チョコレート教室に行く。

P1050010.jpg
こちらに来て、とても素晴らしいパティシエさんに出逢えました!
その素敵な彼女は
お仕事(もちろんパティシエです)の傍ら
お休みの日にお教室を開いていらっしゃるCHICOさん。

いやぁ~ほんとに美しいお菓子を作っていらっしゃる。
こんな綺麗なお菓子を作る方のお教室に是非行ってみたい!

ということで、さっそく連絡~。
お返事を頂いて、レッスンの申込みをして
行ってきました。

チョコレートのレッスン!

彼のお友達の奥様をお誘いして二人で:)

レッスンはデモンストレーション方式で
たまにお手伝いをするというかんじ。
レシピに先生の行動を書き込み、その技を盗んでいく・・・ウッシッシ。
ってそんなに簡単にプロの技は盗めない。トホホ。

P1040966.jpg
今回はテンパリング(チョコレートを溶かす工程)のお勉強と
P1040979.jpg
ボンボン(中にガナッシュを入れたもの)を何種類か教えていただきました。

先生の手際はやっぱり職人っぽい!
チョコレートの型は可愛い。
そしてその型をきれいに磨くことで
表面の艶感が出るのだということを知りました。

チョコレートをテンパリング

温度確認

綺麗に磨いた型に流す

型のチョコの表面が乾いたか確認して冷蔵庫へ

ガナッシュを作る

冷やす

型のチョコの中にガナッシュを入れる

また冷やす

固まったら蓋をするためにチョコレートをガナッシュの上に流す

冷蔵庫で固める

もう一度蓋のチョコレートを流し込み

冷やして出来上がり!
P1050008.jpgP1040994.jpg


・・・・・・・・。

なんでチョコレートが一粒$2もするのかが
よーーーーくわかりました。
これだけの工程(最低でも)を経て、
あの美しチョコレートが店頭に並ぶわけです。

自分でこんなに美しいチョコレートが作れる(のかも)に驚き
美味しさに驚き、プロの技に驚き。。。

最高に痺れた一日でした。

またお伺いすること間違いなしです。


※表面の柄付きチョコはこうやって付けているんだ~
P1040996.jpg



California Kitchen
詳しくはメールでのご案内です。

スポンサーサイト