpura of Ayu