勉強になった一日

IMGP9694.jpg

とあるパーティで
お料理を振る舞うシェフの
お手伝いをしてきました。
友人の紹介で出逢ったそのシェフは
人間的にもとても尊敬できる素晴らしい女性で、
お料理の事に限らず、たくさんの事を彼女から得られるんです。

今回のような、こういう経験は全く無かったので、
すごく刺激になりました。

打合せ、試作など、事前準備の時はそうでもなかったのですが、
いざ会場に入ってみると、

IMGP9698.jpg
こんなお部屋での作業…
緊張感…


IMGP9696.jpg
テーブルには、春らしいセット。サクラ。
これもシェフのセンスです。
素晴らしい...

hana.jpg
テーブルのお花も控えめな華やかさ。

tai.jpg
お料理の準備開始です。
築地で仕入れた鯛。
かなり立派な鯛ですね。
捌きます。



と、写真はこれまでです。
後はとにかく自分の仕事をひたすらこなし
慣れないキッチンでアタフタしながら
とにかく頑張りました。

IHコンロ、オーブンのパワー、いろんな問題に直面しながら
とにかく、なんとか終了しました。
反省点をたっぷり残した結果になりましたが
その分たくさんのお勉強をさせていただきました。

もっともっと料理の事も、「作る」という作業も
知識、経験を積むべきと実感。
いい刺激をいただきました。

充実した一日でした。




スポンサーサイト

隠れ家レストラン?!

IMGP9980.jpg

お料理のプロのお友達のお家で
とあるパーティで振る舞われるお料理の試作をして(観て)きました。

NYでかなり本格的なお料理学校に通われ
その後はレストランで働き、日本に戻られた今は
ホームパーティでのシェフやお料理教室を開くべく、準備中の友人。
いやー、さすが!な手つきと動きで、勉強になりました。

結構な種類のお料理を作ったのですが
まずはイベリコ豚!

IMGP9962.jpg
結構大きい!と思って観ていると、
これは全然小さいわよ。と。
そっか。。。
骨の周りの肉を外す為に、フレンチングといってタコ糸を骨に沿ってくくっていき
一気に引っ張る。
IMGP9966.jpg
しかし、今回はちょっとお肉が温まってしまい、
スポッとは抜けなかったので、包丁で一本ずつキレイに外します。

IMGP9969.jpg
お肉の上に、リンゴやピーカンナッツなんかを炒めたスタッフィングを乗せ
オーブンへ。

IMGP9987.jpg
ジャーン!
焼くこと60分。こんがりしっかり焼きあがりました。
あまり肉汁が出ないのは、イベリコだからかしら?
それにしても、こんな肉がご自宅のテーブルに並んでいる家って。。。
旦那様、幸せものですね!

IMGP9989.jpg
カットしてみると…
バッチリピンク色のお肉。
最高の焼きあがりです。
柔らかくてジューシーで、スタッフィングのリンゴがほんのり甘く香りよく
美味しい!

IMGP9973.jpg
続いて、いちぢく~。

IMGP9974.jpg
ブルーチーズを乗せ、生ハムで包んで…

IMGP9976.jpg
軽くソテー。

IMGP9977.jpg
バルサミコのソースでいただきます。
生ハムの塩分、ブルーチーズのマッタリ、いちぢくのジューシーな甘いさわやかなお料理です。
大好き!

IMGP9979.jpg

続いて、イワシのマリネ、パプリカをバゲットに乗せた
オードブル。
イワシのマリネ、臭みもなく、酸味、塩味、ハーブの香りが最高に美味しい。
カリカリのバゲットと一緒に食感に変化もあって、飽きない。

IMGP9982.jpg
そして、こちらもオードブル。
パイ生地にマリネサーモンのソテーと緑とアーティチョークの揚げたもの。
パイ生地が厚くてちょっと食べにくかったけれど
味は文句なし。
薄味かな?とおもいつつ。サーモンがマリネされているので
しっかり味があります。

