TOOTH TOOTH

DSC_0047.jpg
恵比寿にあるこちらのお店

TOOTH TOOTH

ランチに行ってきました。

駅から徒歩5分ほどの住宅地にある
スタイリッシュなレストラン。

かなり広い空間、天井高め。
海外のレストランっぽい雰囲気。

シャンデリアや赤い壁、ソファやちょっとした家具…
なんとなく懐かしい感じがしました。


ランチの内容は
パンブッフェ~!

可愛いサイズのパン達が
7~8種類並んでます~;D
DSC_0049.jpg

クロワッサンやらテーブルロール、ナッツの入ったハード系、チーズデニッシュ…
どれもこれも食べたいけど…
いーや、取ってしまえ!

DSC_0050.jpg
とりあえずこんな感じに盛り付けて
端っこから味見。
自家製じゃないっぽいんだけど
(たぶんないんだけど)
味付けがしっかりしていて、ちょっと凝っていて
充分に美味しいです。

私はくるみとレーズンのハード系が好き。
中はナッツの油分で生地がしっとり、表面はカリッとして少し甘めで
そのままコーヒーと一緒におやつ感覚。

パンと一緒にドリンクもフリーなので
十分楽しめちゃいますよ。

あ、メインは絶対に頼まなくちゃいけないんだけど。
前菜盛り合わせ!みたいなプレートもあるので
パンを楽しみたい方にはそちらをおススメします。

DSC_0051.jpg
私はスタッフの方お勧めのさっぱりパスタにしました。
かぼすがさわやかな香りを散らして
豚バラの脂も全然こってりと感じない。
九条ネギも甘くておいしかった。

これで1050円だったかな?

とてもお得なランチですよ!


TOOTH TOOTH
東京都渋谷区東3-17-12
トレディカーサ恵比寿1F・B1
TEL 03-6419-2040
スポンサーサイト

土用の丑の日は過ぎましたが。

うなぎ
昨日でしたね。

私たちはその更に前日、丑の日の前夜に
フライング気味でウナギいただいてきました。

今年はウナギが少ないって噂に聞いていたので、
一足お先ならまだあるかな・・・
なんて、食いしん坊丸出しな感じで。

地元の

『平八』

というお店。

そんなに大きくないお店が

満席です。

みんな...


予約をしないで行ったので、
少しだけ待ちましたが、
ウナギはオーダーを通してからも長い。
長い…長い…

出来あがるまでに1時間...


酢の物
その間は、湯葉刺しとか酢の物とかをつまんで
待っているわけですが、
お酒が進んじゃって、待ってましたのウナギさんが来るころには
もうすっかり出来あがってしまっているわけです。

あ、これは私じゃないです。

酔っていない私は、香りを楽しみ、
タレとの相性を感じ、フワフワ感と脂の具合を噛み締め
じっくりといただきます。

香ばしい炭の香り、タレの焦げた具合、
フワフワな身、ご飯はちょっと柔らかめですが、
トロ~っととろける感じが美味しい。
臭みもなく、骨もなく。

1つ言うなら、ちょっと脂が多い…
なうな重は、やっぱり半分くらいでちょっと辛くなり、
山椒を多めにかけちゃってー、最後は舌がしびれちゃってー終了!
なパターン。

ちっ!勿体ない。

ご飯がもう少し硬めで、且つ、ウナギがもう少しタンパクだと
バランスがいいのかも。

まーこんなに偉そうな事をツラツラ述べておりますが
ここ2~3年です、私がウナギを食べ出したのは。

フフフ。


夏バテ知らずで元気に過ごせますよーに!


平八

東京都大田区田園調布2-50-2
03-3722-0198



P.S. やはり、ウナギが捕れず値段も高騰気味らしく、
   地味に値上げしていました。
   

久々のテンダロッサ

久しぶりに横浜に行ってきました。

昔は週1~2で行っていた横浜。
ここ数年はすっかりご無沙汰。
ドライブ自体久しぶり。
しかも雨…(T_T)

そんなこの日、
大好きなイタリアンでランチ。
【テンダロッサ】

通いだして10年くらいになるかな?
スタッフのみなさんも変わらず、
味も変わらず、手を広げず…
ほんとにいいお店です。

あまりにもご無沙汰してしまったので、
手土産を持って行ってきました。

雨の14時、にもかかわらず
店内はほぼ満席。
繁盛してます。

一通りご挨拶して、
さっそくランチいただきます!

tr1.jpg
ランチにつくサラダ。
生ハムとグリーンのシンプルなサラダです。
さっぱりドレッシングが懐かしい。

tr2.jpg
そして、こちら!
メニューには“自家製パン”と書いてありますが、
Pizza生地にチーズを乗せて焼き上げたものです。
これが... ボブが窯で焼き上げるので香ばしくて、モチモチで
オリーブの香り、チーズのコク、止まらないんです。
ホッとする味。

tr4.jpg
Pizzaランチとパスタランチをお願したので、
時間差でまずはPizza!
わがままを聞いてもらって、
・トマトソース
・チーズたっぷり
・ボブおすすめ

といった感じで作ってもらいました。
さっきからちょいちょい登場する

“ボブ”とは

ピッツァイヨーロ(Pizzaを焼く人)です。

出来上がったのは、

トマトソース
モッツァレラチーズ
スモークスカモルツァ 大好き!
生のポリチーニ茸
イタリアンソーセージ
オリーブ
パプリカ

なんかが散りばめてあります。

生地がいい。
モチモチ食感、塩加減、香ばしさ…
美味しい。

トマトソースも酸味が強すぎず、トマトの味はしっかりとあり
燻製スカモルツァの深い味わい、

tre3.jpg
生ポルチーニの香り。
今年は早かったそうです。フワッと大人の香りが口の中に広がります。
アクセントにピリッとイタリアンソーセージ。

こんなにたくさんの食材でまとまるのかしら?

そんな疑問も一口で吹き飛びます。

やっぱり美味しいことを実感して嬉しくなりました。

tr5.jpg
パスタはホタルイカのキタッラ。
ギターの弦で作るパスタ。
モチモチした食感がたまらなく好き。
一度作ったことがありますが、楽しい作業です。

そしてホタルイカの腸も入った海の香りたっぷりの
良い出汁が染み込んだパスタ。
コクのある、ちょっと苦い大人のパスタ。

tr6.jpg
ホタルイカもプリプリです。

大満足なランチ。
充実した時間でした。

地道に地元密着型で
常に美味しい味を保つ

こういうレストランは、いつまでも行き続けたいお店ですね。

やっぱりまた頻繁に通います!


美味しいお食事をありがとうございます;D



ラ・テンダロッサ
 
 神奈川県横浜市中区太田町6-75 
 関内北原不動産ビル1F
 045-663-0133(TEL & FAX)
 月曜日(定休日)

オシャレな街 チャンカット・ブッギビンタン

クアラルンプールを思い出して・・・日記です。

この日は大人の街、

“チャンカットブッギビンタン”

でタイ料理をいただきました。

表は大通り、その一本裏に入ると
こんなにオシャレな大人の街がありました。
感じとしては、青山骨董通りをナチュラルにした感じ。

IMGP0313.jpg
IMGP0314.jpg
IMGP0316.jpg
150mほどの道、両サイドにオシャレなレストランやバーが並んでいます。
ネオン?もキラキラ、オープンテラスのお店がたくさんあり、
音楽も鳴っててテンションあがります。

IMGP0317.jpg
IMGP0319.jpg
IMGP0338.jpg
毎日夕立があるこの土地で、オープンテラスは大変じゃないのか?
と疑問を持ちつつ、
どのお店に入ろうかグルグル行ったり来たりして、
タイ料理に決めました。

【BAAN 26】

IMGP0327.jpg
これはタイのミルクティ。
オレンジ色で甘いんだけど、かなり病みつきになるんです。
サンフランシスコでハマって、それ以来お店にあると必ず呑みます。
紅茶というかほうじ茶をミルクで割って、甘くしたような感じ。
美味しいったらないの。
この日もお変わり;P