IMGP9983.jpg
そしてそして。
イベリコと並んでメイン的なお料理は
ブイヤベースです!
いぇーい!大好きなブイヤベース。
今回はちゃんとタイ、ヒラメのアラを油がいて、
フュメドボアソンという、お魚の出汁を取ります。
そしてサフランを入れて食った、
本格ブイヤベース。
美味しくないわけない!
海老、ムール貝、イカ、鯛、なんかが入って
贅沢なお料理。
これ、みんな試作だから、夕食でいただきましたが…
もう、ありがとう!としか言えない。
美味し過ぎ。

IMGP9990.jpg
最後は、パンナコッタとストロベリー&マンゴーのシャーベット。
ちょっと硬めだったけれど、味は最高。
たっぷり食べたお腹には、こういうさっぱりデザートが必須です。

まだまだお料理はあったのですが
写真はこの辺で。
それにしても、豪華なお料理ばかりですね。

本格的なシェフのお料理でした。
勉強になるし、私の役立たずっぷりを改めて感じ、
お勉強の一日でした。

夜は旦那様もお帰りになったので
ワインを少しだけいただきながら、
テーブルいっぱいに並んだお料理を端から
やっつけていきました。
もちろん食べきれるはずもなく、
お土産でたっぷりいただいて帰りました。

パーティ当日までにちゃんと動けるとうに
イメトレしなくちゃ。

友人への夏のおもてなし?ランチ

IMGP6644.jpg
この教室を立ち上げるときに
いろいろと提案をしてくれた友人が
久しぶりに遊びに来てくれました。

暑い夏のこの日、
冷たいお野菜料理と冷たいパスタを作りました。

IMGP6630.jpg
冷やしたプチトマトと冷蔵庫にあった茄子を湯がいて冷たく。
湯むきしたプチトマトはこんなにもキレイ。
夏野菜はホントにキレイな色ですね。

パスタはきのこの白ワインソース レモン風味です。
簡単に出来るきのこのマリネを合わせました。

どうしても冷たいパスタは水にとってしまうので、
水っぽいくなってしまう。
暖かいうちに和えて、冷蔵庫だと伸びてしまう…
なかなか難しい。

今回は美味しく出来ました;D
ポイントはしっかり水分をとってからソースと合わせる事ですね。


このほかに、
定番の夏野菜のマリネも作って、お野菜たっぷりの夏ランチでした。

キンキンに冷やしたシャンパンとの相性も抜群でした~;P




日本の夏は冷やし中華

IMGP6511.jpg

一時帰国した彼が
冷やし中華が食べがいというので、
近所のピーコックへ買い物に行き、
(わりと)豪華な冷やし中華作り。

茄子、トマト、錦糸卵、きゅうり、ハム、カニカマ。。。

色とりどりでキレイでしょ?!

こんなシンプルなお料理が美味しい。
たっぷりのお野菜を一緒に摂れるのが良い。

更に一緒に美味しそうなお豆腐も添えて。
ざる豆腐。
こちらもほんのり苦みとコクがあって
美味しい夏の昼下がりでした。

にしても暑い。。。

ワッフルでランチ

IMGP6425.jpg
たまにワッフル焼いてます。
例のあのワッフルメーカーで;P

今回は甘いワッフルとお食事ワッフルを作りました。

自家製のPizzaソースがあったので、
それを塗り、エダムチーズとこれまた自家製のセミドライトマトをトッピング。
オーブンで5分ほど焼いて出来あがり。

Pizza 風ワッフル。

生地がフワフワなので、Pizza 独特の生地のパリッとカリッと感はなかったけれど、
優しいPIzzaとかった感じかな?

とても美味しくあっという間に完食!

IMGP6432.jpg
せっかくなので、デザートはバニラアイスとチョコレートで。
こちらもチョコレートをのせて軽くオーブンに入れ、
アツアツのところにアイスクリームをのせました。
バナナがあったらもっと美味しかったな。。。

2枚のワッフルを、お食事用とデザート用にして
大満足のランチでした。

早速友人を招いて、ワッフルパーティね。