IMGP0322.jpg
さっぱりしたかったので、シーフードのサラダ。
すっぱ辛いサラダ。
舌が燃えます。ヒーヒーです。
でも味付けはとても美味しい。
甘くもあり、酸味もあり、お決まりの辛さもあり。
プーケットでいただいたものよりもいい味付けなんじゃないか?ってほど。

IMGP0324.jpg
それから、生春巻き~と思って頼んだら
こんな感じの歯ごたえのある湯葉春巻きみたいのがやってきて…
中は暖かいし、ゴロゴロのお野菜が入っていて、
春雨的なものもきゅうりの千切り的なものも入っていないの。
しかし、美味しい。スイートチリソースとの相性が最高に良く
ガツッといただきました。

pattai.jpg
そしてそして!
大好きなパッタイ。
外せないパッタイ。
絶対食べなくちゃのパッタイです。
たくあんこそ入っていなかったけれど、
味付けは文句無しに美味しかった。
マッタリした甘み、ライムのさわやかな香り、麺の絡み具合。
いやー美味しかった。
本場タイより私の口にあった味付けでした。

IMGP0332.jpg
もう一品はグリーンカレーね。
スチームライスと一緒に。
思いのほか辛くなく、最後まで美味しくいただけるカレーでした。
コクもあったし、辛さもちょうどいいし。具は結構多めに入っていたので
残しちゃいましたが、味付けはgood。
色合いもキレイ。

全体的にかなり美味しいタイ料理やさんでした。
おススメです!


その後、やってるかわからないけど、
亀ゼリーを食べに、お散歩がてら歩いてそのお店へ向かいました。

途中、名物の屋台村?を通ってみたりして。
いやー、チャイニーズニューイヤーということもあって、
すごい人です。
道端にこれだけのテーブルとイスを出しちゃって。
車も通るし。
ごったがいしてます。

IMGP0344.jpg
IMGP0340.jpg
火事じゃないか?くらい煙を上げて焼いているのは
手羽先です。
クルクル回転させながらマル焦げに焼きあげてます。

IMGP0341.jpg
ゲホゲホ言いながら、覗いてみて。
美味しいらしいです。
目印はミッキー。
そうミッキーマウスですね。
「ミッキーの手羽先屋」
で通じるらしいです。
IMGP0342.jpg
IMGP0346.jpg
道ではあちらこちらで
フルーツの王様 ドリアン
がこうして売られています。
さすがに私は挑戦しませんでしたが、
興味は沸きます。
近寄ってみて、匂ったのですが、
そんなに香りは無く…
割らないと匂わないみたい。
残念。

IMGP0347.jpg
どこにでもいますね、こういうパフォーマー。
全く動かないので、こそっと撮影。
隣にはブルーマンもいらっしゃいました。

いやー賑やか賑やか。

そのまま歩いて亀ゼリー屋さんに行きましたが
結局お店は閉まっていて、残念な結果に。

でも観光的お散歩が出来たので、大満足でした。


そのうち日本にやってくる(かもしれない)中華レストラン。

すっかり日本の日常に戻り、雪まみれなここ数日。
寒いですね・・・

とても寒いので、暖かかったクアラルンプールを思い出し、
美味しかったチャイニーズレストランの情報を書いてみます。

IMGP0284.jpg

【DRAGON I】 ドラゴン・アイ

Pavilion内のフードコート脇にある本格中華レストラン。
彼曰く、

「そのうちこのお店は日本に来る!」

と。

チャイニーズニューイヤー真っただ中のこの日、
お店は外まで行列?並んでいました。
それでもちょっと気になったので、
がんばって並んで、順番待ち。
中国語で番号を呼ぶから、全然わからない。
一応電光掲示板のようなものがあるのだけど、
3つ4つ数字を平気で飛ばす。
意味がわからない。
だからそろそろかな~というときに
番号の札を店員さんに見せると、次に呼んでくれる。

うーん…
難しいシステム。
言った者勝ち。

IMGP0293.jpg
席に着いてすることは、
中国茶を選ぶ事。
これはほとんどのチャイニーズレストランで行われる会話。

「飲み物何にしますか?チャイニーズティ?種類は?」

「Can I have a テッカンニョン!」(鉄観音茶)

この発音も覚えた。
ちゃんと通じるから、是非中華レストランで言ってみて!

オーダーは
ショウロンポウの美味しいお店で有名というので
まずはそれをいただかないと。

IMGP0294.jpg
おぉ~!
アツアツだ。
レンゲに皮を破らないように乗せて、
チューッと脇からお汁を吸う。
豚肉の出汁と香味野菜の出汁、ほのかな生姜風味と油分。
最高のバランス。美味し過ぎます!
ずっと吸っていたいくらい。
おつゆが無くなったところで、パクリとひと口でいただきます。
ジューシーなお肉。トロトロの皮。
口の中でとろけます。
あっという間に口の中から無くなっちゃう。
久しぶりに美味しいショウロンポウ。

美味し過ぎるのでもう一皿いただきました~(*_*;

IMGP0296.jpg
キラキラしてるもんね。

IMGP0304.jpg
続いて、気になったワンタンの揚げ物。
まさかの大きさにびっくり!
店員さんが
「5個だけどいいの?」
と聞いてきた。
2人なのに5個だから喧嘩しない?
という意味だと思っていたら、
こういうことだったんだ。

大きなワンタンの皮に豚ひき肉の味付けしたものが入っていて
それをクルクル巻いた状態で揚げたもの。
揚げワンタンと言った感じ。
美味しいけど、ちょっと油っぽい。
大き過ぎるから油を含んでしまうんだ…

IMGP0310.jpg
すっかりお腹も落ち着いて、
最後は坦々麺を。

IMGP0286.jpg
こうして注文が入ってから
中国4千年の味を手打ちしてくれるので
そらー食べておかなくちゃ。
テーブルに持ってきてくれたときに、目の前で麺をハサミでカットするのも
本格的。

濃厚な海老味噌スープがマッタリと濃い味で美味しい。
私好み。
麺もコシがあって、弾力もあって、手で伸ばして作ったとは思えないほど、
均等な細さに仕上がっている。
これぞプロの技。
ジックリ見ていたかったのに、見ると作業を止めてしまうので、
それはちょっと残念。

お料理は
全体的にとーーーっても良く
美味しいレストランでした。
是非日本に来てもらいたいレストランです。


あちらこちらで中国のお正月名物料理

「イーサン」をやって(食べて)ました。

IMGP0029.jpg
これはいろんなお野菜の千切りとお刺身を大皿に山盛りにし、
上からピーナッツや大量のゴマをふりかけ、最後に梅の甘酢ダレをかけて
その場にいる全員がお箸を持ってその年の願いを込めて豪快に混ぜるという、
日本で言うところの、恵方巻き?的儀式。
高さがあった方がいいのだそう。

ずっと気になっていたので
彼の行きつけのクラブ?バー?で
女の子にお願いしてやってもらいました。
どこからか調達してきて
セットして、

IMGP0031.jpg
一斉にみんなで混ぜる。
日本では箸同士合わせるのはイケない事ですが
中国はお祝いでそれをする。
文化の違いですね。
違和感を感じつつ、お祈りをしつつ、
IMGP0033.jpg
みんなで高いところから落とすように混ぜました。
あまりキレイなものじゃない…
テーブルが汚れちゃいましたが
初イーサン、いただきました。

ゴマが多すぎ。タレが甘すぎ。
その辺を調整すれば、お刺身サラダみたいなスタイルなので
美味しく作り直せそうです。
さすがにみんなで混ぜる事はしないけどね。

海外に行くと、その土地の習慣みたいなものを知ったり体験出来たりするので
それはとてもいい経験になります。

チャイニーズスタイルをたっぷり堪能した1日でした。


◇DRAGONーI Restaurant◇
Lot No.1.13,Storey No.Level 1,
Pavilion Kuala Lompur,
168 Jalan Bukit Bintang,
50200 Kuala Lompur

603-2143-7688